ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[外信記者クラブ]シナリオ作家をよく扱ってくれ

☆cine21.com
韓国の商業映画の未来のだろうか?
e0109292_2023482.jpg

<不当な取引>




5年あるいは10年前に韓国の映画産業を単一の統合された全体としての話をすることが可能でしたが、今では三つの部門に分けて話をするほうが正しいようだ。 あるいは、完全に分割されたことはいえないが、三つの別々の映画製作のシステムが存在する。 低予算の独立系映画制作部門、主流の商業映画の部門とポン・ジュノとパク・チャヌク監督のように国際的に広く知られている少数の監督たちは、この三つの部門は、現実的に見ると、さまざまな環境や規則の下で帰る。 人々が韓国映画の未来が肯定的なのかを頼むとき私は次のように具体的に分けて答えている。 まず、私は有名な作家監督たちの未来に概ね肯定的である。 第二に、にもかかわらず、制作環境は難しいが、我々は、毎年、新しいエキサイティングな低予算の独立の長編映画をずっと発見できるだろう。
第三に、主流の商業映画部門では、甚だしく憂慮される。

多分私の心配は杞憂に過ぎないこともできる。 <ハローゴースト>が300万人を超える観客が見たところで、観客はまだ普通の商業映画にそっぽを向いていないように見える。 しかし、韓国の映画産業は、創造的な危機に直面している。 最近の映画を見れば、新たな試みではなく、過去の商業的成功を繰り返すことに執着している。 すべての映画が独創的であるか、またはチャムシンハルする必要はありませんが、主流の韓国映画がどのような新しい驚きを観客にプレゼントする場合は珍しくなった。 彼だけではなく、少数の例外を除けば、最近、韓国映画の物語の構造はとてもホスルハダ。 技術的に優れて演技も良いが、シナリオが悪い。

1990年代には、韓国の映画製作システムが正常に装備されて主流の商業映画が最高の潜在的なレベルに釘が狂いそうになったりした。 それ以来、製作システムは、驚くほど成長し、その結果はスクリーンで確認される。 しかし、依然として後進の分野がありますので、まさにシナリオジャクガグンである。 監督と撮影技師の報酬は上がったがシナリオを書く人々は、まだ10年前と同様の報酬を受ける。 要塞は、撮影の記事が、通常のシナリオ作家の3〜4倍の報酬を受ける。 良いシナリオがなければ、いい映画を作ることもないのだ。 教育のレベルで見ると、韓国には60余りの大学で映画のダイレクト起動を教えるの学位コースがありますが、シナリオ作家になりたいと思えば学校に行かなければならない。 米国には、ハリウッドと密接な関係を結んでいる学校を含め、数百の大学へのシナリオ作家の修士課程プログラムがある。

これは別に秘密というわけでもない。 映画界で働く多くの人々が、これが韓国映画界の弱さであり、そのため、才能のある作家たちが、より多くの報酬と認定をしてくれるTVドラマ部門に行くということを知っている。 しかし、多くの韓国の監督たちがシナリオを書く状況では(それは良いことも悪いこともある)このようなシステムを変えるのは難しい。 韓国は米国のように、強力な作家の労組がない。

私には主流の韓国映画の未来は、脚本家にかかっている。 <義兄弟>や<不当な取引>で示すように、よく書かれた独創的なシナリオは、才能のある監督、スタッフ、出演者と会ったときに、商業的にも成功した良い映画が出てくる。 シナリオ作家たちが認定を受けて、彼らが映画に貢献しただけの報酬を受け取っていることはよく分からない。 良いメーカーなら、このように優れたシナリオ作家を確保するために、互いに競合するが、実際にそうなのかどうかを知ることができるほど映画界の内幕をよく知っていることはできない。 ただ、韓国の商業映画の未来を知っていることを望むのシナリオ作家をどのように扱うかを守ってみろと言いたい。

文:月時計パケト( koreanfilm.org運営者 ) 2011.02.09

翻訳以西の遅延
by kazem2 | 2011-02-09 20:10