ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[電影客桟] 地獄の「ソウル」黙示録

☆cine21.com
<カフェノワール>
監督としてジョン・ソンイルのもう一つの人生が開始されていることを宣言する
e0109292_22323628.jpg




学芸員がギャラリーを内密の好みに記入したい願望について言えば、すべての映画評論家たちに潜在していると見ても差し支えない。 そこでどのような評論家たちは『映画祭』というイベントにもたれて、これらの欲求を満たすか、シシテテロ自分を魅了した映画のリストを列挙し、空腹を癒す。 そして、非常に希少な場合には、趣向を露出する映画を撮ることもある。 <カフェノワール>は、映画祭で、たまにベスト映画のリストを更新しながらこのような評論家の欲望に忠実な真心が異例的に『演出』に身を投げたの映画である。 彼のマンヨンチェの文のように長く、冗長な「二時間78分」の<カフェノワール>は、文学と映画、地政学的な場所の美しさ、キリスト教主義、さらにはボリウッドパフォーマンスの彩りを行き来するジョンジャプジできないカオスである。

真心が映画を作るとすると、率直に言って私は彼の挑戦が理解されていない。 "フランソワトリュフォー、ジャン・リュックゴダール、エリックロメールがあると、近くの日本だけでも黒沢清と青山シンジが評論家を経ていないのか"と彼は反問したが、評論家が監督になるのは、やはり韓国では珍しいことだ。 この床にはないが、<カフェノワール>を見て私はジョン・ソンイルに出会い、ブログを書くことを決心した。 会うやいなや、彼は"病院(ビョンウォン)さんが来るとは思いませんでした。 ただ映画だけを見て進むと思っていた"と述べた。 映画を見る前までは、私は彼の言葉のようにバイパスの考えだった。 しかし、映画を見た後、またこの映画にあふれ出るダギハン感想や意見を接した後、言いたいことができた。 欠礼を承知で言えば、<カフェノワール>は、私に近にこだわりが書かれた平文より新鮮で面白かった。 だからこの記事だけを渡すさびしいこの映画の争点を触って見るために書かれた。

ソウルの地政学的な探求

意識の流れに続くジョン・ソンイルの悲劇的なロマンスは、ゲーテやドストエフスキーにインスピレーションを得たことで知られている、クリスマスイブに恋人に別れの通報を受けたギグハル星回りの音楽教師の領袖(シン・ハギュン)の物語である。 人妻恋人ミヨン1(ムン・ジョンヒ)がヨンスが冷たく捨てられるものの映画は、開かれる。 失恋の場所は、ソウル千年のタイムカプセルが保存される南山韓屋村のコンクリートの床である。 この時間の貯蔵庫でガロトユダのように自分自身を否定している恋人のため、傷心の領袖は、彼女を取り戻そうと戦うことを稼ぎが、力不足である。 ヨンスには愛を誓うことのもう一つの未然2(ギム・ヒェナ)があるが、彼は純正を与えた女ミヨン1だけ。 落胆した男は、2年前の怪物が出没したと漢江(ハンガン)にとろりと歩いて入る。 その突然の投信のリズムに乗ってレッスンが始まる。 ようやく今までの話が後にドラマの序曲になることを暗示するようにただちにタイトルとクレジットが表示される。 2項でヨンスは、清渓川をさまよう、別の女ソンファ(チョン・ユミ)に引き付けられる。

1774年のフランクフルト(<若きウェルテルの悩み>)と1848年のサンクトペテルブルク(<白夜>)を召喚して、2008年のソウルに移入することにしたが、二股のプロットのタペストリーは、時空の座標の軸の間をオジロイ行き来して向かい合っ見る。 完全に接続されていない、どう見て無関係に見えるまでのアクションのラインが道しるべを失った領袖の一歩みたいに混合されるのだ。 参照したという二編の文学作品とは別に1レッスンと2レッスンの違いを示す要素は大勢いる。 1レッスンは、カメラの動きが婉曲に自制されており、強制的に対称的な構図で画面を切る。 2項に移りながらそれぞれの人物たちが自分の問題を解決するにつれて感覚的、身体的、スタイル的にダイナミックな動きの機運がスンハダ。 要するに閑散とした夜の街を走るメッセンジャーの銀河(シン・スジン)のバイク疾走、真夜中の清渓川の辺に沿って移動するヨンスと線画のペース、カフェでフドゥロジヌン線画の踊りなど。

