ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[助演列伝] 2005〜2009

☆cine21.com
e0109292_2015359.jpg

<犯罪の再構成>(2004)と<いかさま師>(2006)は、助演たちが繰り広げる幻想のビッグマッチ'だった。 チャン・ジン監督が<あきれた男たち>(1998)で、A級の俳優を使わない「無謀な実験」をボルヨトウル時とは『シチュエーション』に変わったのだ。 ペク・ユンシクと
キム・ユンソクを見てください。 またソン・セビョクウル見てください。 主演なのか、脇役なのかの問題を切って出そうというのではない。 興味をそそるキャラクターを先に求めない場合は、第足で歩いて入ってきたの才能も排出されるしかない。 2011年のニューフェイスしては、俳優の入手ではなく、キャラクターの入手から出発すべきではないか。





'歯'に殺してやる男
パク・チョルミン篇
e0109292_2004272.jpg


10s 1967年の光州(クァンジュ)で生まれた。 『やくざの学校』と評判の高校に'ry'に配分された。 一台もドルマトウリョゴ格闘技を習った。

20s 、中央大学校経営学科の頃。 演劇サークルの部屋で景品に住んでいた。 空腹のキャンパスの湖のほとりで魚を釣った。 夜には'フレシュ'でブラブラ歩くハトを気絶させて取って食べた。
『遊び人運動圏』であっても、8ヶ月の間、中央大総学生会長職務代行もした。 卒業後には労働の極端な現場にとどまった。 デモや集会などで、マイクも取った。 "ギャラは釘てくれても、サウナ、雨をあげる"という言葉に<復活の歌><花びら>に出演した。

30s リズム市場では、指に懸命にノルリミョ仲介もしてみたが、結局、『演技』というダプバクエで出てきた。 大学路に巣を移して<大韓民国ギムチョルシク><ご飯> <ヌルグン泥棒の物語>で観客を泣いて笑わせた。 疲れを知らない「もっともらしい」と『瞬発力』は、映画の中でより遺憾なく発揮された。 <木浦(モッポ)は港だ>は、ターニングポイントだった。 与えられたセリフを繰り返してドゥェシプウミョおいしそうに増やす滝の音(口打)がなければ、ドッグフードを食べて回復を狙う『アサイー香織』は、<ナンバー3>ジョピルウイ'サブ'に過ぎないのだろう。

40s <スカウト><華麗なる休暇><シラノヨンエジョジャクダン>とドラマ<ニューハート>で、トレードマークの「マルパル」をアップグレードした。

ドルリョボジャ、この場面!

'実に無制限怖くほんま、'浮かぶのは<スカウト>のソゴンテ。 自分の体を画用紙したのは過去を後悔する<刺青>との醜いアヒルのセキイン自分自身への思いやりを切々たる盛り込んだ<ビグァン>、二編の愛の詩を挙げるとパクチョルミンは、滝のアドリブがなくても笑わせることがあることを示しています。
☆映画「おいしいマン」ではカラオケ教室の経営者の役でした

パンツを脱いでとっ? 津波に乗ってとっ!
キム・イングォン篇
e0109292_2023710.jpg


10s 、1978年に釜山で生まれた。 戯曲は、教会で学んだ。 部屋の前、放課後後、教会に寄って演劇の練習をした。 牧師からの大学路俳優になるまでスライドさせてくれるという枠組みも受けた。

20s 東国大学演劇映像学部に首席入学した。 実際に大学に行くと演劇への関心は、枯れるとなった。 早目に映画に目を向けた。 "あつまれ。 やぼったく生まれた子たちみんな集まれ!"<マス>オーディションを見て、山奥の少年テジュ役を獲得した。 監督になるという気持ちもあった。
<マス>現場でカメラのレンズは何を使うかしっかりメモした。 <無政府主義者>のサング役を担って先輩たちと一緒に蝶ネクタイの結びのポスターも撮ってあるが、以降は、長く脇役あるいはダンヨクマン入って来た。 <ミント>の番所兵長、<花嫁はギャングスター>の子ごろつき'パンツ'、なっては、釘の排気は、<マルチュク青春通り>のチクセに人々は彼を覚えていた。 その間、大学の卒業作品で<スィブスキー>も撮った。 監督の一言にブルブル震えていた性急さは、軍隊に行ってきた後、きれいに治療された。 俳優が身につけるべきな想像力とイェミンハム、そして何よりも重要な3つ目の要素の容器までに得られた後に撮った<二つの顔の彼女><マイファーザー>では心暖まるような顔も披露する。

30s 津波の出演料が10倍に跳ね上がった。 <海雲台(ヘウンデ)>のおかげだ。 移住労働者を題材にしたジョイェサンヨウンファ<ばん? とっとこ!>では主演を務め、100万人近くの観客を集めた。 現在では、ブロックバスター<マイウェイ><クイック>撮影中だ。

ドルリョボジャ、この場面!

<海雲台(ヘウンデ)>の東春には広安大橋の上でジプチェなコンテナボックスを避けるのにぶったまげです。 地震ナザいっぱいびびるモモンガとでも言おうか。 話すこともなく、見えないこともない相手の俳優(?)コンテナのアクションに合わせて、キム・イングォンがネボイヌン本能的にリアクションは誰かに伝えたり一朝一夕に体得されるものではない。
☆映画「海雲台」「クィック」でイ・ミンギと共演しています

悪人の上に邪悪いる
パク・ヒスン篇
e0109292_2032024.jpg


10s 、1970年ソウル生まれ。 目が悪くて兵役免除判定を受けた。

20s 他の人より早く極端原綿に入ったが、末っ子は、内部の入って次々と先輩だけが入ってきて雑巾を誰よりも長い時間を取った。 『置いてみよう』を購入するようにウェミョンソ12年が流れ、<沈清はなぜ二度インダンスに身を投げたのが><ベクマダン月夜に>などに出演し、"先輩たちも彼の言葉なら耳を傾けて聞く"俳優になった。

