ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[インタビュー]映画監督キム・ヒョンソク監督

☆star.mk.co.kr
"50〜60代の監督の全盛期すぐに来る"
芸能界を動かす30代のパワー 映画監督のキム・ヒョンソク
e0109292_14205697.jpg




誰でも一度は見るべきそうな映画。 『YMCA野球団』『スカウト』『クァンシクの弟クァンテ』「シラノ恋愛ジョジャクダン'」..キムヒョンソク監督(39)は、自分の名前三文字よりも作品でより多くの有名な監督だ。 いまだにスター監督に傍点を撮ったとは言えないけど、観客との温かいコミュニケーションをしてきた彼は、観客が注目する監督のうちの一つだ。 実際の彼も爆発的なエネルギーを持っているか、事故を打つようだという印象は与えない。 しかし彼の スクリーン の中の世界とスクリーンの外の世界を覗いてみると、大韓民国映画界をリードする尋常ではない監督であることは明らかである。
▲残酷なスリラーが大勢だ。 かなりのジャグクエンシンゴプダは考えまでする。

- ここ数年間、私たちの生活がそうだったこともある。 特に、企画者や監督たちのドラマと差別化されたポイントを探すことになる。 TVドラマの半分がロマンチックコメディだ。 あえて劇場に行ってロマンチックコメディーに見る必要はないから、結論的に監督と製作者たちのドラマと差別化されている何かをしようとしたが見ると何度も強い映画が多くなるのではないかと思う。

▲昨年の映画観客は、前年比9・6%減少したが、映画館の売上高は過去最高だった。

- 全体的なクオリティはかなり高くなったが、多様性は低下してから。 創作者の立場では『投資家たちはこのような映画好きではないのだろう』と自分で自分のスクリーニングをすることだ。 逆に、米国は市場が大きいので、超大作から、小さな映画まで多様だ。 昨年公開されたジョージクルーニーの『インジエアー』などの映画も良かった。 もし、同じ素材を、我が国で作成されたとすると、『果たして投資になるのか? 懐疑的である。 90年代チョバンマンしても、『南部軍』が封切り映画の1位だったことがある。 「ポンネプの恋人たち」もそうだし。 この前に様々な映画が愛された。

▲それでも「ウォナンソリ」に続き「泣かないでトンジュ」のような映画が愛されたりした。

-今も独立系映画の陣営で、小さな映画が多く作られている。 ところが、すぐにつけて問題だ。 『とっとこハム』(ユクサンヒョ監督)のような場合は、その中で、本当によくできたんだ。 このような映画がデヨソトピョン程度あっても良さそうだ。 ような話をしても、私はお金をドィゴている人なら、そのように決定するのは難しいよね( 笑 )

▲イ・チャンドン監督の『時』のように海外有数の映画祭で受賞した作品も脈釘踊る。

-最近10年の間、国内市場での映画祭の受賞作がフンヘンドゥェン場合はあまりない。 アカデミー 賞受賞作品といっても興行とはビョルゲダ。 いつからか、観客の風土が変わった理由が大きい。 昔はロベルトベニニの『人生は美しい』もジャルドェトゴ、もっとさかのぼって 上がって 行くと『アマデウス』や『最後の皇帝』もよかった。 もちろん、『タイタニック』のような場合には、アカデミー賞受賞作というメリット以外にも、他の興行の要素が多かったのですが。

▲『シラノ』ヨンエジョジャクダン』以来、ロマンチックコメディー物はアンハゲトと宣言した。

- 年齢とともに恋愛に対する考えが変わった。 幸いにも「シラノヨンエジョジャクダン」はジャルドェトジマンロマンチックコメディが生き残りの厳しい現実である。 30代前半までは、愛のファンタジーは、僕は、自分でもいくつかあったが、いつからか、淡々となって面倒になってきた(笑)ドラマの半分がロマンティックコメディなので、その分、観客たちの目の高さを合わせる大変だったよ。 だからといって、ロマンチックコメディの感情がまったく消えないことだ。 たとえば、アクションスリラーには、表面的なジャンルは違っても、その中にメロの感情が溶けているのだから。

▲「シラノ」円目立った興行俳優はなかったが、すべての俳優たちが輝いた。

- (ええと)テウン氏は当初、論外だった。 『善徳女王』のためにスケジュールがでされていた。 だから花美男俳優たちを知っているけど、どのように見ると、テウンさんが私たちの映画を助けられたのだ。 イ・ミンジョン氏は、多くの方々が外貌だけ持って話をするために、撮影しながら驚いたのは演技も本当に上手な俳優ということだ。 通常、女優たちを見ると、二十歳の時に事務所に入ってトレーニングされ、俳優として進出するのに民政氏は演劇学科に行ったりしたが、学校を卒業して就職するようにこちらと縁を結んだ。 早急しないように生きてみると演劇部の活動など、自己啓発する時間が多かったようだ。 また、元のきれいな子供たちは、戯曲よくてないそこではないか(笑)本人も芝居していた時代が多くの助けになったとそう言っていた。 製作者や監督も当然ビッグスターをキャストすると有利な点がある。 映画はビョルロンデ俳優の一つが映画をいかしてくれることはできないようだ。 『おじさん』のような場合でも、ウォンビンさんは本当によくしたりしたが、映画自体はまあまあそう思うのなら興行ことはなかったはずだ。

▶演技上手な俳優の層がヅトプダゴ思うか。

- そうだ。 最近は少しあるようだ。

▲要するに? 監督の立場で一番演技上手な俳優は誰か。

- まあ、ソン・ガンホ先輩の話をすれば楽しそうなのによその人の話ばよいのか?(笑)ソン・ガンホ先輩は、既にしばらく前に境地にオルシン分で。 だからソンガンホ先輩、ソル・ギョング先輩、キム。ユンソク、先輩このような方々は、誰がましだと問い詰めることはできない。 すでに仲間入りオルシン方々である。 ソン・ガンホ先輩は、全体的に本当にフジョトドン映画ではない。 女優の中では、チョン・ユミさんが演技をよくするようだ。 コン・ヒョジンさんも魅力的。

▲2011年の映画界の話題は?

