ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[キム・ミョンミン]彼にも『虚』気質

☆cine21.com
<朝鮮の名探偵:トリカブトの秘密>の名探偵、キム・ミョンミン
e0109292_22335037.jpg




キム・ミョンミンはピオドンタバコをどのくらい前に切ったと述べた。
昨年のインタビューで会った時、彼はタバコを吸わないようだ。 その間ピウォトゴ、またしばらくして、健康を心配したのかより。 しかし、理由は他のところにあった。 "映画のために吸うのだ。 劇中の名探偵がヘビースモーカーだから...。"現時点では忘れていた。 彼はささいなイメージの一つ一つにも自分自身を適応しようとし、作業が終われば、その痕跡と完全に別れを告げるの俳優だという事実を言葉だ。 過去の出会いとの違いだとウトウムギなかったの顔はぱっとピョトゴどこか余裕が溢れて見えるというもの。 タバコを切ってからか、それともコメディのジャンルに出演してだろうか。 "ハハハ、その時は私に対してどのような先入観のためにそう感じたのではないか。 (笑)"

<朝鮮の名探偵:トリカブトの秘密>(以下<朝鮮名探偵>)で彼が演じる『名探偵』が私達がよく知っている(と信じている)は、その'キム・ミョンミン、'との距離があるのは明らかだ。 劇中の名探偵は、正祖の密命を受けて、管理の貢納の不正を暴く朝鮮時代の特別捜査官である。 事件を調査する過程で、彼はときどき鋭い洞察力を見せるのも、また場合によっては、『虚』の気質を炸裂する。 予告編を一度見てみよう。 協力者のオ・ダルスと一緒にあわてて逃走通って、正体不明の美女を前にしてノクナガン表情で、"完全にきれいおられます"と話す彼の姿は、キム・ミョンミンのフィルモグラフィーはどこでも見られなかったようだ。 本来彼は"キャラクターは真剣なのに名探偵が置かれた状況が笑いを誘発する"とし、"正祖のミルサインほど名探偵は、自分の身分を徹底的に隠さなければならない。 弱点を露出するのもそのためだ"と説明する。 これは、彼がシナリオを読んで興味を示されている点でもある。 "名探偵は、丁若鏞をモデルにした。 丁若鏞と、一般的に、朝鮮時代の実学寝て、ゴジュン機を作った人ほど知っているイトジャンナ。 実際に彼が朝廷の命を受け、無実の民のためのことをたくさんしたと言っていたよ。 そこにひかれた"前後に走って、転がって、笑わせたりしますが、最終的に名探偵の目標は一つだ。 危機に瀕している国と悔しい民たちの運命を熱心に満ちた管理から入手すること。 その点で、名探偵は、ドラマ<不滅の李舜臣>(2004)でキムミョンミンが演じた李舜臣将軍とどこか似ている。

いつも一人で苦悩して、棒を引いていった前作とは異なり、今回は心強い助っ人'ソピル'(オ・ダルス)がいつもそばにいる。 "名探偵とソピルウンチギョクテギョクハル時もあるが、最終的に一つの目標に向かって一緒に走る。 その点でソピルウイキャスティングは『私はこの映画をするのか、いないのか』と同様に重要だった。 (オ)ダルス形になったと聞いた時は本当に千軍万馬を得た気分だった。"選手は選手を調べる方法。 撮影前に別々に合わせて見ても良いほどキム・ミョンミンと、オ・ダルス、オ・ダルスとキム・ミョンミン、二人は現場ですぐにお互いの呼吸を合わせて行った。 "どのようなアクションをしても、スポンジのように受け止めてくれる仲間"のおかげで、キムミョンミンに現場はこれまで以上に楽しかったようだ。 "現場はいつも楽しい。 明るく楽しい楽しさや暗さから来る楽しさやひとつひとつの一つだ。 ウェラムドゥェン話だが、明るい場所であればあるほど逃すことができる部分が多い。 精神をきつく引きずっていない場合の雰囲気に屋根浮かんで表現しなければならない演技のディテールを失うことができる"このように重心がしっかりとジャプヒョトギエ、笑いを誘発するほど、名探偵は、自分の正体をしっかり隠すことができたし、矛盾満載の歴史はもっと目立ってようである。 '陣地たり笑ったり』の名探偵とは異なり、実際のキムミョンミンは、どんな人なのか。 "面白い編? 私の口から話すことに...。 ひたすら真面目な方ではない。 それがダプインようだね。 (笑)"

キム・ミョンミンが選んだオ・ダルスの一場面
e0109292_2239409.jpg

"ダルス型の名場面は一つや二つではない。 劇中の私に不本意ながらされる神よ。 私が『今まで君を疑ったが、ソピルイ君にしかない』しながら急に私たちを追う連中にソピルウル強く後押ししてしまって一人で逃げていく場面だが、その時ダルス型の表情が本当に芸術です。 (笑)"


文: キム・ソンフン 写真: ソン・ホンジュ ( 写真部長 ) | 2011.02.07
by kazem2 | 2011-02-07 22:39 | Comments(0)