ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おばさんよ! おじさんたちも大ヒット出ました!

☆cine21.com
<平壌城>を作成したおじさんたちがビリヤード場で笑って騷い
e0109292_19165442.jpg




"<黄山ヶ原>は、時代をも先取りした映画だった"<王の男>でシンドロームをヤクザ当時のインタビューのうち、イ・ジュニク監督は、<黄山ヶ原>を惜しんだ。 制作費の合理化、時代劇のジャンルの考証を自由に脱皮した映画は、左右の論争の波長までを起こした点で見れば、<黄山ヶ原>は、<王の男>に先立って、イ・ジュンイク映画のアイデンティティを物語る映画だった。 あれから8年後だ。 イ・ジュニク監督が<黄山ヶ原>の続編ともいえる<平壌城>に進撃した。 羅唐連合軍の最終的な陥落地として狙われた高句麗の平壌城が、歴史的事実。 イ・ジュンイク監督は、ここでは、『もし、キムユシンが羅唐連合軍の後ろに、高句麗主導の統一を助けていた場合は?』という不埒な想像を加える。 もちろん、方言が飛び交っているポボクジョルドハルコミックであり、上下の層についての風刺であり、民衆たちの滑稽である。 35億元々<黄山ヶ原>制作費の倍近い60億ウォン規模。 イ・ジュニク監督の表現によると、<平壌城>は、前作<あなたはは遠いところに> <クルムルポソナン月のよう>などの相次ぐ興行の低迷への最後の反撃である。 "今回もダメなら演出あきらめる!"自信か心配なのか分からない覚悟たち。 監督の決意がこのようだから<平壌城>を一緒にした俳優たちの覚悟も格別なしかない。

<平壌城>の主要な俳優たちを一堂に集めた。 <黄山ヶ原>の銃器幼いキム・ユシンの代わりに、認知症の演技をプレゼントするチョン・ジニョン、キム・ユシンがある所にはいつも一緒にいる妹は、ギム・フムスン将軍役のシン・ジョングン。 淵蓋蘇文(イ・ウォンジョン)の息子で、父の遺志を奉じて、高句麗の首長ナ・ムゴン役リュ・スンリョン。 そして型とは異なり、唐に友好的なナムセンを演技するユンジェの入口である。 去る1月14日午後7時。 イ・ジュニク監督が愛用している映画界のあるビリヤード場に集まった五『おじさん』たちのおしゃべり。 スタートも前に、ユンジェのドアが声を上げる。 "インタビューにすぐにして、日本酒に三合やしに行きましょう!"
e0109292_21371274.jpg

チョン・ジニョン 、私は監督が<平壌城>実際に作るとは知らなかった。 監督やジョー(チョルヒョン)代表様や、午前に一回、午後に一度、暇さえあれば企画会議をする人々である。 何百もの映画が住んでいた死んでいたのが、朝(出版社)のイルグァダ。

イ・ジュンイク それで一番反対したのがあなただった。

チョン・ジニョン <達磨よ遊ぼう>当時の製作者として私をキャスティングしに来た時から、私は反対しないではないか。 いつも、『今回のシナリオもいい』との企画段階から人々をコインダ。 これにより、私はシナリオ出れば報告書、『だめだ!』としていない。 (笑)

イ・ジュンイク、 一貫した反対だ。 一応反対! 無条件反対! さらには<王の男>にも反対した人である。

チョン・ジニョン の反対といえばそうで。 '懸念'だったと昇華させてくれ。 <黄山ヶ原>は、
2003年当時に、聞き慣れない名の新聞ができなかった時代劇ではなかったか。 逆の意識まで根強く刺さっていた。 その時も憂わしかったが、その映画が8年後の今どのような意味で届くのか、それがもっと心配だったよ。 だから、『それはしないで取ったんです』なのだ。 監督と私の関係を整理すると、どうしても私は、野党ェス攤ようだ。 在庫をするようにするために、大体話をするのだ。 私は、どんなに乱暴に話をしても、傷の受信ではないか。

