ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[メーカー 韓国映画を言う①]

☆movieweek.co.kr
ウェユネガン カン・ヘジョンの代表、"まだ手付かずのジャンルが多い"
e0109292_19293954.jpg

ウェユネガンは、韓国映画の難しい時期を踏んできた。
6年前に出帆するときと比較すると、どのように変わったか?






大きく見れば投資配給社がはるかに科学的に動くようになった。
担当者が数名の投資を『あげる』のではなく、マーケティングから段階的にマニュアル化されている。 安定した点は良い。 <不当な取引>を配給CJエンターテイメントは、シナリオを事前に監視することによって、内部基準に合わせて点数化する。 含有量未達の映画と映画人がムルミルドゥトソトアジョトドン2006〜2007年の教訓を刻み、リスクを最小化した自己救済策である。 まだ効果的かつ説得力の強い投資配給システムがないので、納得がいく。 一長一短がある。

- 投資配給社の息づかいが数えながら、自然に制作会社は力を失った。

誰もが認める現実である。 CJエンターテイメントは、独自の映画制作チームまで置いた。
お金の配分の力はこの映画を作る世の中だ。 良さを計算しようと泡立て器に生まれた何の準備中になった制作会社、プロデューサー、スタッフが一度ろ過した。 韓国映画のレベルが落ちたボルメンソリも2008〜2009年の映画界のバブルがはじけてぱっと死んだ。 俗に競争力がないオジュンイトジュンイガ消えた。 徹底的に資本主義の法則が正確にきっかりあったのだ。

- 製作者としてダルガウン状況だけではないか。

残念な点は、投資配給会社の好みに合わせるしかできなくなったのだ。 よく見れば、安定的だが、新しさや創造性よりも投資が決定されるかどうかがより重要になった。 投資配給社はジュパンアルをトィンギミョシミュレートする。 どのようなシーズンにはどのようなジャンルをどのように説明し、どのような規模で配分すると、損益分岐点を合わせるが全部出てくる。 泡立て器、低迷期の間袋叩き当たって割れて分析したデイトニ意味はある。 しかし、過去のピョンギュンチマン持って未来をジェダンハルことはできない。 昨年の女性映画の印象ながら制作会社の先輩たちとミョンピルルムが作った<バス、停留所>(2001)などの作品がまた出てくるかという話をした。 暗い内容だが、そんな話を聞いてくれる市場が再び存在することができますか? そのような映画を勇敢に作ることができる時期が再び来るだろうか? 個人的にも悩んでいる。

- ウェユネガンは、リュ・スンワン監督の特性上、製作費の規模が相対的に大きいアクションのジャンルに力を注いだ。 投資配給のリスク負担を軽減するために、ベルトおねだりがしたたかPowerChuteソフトウェアによってなんだけど?

アクション映画では、必要な設備がある。 制作費をかけるだけにスタッフや俳優たちの安全度が高くなる。 最終的に予算を調律するときに人件費を下げている。 最近では、俳優たちも、高価なチュルヨンリョマン持続わけではない雰囲気だが、スタッフたちの犠牲が最も大きい。 しかし、映画関係者労働組合からの資料を見れば、労使間で誤解が非常に大きいということを実感する。

- 具体的にどのような誤解ですか?

製作会社が大きな収益を出し、スタッフを迫害すると言っていたよ。 そのようなところももちろんありますが、普通の映画会社は、長編か作成するために負う略です。 債務を果たすことができずに自殺した制作会社の代表でもある。 しかし、労組はそのような部分はくみ取れずていないようだ。 映画振興委員会が発表した標準的な賃金契約書にも詳細な検討が必要である。 時間当たりどの位を受けるには、それなりの資格があることも証明されなければならない。 ハリウッドのギルドのような人材管理がされるかもしれないが、韓国はまだホスルハダ。 この頃には、画面のフォーカスが合わない公開作もたまに見られる。 しまいには、そのカットソトウルカと思う。 その損失は、そっくりそのまま製作会社にもどって来る。 会社側反省すべきだが、労組も同じだ。 昔の徒弟システムが不合理なコーナーもあったが、少なくともギサグプスタッフに信じて任せることができる。 今は経験が不足している人も多い。

- 当面の課題をどのように解決するのか?

労組との製作会社との間のトラブルはお互いに公平で、正直なのが最も重要である。 投資配給会社との関係にも似ている。 私だけでも<TACHIMAWAリ - 悪人よ地獄行き急行列車に乗れ!>以後、2008年からの投資を釘受けながら恨みがたくさんあった。 投資配給会社がシナリオを見るくれるかもしれないということだ。 でも冷静に見るとツジャドゥン俳優のキャスティングでも、内部になった映画は理由がある。 製作会社も正確に判断する目が必要である。 おそらく、きちんとした出版社には、何がミスかを知ってはいるのだ。 知らないふりをするんだ。 されてはいけないのは明らかだから、一応映画を作るのが重要だ。 製作会社が映画によく作ること以外に立てるのが何があるのか。 方法は一つだ。 誰が読んでも頭をうなずくように作成するシナリオ。 アイテムの反応が良くなければ遅くなっても払い落として、次の手順に進まなければならない。

- 結局、今の映画界での中小メーカーが行方不明になったのは、良いシナリオの部材と接続されるのか?

