ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[ギム・ソクユン監督]放送から映画までうきうき催し物の時間

☆cine21.com
<朝鮮の名探偵:トリカブトの秘密>
e0109292_18523734.jpg

映画「挑戦名探偵:トリカブトの秘密」は今日はボックスオフィス第1位で
100万人を突破しそうな勢いです



映画界では、<朝鮮名探偵:トリカブトの秘密>のギム・ソクユン監督に通すが
放送界では、彼ギム・ソクユンプロデューサーだ。
インタビューの場所に移動するために、KBS放送局の周辺をちょっと散策する時のすれ違う人々に彼に向かって嬉しそうに挨拶するのを見ると、彼は確かにこの分野の古い人である。 彼は様々な番組やドラマなどを演出してきた。 映画関係者でありながら、放送人、だから、この2つの仕事を並行している場合が稀ですけど、彼が映画界に名を知らしめたのは、自分が演出したコメディドラマ
<オールドミスダイアリー>が大きな縁になった。 のような演出者がドラマを作ってから、同名のタイトルでネチョ劇場版まで作ったんですが、国内ではそのような試み自体が空前絶後しただけでなく、公開当時、この映画は興行成績に関係なく、無視できない少数の大ファンを生んだ。 ので、いつか彼が戻って来るのを望む人々がいて、彼が帰ってくる場合は、「オルミダ」と同じ種類のものが来ると予想した。 ところが、彼は予想をはるかに超えた独自の方法で再度来た。 朝鮮時代の探偵と彼の腹心を連れて早死に腹痛の時代劇の世界を夢見てきたのである。

- テレビ番組や映画の2つの仕事を一度にするのが容易ではないそうだ。

= 2つの仕事を一度に一件もなくて...。 本社から心配してくれて派遣発令式で映画制作の仕事をして戻ってきたわけだ。 一般的な会社ではなく、放送局だと見ると制約が減った。 テレビ番組や映画の間にいくつかの共通点はあるようだ。 テレビ番組なら、視聴者、映画なら観客は、共通的に収容者がいる。 基本的に彼らの耳を楽しませたり、憂鬱な雰囲気を一掃してくれる笑い。 いわば芸能とは、収容者にそのような楽しさを与えるのが本来の任務だと思いますので、私の映画にもそのような形式である。

- 映画は、約4年マンインデ、とりあえず撮影序盤がどうだったか気になる。

=戦略的に見ると、初回はスタッフと俳優が呼吸を合わせてしなければならないのに...支えてくれないのが多かった。 (笑)初回の最初の神を撮ったが、ナンパに行ったときは青いススバトが行ってみると儲ける。 葉っぱも予想したよりもはるかに大きくなっていた。 一応のアクセスが容易に言わないなかった。 特に、天候のため、大変たくさん食べた。 元の映画の背景には、夏なのに秋の入って撮影開始したので、撮影中に紅葉して雪が降れば大変なことだった。 封切りの日程は合わせられていた。 そうしたらセットの撮影をすべて後回しに置くしかなかった。 無条件ロケ、オープンセットから撮っていった。 ところが、このように『空間』を中心に撮ってみると物語上の混乱打つことになった。 最初のシーン撮って、最新の撮りの話がそこまで展開される前に絶頂を撮ったりして。 私よりも演技者たちがたくさんヘトガルリョトウルだ。 この音が当たるかはその音が当たるし。 (笑)ので、演技者たちに綿密に編集を見せていた。 そういえば、編集作業中に大きな方向転換も一度あった。

- どのような転換があった。

=推理の部分に該当するもの詳しくは言いにくいですが、それが観客にちょっと苦労バトアジルだろうという意見が多く出た。 手がかりは十分に作っておきましたが、集中して見ないと難しいこともあるということだった。 それよりも、もっと楽にいっているのが大半の意見だった。 ただし、眠っていた。 12歳以上観覧可なら簡単に行くのが当たるという考えも聞いた。 元々は、手がかりを見つけて行って繰り広げる推理劇の部分でマッカルナということもあったが、今は説明をたくさんしてみるとそれはちょっと減った。 それがメリットがあったのもようで残念な点であるのもようだ。 しかし、娯楽的に楽しむのが優先だと思っていた。 ストーリーが理解できない場合は娯楽的なポイントを提供するのはもっと難しいと判断した。