イ・ジュンイク 嫌そうなのではないということでは認めていることだ。 望ましい。 一緒に住もうと、相手の足りない部分をまっすぐに指摘しなければならない。 意見を受け入れて、今度は<黄山ヶ原>の生き写しに行くのではなく、『ディック』(イ・ムンシク)を中心に行こうとしたのだ。

リュ・スンリョン やはりので、その部分が最もよく反映されたようだ。 叙事詩なのに、結局民衆が主人公だ。 ほとんど自分がなぜ戦うのか分からないの兵士たちが主人公になる。 今の現実を代入しても変わらない。

チョン・ジニョン 、この映画は、<黄山ヶ原>とは、構造自体が他の映画だ。 極点が、多くのドラマだ。 ペニスのメロ、淵蓋蘇文の闘魂、ムンディのチュルセヨク。 このように異なるの極点が存在するので<黄山ヶ原>のように力ミルオブトイゴ書けばならない。 構造の中でシナリオをよく取らなければならない。

イ・ジュンイク 消失点が多い映画だ。 階層的には上下、左右にはイデオロギー。 また、東西南北に高句麗、百済、唐がある。 クサガメ出てくるシーンで見ると、クサガメの主人公、ナムセン主導でいく物語が可能である。 キム・ユシン的に見れば、またキム・ユシン主導の映画になる。 ナ・ムゴン、コック、誰もが映画の中のキャラクターがそれぞれの主人公になることができる。 それぞれの立場が正確だから。 私は、編集していながら見るたびに映画が違って見えていたよ。

リュ・スンリョン 行間が多くの映画だったよ。 シナリオ見て、「これは本当に完成された映画ですか?」 んだから。 難しいよ。 コミカルなのにもかかわらず、歴史的事実をきっちりと刺し合わせて。 表面的には羅唐連合軍が高句麗を打つように見えますが、実は、高句麗をうまく利用して唐を打とうという計略がある。 歴史的に悲劇的な事実を風刺とユーモアを交えて行うことができるプロジェクトがあまりないシプドラ。 手強い作業だと思うなり、従ってよりしてシプドラ。

イ・ジュンイク 、元の時代劇が持っている典型的な状況を脱するための新たな試みとして根拠もない状況を作ってそうだった。 <黄山ヶ原>万しても、制作費のために意のままにしていないものが多かった。 成都木柵にオルギソルギし。 今度は想像力を最大にすることができる環境になった。 胸壁に大型のカラスの頭部をインストールしたのは、既存の時代劇では一度も見たビジュアルである。 時代劇は、考証に縛らだと見ると、そのカテゴリから離れないでくださいリアリティが購入を考えている。 私は初めからつけておいてリアリティーなくそう、していった。

リュ・スンリョン <黄山ヶ原>して、8年ぶりのことだ。 これまでのCG技術が発展しなかったか。

イ・ジュンイク 史劇戦争映画のジャンルだが正確に計算すれば、制作費が57億5千万ウォンである。 そのように見ると、多くのお金はない。 ところで、CGもいい。 神武の祈りを期待しなければならない。

リュ・スンリョン 昔に撮影するには、鎧重量だけ15kgだったが、今は非常に軽く、形もきれいだ。 特に、高句麗の服は本当に良い。 アナログからデジタルに行ったような変化だ。

ユン・ゼムン おもしろかったよ、私は。

イ・ジュンイク、 どのように面白いかな。 もう少し具体的に言わなければ記者が記事を書かない。

ユン・ゼムン ...。
e0109292_21382371.jpg

監督のディレクションを必要としない貫禄の俳優たち

イ・ジュンイク キャストは、一応スケジュールになり、お金が合えばするのだ。 (笑)もちろん、監督は俳優に対する好感があり、学習の監督に対する好感がなければしない。