30s 映画の方に目を向けたのは20代から。 先輩たちが一つ二つ出て、自分の出番が来た。 ところが、後で入ってきた後輩イム・ウォンヒ、ユ・ヘジンなどが先に綿を去る風に"3年ぶりと乾燥してくる"という彼の願いは"後輩の管理ができなかった"という叱責と一緒に数年後に持ち越された。 <ボス上陸作戦><可愛くて><家族>などの初期作で彼が主に引き受けた配役は、いじめだった。 "もう出てくるものがないほどにきつくすると、もはやいじめするように内部のだろう"という計算で<家族>に襲い掛かって聞いた。 <南極日誌><ラブトーク><セブンデイズ><ヘンゼルとグレーテル><作戦>などのキャラクターに合わせて完全に『フェースオフ』という風に自分の名前を大衆に知らせる機会はウェリョ少なかった。

40s 主演作<裸足の夢><血みどろの戦い>を取ったし、今はハ・ジョンウと一緒に<依頼人>の撮影中にある。

ドルリョボジャ、この場面!

気になる。 目一つびっくりしなくて誰かを害する悪人が<家族>の昌原を見た場合は、どのような反応を見せたのだろうか。 "XX年サンソリいないとそうだった!"ジョンウン(スエ)の頭を灰皿で降りて撮ってから血の手でタバコをピオドン昌原は、映画が終わるまでに黒いシルエットを垂れる。
☆ドラマ「いい加減な興信所」ではやくざのミンチョルを演じました

与えるようにバトドゥェ自分の方式で返す
ゴ・チャンソク篇
e0109292_2035655.jpg


10s 、1970年に釜山で生まれた。

20s 日本語を専攻した。 新入生歓迎会とお酒を飲んでのばしてタルチュムバンドンアリバンで一日シンセジンが縁になって装具打って住んでいた。 卒業後には希望の新規という極端に入った。
昼は芝居で夜には、量産の鉄工所で働いた。 職人、妻の母に正当な義理の息子になりたい極端折って、ソウル芸大演劇科98学番になった。

30s モーターショーの演出、精力増強剤のPRなどをしながら映画の仕事に飛び込んだ。 <礼儀なきもの>のピアノメンに出たが、一日の撮影分量が全部切られた。 <こと>は、ホテルからジェウォジュ期までの'特別出演'と喜びしたが分かってみれば脇役だった。 <野獣>のグリョンパマグカップは、10分で二節セリフ打っての撮影が終わった。 ジョムサ役を引き受けた<怪物>では二行の代謝ができなくポン・ジュノ監督に『もう一度、再び、再び』を聞いた。 <正しく生きよう>の時は「ジミジプ」が『だれえジプイニャ?』とスタッフに尋ねた。 映画の演技には門外漢だった彼が目を覚まして、観客と向き合ったのは<映画は映画だ>から。 <仁寺洞スキャンダル>では「偽物もレベルガている」はホジンサ社長を、<義兄弟>では、移住労働者を恐喝するベトナムのボス役を引き受けた。

30s <ハローゴースト>のヘビースモーカー鬼。 映画、本、これらは分かるが後半に泣き我慢していた観客をついに泣かせてしまう。 <ゴジジョン>撮影中だ。

ドルリョボジャ、この場面!

モニターボリャ、俳優の表情ボリャ。 <映画は映画だ>のジュチェクひょうたん峰監督は、印象的なせりふ一言ネベトジことができない。 彼のセリフは短い感嘆詞がほとんどだが、それでも高敞石は、『アクション!』という短い一言の中のキャラクターをついにしわ入れる。
☆映画「クィック」ではイ・ミンギと共演しています

煙の達人のびっくりプロポーズ
ペク・ユンシク篇
e0109292_2043662.jpg


10s 、1947年ソウル生まれ。

20s 、何か企業的なハクグァインみたい中央大学校演劇映画科に入った。 23歳のときにKBS公採タレントになった。

30s 映画は、<素敵な男たち>からの空軍士官候補生の役割としてデビュー。
浮気というよりお出かけに近かった。

40s <TVムンハクグァン>や特集で、李仲燮、ウンギュなど歴史的な人物たちを延期した。 50%に迫る視聴率を記録した<ソウルの月>(以降、<青い鳥はいる>で、もう一度!)で大衆にぐっと近付く。

50s <地球を守れ!>シナリオを受け取った。 劇映画ではなく、アニメーションであるだと勘違いした。 興行結果は惨憺たるものが、外国人に拉致され頭を逆転で削られた川社長の屈辱は、十分に価値があることが判明した。 <犯罪の再構成>では「キム先生」というブランドで、"カリスマとコメディーが先を争う"のユニークなだけの演技ブレンドを開始した。 "聴診器デボニ診断がぴったり出てくる。"無表情に吐いた言葉は全部流行語になった。 お金と船、そしてプライドしかない<犯罪の再構成>のキム先生がなかったならば、<その時、その人々 ><ケンカの技術><いかさま師>
<天下壮士マドンナ><戦友>なども、他のルック&フィールの映画になったことは明らかである。

ドルリョボジャ、この場面!

<犯罪の再構成>で、ぜひ一シーンを選ぶことができるか。 相手役だったパク・シニャンが撮影中、"その両班は、あのようなスタートをしても、この神をどのようにまるで行っか"そうだったのですが、本当に激安で武装した金先生は、手袋一つが立ち込めるの場面でも、圧力を示す。


文: イ・ヨンジン 写真:シネ21サジンチーム | 2011.02.10
by kazem2 | 2011-02-10 20:05