他の会社は知らなくても、ウェユネガンが大変だったのは、キラーコンテンツがなかったからだ。 一番ホットなコンテンツがない場合は、数多くの映画会社や監督、プロデューサーも無意味ゴジャンナ。 昨年の<トラブルシューティング>をしてから心理的な余裕ができた。 三番目の長編を作る時に収益を出した映画が一つもなかったよ。 <チャクペ>は、損益分岐点をぴったりと合わせたし、<TACHIMAWAリー - 悪人よ地獄行き急行列車に乗れ!>は、損害を被った。 最初の利益を出した作品が<シューティング>だ。 映画三本作った制作会社が三編お金を釘稼げば市場の論理に基づいて存在する必要がないゴジャンナ。 率直に言って<シューティング>がだめなら会社をどうするかについての悩みもした。 幸いにも息がトゥイミョンソ客観的な反省をするようになったのだ。

- <不当な取引>次のように準備しているプロジェクトはどのようなものですか?

CJエンターテイメントと共同制作の形で次期作を準備している。 三つの作品を共同制作することを契約した。 基本的には何もない状態での投資配給会社が制作会社を信じて企画、開発費を入れる方式だが、資本なしで運営する出版社の立場では、耐えなければならない部分だと思う。 ただし、危険負担は、一緒に背負うなったら良いだろう。 のように開発して投資判断をしないと、今のところ一のものはムダになってしまう事態は起きないとする。 今CJエンターテイメントと進行中のプロジェクトは、共同制作には、最初から細かい部分を一緒に話し合って出かけている。 はるかに安定感を感じる。

- 大規模な投資配給社との共同制作を積極的に受け入れるのか?

製作会社が置かれた状況がそうだ。 そうしなければならないから受け入れることだ。 共同制作の収益の分配は、作品ごとに6対4、8対2、9対1など、さまざまな方法があるが、我々は、かなり前にCJエンターテイメントの企画、開発費として受け取った金額を三つの作品に分けて算定して、作成する必要がある義務がある。 ウェユネガンが今回のような共同制作の形をしようとするのも初めてだから試してみて。 ジャンル? アクションである。 現在のシナリオの開発段階にある。 この作品以外にも、今年からメルロナドラマ、家族の映画を製作する計画も持っている。

- よいシナリオを除いて、より政策的な努力や方策は、どのようなものだろうか?

最も大きいのは、付加版権市場を生かすのだ。 お金もお金だが、一つの文化コンテンツを複数の方法で使うことができる道を作るという点で意味がある。 事実グッドダウンローダーキャンペーンは合法ダウンロードが30億ウォン規模程度で行われていない以上、スタジオに戻ってくる収入は微々たるもの。 しかし、付加版権市場を生かせば、著作権の強化についての悩みも加えていくことができるだろう。 映画を作る人々が主導して、付加版権の問題を解決し、それは私には、劇場側にもブユル見直しを提案することができる。 それが合うようだ。 そして、製作会社はボルメンソリするエネルギーとしてのシナリオに邁進して、実利を強化しなければならない。 ウェユネガンオフィスがソウル江南(カンナム)にあるが千戸洞に移転した。 江東の方は事務室の使用料は、江南(カンナム)の4分の1である。 本当に一300万円程度の精神的な余裕ができた。 もちろん、工場のように撮影什器を積んでおいて、狭い部屋に机を置き、スペースを分けて書かれるが、それがどう台数である。 映画だけうまくいけば会社が済州島にいても監督も俳優でもすべてを思い出させる。 良い作品で出てくる会社は、江南(カンナム)のビルがあっても訪問客がない。 私にはよく分かるよ(笑)実利が重要である。

- ウェユネガンは、2010年に1つの元年を迎えたようだ。 今後のための所信がある場合は?

とにかく、昨年は、ナナ、リュ・スンワン監督の個人的にも、ウェユネガンハンテ意味のある一年だった。 この機運をよく受けて欲の振るっていたように行かなければならないと思う。 TV、ミュージカルの領域は、考えもしないことを試みた。 ひたすら映画だけに集中するつもりだ。 何よりも意気消沈していた以前に比べて意欲が生じてもいい。 <不当な取引>をした後で、"ああ、もっと熱心にすると、上手だな"という活力がついた。 ところが、一人だけ熱心にすると面白いんじゃないの。 以前は、将来のウイムンマン多かったならば、今はシムジェミョン先輩、キムミヒ先輩のような出版社第1世代の好況期を目標に私たちの世代に合ったよりよい環境を調べる気になった。

- 、韓国映画界への展望も一抹最大限に活用しているのか?

意外にも韓国映画界で挑戦していないジャンルが多い。 観客たちもヒーロー映画、家族映画などによく作られたジャンルの映画を待っていると思う。 そのような面で私も挑戦したいジャンルが多い。 家で子供たちがいるから、子供たちに見せることができる家族の映画に関心が大きい。 これで、ウェユネガンこの『外遊』の味だけではなく、『腔』にも趣向があるということを示すところだ。(笑)
by kazem2 | 2011-01-25 19:26 | kim jee woon