シン・ジョングン 私の場合は貧しくても好感がガドラ。 (笑)

イ・ジュンイク そう。 この人が悪いん分かるから書いてくれたんだ。 私の映画にも出演した。
<黄山ヶ原>から7番に書いた。 新近と一緒にブトヨノァヤ他の俳優が住んでいる。 演技ちょっとなメインがあってもシンジョングンマン張り付けます場合は、その俳優が演技上手なんだ。 (笑)それが一番難しい演技だ。 難しいことはすべて新近ハンテ与えるのだ。 主演、助演を離れて一度も抜いて一緒に作業するのはそれほど良い俳優だそうだ。

シン。ジョングン 江口私たちは家族じゃないですか。 何をそんな...。

イ・ジュンイク 新根がある場合は'キムユシン'(チョン・ジニョン)が何をしても、不安はない。 コミカルにチダトジマンこれが『ナルガル』コミックがなくなってくれる。 ディレクションでくれてもキムユシンの後ろに行って、完全に立っている。 屏風を長くして見ると『屏風の達人』になったのだ。 (笑)

チョン・ジニョン <平壌城>までにしてみると、私は俳優のブローカーになっている。 今回ムンディ(イ・グァンス)も、私推薦したが、最初はあまりにも幼いハシドニ、あとムンディ役タクイラゴ好きだった、新根は、<ワイルドカード>ときのようにしたがちょっと会ったのにぴったり分かるよ。 演技上手なんだ。 だから監督に紹介してくれないんだ。

イ・ジュンイク、 当初はそうだった。 まともな友達と見てくれと言っていたよ。 ところで、新根がオーディションにはよく見られなかった。 でも、一緒にしようとした。 チョン・ジニョンを信じるんだ。 チョン・ジニョンが事実枚目である。 一度見ればすぐ分かる。 実はここにいる俳優たちは皆演技9段である。 ディレクションというのは両方とも必要ない学ぶ。

チョン・ジニョン 、その馬の相当部分を確認する。 ディレクションが必要ってのはそれほどおもしろくチクオトダン話になるんだから。 一緒にした俳優たちの個性がみんな強かった。 ほとんどの劇場の舞台で基礎を磨いたはずの演技も認めるに十分だった。 何よりも出演陣の平均年齢40歳以上のみで50人以上の現場だった。 (笑)事情を持つキャラクターを演じる俳優ゆうに20〜30人になる。

シン・ジョングン 監督がディレクションを与えてもこれ以上のを年齢の俳優たちだ。 (笑)

チョン・ジニョン そう言えば、監督の言葉一つも聞いたようだし。 (笑)いちいち以来ラジョレラする必要がないシーンだったね。 すべての演技力以前に誠実さを備えた俳優たちではないか。

イ・ジュンイク みんな真面目ハギロン言うまでもない。 特にリュ・スンリョンは、クラス最高水準である。 計算を徹底してくるのに、いざシュート入ると悟られない。 いくら自分が準備してきたのがあっても、現場に来て、相手の俳優が異なっていくとしてきたのを捨てるしかない。 そのような状況に対処能力が本当に優れている。

リュ・スンリョン 最初はとても素敵なチョクヘトドニ映画トンイランマトジルアンドラ。 台本にあること、テキストの活字化されたのはそのような人物だった。 ところで、リーディング終わって監督が笑わせて与えなければならないと言われた。 現場の雰囲気もコミックだったし。 既存の持っている枠組みを損なわない範囲内で、映画の雰囲気と一団となるよう作成した。 そうしたらナムゴンイ真剣かつコミカルさを備えた人物になったのだ。 事実女心を振る人が一人ほど必要ではないか。 (笑)

シン・ジョングン いつも感じるが、結局キャラクターにこだわりハギボダン状況に忠実であるしかない。 監督は、コミカルな部分を要求したが、それだけで笑わせるためのギャグをするように求めることを意味するものではない。 この映画が持つ感情的な志向点がコミカルだったのだ。 志向点を話してくれるのは、その座を埋めるのが俳優たちの役割だ。 ここまでコメディ、その次はない、このような区別はそもそもない。