再三指摘されていたように、<カフェノワール>は、文学と映画の凡例に関する論評を隠さない。 文学と映画の合一を夢見たロベールブレソンの大企画、ルノアール風の自然主義、ガスヴァンサントの<エレファント>を想起させる空を掴んだショトウイ繰り返すとエサンジョク正祖の<エリーゼのために>、<ラタルラントゥ>のウェディングドレスを口は水中の結婚のシーンは、小津の造形的な類似性に基づく編集、タルコフスキーの<ノースTellジア>、ストローブ - ウィイェウイ構成的形式の美学まで、みんな察しれない真似の一覧が表面に塗布している。 文学と映画、音楽、絵画、聖書を縦横無尽の引用と参考に修繕される<カフェノワール>の評論家出身監督の映画的遍歴がグァシドゥェン移植と教養のリトマス試験地に設置することもあるだろうが、私はここでヨウンクウィルルするつもりはない。 片思いの彼に抜け出すために努力する精神的な愛を扱った古典的なテキストを引き込んだの書き換えとして、この映画を照明するつもりもない。 それなら、この感傷的な愛のエレジーの後ろに隠された作家の真意は何であるか。

<カフェノワール>は、明るい目で時代を読み取るの地政学的なテキストに深い印象を残す。
ジョン・ソンイルは、文学的な基準で簡単に還元されることができないの厳密なスタイルを駆使するが、この映画で、彼が借りているものがある場合は、ゲーテやドストエフスキーというより、ヴァルターベンヤミンやミケランジェロアントニオーニ、さらに拡張する場合、セルゲイエイジェンヘンテンから発見することがより有益であると考えられる。 <カフェノワール>でジョン・ソンイルの興味はモドニチというダンウイジョンを塗られたソウルの風景である。 わずか数年の間桑田碧海を遂げたソウルの都市景観は、韓国現代史を濾過する近代化イデオロギーの産物である。 最近の市場通りに流行の言葉で表現しようとする都市の外径を先進と進化のバロメーターに置換する'マングクジョク'拙速の企画。 <カフェノワール>は、依然として、この低開発の記憶に縛られている都市景観のプロジェクトに真っ向から対抗してみようとしたギョルギガ感じられる。 換言すると、<カフェノワール>は、20世紀のパリの都市景観に魅了されたミンのメトゥロポルリタンジョク欲求に匹敵する21世紀のソウルのアーカイブの企画である。 二つの違いがある場合は、ベンジャミンが光輝に満ちたパリのモドニチに魅了されたのに対し、ジョン・ソンイルは冷たいコンクリートの床の上に偽物と人工の造形物でオルギソルギ修繕されたソウルのモドニチに震えを打つということだ。 これは重大な違いである。 ジョン・ソンイルは、この地にイムジェハンひどく不吉な兆しをメルランコールをした痴情ロマンスの上に、そして、文学史の戦犯たちの上にさっとのせて置いた。 羊皮紙にフィガルギンが上書きが適切な文脈化に基づくかどうかを是非よりも、食い違った片思いのメロドラマが、ソウルの地政学的な探求に転換する方法をのぞき見ることがより興味深い。

アントニオーニとエイジェンヘンテンの影

21世紀の大韓民国の時代精神を眺望するミン的な企画として、<カフェノワール>は、ソウルの造形についての映画である。 再建と再建、復元、観念論的に正当化された虚構的近代化プロジェクトに対する地政学的考察を介してジョン・ソンイルは、ソウルのランドマークともいえる造形物との距離をスペース(space)ではなく、場所(place)に対処する。 空間とはジジョムジョク場所として、特定の場所がもつ水平的な関係によって意味文脈を獲得する一方で、場所は一点、または席に連なり刻まれた歴史性に基づいて、その垂直的な関係を省察するように先頭に立つ。 <カフェノワール>で、真心が描かれて描写しようとするのはたまらないことなく消えてしまうこちらの清算の歴史は、失われた「ジャンソソン」(placeness)である。

