ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

異聞院の文化批評

☆issue.media.daum.net
「カラ3人の"私"は親日・知日派の陰謀なのか」








新年の初め、韓国の大衆文化界を大騒ぎひっくり返したいわゆる『カラ3人の私は、(亂)』が非常結論に駆け上がっている。 中央日報1月27日]【文化ノート】背後説に訴訟まで...ガールズグループ'カラー'どこで'は、"5人組ガールズグループカラが解散の手順を踏んでいる。契約の解除を主張した3人(ハンスンヨン·チョンニコル· ガンジヨウン )側所属社DSPメディア側が法的対応に立ち向かう姿"としながら"双方が法的対応を策定しながら、カラの解体の可能性はさらに大きくなった"と指摘した。 それとともに、"今カラをめぐる争いでは、いざカラのメンバーが表示されていない。一方では、親たちが声を上げ、他方では背後に立つと騒々しい。お金と収益の前で『契約』自体も無意味になった状態"とついた。

事実、今回の事態の核心は、数えきれないほど繰り返されてきたのだ。 上記の記事の中で述べたように、"K - POPの高くなった位相だけに、合理的な芸能の契約システムを模索する"というもの。 ところが、産業内での利己心と無策取り組む、関係省庁の無関心と理解の不足、意志が不足して数年間提起になってきた『合理的な芸能の契約システム』の導入は行われていない。 韓国芸能マネジメントに画期的な転換をもたらす道具だったアメリカ公認エージェンシー法案も、まだ数年間、国会で漂流している。 結局、大衆文化産業自体が、最初から意志を示すしかないということだ。 まだのような結論であり、『果たして今回は'という期待はますます薄れている。

しかし、今回のカラの事態には、上記の数えきれないほど繰り返されてきた最終結論を他より多くの目の前の部分がある。 カラー契約の解除を引き起こされた背後勢力の存在をいったん既成事実化して見た場合には、一つの大きな疑問が浮上する。 『タイミング』の問題だ。 一言でいったいなぜ今がカラメンバーたちの契約の解除と、他の所属事務所への移籍を誘導する時期だったのかということ。

カラが、私は(亂)を起こすことができた原動力は、当然、日本市場への進出の成功の状況である。 韓国よりも少なくとも10倍以上の大きな市場での足場を用意したので、国内市場では得ることが不利益を勘案しても十分に肯定的な損益の計算が立つようになる。 しかし、『今』カラは、日本の大衆にあり、そのグルプミョンマン知られている状況だと見ることができる。 東方神起 の状況と大きく異なる部分である。 正確に言えば、ただのセクシーな体つきを持った韓国清純グラマーたちが楽しい『ミスター』を歌いながらお尻ダンスを踊るイメージしか記憶されているというのだ。

当然のことだ。 カラが日本で初シングル『ミスター』を出したのが、昨年8月11日である。 わずか5ヶ月前だ。 昨年2月7日の初ショケイスカジ含めても、カラの日本進出は、1年足らずで釘されている。 いくらキャラと少女時代が両輪になって、社会文化現象を起こしたが、メンバーの一人一人の商品性が確保されている状況はなれない。 いち早く形成された一部のオタク層を除いて、メンバーの名前さえ覚えにくいというのが正解だ。

結局、メンバーの一人一人を別々に取り出して新たにグループを生み出すほどの認知度もスター性も確立さになっていない状況なのになぜそのような冒険を敢行するかという疑問がすぐに弾き出すようになる。 常識的には、少なくとも1年以上のカラとしての活動をしながら、メンバーたち一人一人の名前とキャラクターを明確に発表し、メンバーたち一人一人のファン層もある程度確保した後、そしてメンバー間の意見も一寸の誤差で調整させた後、契約書失効を宣言しておく必要が正しい。 しかし、なぜこのように無謀な試みをしたのかというのだ。

これに最も簡単な結論は、現所属事務所DSPメディアの問題だ。 今DSPメディアは、かなり昔のような掌握力を持っていない状態だ。 イホヨン 代表は、昨年からできなく病席にヌウォトゴ、この代表部は、現在の経営を担っている状況だ。 もちろん、それ以前にもDSPのメディアは、多方面に厳しい状況に置かれていた。 2006年の迂回上場し、2008年ムルジョクブンハルドゥェン後、2009年初頭に資本蚕食などの理由で、コスダック市場から退出されたりした。 そんななか、『カリスマ』に所属のアーティストたちを率いていたが代表でさえ倒れた持つ経営と権力の空白状態が一挙に運転されて近づいたとのこと。

だからまさに今が適期だったということだ。 所属事務所側のシステムに隙間が生じた時点をノトチリョしなかったこと。 カラメンバーたち一人一人の認知度が上がる時まで待っダカーが日本で稼ぐ収益に基づいて、所属事務所は、再整備を図ることができる。 経営と権力の空白状態を自然に取り戻すことができる。 その前に、十分に食い込む余地がある今の時点で契約の解除と移籍を計画しなければという話だ。

