ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[カン・ウソク]"結局、映画はダイナミックでなければならない"

☆cine21.com
e0109292_21473424.jpg

               <グローブ>カン・ウソク監督




"顔ジョトアジショトですね。"写真を撮影していた途中オギェオク写真記者が言った。
カン・ウソク監督は"体がどんなにいいのか、昨日は深夜3時まで爆弾酒を飲んだ"とした。 疲れるそぶりが歴然だった<コケ>のと確かに別の顔だ。 彼は、"<グローブ>を撮る時から心を動かして食べた"と話した。 "従業員が以上のように見る。 前売り率も確認しないし、これしろ、あれしろされることもないから。 こんなインタビューもほとんどしないことにする。 言いたいことがあまりない。 (笑)"の中でも速さに定評のある彼の話の速度がさらに速くなった。

- 撮影前に持っていたのインタビューで、「<グローブ>は、自分の映画の中でお客さんが一番の好みの映画であるようだ」と言った。

=それほど心を消したという話だった。 映画を見た人々は感じるのだ。 私は、再びシンインイル時に帰ったとしてましたよ。 <カンチョルジュン:公共の敵1-1>をする時から私の映画がどうしてこんなに味がガーナと思った。 ずっと観客を刺激して驚かせて無駄な反転を見せてくれようとしたんだから。 僕ほどの興行をたくさんさせた奴がまだ興行にモクメのも変な顔ではないか。 なぜ私が映画を撮りながら楽しんでられないのかシプドラ。 観客との勝負欲のためであるように見えた。 <実尾島><公共の敵>から脱することができず、<コケ>作っておいては、新しいジャンルを開拓したな、オチョネながら勘違いをして入っていたということなの。 <グローブ>は、久々に楽しみながら撮影された映画だった。 顔が良くなるしかない。 (笑)<コケ>ときは、毎日の頭痛薬をつけて住んでいたんじゃないの。 朝にはゲボリン食べて、夕方にはペンジャル食べて。

- <グローブ>は、<コケ>の仕上げの段階で、シナリオを読んで演出をした映画だった。 そのように引き付けられた理由は、ただ楽しみたいという気持ちだけではなかったのだ。

=忠誠心学校の野球部を扱ったドキュメンタリーを見て完全に死んだ。 先頭を受けたというか。 あいつらもするが、私はできないのが何ができ、このようなことだ。 ほのぼのとした映画は多いが、そのように勇気を感じさせてくれる映画はほとんどないではないか。 実は私は野球の映画を撮るというから周囲では、両方とも乾燥した。 野球好きのチャンジン監督も乾燥した。 しかし、それは何らかの形でボールをかければ撮ることができると見た。 最後の京畿湾8日を撮ったんですが、私の性格にした神を持って8日を書くというのが話になるのか。 8時間ならまだしも。 (笑)

- 元のシナリオでは、多くの部分を軽くした。 選手それぞれの事情やサンナムと私の先生の関係も整理された。

=シナリオでは、最後に空港でキスして大騒ぎする。 (笑)私はもうそんなこともできない。 何よりもいちいちすべて入れようとしたら、4時間の取れない出てきたのだ。 家族の映画なのにそれが言葉がなるのか。 とりあえず私は子供の全体を一つに見たいと思った。 のように大声を出して、のようにひざまずいてそうなのも全く同じ子供として見てくれということだった。 ディテールを釘生かして内部を生かしたものではない。

- それでも上映時間が2時間20分になる。

=ギルギン長くない。 元々は2時間15分に合わせようとした。 <公共の敵>の上映時間である。 ところが、最後の試合を癒や非はずがないですよ。 作っておいてCJランス映画の何人かは、評論家2人程度のモニターをしたが、幸いにも長いという話は誰もいたって。 <コケ>ときは、CJのどこかは分からないけどちょっと切ってくれてたのよ? ところが、この一人あたりみんな2時間以上の指導知らなかったと言っていたよ。 野球の試合のようなダイナミックなシーンがあるから退屈はしないのだ。 耐えがたい人は次ホガクイランジョンバクイ歌った歌を知ったの聞いて私がね。 (笑)

- 前作の中で最も似ている映画は、<シルミド>だ。 同じ場面もたまにある。

=撮影しながらも、<シルミド>よりも俳優たちを苦労させるのではないかした。 私は結局、映画はもっとダイナミックしなければならないと考える。 男ももっと男性的で訓練もしっかりして。 観客が球で殴られる感じがあったらとした。 どうやら私は人々を描くときより楽しいようだ。 女のようにつく場面は『オーケー、いいよ』こういうのにね。 20年の間、そうしてきた。 <妻殺害>のような場合には、チェ・ジンシルが、ほとんどの人みたいじゃないか。 メロ的な感性が不足しているのも同じだが、一応映画は力を持たなければならないと考える。