- 雪のシーズン娯楽映画としてのポイントを明確に取ったという意味に聞こえる。
=ぜひ雪のシーズンを念頭に置いたものではなかった。 最初のシナリオの草案を受けたときは、映画という考えもなくただ見た。 "イルオナ見る"こと"や時代劇では好きでよく分からない"、しながら見た。 2007年以来の言葉が出てきた作品イラドンデ回って回って私にまできたのかという気もした。 読んでみると娯楽的に何かをみることができるようだった。 だから、"私は、作成すると、娯楽的に行くようだがいいのか。 自分の好きにして分かるかね"と言ったらそうだと言っていたよ。 (笑)祝日を狙ったというよりもそのように娯楽的に作るというの志向点を持って始めたことだ。

- 原作がギムタクファンの<ヨルニョお問い合わせの秘密>である。 脚色する過程で、気を使った部分は。

=原作小説を面白く見た。 しかし、小説自体が映画的ではなかった。 原作を読んで何のシナリオ草稿が原作を映画的に変更した結果だったということを知ることになった。 言うように娯楽的な要素を多く加味した。 謎の部分が追加されたし。 逆のポイントというか強度を高める作業もした。

- 現場での即興的な選択でもあった。

=今思い出すのは声太い佐藤が出てくるシーン。 それは、元の情報伝達以上の意味がなかったの役割である。 ところが、佐藤と出て演技者の動画クリップを見るの声がとても良かったよ。 そういえば、キム・ミョンミンも声のトーンがいいんじゃない、今までこれを二人の声のトーン対決に一度行ってはどうか、やって入れたのだ。 私だけでなく、どの時期になるからキム・ミョンミンの頭で考えがでたらめにあふれ出ていたよ。

- どのようなものが溢れ出たのか。

=たとえば、ピーナッツ武将扮装をしてから、他の扮装はすべて消去しても星一つは残しておいて行こうか、美人ハンゲクジュ(ハン・ジミン)を見てピーナッツを落としたりするもの。 扮装考えても本人がたくさん出した。 キム・ミョンミンが演じた探偵には、ひげが左右されるのであれこれ変装するためにどのような限界があっても、本人はその限界を越えるほどに積極的だった。

- オ・ダルスはどうだったか。

=もちろん良かった。 俳優オ・ダルスを好む。 "私はあなたを好きだから映画の中で長く良いだろう"と語った。 本人奴らには、おそらくそれが負担になったのだ。 飽きないようにしながらも、長く引っ張っていく役割の負担となる。 オ・ダルス特有のトーンもしたいのですが、完全に自然なことも必要だとした。 映画の前に、オ・ダルスが出演する<区>の公演を見たが、その中で、すでに自然に観客を引き出すことをしていてそれが良かった。 オ・ダルスが引き受けたソピルウイトンがそのようなものであった欲しいと思っていた。 どのように見ると、撮影時には、平易にドラッグしていくトン心配したこともある。 しかし、結果的には、むしろリアルで良かったよ。 和の右またはトンの当たる部分は、現場でキャッチしながらより自然になった。 躍動感のある結果が出てきたようだ。

e0109292_19105366.jpg


- 二人の俳優のコミカルなシーンが多い。 ベストをポプアボルできるだろうか。

=キム・ミョンミンとオ・ダルス、二人が演じたことの中では個人的には貯蔵庫で二人がモクメという神。 キム・ミョンミンは、キム・ミョンミンようにオ・ダルスは、オ・ダルスに良かった。 キムミョンミン、一人でいるシーンを選ぶとは、精子での場面。 そして、先ほど言われた佐藤と低音の対決。 そしてハンゲクジュエゲ流し越えたときの表情もいい。 精子の場面では、堂々としたふりをスウック再び歩いて入って若干の卑屈な姿が良くて、佐藤とあるときやハンゲクジュワているときは、その短い間の表情の変化がいい。 そして、オ・ダルスためには...(笑)むしろ私は、現場でNGを出す場合があった。 私は演出者としてのモニタより多くの俳優たちの近くにあるとは注意であり、従って、カメラの横によく立っているのに、いくら期待をしてもオ・ダルスの演技を見ていると笑いを堪えがたい。 映画の中でオ・ダルスが狂ったように一人で"お腹がすいて、お腹がすい"ことではないか。 元大使は、ただ単純に空腹を言うのだった。 それをしてみようか本人も最初はポルツムしない。 しかし、それはオ・ダルスようになったよ。 実際に映画に込められたのはNGコトインデ良く切って書いたんだ。 (笑)