イ・ジュンイク そう。 キム・ユシンが飛ばしてしまったサルガマ('米窯)ですが、新羅の方言が混ざり'サルガマ'と呼ぶ)の攻撃シーンが代表的である。 ナムゴン、ナムセンの兄弟たちがどんなに真剣に演技をしようとすると何か。 目の前で「サルガマ、サルガマ」しているのに。 演技者たちは、常に与えられた状況の中で自然にセンスを発揮しなければならないのだ。 だから私は演技ディレクションハルする必要がない。 そのままの状態を見せてくれればには最高だ。

リュ・スンリョン ディレクションしないと仰る俳優、スタッフの話をよく聞いてくれて重要なものをチェックしておられる。 だから一度監督と仕事をすれば他の監督と一緒するのがとても大変だ。 現場があまりにも面白くて、私は時々の悩みを正確に知っておられて、ゾッとするようなこともある。 事前に合計を絞られても、現場での演技が可能なことだ。 監督ヒョンジャンエン機能的な意味のコンテはありますが、詳細なコンテすらオプジルではないか。 空の画用紙の状態に行くんだ。 人物を決めておいて、服を着る時みんな分かって動くことだ。

イ・ジュンイク それでは心配をして、私は心配をしないようにするか。 一体監督をどのように見てんだよ! (笑)チョワルヨウンナル朝、現場に先に行って、事前に、私はその俳優になる。 お前たちは扮装していたのでモルラトジ。 ナムゴン席で立って5分ほどするのだ。 単独でもしてみることだ。 私が直接見るとシーンの設計がされていることだ。

ユン・ゼムン 一晩中心配しているのではなく、5分後にもされたそう。

イ・ジュンイク 5分懸命にパチャクし、その後50分は準備しなくてはならない。 決定が早いのでクオリティが高くなる。

ユン・ゼムン 私は、ほとんどの現場に何も考えずに出てくる。 <平壌城>現場は、あまりにも行きたいと思うの現場だった。 みんなの心を楽にすることができる空間だった。


シン・ジョングン 正しい。 君が一番たくさん遊んだ。 会うエディタ裏ゲームしていたよ。 (笑)監督が空間を作ってドゥニ俳優たちがそこで自然に遊ぶことができるんだ。 それがイ・ジュニク監督の現場の魅力である。

リュ・スンリョン は、多くの補助出演者たちがみんな笑っている現場は初めて見た。 監督の映画はいつもユートピアを夢ではないか。 映画の撮影場で見たときに監督の現場にゆとりを避ける児だ。 少年のあどけなさを残している。

シン・ジョングン 助監督と一緒の年の差が二十歳発せられる友達のように過ごしている。 それだけを見ても、他の現場とは明確に異なっている。

ユン・ゼムン あ、監督の年齢は何歳なのに?

リュ・スンリョン 59年生まれである。 映画のほうも考えてみれば権力が明確なところだが、イ・ジュンイク監督は、そのような雰囲気とは程遠い。 その雰囲気の中で逃走の道だ。 そんなことがかゆいとのこと。 (笑)

ユン・ゼムン 正しい。 現場で重さを知ったのとり友達のようにデハニ現場が楽だ。 演技するのにも負担がなくて。

シン・ジョングン 監督のOKサイン有名である。 「OK受けてもう一度!」と。 一応はOKし、その後にまたするようにする。 ある時はモニターにもならない報告無条件OKしたりするから。

イ・ジュンイク、 どのような時はトイレガトダオだがオケ阪こともある。 (笑)

ユン・ゼムン 一度は、監督が本当に爽やかに「大丈夫!」をしたことがある。 ところでリハーサルだった。 (笑)