都市景観の光景に、この映画の視覚化戦略を読み取るために、ゲーテやドストエフスキーを貼り付けるよりも先行しなければならないことは視覚的なコンセプトの起源として、アントニオーニ的な建築デザインを言うのだ。 偽モドニチに惹かれた、今日の時代精神は、人間と世界の内面風景としての景観を見せてくれるように形象化される。 北風な説のソウルを使う領袖の一歩と同じように<カフェノワール>は、街自体が主人公の映画である。 昔のことを崩して新しいものを建設するというの更新の誓いはマンジプエ近く、この街のモットーだ。 なりに改修や復元、あるいは回復という名前で破壊され、再度建てながら、ソウルは還俗的なデザインのキャンバスになっていく。 メトロポリスのエンブレムのような超高層ビルの威容とトゥェラクハン過去の遺物、凶物スロプギヌンどれが加算またはドルハジいない。 このような観点から見れば、<カフェノワール>は、亡霊の都市になっていくソウルで九天を漂う幽霊たちが交差し、お互いをアルアボミョ連携を図るという話だとみてよい。

1項および2項で繰り返し登場する人物たち(英数、線画、ヨンスの母、カペニョ、キムサンギョン)は、罪の幽霊だ。 場所に宿る、あるいはそこに漂う人物を示す方法は、一貫している。 彼らは伝統的な家屋の残骸やネオン、変化する都心のスカイラインにエウォサインイメージとして提示される。 ソウル千年のタイムカプセル事業に動員されたタイムカプセルの形状のように、君臨するモドニチの遺物によって押しつぶさ圧殺のイメージ。 場所の地政学的な関係は、リアルな考証を注ぐ。 要するに導入部ジョンユンの家族が乗った車が南山韓屋村では漢南大橋に向かう時、ヨンスはケーブルカーに乗って南山タワーに上がる。 韓屋村では、国立劇場の前を通って漢南洞、漢南大橋に続く車の軌跡は、レシートがある南山タワーを抱きしめて進行される。

例外的に実在する場所の現場性に念を入れたロケを通って、保証されているのは、ソウルのどこからでも見える南山タワーのいたるところにある。 最も高い所で、ソウルを見下ろす南山(ナムサン)タワーの様々な形状には注意深いフレームを使って継続的に強調されている。 ミヨンの夫が最初に登場する場面で、彼は南山タワーが屏風の三亜に立ち、ジョンユンとお友達に手すりにもたれて幸せについて述べているとき、漢江遊覧船からの領収が身を投げた直後、ヨンスの死骸を握り、母がソプゲ曲をするときに、雪の降るジョンユンの学校の建物の裏側に、ハンバーガーの少女が男友達に会うの大聖堂のキリスト像の向こうに南山タワーは、間違いなく支え立っている。 ある人は、<グクジャンジョン>の南山タワーを連想することもあるだろうが、ホン・サンスの南山(ナムサン)タワーが人物の反復的な軌跡の幾何学的コクジトジョムの役割をするなら、ジョン・ソンイルの南山タワーは、地政学的な状況で、そこに挿入された。 いわばホン・サンスとジョン・ソンイルの南山は、地理的な座標と地政学的座標に分かれる。 映画の中で飽きるほど繰り返される南山タワーと清渓川の関数の関係。 地政学的な文脈に応じて2つの場所の関係は、ここでの時間の深さを備えています。 近代化の父と仰がれる朴正煕の遺産として南山タワーと朴正煕のソオルくらいの位置に合わせることができるMBの功績(?)で、清渓川が共鳴するのだ。 切って再び構える建設工事によってこのような痕跡は消える。
e0109292_22331444.jpg

カラーと白黒、生と死、死と復活...