-今年は大きな映画がたくさん出てくることで分かる。 昨年は100億ウォン台の映画がなかったが、今年は半ダースもの編出てくるようだったよ。 カン・ジェギュ監督の『マイウェイ』やユン・ジェギュン監督の『7鉱区』などの大きな映画が多い。 数年前から韓国映画がちょっと難しかったが、一昨年から少しずつ存続した。 昨年には、エ壱劇ーや、いわゆる1000万人の映画はなかったが、200万、300万台の観客が入った映画が多くて 輸入 も増えた。 どうやら、今年も最大の映画が成功すれば映画の市場への薫風が吹く。 そのような大作がどの程度にするかが重要である。


▲映画界で最も早急に改善しなければならない点を挙げるならば。

-2006年から韓国映画の泡が抜けながら保証が落ちた。 俳優たちより相対的に弱者のスタッフたちのギャラが以前の半分にまで落ちた。 私の場合は、イプボンハン監督だから大きく影響をバトジンはありませんが、私の下のスタッフは非常に難しい。 いつまでも、彼らが情熱だけで行くことはできない。 このような問題が改善されなければならないの情熱を持っているスタッフたちがずっと残ることができる。 そのような問題を改善しようとする努力があったが、一、5年ほど前に泡が抜けながらうやむやになってしまった。 韓国映画の競争力を維持してきた職員たちが 床 に残るようにする何かが切実に必要な時期である。

▲新人監督たちの活躍がすごい。 トプベオドゥルド新人監督の作品に果敢に出演する傾向にある。

-いいことだ。 一昨年から80年代の生々イプボンハギ始めた。 60ニョンデセンの方々が文学の世代、私の同僚たちが、中間の世代だと、80年生まれは確かに、文字通り映像歳代だ。 感覚が異なっている。 最近は 大手企業 の資本を受ける若い企画者がたくさん出てきた。 その時から、若い監督たちがイプボンウルし始めたようだ。 ところが、懸念される点は、イムグォンテク監督のほか、60代の監督がでおられるということだ。 私はその方々の映画を見てジャラトヌンデ、現在の活動を活発にすることのないいただき、惜しい。 最近、監督同士で集まれば『私たちもすでに40代、50代なのに、10年後には今までの引退するのか?』という話をよくする。 それはないと思う。 努力さえすれば、韓国映画の100便のうち20本程度は50〜60代の監督の時代がやがて来る。 いつのまにかイ・ヒョンスン監督やイ・ジュニク監督も五十歳を越した。 私達が知っている知らない間に、すでに50代の監督たちが出始めた。 といって、その方たちが10年後に引退するようではない。 私は還暦に監督をしても、若いスタッフとのコミュニケーションなら若い感覚に合わせて行うことができるようだ。

▲映画監督志望生たちがそろえなければならない条件がある場合。

- 私の場合、最近意欲がたくさん落ちた。 情熱を失ったようだ(笑)実際に情熱を絶えず洗い流すことも創作の一環である。 シナリオで書かれているのも情熱がシクオソそういうことではないかという気もする。 素晴らしい創作のためには、映画や映像より本をたくさん読むことが重要だ。 映像は、創作者の想像力に閉じ込められる場合が多いが、テキストは、想像力を発展させる。 若い時に本たくさん読むことができなかったことを後悔している。

▲大韓民国で映画監督に住んでいるとのこと。

-大韓民国の映画監督たちの権限が多い。 この話を聞けば怒る監督もあるだろうが。 70〜80年代のように監督がワンイドン頃までにはない。 それでも、自分がしたいことをすることができる時代だ。 経済的には不安定だが、それは 職業 の特殊性だから、自分で乗り越えなければならない問題だ。 これまで4本の映画を作ったのですが、少なくとも作成当時は真実だと思っていた。 何歳で死ぬか分からないんだけど、七十歳で映画を作るとすると、その時も真実だと思っているのを作りたいと思う。

▲2011年に望むことがあるなら。

- アン・ソンギ先生、もっと老化する前に、ぜひしたいと思う。 子供の頃にアン・ソンギ先生尚志は、韓国映画たくさん見て育った。 女優はムン・グンヨウンシ。 煙を残して幼いムングニョンさんの歩みが大人の私が見ても本当に大丈夫です。 そして、個人的には今年のイム・グォンテク監督の101番目の映画『月の光の追加』が上手くいったら良いだろう。

'野球'と'ロマンチックコメディー'に代表されていたキム・ヒョンソク監督は、今のところ、これらのお別れを宣言した。 次回作は、警察 大学 校 美術 サークルについての話だ。 しかし、"警察の話は、今年中に撮影にドゥルオガギン難しいようだと、"生まれて初めて他の人が書いたシナリオで映画を撮ることになるだろう"と述べた。 彼は次の作品を多くの観客が待っていると言うと、"私の次回作を一番待っている人は、まさに私"と言いながら人の良い笑いを噴き出した。

[毎日経済のスター記者 happy@mk.co.kr ]
記事入力 2011.02.08 11:31:33 | 最終修正 2011.02.08 13:27:35
by kazem2 | 2011-02-08 14:39