ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[ジン・ジュングォンのアイコン] 裸の王様

☆cine21.com
e0109292_21433550.jpg




啓発された虚偽意識と冷笑的理性
映画の一方のために<裸の王様>と呼ばれる童話が思い出される時代である。
マスコミは、露出したその映画に派手な服を着た。 しかし、大衆と、どこの目がないですか?
前回の学習効果のせいか、今回は多数の大衆が映画を原色的な非難した。 もちろん、存在しない、その派手な服に未練を捨てることができなかった人々もある。 彼らは言った、"彼のチャレンジ精神に10点を与える"、"それでも子供と家族が見るのに良い映画だ"。 その中で圧巻。 "映画を見て笑うことができないのを見ると、私は童心を失っているようです"そういえば、その派手な服は心の優しい人にのみ示されているか気づいている。

裸の王様

興味深いのは、記事を書く記者たちの態度。 彼らは観客100万人突破『お前、'200万人突破『お前の連日の床の興行成功のスンジョンボを伝えることに忙しい。 小学校高慢出たのも、(観客がX観覧料/ 2) - (制作費+マーケティング費)=負か正の値なのか、帳簿に書かれた数字は、赤か黒かは見分けることだ。 事態が客観的にどのように流れていくことが分かるはずだ。 しかし、一体どうしてあんな夢をつかむバラ色の記事を書くのだろうか? 誰かにだまされてそうなのではないだろう。 記者の役ながら、まさか四則演算を知らないのか? 彼らも事態をよく知っていて、すべて分かりながら嘘をつくだろうと見なければならないのだ。

小さなエピソードに過ぎないが、その記者たちの態度は、今日のイデオロギーが動作するかを示しています。 彼らは自分たちが書かれている記事が虚偽であることが分かる。 しかし、実にをすると、誰が認めるわけでもなく、また、世の中が変わることもないと思う。 民衆の口を代弁するというマスコミの古典的な任務は、今日の嘲笑の対象になるだけだ。 彼らにはなぜ嘘をつくのかと問われれば、彼らは恥ずかしがるどころか、おそらく、自分たちがそうしてこその数十種類の合理的な(?)の理由をデルジ分からない。 ドイツの哲学者ペータースロッターダイクは、こういうことを『っぽい異性』と呼んだ。

マルクスは、古典的なイデオロギーの動作をこのように記述する。 "彼らは知らない。 しかし行ないます。"イデオロギーのように動作する場合、ただ真実を知らせることで大衆をイデオロギーから解放させることができるはずだ。 啓蒙のプロジェクトとは、最終的にそう叫ぶのが常であった。 "王様は実は裸だった!"しかし、前述の記者たちの場合はどうなのか? たとえ彼らの記事が虚偽であることを暴露しても、彼らが嘘のことを停止するようではない。 ここで、イデオロギーは別の方法で動作する。 "彼らは知っている。 それでもまだ行ないます。"冷笑的理性は、このように、すでに『啓発された虚偽意識』である。

冷笑的理性は、今日の保守主義共通の特徴となった。 いや、初めから大衆の存在の美学になってしまった。 80年代、社会は啓蒙主義的であって、市民や民衆の意識を覚醒して、抑圧から抜け出すには企画は、普遍的な同意を得ることができる。 今日はどうですか? 二度の政権を使って『民主』が腐ることもあり、このドゥロナトゴ、社会主義の没落に『平等』が抑圧になることがあることが明らかになった。 '市民'の自発性も、社会を変えることなく、『生態』で、環境の破壊を防ぐことができないが明らかとなった。 このような状況で、政治的な冷笑主義がウェリョクールな態度とされるのは当然ではないか。

古典的なイデオロギーのモデルに執着する人々は依然として、"王様は裸だった!"という叫びで大衆を『啓発』と考えている。 しかし、今日の普及には知らなくて王様衣服に感心するのではない。 ここには何かパタピジコルハン面がある。 大衆もその服が存在しないことを知らないか、または、それにも、あたかもそれが存在している量のふりしてくれるのだ。 ところが、そこに向かって"王様は裸だった!"と叫ぶとどのように寒いだろうか。 それは事実ジジェクが引用するラカンの冗談と同様の状況になるだろう。 "あの娘をちょっと見ます。 うわ、恥ずかしいして下さい。 着ている服の下にすっかり脱いだよ!"

