ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今回はイタリア映画界の業績に

イタリア☆cine21.com
マルコ・ベロッキオ監督など、ベルルスコーニ首相猛非難
e0109292_22561248.jpg

                  マルコ・ベロッキオ監督<勝利>




韓国もそうですが、イタリア国民も本当に疲れする。
ベルルスコーニ首相の時代遅れの物議をたった一日でも触れない日がないから。
最近の17歳のバレーダンサーとの売春スキャンダルでひどい目にあっ私はベルルスコーニに対する怒りが、今度はイタリアの映画界で出た。 <グッドモーニング、ナイト> <勝利>などで2000年代のイタリア映画界を豊かに作成された70代の巨匠マルコ・ベロッキオはベルルスコーニの検閲制を批判してきたのだ。 現代資本主義の国でのスクリーニングは『スニップ』にとどまるのではなく、最初から金脈を壊す方式で恣行される。 イタリアの映画界でも例外ではない。 ベルルスコーニは、3大民営放送局が含まれているメディアグループ 「ミディオセト」と巨大な映画製作会社メデューサの持ち主であり、国営放送RAIをジュウィラクピョラクハルことができる人である。 政府を批判する映画たちの居場所がだんだん狭くなるしかない状況だ。 このような状況で、マルコ・ベロッキオ新作<私のイタリア>がオプオジル危機にチョヘトダゴ明らかにした。 "誰も、本当に誰も私の映画にお金を連れていない。"日刊紙<コリエレーナデラセーラ>とのインタビューでベルロキオヌン<私のイタリア>が明らかにベルルスコーニの風刺になることを明らかにした。 "サルジニアあるいはシチルリアチョク孤島の豪華なヴィラで、やたらに開かれるパーティーの場では想像もできない事件が起る。"(ベルルスコーニの不調なパーティーの場が彼のサルジニアのヴィラという事実は有名である。)

ベルロキオプンではなく、別のベテラン監督プピアバチ、有名なシナリオ作家アレッサンドロベンチベンニ、<ドゥラクウィルラ>で、イタリア映画界を沸き立た一監督サビーナグジャンチすべてのイタリア映画界の現状を声高らかに悲しんでいるのも当然だ。 最後の期待。 ベルルスコーニ首相の未成年者の売春スキャンダルの今後の行方が、イタリア映画界の息の根をトゥイゲのかマヌニャルル決定づけるキーポイントになるかもしれない。

文: ギム・ヨンオン 2011.01.25
by kazem2 | 2011-01-26 22:56