ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[オ・ダルス]骨の髄まで笑い有開放さ

☆cine21.com
<朝鮮の名探偵:トリカブトの秘密>のソピル、オ・ダルス
e0109292_22412911.jpg

俳優オ・ダルスssi 好きですね~




"みなさん、こんにちは。 キャア! あのオーラ...。 (笑)
"オ・ダルスがスタジオに登場すると、キム・ミョンミンは感嘆の声を入れた。
"ハハー。 オーラはどんな..."と、照れくさそう笑いを作って見えるオ・ダルス。
アウトリガーララちゃん、最近彼が引き受けた役割を特定の画像で囲んで説明できないのは明らかだ。 昨年、彼が演じた作品を列挙してみよう。 <バンジャジョン><シューティング><フェスティバル>をはじめ、今年封切りする<朝鮮名探偵:トリカブトの秘密>(以下<朝鮮名探偵>)<君を愛しています><緑の塩>、そして演劇<小倉>など計7便に出演しながら、オ・ダルスは、現代と過去を行き来となり、それぞれ別の面貌を披露した。 "本当に目が回るほどトゥルセで忙しかった。 作品を好きでたりしたが...。 肉体的にも対外的なイメージできず、また、いろいろと『私を殺すのではないかという心配をした。 でもまあ作品いいなあ。 しなくてはならない、それは。"

真の多目的というか。 <朝鮮名探偵>で、オ・ダルスが引き受けたゲジャンス'ソピル'だ。 「黙っていて」、'パン!(とコルカダク移る真似をする)などの高度な信号に犬の心を呆然とさせて、たまたま刑務所の同期に会って一緒に旅を去る名探偵(キム・ミョンミン)を非常に持って遊ぶ(と自分を信じる)。 前後に行ったり来たりする彼の姿を見ていてなんて、簡単に推しはかることができない。 オ・ダルスがシナリオを読んでみてすぐに魅力を感じた部分もこの点だ。 "話が前後トィミョンも終盤に逆転があって、キャラクターに任せられる状況でも結構多かった。 想像をしてみたら本当にダイナミックしたいシプドラ。 それとともに物語の前半に正祖時代の雰囲気も適切に造成して、"ソピルウンある意味では、複合的なキャラクターだと定義を下すことができますが、またある意味で一貫性のない危険性を内包している、両家の性を持つキャラクターだ。 "だから、最初に悩みをたくさんした。 ああ、この部分ではそうしたが、その部分であのようにするのが言葉がなるのか。 こんな風に絵を描いてみると不思議な絵がいたよ。 変なソンドゥルマングトゲされ、ウェリョキャラクターが立体的でないようになった。 言葉にならないことを信じているのが俳優の仕事だと言う途方もなく待ててみようと思った。"ロベールブレソンがした言葉が思い浮かぶ。 シネマ土のグラフでは、このような式では、あんなふうに身振りをし、代謝をするほうが自然だと思うのはビノンリジョクイルだけで意味がない。行き止まり心配終わりオダルスは、多分このような心情でソピルエアプローチだろうか。 ただし、彼にも原則はあった。 ホームズが付きまとうワトソンのように、劇中ソピルウン常に主人公の名探偵に応じて、通わなければならないということだ。 "映画が始まるとすぐに登場し、最後まで名探偵と一緒にするほどの量が、負担になるほど多かった。 ある映画を一人の責任か、またはどのような神の明確な役割をしていた以前とは異なり、単にキム・ミョンミンが、彼が演じた名探偵を信じるしかなかった。"ウィギサンファンイルときに名探偵を救い出しながらも、庶民と両班の階級を超えて、名探偵との言葉を速射砲のようにやりとりするソピルウンふと見れば名探偵の女友達のような感じもする。 "ああ、面白い考えだ。 なんだかんだとしている途中、突然の良い...。 ふふふ。 (笑)そう思うと(両方の関係を)理解しやすい?"

劇中、終始一貫して掛けっこするソピルチョロムオダルス、やはり新年といって、休む暇がない。 現在、彼は2月10日から27日まで大学路文化空間だから開かれる演劇<お日様れてお月さまを抱いて>(劇団蜃気楼万華鏡)を練習中だ。 "昨年、多くの映画に出演しているからか練習する時期集めるのが大変だったよ。 (ギガ)抜けたのか...。 そろそろ引き上げてはならない"また、<緑の塩>も、今年中に公開予定だ。 劇中で彼が引き受けた'陆逊'という人物は、狙撃お世話に敬意学生時代のコーチであり、銃器の密輸販売の上では、ちょっと登場する。 以前に<シネ21>とのインタビューで、常に明らかにしたように彼に『演技』は、正解がない。 "しても、しても知ることができない。 いつものようだ。 答えを探す過程...。 ただ行くんだ。"今年も黙々と歩いていくオ・ダルスの後ろ姿を見ることができるだろう。

オ・ダルスが挙げたキム・ミョンミンの一場面
e0109292_22491020.jpg


"一2 / 3程度進行されたテヨトナ。 キム・ミョンミンが、粉塵の倉庫からのアクションシーンを撮って、肋骨にひびが入るけがを負った。 その後アクションシーンがいくつかの場面あった直接言っていたよ。 珍しいゴンドゥリョド痛くて、寝ることも下手は状況で、それをしていますので本当に...。 ビジュアル的に立派でして、を残して、キム・ミョンミンという俳優の態度に高い点数を与えたいと思った。"

文: キム・ソンフン 写真: ソン・ホンジュ ( 写真部長 ) | 2011.02.07
by kazem2 | 2011-02-07 22:49