- キム・ミョンミンにはハンゲクジュ、政調、ゲジャンスなど相手の人物たちを接するたびに音を動かしなさいと言ったというが、理由は何か。

=人物のトーンを見れば、彼のスペックが見えないではないか。 トーンはいくつかあった。 一番男らしいトン、俗物のようなトーン、正統史劇に似合うトン、ソピルグァいるときは、高校生の時に友達同士で遊ぶようなトーン、奴婢たちを接するときは心の中のヒューマニストがヨトボイルすることができるそのようなトーン。 少なくとも4つ以上のトーンが出れば良いという話をした。

- 俳優と監督の間で意見調整が必要な時もそうだ。

=現場で意見がぶつかったときは、お互いに当たるの議論ではなく、誰が正しいことを無条件周辺の呼応で決定しようとした。 そうして私は押される場合もあります! (笑)キム・ミョンミンがオ・ダルスに"こんな犬みたいな奴"と言われる場面がある。 私はその台詞が本当に悪口を言うように聞こえるはずだと思ったが、キム・ミョンミンは少しふざけて行こうとした。 そうなの? それから私は、どのようにクールな演出者であることを見せてあげるし、2つのバージョンで撮ってみようとした。 当然、私のバージョンの方が似合うと思ったから。 ところが、現場の記事が二つのうち、これ見よが、キム・ミョンミンのバージョンを選んで、最終的に張り付けますはだ。 さらに、スタッフに見せてくれる他のスタッフ、だからもうちょっと自分のピョンイルそうな人たちさえ、キムミョンミン、バージョンがいいと言っていたよ。 そんなときは当然自分のことを捨てることだ。 (笑)

- オ・ダルスの演技が好きな観客の一人として、彼の演技を長く見るのは大きな喜びだった。

=コンビプレーには本当にな学ぶ。 劇中ソピル逆に、複数の俳優の名前が挙がっされたが、オ・ダルスの話が出てきた瞬間一瞬にして決まった。 シナリオ上に見ればソピル役事実少数チョルサクゴリヌンそのようなキャラクターだ。 ところが、オ・ダルスがするからオダルスのみの設定が釣れる。 演技者が確実に定着し、キャラクターが再構築されたのだ。 私もオダルスのファンとして満足していて面白かった。

- 時代劇を見ない方だと言ったが、それは時代劇が概ねポンヘ見えて、普段つまらないという言葉のように聞こえる。

=時代劇の方も見る人もいるが、私は韓服を着て出ると異常に無条件によく見られる。 もちろん、根拠のない先入観が、私はそうだった。 しかし、だからこそ、むしろ私のように先入観を持っている人にもアピールすることができる場面があったらいいという思いをしたのも事実である。

- 映画には有毒な人物たちが走る場面が多い。

=スピーディーでダイナミックな娯楽的なスケール。 そんなことをしてみたらと思った。 例えば、<インディジョーンズ>シリーズで見られるような感じ。 最初は無条件ダルリルカ、うまく走れば面白いんじゃないかと、こういう考えをして、まるで地雷をかき分けていく感じを思ったし、そのような装置をしておいて違って寝て決定した。 走るシーンの中には、編集済みの惜しい場面もある。 シーン自体が一応多かったから。 マラソン競技をパロディにしたものもあった。 スピード感のある時代劇の映画が出ればいいなと思っていた。

- 一方、全般的にちょっとオスソンハダという評価もある。

=そのような点といえば、ストーリー自体はシンプルだが、それを推理劇風に見せながら生じた副作用とする。 後半の有終の美を飾る必要がありますが断線ではなく、この複合線をどのように消化するかが最大の問題であった。 たとえば、8つのストーリーを8つに組み立てられたものではなく、5つのストーリーを8つにチャマトチュダボニ生じた副作用のようなのではないかと思う。

- 意図を打つていないと思いますがどうかして、一般的な読み方からすれば、この映画は、続編を約束するように終わる。

=キム・ミョンミンの口から続編の話が出て火がついたんだけど(笑)、実際に編集上では、今の彼ツショトイエンディングではなかった。 映画的に続編を想定したことはない。 19年近くの放送をしてか、映画が私にないようなコーナーもあったりする。 今考えてみたい、まあ、また映画をすることになるだろうか? ではないことが見えますか? こうやって、後でまた馬変更することもあるだろう。 (笑)とにかく今はたくさんいた気がする。

文: ジョン・ハンソク 2011.02.01

写真: オ・ギェオク
by kazem2 | 2011-02-01 18:49 | Comments(0)