しかし、このように機械的な分析には、多方面に限界がある。 それでもなお、上記の提起した重点的な問題は残している。 『今』は、他の所属事務所への移籍が最も容易な時期のは確かだが、まだカラメンバーたち一人一人の商品価値は大幅に低下する時期だ。 ほぼプラスマイナスゼロの状態に近い。 まだ賭博性が濃厚な計画という印象だ。

しかし、日本市場の傾向を冷静に確かめてみればそうではありません。 カラメンバーたちがあえて契約の解除を宣言し、また、他の事務所を確保して、新しい出発をするには、正確には、今外にチャンスがなかった。 エルビスプレスリーの曲のタイトルのように'It 's Now or Never'状態だった。 一つずつ解いてみよう。

日本のお笑いコンビダウンタウンのメンバーであり、映画監督としても活動している松本人志月刊日経エンタテインメントコラムで"日本のアイドルファン層は、 プロ野球 ファンダムと似ている"と評したことがある。 何の話ではない。 日本のアイドルファンダムは一見アイドルグループのメンバーの一人一人を応援するように見えますが、実際には、アイドルグループそのものを応援する形ということだ。 その点、プロ野球ファンダムと類似していること。 続きを選手たちがギョチェドェ元年メンバーは、完全に消えることになっても、まだプロ野球 阪神タイガース のファンはずっと阪神ファンである。 こぶ阪神で応援していた選手が他球団に移籍しても、選手に沿って応援するチームを変える場合はほとんどない。

もちろん、日本の芸能界でアイドルグループがチームを変えて活動している場合はほとんどない。 チームを変える場合は、デフォルトで企画会社を変えるという話なのに、事務所間の暗黙のルールが適用されており、そのような種類の『無条件獲得』はほぼ不可能だからだ。 しかし、グループのメンバーたち一人一人の人気かどうかに関係なく、最終的には、グループ自体を生き延びることとなるのは何回も証明されてきた。 最も代表的なのが女性アイドルグループの モーニング娘 の場合だ。
モーニング娘はギスビョルでメンバーを選ぶ仕組みだ。 それとともに一定の活動期間や年齢になると、メンバーたちを一人二人のグループで、『卒業』させている。 そのようにずっとメンバーたちがギョチェドェ現在では最も古いメンバーが5基、新メンバーは、9期まで選んだ状態だ。 最盛期を謳歌していた1〜4期までのメンバーたちが皆『卒業』した状態にも、もちろん全盛期だけはできないが、まだ命脈を維持している。 'チーム'自体を支持する日本のアイドルファンダム生理が発動されているからだ。

さらに興味深い部分もある。 モーニング娘をチェジョンソンギロ導いた主役は、3期メンバー 後藤真希 だった。 1999年に加入してすぐにシングル『LOVEマシーン』をデヒトゥシキミョモーニング娘を一躍国民的アイドルとして作り上げた。 このように、後藤がモーニング娘の看板として急速に成長すると所属事務所のハロープロジェクト側でも体が甘かった。 グループの活動の中で、後藤をソロでデビューさせる大胆な企画をクェヘトゴ、そのように登場した初のシングルがオリコンウィークリー1位、なんと43万4790枚を売りさばく気炎を吐いた。 もちろん、ソロデビュー話題性の低下、次のシングルからは、売上高が墜落したが、3枚目のシングルと4枚目のシングルも10万竿に留まって、そのまま後藤個人ファン層が安定化されているようだった。

しかし、肝心の後藤がモーニング娘を『卒業』しちゃっソロだけ立つようになると、状況が大きく変わった。 一見安定になって見えた個人的なファン層が崩れ、5枚目のシングルは、全シングル半分の5万竿に落ちた。 以来、ますます販売量が減り、2〜3万竿に留まって、ついに日本の芸能界としては異例の所属事務所の移籍まで敢行することになった。 結局、後藤真希、個人の人気も、モーニング娘というブランド名に依存になっている場合にのみ可能なものだったということだ。 'チーム'自体を応援し、『チーム』を抜けてしまうと愛着が大幅に冷えてしまう日本のアイドルファン層の一面を傍証する事例だ。

なぜ、日本の大衆がこのような性向を持つようになったのかについて、支配的な結論はまだない。 安定感と信頼性を重視する日本の大衆習性が発現したものとする見方もあり、一時的な人気も、よりブランド価値をより多くの執着する傾向が明らかになったとの見方もある。 しかし、このような傾向は、アイドル産業が日本に根付き前から既に確認された状況という見方もある。 これは、日本のアイドルグループの円は、日本の伝統の 宝塚 歌劇団から始まったという分析から出発する。

確かに宝塚歌劇団は、多方面に、現在のアイドルグループの型と同じような部分が多い。 派手な衣装を着て出て、音楽と演技が混在'パフォーマンス'中心のショーを見せている点、プロの技量よりも徐々に劇団員が成長していく過程を楽しむの構造であるという点と、特にファン層との結束を重視する日本のアイドル産業特有の関係のマーケティングを早くから試みたという点などからそうだ。 そして、宝塚歌劇団も、劇団『人』を中心にファン層が形成さになっていない個々の劇団員のかどうかは、ファン層の形成の主要因ではなかったということだ。

