ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『老人と海』アンソニー・クイーンのような演技をしてもらいたい

☆cine21.com
e0109292_1853395.jpg

たくさんのドラマや映画で拝見していますが
ドラマ「美しい彼女」が最初でしたね



(ソウル=連合ニュース)ギム・ユング記者
"劇場にぴったりつくと最後まで見て笑って泣いて起き、より途中で出て行くことはできないと、自分がいる。若手スターがなくて、観客がられないと言うのは杞憂だと思いますよ。"

古来からの愛を胸切々たる描いた映画『君を愛しています』(17日公開)に出演した
俳優ソン・ジェホは、最近の連合ニュースとのインタビューで映画に対する自信をのぞかせながらこのように述べた。

ソン・ジェホは、映画の中で認知症にかかった妻を手厚く世話ジャングンボン役を担って妻に出演したキム・スミと呼吸を合わせた。

彼は"観客に映画を見たときに笑いが出れば限りなく笑って涙が出れば、限りなく泣いてストレスを全部解いて私としていきたい"としながら"本当に率直な話だ。(観客が)人間が生きていく姿があんなんだ、あのように愛さなければ良いていることを感じてほしい"と話した。

彼は"年齢の多くの人々の物語を集めて行くことができる製作者や監督が現れたのがデギョンスロプダ、彼らの勇気を買ってあげたいと思う"と付け加えた。

ジャングンボン夫婦の至高至純の愛は、物語の一つの軸を担当する。
牛乳配達をするギム・マンソク(イ・スンジェ)と把持を拾って苦労して生きていくの集りだけ
(ユン・ソジョン)の切ない愛は、映画の他の軸である。

ソン・ジェホはこの映画を撮影しながら、二回泣いたと打ち明けた。

"一度、スミさんに薬を与えて抱きしめて叫ぶとき、そして最後に子供たちを集めたが娘をエクスポートして、貯金箱状をジュウィヨジュルときに涙がチンハドラゴヨ。"

この映画は大きな人気を呼んだカンプルの同名漫画が原作だ。 ソン・ジェホは、"漫画を見て配役が特別垂れないように急に来られた"としながら、"シナリオリーディングとキム・スミが隣に座って最初の一言を行うときに、「ああ、この女がまさに私が引き受けたグンボンイウイマヌラダ」という感じがして心が置かれた"とした。

『君を愛しています』は、当初の映画ではなくTVドラマに予定されてチェブラムなどと一緒に出演するポンヘトジマン外注制作会社の問題で霧散したというドィトイェギド伝えた。

今回の映画で演じたイ・スンジェとは、1980年代の人気ドラマ『普通の人』以降の作品を一緒にするのは初めてで、キム・スミ、ユン・ソジョンと作品を一緒にする機会がほとんどなかったとした。

彼は"どの作品をしないしても、彼らが住んでいる姿をみな知っている"としながら"目つきだけ見ても何を考えていることを知ることができ、現場で容易にした。1つは、両方、両方とセットするように快適にした"と伝えた。

彼は1939年生まれ、または1942年生まれで間違って知られていたが、実際は1937年生まれだと言った。

釜山(プサン)KBSで声優として働いていた1964年、忠武路を見つけて映画『学士の居酒屋』でデビューした。 今まで出演した映画とドラマを合わせると、200便を超えるだろうというのが彼の説明だ。

代表作には映画『ヨンジャの全盛時代』(1975)、『三番は急に三度は長く』(1981)、ドラマでは1980年代に高い人気を享受した『普通の人』と『熱風』、そして近年ではキム・スヒョン脚本の『拝啓ご両親様』がある。

今では善良で慈しみ深い父親役を主に務めるが若かった時はジェームスディーンのように反抗重量挙げの製法し、戦争映画もたくさんした。

ブラウン管では、着実に活動したが、いつから映画は遠のいた。 彼は脇役や端役俳優たちに人格的な扱いをされていない映画の現場がとても嫌だったと言った。 そうして2000年代に入って『殺人の追憶』『華麗な休暇』『海雲台(ヘウンデ)』など多くの映画を撮った。

"そのうちに映画を離れましたよ。そうして2000年に『武士』をしながら、この程度なら韓国でも俳優がヨウンファハルことができる環境になるんだよ。"

最近の映画やドラマ制作の現実について尋ねると、最近終了したドラマ『逃亡者』の出演料をまだ見受けたながら、零細なドラマの外注制作会社のどんぶり勘定式運営が問題だと指摘した。

彼は俳優の身代金が高すぎるのも望ましくないながら、製作費が10億ウォンに過ぎない『君を愛しています』では、少しチュルヨンリョマン受けての映画が興行と収入を分けてもらうことにしたと述べた。

ソン・ジェホは、『君を愛しています』が自分の演技人生に'カンマ'を撮影する映画だとした。 より良い作品をやることがあるかも知れないと言いながら死ぬ前に、アンソニークイーンが出てきた『老人と海』などの映画をぜひしていきたいとした。

"『老人と海』は、スペンサートレイシーが出たのに住みアンソニークイーンが出てきたのがあります。スペンサートレイシーが出たのはいいとばかり思っていたのにアンソニークイーンは見て吸い込まれるんですよ。私がその役をしたと思うし、アンソニークイーンを私に変えて考えるので疲れがナデヨ。私の目標は、そのような演技をして辞めるのです。"

kimyg@yna.co.kr 2011.02.05

(終了)

<連合ニュース緊急速報をSMSで! SKTのユーザーは無料で体験!>

<著作権者(c)連合ニュース>
by kazem2 | 2011-02-06 18:05