都市景観の可視化方式の組合せは、モンタージュ的な考え方である。 さらに<カフェノワール>は、映画全体がエイジェンヘンテン的な衝突のモンタージュ方式に傾いていると言うことができる。 例えば、<カフェノワール>は、都市景観を見せてくれるかは、1項では、モンタージュのだが、2項では、無限に長くなるゴダール的なトレッキングショートである。 1レッスンで、ソウルはあてにならない切開したので、任意の連続性や調和にも見られない浮遊する造形物の集散地のようにモンタージュされる。 幾何学的に縛られた高架道路と大漢門、工事用バリケードが張られた光化門のように、廃墟の屋敷跡、復元工事中の崇礼門、威圧的な高層建築の森、南山タワー、独立門、国会議事堂、漢江(ハンガン)のモンタージュ。 この対立的なモンタージュに付いて、"これだけ続くできないです"とミヨンのセリフが続いれるが、彼女の宣言ウルプジョリムウン都市を廃墟にする建設工事の中断を要求する声明書の見出しのように聞こえたりする。 続く2節では、建設と復元の旗に押し出された時間を見る。 切り詰められていない、実際の時間で記録されたハヨムオプヌンロンテイクには、金属製の商店街と照明商店街、広場の市場では、ドアを閉じ、従来の劇場が並んで並んでいる。 通常、彼らは、シャッターが下された閉店の状態である。 現在のヨクショトウロソウイ過去は古くスェジャンハン建物が殺到した清渓川を渡っており、そこに置かれたのは擬似モドニチに押し出された天変風景である。 しかし、かつての清渓川も近代化の美名のもとに地獄のような労働慣行化された場所(攵に代表される清渓川)だった。 このことから一次元の深さの時間を掘削し入った清渓川の卵胞んは、白黒の記録写真とみられる。

モンタージュ的な対立と関連し、特に注目すべきは、人物とそれらを包むのセッティングの関係である。 <カフェノワール>のジャクジュンインムルドゥルウン具体性を欠いた抽象的な概念のアレゴリーのように見える。 彼らは、歴史の根を現わさないの霧の中の存在であり実用的、歴史的な人間というよりは、人為的に構成された概念に近い。 ゲーテやドストエフスキーからの真心が借りて来ると思いますしたのは、芸術一般に通用するキャラクターのタイプ、換言すれば'典型'である。 領袖の外見は、中学校の音楽教師だが、本質的に彼は、ソウルの空気に窒息して死に至ったの犠牲者(たち)のように歩くの概念である。 カメラは、ヨンスの一挙手一投足をジョトジマン映画が終わった後でも、私たちは、彼の実体を完全に見たわけではない。 愛の対象を失った領袖の喪失感、<グクジャンジョン>がつけられているDVDの部屋でのオーラルセックス、嫉妬にうなる手に持たれたハンマーなどを見たが何かちゃんと見たとするのはためらわれる。 同様に、印象的なオープニングを飾るのハンバーガーの少女も観念の塊である。 領袖の死を対価として生を得ることを、彼女は、キリスト教的な観念の造形である。 韓国社会の執拗なブギェジョク伝統と結びついたミヨンの夫も、近代化を管掌してきたチョルグォンジョク独裁者であり、ファシズムのしるしとして描かれる。 このように抽象化された概念の実装として、人物が極めて現実的な、よく似てドキュメンタリー的な質感に表現されているソウルの造形の中に置かれる。 以外にも、<カフェノワール>に置かれたチュンドルジョク構成の一例は、イルも列挙することがないほどである。 カラーと白黒、生と死、死と復活、(カメラの)停止と動き、縦と横、前景と景、ショットとショトウイ対立が頑固で、執拗に使われる。 観念と観念、観念と現実を一つの章(长)の中に配列することにより、ジョン・ソンイルは、衝突の異物感がテキストの表面にふわふわする。