結局、このようにしっかりとした歴史的背景をもとにした市場の傾向が位置していると、カラは'今'を除き、契約の解除と移籍が不可能だったということだ。 1年以上の資源やオリコン週間3位内に入るのシングルが2〜3曲以上がより出てきてTV出演が数多く行われて、私は時、'カラー'ブランドが明確に商品価値を確立した頃には、むしろ契約の解除と移籍が難しくなることができる。 1年後にも、リーダー バックギュリ 一人でカラに残留する状況になったが、『チーム』を支持するファン層をしっかりと持つDSPのメディアのカラ側がより有利な立場に置くことができるのだ。

しかも、日本の大衆は、いくらアイドルでもヒットした曲は、一つの社会文化的な指標として、着実に記憶しようとする習性がある。 だから、カラーが一枚でもより多くのヒットシングルをネルスロク解約しようとする人々には不利な立場に戻ってくるしかなかった。 とにかく『ミスター』と『ジャンプ』そして、将来のヒット曲を呼ぶの資格を持つのは残留カラの側面であり、そのような歴史が深く、長いほど、『移籍カラー'の存在価値は落ちるしかないからだ。

既にこのような状況を裏付けている事例も登場した。 同様の契約解除問題でユノとチャンミンの2人だけが残留することになった東方神起のケースだ。 日本国内の認知度と人気度の面で相対的に優れていたジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人がJYJで別々にチームを設けた状況だから残留の2人の先行きはやや不透明に見えた。 しかし、残留の2人で構成された東方神起が今月26日に日本で発売した31枚目のシングル『ワイ(Why?)』は発売当日、なんと13万3233枚が売れては、怪力を発揮した。 ウィークリーの記録にも十分に1位を占めることができる数値がわずか1日で出てきたわけだ。 JYJの今後の状況は、まだ、診断するのは難しいですが、基本的に『チーム』を支持する日本の大衆の性向が遺憾なく発揮された事例だ。

とにかく現時点でカラの事態は、いわゆる『泥沼の戦い』にまで拡大された状況だ。 暴露の暴露が続き、お互いの普及している商品の価値を少しずつ吸っている。 ただし、原則的には契約の解除を主張する3人側が不利なゲームをしていると見ることができる。 メンバーのクハラの残留が大きな転換点になった。 バクギュリマンカラに残った時にはカラ再整備までにかなり時間がかかる。 デフォルトでは、『チーム』として出てきた商品だから、新しいメンバーを勧誘し、訓練させて、エクスポートされるまで時間がかかる。 『移籍カラ』は、その隙間を打って入って凍結になっているカラの既存のパイを自発的に占有することができる。

しかし、バクギュリワ救え二人で残る場合には、カラは東方神起2インチョロムすぐに次のダルイラも、すぐに新しいシングルを出すことができる状況になる。 むしろ移籍と、新しいグループのラウンチなどの過程を経なければならない'移籍カラ』の方に時間がかかる。 これでカラの既存のパイを奪うタイミングを逃すことになり、『移籍カラ』は、せいぜい、既存のカラーのはまだソルイクウンパイをナヌォモクヌンのレベルにとどまるしかない。 収支打算がないような商売になる。 それこそ'ルージュ - ルージュ(lose - lose)状況だ。

もちろん、カラが今後どのような結論を出すことになるかはまだ未知数だ。 大衆文化界の紛争は、その性質上、必ずしも合理的な結論は、冷徹な結論にしか誘導されない。 しかし、とにかく今回の『カラ3人の私は、(亂)』を体験して確信するようになった部分はある。 今回の事態は、一見ムモヘに見えますが、事実上、日本の大衆音楽市場のプロパティを正確にクウェン決定だったことから、日本市場の状況を正確に理解している側が全体の構図をチャトウリラヌン予想だ。

その『日本市場の状況を正確に理解している側』が、噂のように、日本の資本ではなく、ウェリョ韓国側が欲しいのリクライニング。 その程度で明確な市場の理解がされている側ならば、第1回ドラマ韓流当時のようにホランハゲ機会を食いつぶすことなく、第二次アイドル、韓流をより忠実に引き出すジェモクインのは明らかだからだ。 このような泥沼の戦いを起こした張本人だけど、長期的に見るときは、むしろスファクイルことができる。 もちろん、噂のように、日本の資本説が正しいならば、それこそ、日本のダウンロードビジネスの方法をもう一度確認して、ケースにとどまるだろうがね。

大衆文化評論家fletch@empas.com ニューシース 入力 2011.01.28 08:05

<著作権者ⓒ'韓国言論ニュースハーブ'ニューシース通信社。>
by kazem2 | 2011-01-31 11:49 | News | Comments(0)