もちろん、古典的なモデルが完全に消えたわけではない。 マスコミは、特殊な階層の理解を、社会一般の理解に詰めて用意であり、まだ多くの人々が本当に分からなくて、そのイデオロギーにだまされて移っている。 そのようなイデオロギーラーメン'啓蒙'を通って、いくらでも解体する事があるはずだ。 しかし、冷笑的理性は異なっている。 それは既に『啓発された虚偽意識』なので、啓発を使って解体することができない。 それが問題だ。 今日、多くの大衆は、国家と市場、政治やマスコミで騒ぐ愛国的捜査の背後に、特別な階層の利害関係があることを既に知っている。 しかし、それを知りながらも知らないのと変わらない行動する。

それでも付く
その映画を本当に『楽しく』を見た人も、ないわけではないのだ。 しかし、誰もが日常的に接する韓国映画やドラマのレベルを見るときは、その映画を本当に『面白い』と考える人は多くないはずだ。 しかし、その映画を見て『面白い』と言う人々は思ったよりも多かった。 なぜだろう? もちろん、『正直面白くない』と告白した人々もある。 しかし、これらさえも結局は監督の『チャレンジ精神』を聞いて星五つを投げる。 さらに映画が楽しみがないのが監督のせいではなく、自分のせいだと見る人もいる。 これらもやはりそれはすべて自分が童心を失ったタトイラ自責し、星の5人を投げる。

"彼らは知らない。 しかし行ないます。"映画の文法に無知しそうなのであれば、観客に屑との傑作を区別する方法を説明しては十分である。 そこに説得受ける人も、もちろんある。 しかし、大半の観客はその映画がレベルが低いことを知ってしても、星五つを投げようとする。 "彼らは知っている。 それでもまだ行ないます。"ここで、合理的な説得は当初の見込みがない。 いくら作品を分析してくれて、批判の基準を説明しても、彼らはまだ、作品の質に関係なく、星五つを飛ばすから。 ここで、審美的な啓発の試みは座礁する。 これはもはや、論理の問題ではない。

事実、これは些細な消極的(笑剧)に過ぎない。 しかし重要なのは、オヌルナルエンイデオロギーが、どの領域でもこのように動作するという点だ。 「彼らは知らなくてではなく、知っていながらもそうする。」 ハボマスが語る『理想的な談話の状況'が与えられるとしても、そこで行われる議論の結果として、大衆が行動が変わりはしないのだ(もちろん、それは無意味なことではない)。 ので、今日でも、イデオロギーの批判が可能であれば、それは意識の批判ではなく、身体の批判、すなわち、(偽)の意識との戦いのレベルを超えて、無意識の中にドサリン欲望と対決する遺物論的な批判がされなければならない。

イデオロギー後(post - ideology)時代を支配する『冷笑主義』(Zynismus)の代わりに、スロッターダイクは、古代の『ギョンユジュウイ'(Kynismus)を提供する。 なぜだろう? 広く知られているように、ギョンユジュウイジャドゥルウイ批判は徹底的に唯物論的だった。 彼らは、アカデミー賞では『頭の知識』を追求するのではなくジャンバダクエソ『身体の知恵』を演出した。 仮にギョンユジュウイウイ代名詞ディオゲネスは頭にデモンストレーションをしていない。 彼は身体にパフォーマンスをした。 彼の批評のフォーマットは、尿、精液、ジェスチャーであり、批判の内容は、図々しい毒舌、憎らしい嘲笑、辛辣な風刺であった。

すでに、「すべてのことを知っている」の「啓発された虚偽意識」だ冷笑的理性は決してデモンストレーションだけで崩れていない。 デモンストレーションがウェリョ結局、皮肉を教育させ、より強くさせてくれることもある。 したがって、批判は触覚的でなければならない。 忠イーストの挑発的なパフォーマンスのようにギョンユジュウイヌン衝撃を使って冷たい皮肉で凍りついた理由と習俗に亀裂を生じる。 スロッターダイクの言葉通り、皮肉の時代の哲学はジャンバダクウロ降りてきて、無礼さと厚かましさを持って皮肉を皮肉しなければならない。

文:ジン・ジュングォン( 文化評論家 ) 2011.01.28


イラスト:ジョンウォンギョ
by kazem2 | 2011-01-28 21:43