イ・ジュンイク ああ、あの場面は本当に殺される場面だった。 でも、『大丈夫』と出たところ、隣で「監督、カメラで帰ったんですけど!」ラドラ。

リュ・スンリョン うきうきオッケーです。 それ自体で、現場のチュイムセになるのだ。 俳優やスタッフや、その音の強さを持っている。

シン・ジョングン OKサインがあまりにも確かだから俳優たちが、最初は良かったと思って気持ちを好む。 そうするうちにもオッケーをたくさんするのでそろそろ疑いを始める。 あ、これ監督のOKサインに依存することしたらだめだしたくなるのだ。 だからもっと上手にしようとする。

イ・ジュンイク、 現場で最も重要なのが信仰である。 全面的に信じてはならない。 俳優を信じれば俳優ハンテ頼ることができる。 演技者は、自分が信仰が行かなければ、その演技をするんで、私は俳優が懸命にしたので、それを全面的に信頼しなければならない。 俳優を信頼していない監督はバカだ。 で信じては、一体なぜキャスティングしたのか。 私は、その演技ができなくても信じる。 間違っても、少し好きで聞いても『OK!する。 その次のカットは、前のコマの足りない部分を補完してとされているのではないか。
シンジョングン そうね。 それがすべての計算があったのだ。 監督は、ヤクザよりも堂々と男の子より天津だ。
e0109292_2139265.jpg

現場は毎日マクゴルリパン...有害な進歩に遊びにワトオトジ

シン・ジョングン そう行きたい現場がもうなかった。 <敵と同床>と一緒の時期が似ているところのように出演する有害な進歩前週の撮影現場に一緒に行っていきたいとついてきそうだった。 ここは両方とも同じ年齢だから仕事に行くという気がするのを持って車から降りて撮影場が遠くに見えたら、その時から心が楽になるということだ。

ユン・ゼムン 毎日マッコリ版だった。 宿の近くに『ガメク』とあり、安価にガプオジンオラン皇太子を食べることができる。 スタッフと一緒群山市沖に行って、ヒラメ釣りしてきて、あれ取って来て、酒を飲んでそうだ。

シン・ジョングン 今夏雨もたくさん来て猛暑がすばらしかった。 ところが、苦労したことはない。 みんな少しずつ分けて付いているんだ。

イ・ジュンイク エムティ行って雨に降られる苦労としないでもないが。 そんなことだ。

チョン・ジニョン 正しい。 旅行に行って悩まされていたのは苦労がないから。

リュ・スンリョン 私は、ニンニクを食べる場面のために苦労ちょっとした。 (笑)そして、イ・ウォンジョン、先輩が話をとてもよく乗って緊張した。 その時から一人で馬場に行って乗って練習した。 それを払い落として何やったシプドラ。

イ・ジュンイク、 平安道の方言指導する方に宿泊されたではないか。 その方がそう言っていた。 リュ・スンリョンとユン・ゼムン弁は、ほぼ完璧だ。

リュ・スンリョン その先生、方言の地図だけなのではなく、演技まで言われた。 (笑)初めて会って、肉を食べながら南人、北の人の比較分析をするために、「南はジェンネビ(サル)イプネダ。 後ろからだけで言ってアンスプネカ。 北朝鮮の人たちはまさにベテギ(倍)スショボリプニダ」そうするよ。 (笑)

ユン・ゼムン そう。 演技しながら、本人が泣いて笑って感情を膜表出よろしいですよ。 とても熱い人だった。 握手もどんなに強くハシドンジ。 少女のような来というか。 しまいには、『演技をあのようにする必要があるのか』と思っても言っていたよ。

イ・ジュンイク、 肝心の方言ではなく、神のエネルギーを受けたのだ。

リュ・スンリョン そうなのだ。 うっすら高句麗人になって怒りが感じられるよ。 もし高句麗が統一を主導した場合はどうなったのか、撮影しながらそのような家を本当にたくさんいた。 おそらく今も中国と戦っていたんだろう?