- 試写を見た観客のほとんどが子供たちを演じた俳優たちがいいと言っていたよ。

=キャストのほとんどをPDと助監督に任せた。 目つきがいい子だ、映画を撮って死んでもいいとする子供たちの中での演技が少しはされている子供たちを抜いてと言っていた。 演技が上手い下手は、監督がどのようにむしろを敷いてのかによって変わってくる。 俳優福がいるせいか、決定すると、みんな何とかその役割をこなす。 監督なら一番気を使わなければならないことが学ぶ。 映画を見た人たちが監督の奴らには味が行ったとしても、俳優たちが壊れたとしてはならない。 今回も、この人たちが子供たちを賞賛から、気分が良かったよ。 (チョン)ジェヨウンイは、まあこれで、賞賛ハナマナ上手チングゴ...。 (笑)

- 普段の野球が好きだとした。 実際に演出するのはノクロクジれていないことだと思う。

=非常に好き。 35年前に高校野球とアマ野球のビクゲイム現場にすっかりいた。 光州(クァンジュ)になり、ギムユンハン選手が3打席連続ホームランを打つ時もあったし、ガン・ビョンチョル氏が海兵隊時代に野球する時も、金応竜監督が日韓銀行の4ボンタジャイルも見た。 <ツカプス>
1便までに助監督していたキム・サンジン監督と一緒の球場にもよく行った。 好みはするのに、撮ってみると結構なものアンドラ。 日本映画の中の野球を取り上げたのが多いのではないか。 見るときは、粗末極まりないなかった。 投げて打つだけじゃない。 '打ちました! と、すぐに2ルタヤ。 ところが、実際にボールを取って撮影するのが容易ではアンドラ。 CGにも限界がない。 俳優たちが本当にたくさん苦労した。 になるまで投げて転がってんだから。

- 聴覚障害者が主要なキャラクターであるだけに、彼らの視点から音が消えたシーンがワンカットくらいはあると思っていた。

=助監督と一緒の撮影監督も話していたよ。 意味は分かるが、親切ハダプにくく、雰囲気を壊すノルカリジヌンモッタナバした。 感動を築いているがそのような場面が来れば、観客は自分が映画を見ているということを知ることになる。 洗練された方式であることが、感動が減るようだったよ。

- 前作たちで示されたと主張し、あるいは強要がなくてもいいという評価がかなりある。

=評論家たちが<韓半島>ときにそうなんじゃない。 なぜそのように教えようかと。 今回は、お気軽交流と思わなかった。 ただ、観客がジョトオドゥルて欲しいした。 俳優たちにも絶対ギョクヘソ泣かないようにした。 観客をふんわりと俳優が泣くのは、観客を見下すことではないか。 涙を流しながらも、『なぜ私は泣かない? の映画ではなかった場合にした。 子供たちの状況を悲観的に描いていないのもそのためだ。 今回はバムジャンミョンドたくさんのとったし、できるだけ明るく、きれいに演出しようとした。 家族が一緒に見ることがある気持ちのいい映画よっと。

- <コケ>の結果はどう見るか。 興行に失敗していませんがシネマサービスの難局を打開するほどではなかった。

=一つでも打開んだろうな。 諸経費も釘をもうけても借金がさらに増えた。 心配している部分だ。 私は、制作費をたくさん使う監督はないじゃないか。 200万人程度が損益分岐点である映画を1年にハンピョンシク作成するとしよう。 その映画は300万人程度しか入ってくれれば、会社は、転がって行くようになっている。 かつて私はダルジトウルしてはならないだろう。 お前これチクオラこういうことだ。 私達同士で食べて住まなければならない。 CJ以外は、他の負債がないから可能である。 CJが私を殺すのか、どうするのか。 CJが私を信じられないなら、別の所に行って映画撮って稼いだお金で返せばいい。 今でも私はいつでもお金をもらう話するようにすれば? だから、興行に無理にヨクシムネル必要はない。 代わりに以前のようにsplintery以上のラインアップを広げるようなことはしないつもりだ。

- <グローブ>後は、どのような映画を作るつもりなのか。

=軽くて面白い映画を作りたいと思う。 それでも、ある程度の社会的なユーティリティは、あればいいな。 叫ばなくていない社会的なユーティリティだ。 笑いながら行くのに見てからは、いくつかが感じられる、そんな映画、いわば1990年代のカン・ウソクに再度行ってということだ。 やはりコメディーを除けば、私は以下のものがないことだ。 何よりもスタッフたちを楽しませてくれることができる映画だったらいいな。 <ツカプス>や<妻殺害>する際には映画を本当に楽しみ、どこへ行って面白い人だった。 人々が『あの子うまく行くのだから、会う笑ってんだ』と誤解するほどだった。 俳優、スタッフもおもしろくてくれないの映画監督は、あまりんじゃないの。


文: ガン・ビョンジン 写真: オ・ギェオク | 2011.01.25
by kazem2 | 2011-01-25 21:48 | Comments(0)