ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[ロンドン]撮影直前リオネルの日記帳が発見された、運命のように

☆cine21.com
<キングススピーチ>のトムフポ監督とコリンファースに会う
e0109292_21433655.jpg




去る1月20日午後6時、ロンドンにある芸術映画専用映画館クルラパムピクチャーハウスをはじめ、英国の62個の芸術映画専用劇場々では、英国の監督、トムフポが演出し、コリンファースとヘレナボナム=カーターが主演した映画<キングススピーチ>を同時に上映した。 英国王ジョージ6世のスピーチ恐怖症を治療する過程を描いたこの映画は、英国では、すでに過去4番目に高い収益を上げた映画というタイトルをゴモジュウィオトており、英国アカデミー賞(BAFTA)は、なんと14個部門では、アカデミー賞では、主演男優賞と最優秀作品賞など12部門に名を連ねた。

この日のクルラパムピクチャーハウスを訪れた観客は、映画の上映前からワインやビールを片手に
<キングススピーチ>のそれぞれの意見を出していた。 ほとんどが映画を既に観覧これらに、映画の上映が終わった後開かれる「観客との対話」に参加するために、劇場を再発見とした。 主演俳優のコリンファースとヘレナボナム=カーター、クレアブルームと監督のトムフポが参加した'観客との対話』は、同日、同時に映画の上映を開始し、他の62の映画館のスクリーンとTwitterやフェイスブックを使って生中継された。 コリンファースとトムフポに集中されたこの日の'観客との対話』をいくつか紹介する。

- 歴史の中の物語を映画化するのに大変な点はなかったか。

= (トムフポ) もし、今回の作品の偉大な成果だと言うことができるなら、これは私たちが資料の調査に大きなボールドゥルヨトギためとみられる。 <キングススピーチ>は、ジョージ6世と彼が経験したどもり症にフォーカスを置いているように見えますが、実際にはジョージ6世と彼の言語療法士リオネルログとの関係を描いた作品でもある。

- 歴史書で、リオネルのログは、コメントでもやっと登場する人物だが、彼とジョージ6世との関係を描くということは現実的にはすごく大変だったようだ。

= (トムフポ) は本当に素晴らしい仕事は私達が映画を撮る9週前リオネルが手で直接書いた日記が発見されたという事実である! かつて一度も公開されたことのない彼とジョージ6世との逸話がすべてこの日記帳にあった。 本当にその時は、この映画を私たちが撮るのが運命だと思っていた。

- 実在の人物を演じるのは大変ではなかったか。

= (コリンファース) の役割は、今の女王と何らかの形で関連があるので、演技の幅が広くないのが事実だった。 結局、私は、私は出来る限り事実に基づいて、演技しようと努力した。 しかし、私はロイヤルファミリーを知ることができる情報は限られていて、収集された事実をもとに再現しなければならない部分もあった。 それと同時に言葉を模索する人々は私が引き受けたの役割をどう考えるかについても心配しなければならなかった。 もし私が彼らを誤った方法で表現するなら、彼らにどのような被害が行くのではないかという考えまでしたのである。

- この映画の何があなたをメリョシキョトナ。

= (コリンファース) <キングススピーチ>は、どもり症を持った一人の男が大衆の前で優雅なスピーチをこなすには王になっていく過程を描いているが、この作品の本当の魅力は、言語療法士や特権意識に駆られた一人の男の関係をまるで男女の関係のように繊細に発展しているという点だ。

- シナリオは元々30年以上前に使われたクイーンマザー(ジョージ6世の妻であり、エリザベス2世女王の母)が、本人は生前、映画化されることに反対して、これまで映画化されていないと。

= (トムフポ) クイーンマザーへの敬意を払うことは、30年には十分だったと考えられる。 (笑)クイーンマザーがお亡くなりになったのもいつのまにか8年が流れ、作家のデビッド清寄っても、もう70代にしてんだ! しかし、私は今回の作品を映画化することを、今の女王に個別に通知しますした。

- ジョージ6世リオネルログを信じるようになった分岐点は何だと思うか。

= (コリンファース) 急に信じされているいずれかの重要なポイントがないというのがこの映画の強みの一つだと思う。 私たちの心はこの信仰ということを完全に信じられなくて、いつも疑う。 それとともにまたしても頼りになること、それがこの映画でジョージとリオネルの関係にあるようだ。

- ジョージ6世がヒトラーの演説の場面が出てくるニュースを、より"彼が何を言っているか分からないんだけどスピーチは本当に上手だ"と言う場面がある。 やや敏感なようだが、ヒトラーを美化していると見ることができるのに。

= (トムフポ) この部分が面白いと思っていたのに、結局、このセリフは、コリンが直接入れたのだ。 (笑)

= (コリンファース) 今の私にすべての責任を越えて来たのか。 (笑)私はこの場面では観客がどのような矛盾を発見することがあればいいと思っていた。 ジョージ6世王になりたいとも、権力を手にしたくても、世間の注目を浴びてしたくもない男だった。 ヒトラーとは対照的。 ただ、彼はスピーチをもっと上手に思った男だ。 ジョージにヒトラーの演説は意味がないが、大衆を圧倒する演説法はうらやましかったのだ。


文: ソン・ジュヨン 2011.02.09
by kazem2 | 2011-02-09 21:44 | Comments(0)