イ・ジュンイク、 高句麗が勝って全面戦争をしたのだ。 そうして中国の地になっていないだろうか。 チョ代表はどう思いますか? (遠くに腰を据えた映画会社の朝のジョチョルヒョン代表をあえて招く。)

ジョ・チョルヒョン それでは。 非常に一理ある話だ。 中国は最終的に我々が憎むことを好むこともない大国である。 歴史的に中国との全面伝えた国は今も消えた。 心情的には高句麗への愛着がなぜオプゲトナ。 しかし、厳しい現実の法則から見ると、新羅が、大同江以南でも、まともに保つことは国家の形成に見る時は多大な影響だった。

イ・ジュンイク 、私は歴史学者ではないが、映画を撮りながら、いろんな思いがしたよ。 物理的な強みは、条件が変更された場合に変化するのに生活の知恵は、条件がいくら変わっても変わらない。 新羅の強みは、知恵だった。 高句麗とはちょっと違う方式の事故だ。 高句麗は強かったので壊すしかなかった。 結局、知恵のある者が勝利したのだ。 意図的に合わせたのではなく、地政学的条件が変わらない限り、歴史はいつも繰り返されるしかない。 歴史をリアルに表現してみると今とさほど違わないようになる。
e0109292_21395093.jpg

イ・ジュンイクの「ジャポク」あるいは「自爆」の時間

イ・ジュンイク、 今度はなりそうだ。 私の映画の中で一番いい。 'コミック戦争' これは当初、話にならない。 矛盾である。 でも、見てから納得がいく。 あまりにも自慢をしたところで誰がそう言っていた。 '監督はジャポクそれとも自爆だ。今は『ジャポク』の時間である。

シン・ジョングン 満足しているという言葉何しろで言ったら、今回は特に多くなさる。

ユン・ゼムン そうなのだ。 <クルムルポソナン月のよう>時と大きく異なっている。

イ・ジュンイク 目的が商業映画化とそうだ。 <クルムルポソナン月のよう>は直球でいった。 ありのまま。 呈色をして言った。 従って、商業的に見る時は『クレヨンしんちゃん』になったのだ。 撮影の時から知っていた。 ところが、<平壌城>は、映画的な作成されました鳥や主張するのが浄化されている。 <クルムルポソナン月のよう>このセンオルロ本音を全部ぶっちゃけ言うなら<王の男>は変装だったし、<平壌城>は、構造を少ししたんだ。

チョン・ジニョン 俳優、スタッフらを集めて決定を明らかにしていたよ。 これダメなら映画の演出でするとした。

イ・ジュンイク 8年の間、映画7本を作った。 そのうちのサグクマンネピョンである。 <黄山ヶ原><クルムルポソナン月のよう><王の男>は、今<平壌城>まで。 時代劇で見ようとすると
<あなたは遠いところに>までダソトピョンだね。 今まで3勝3敗だった。 <平壌城>ダメならスプーン置き、故郷の先に行かなければならない。 (笑)率直な言葉でこれ出来なければ、商業映画あきらめなければならない。 私以外に他の監督を支持しなければならない。 迷惑を及ぼすほどキチョトウニあきらめることも知らなければならない。
e0109292_21405022.jpg

チョン・ジニョン の3編<メソソン>をするとした。 今回みたいドェブワヤ知っているんだ。

イ・ジュンイク そう。 ダメならこの際、陶磁器や焼きとする。

チョン・ジニョン 絵も描くところ。 映画以外に普段関心あったんだしようとするのか? こんなところでもう企画一つヘワソコインダ。 またジュォブワラ。 私は、今度はちゃんと反論してあげるよ。 (笑)

文: イ・ファジョン  2011.02.01

写真: チェ・ソンヨル

e0109292_2245049.jpg
e0109292_22452835.jpg

by kazem2 | 2011-02-01 19:17