監督の人生を得る評論家

ソウルのモドニチを省察しているとはいえ、<カフェノワール>は、モダンシネマのジュリュジョクギェボハクに投げるには扱いにくい映画だ。 むしろ、政治的なモダニズムの一分岐点として、地政学的な美学を開拓しているといえる。 ジャンル的には陳腐きわまりない素材の若い男と人妻の逸脱心理を扱ったメロドラマのうえ調和と合一を拒否するヘチェジョクの設定に一貫している。 映画の1項では、類の印象さえ漂う通俗的痴情ドラマだが、ジョン・ソンイルは、不倫というペドクウル犯しても罪の意識よりも喪失に陥るの不道徳な人間に英数を責めることがないようにする。 伝統的なストーリーの事件展開の方法に従っていない<カフェノワール>は美しいが、あまりに多くの場面が意地を張って入れされている感じがなくはない。 要するに、キリストの死と再臨をめぐる聖書の寓話にも映画には読まれる。 2節の復活を介してヨンスは、キリストになっていく。 以前には見られなかったように、他人の不幸に同情的になっていく彼は1レッスンに比べて耐久性が羽子板である。 ゴルゴタの丘のイエスキリストの受難を上演する劇場での復活は、見る者の分け前に残っているが、ジョンソンイルはジェリムハンイエスキリストの形状と軌跡に領袖の2番目の人生を先頭に立つ。

キリスト教的な救済のストーリーとして、<カフェノワール>を読むとき、言いようのない重要性を持つのはオアクをもってハンバーガーをプッシュし神のシンボルを切に願うステハン少女の存在である。 この少女のよく認識されないの旅程に沿って、この映画は、再構成することもあるからだ。 ガルグプハン心情的に生を訴えている可憐な少女の軌跡をたどってみよう。 1セクションの最初と2レッスンの最後、つまり映画の始まりと終わりを飾るこの少女は、深い関心を払っていない時忽然と出没する。 要するに、横断歩道の前でジョンユン家族の交通事故を目撃することは彼女であり、未然2がパク・ヘイルに似た男(ユン・ヒソク)に会った後、ソウルランド、象列車の中で目撃することも邪険に振られる少年の前にひざまずいて懇願するが少女であり、 、ヨンスが漢江(ハンガン)に身を投げる前に遊覧船から手を頭に乗せるの少女も彼である。 ギェギジョク瞬間ごとに、フレームの片隅に染みるステハン少女、従来には、<カフェノワール>は、この処女に許諾されている新しい生活や救済の話ということに疑いの余地がない。 ヨンスは、最終的に彼女の人生を救済するために、漢江(ハンガン)から歩いて出て、南山タワーに向かうケーブルカーの中で少女は、更生を約束するものである。

どうかして<カフェノワール>は、以下の言葉が、多くの映画である。 真心がリファレンスの離合集散以上を狙っていても引用される場面がたまり始め、見る人の心はほぼマヒ状況に至る。 したがって、教養と味の変化が一テキスト内で適切に治められているかは、まだ検討されなければならない問題を残す。 しかし、この映画が、テキストの完結性や統一性という古典的な概念を侵害しようとする衝動のソーヤという点は覚えられている必要がある。 すでに書かれたテキストの解体と豊かな再構成を試して見られる映画として、<カフェノワール>は、流れた時間と、その痕跡が抹消されていく場所の地政学的を狙っている。 ジョン・ソンイルはミクンヘ見えるメトロポリスの輝きを疑いの目つきで眺める。 滑らかに包まモドニチの表面と、カメラの長久な道路の旅は、無意味なモドニチの冷ややかな受験と重なる。 <カフェノワール>が言いたいのは、文学や愛、救いだけではない。 整形を破壊する構造とメインメニューを参照のリスト、緩やかでノゴンハンテンポのスタイル、観念的なセリフ、強制的に対称的な構図と反復される要素を使って成そうとするのは、同時代の生活の地政学的な位置にすることである。 <カフェノワール>は、21歳のソウルの黙示録ということに疑いの余地がないだけでなく、これらのテーマを扱う方式におけるジョン・ソンイルの野心は、予想よりもはるかに広大である。 <カフェノワール>は、一つ以上のように言われているべきである重層決定の映画という点で、これは不可避な選択に見える。 あちこちに自分の常習が大人の通りではあるがこのように映画を作ることにしたの決定には勇気を必要とする。 "死んでも死なないこと"であることを公表する少女の誓いのように、<カフェノワール>は、監督としてジョン・ソンイルのもう一つの人生が開始されていることを宣言しているようだ。

文:ジャン・ビョンウォン  2011.01.27
by kazem2 | 2011-01-27 22:29