ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

差別されることのない愛のために!

☆cine21.com
ジョンホヒョン監督のドキュメンタリー<キューバの恋人>のリアル恋愛談
e0109292_2251194.jpg




「キューバに狂った女性」
ダンスと音楽、そして革命の情熱だけ味わったらやめようと思っていた。
そうだったらジョンホヒョン監督のドキュメンタリーは、<キューバの恋人>ではなく
<キューバの狂気の女性>になったのだ。 しかし、キューバはジョンホヒョン監督に予想外の恋人アヒルエルビス(オロは彼の愛称)をもたらした。 楽天と肯定の国キューバでオロに会いながらジョンホヒョン監督のカメラは、エキゾチックな景色だけを入れることはできなかった。
"私が見たいことだけを盛り込むのは地元に対する礼儀ではない気がした"1月13日封切りする
<キューバの恋人>は、ユニークなドキュメンタリーだ。 国籍も、肌の色も、年齢も違う二人の男女が繰り広げる愛情行為は、国境を越えた熱い愛が存在することを証明しようと思えるものではなく、彼らの愛が、"差別されることなく処理することができる"空間が果して地球上に存在するのか計算して頼む。 韓国とキューバを行き来しながら繰り広げる二人の男女の挑発的な愛は、だから、一種のシウィインわけだ。 自分たちの愛を掲げての体制も、国家も、宗教も、家族もすべての試験台に上げられた危険な恋人たちの事情が気にしないのか。

韓国女子vsキューバ人
アヒルのエルビス(以下オロ)は、最近になって緊張がうんとジャトアジョトダ。 韓国に定着したから1年半、これまでキューバを一度もダニョオジことができなかった。 "君と一緒なら"世界のどこでも何の関係なのかなオロチの方向転換をジョンホヒョン監督が理解できないわけではない。
2004年の冬、ジョンホヒョン監督はまた、今のオロと同じだった。 カナダへの留学を去ってから3年になると、『ナイス』トロントがうんざりして嫌になった。 どこにでも去ってやりたかったし、まず思い浮かべるところがキューバだった。 『甘い休息』が必要だったジョンホヒョン監督は、ロマンの避難所で躊躇なくハバナを選択した。 マルレコンビーチでジョンホヒョン監督が向き合ったのはまぶしい泡だけではなかった。

ジョンホヒョン オロがますます'カチルナム'になってゆく。 このように艶がない行の前に知って欲しいようで住んでいるんだけど。 (笑)
オロ の感覚を失っている。 ますます'苦味'私は男になっててる。
ジョンホヒョン キューバに行けば、元気を回復するのに。 <キューバの恋人>公開がかかっているのでイルロヤ3月頃?
オロ ハロルドゥラゴ家族のような友達がいて、電話すれば会えるそうです。 'そこにいったい何をしているんだ!
ジョンホヒョン トロントは、アパートの廊下にもカーペットをカルアヨ。 夜9時を超えると、ゴミもできないしまいます。 隣の家の騒音で被害くれる。 地下鉄でも、すべてナイスです。 ところが、そっとスチョド『音』としなければならないでしょう。 ナイスだが、それ以上は何がないです。 トロントに帰って行ったのですが、キューバがずっと恋しかったです。 キューバは通り過ぎる列車も立ててもらえば立てんですよ。 田舎で育ってそうなのか。 キューバは、トロントに比べればめちゃくちゃ田舎なのにセクシーなところがあります。 人々の強烈な目つきは忘れてはできませんね。 歩いていくと100m前から見つめてみたいです。 最初の旅で一生受け取るの視線を一度も受けたんです。 トロントでは、人々をそのようにブワトダガン警察署に連れて行かのに。
オロ 韓国に初めて来たときにフランスを経てきました。 何か間違ってなって、ファーストクラスに座らされたが、そこに座っている人々は話にならないし、シンムンマンみると楽しさもなく。
ジョンホヒョン それでも食べ物はおいしいんじゃないの。
オロ おいしいは。 少ししか与え。 その奇妙な食べ物を食べて青いうんこを続けて安かったからです。 キューバでは、豊かな人々が楽観的であり、よりよく遊びます。 ストレスがないから。 ところが、ファーストクラスに乗ったよその国の人々は全部『絶対に触れてはいけない』、そんな表情でした。
ジョンホヒョン キューバの旅1位の国のカナダ人がいる理由があるから。
オロ 韓国に初めて来て、大田のアパートに行った時もとても静かでソムトゥクヘトオヨ。 死の沈黙だったね。 キューバは昼も夜もいつもめちゃくちゃなんですよ。 でも、最近は私も静かなのがいいです。 韓国に汚染されたのです。 (笑)

『違う』という岩礁を越えて
<キューバの恋人>に登場するルードミラはジョンホヒョン監督にいつかの手紙を書いた。 "が美しくても不条理な国の複雑さがあなたを混乱にさらすことを望む"という内容だった。 肌の色も、言語も異なるが、グローバルカップルの愛を、ただの運命的な出会いだと言えるのか。 フィデルカストロの演説を後にしてジョンホヒョン監督が十歳幼い'ストデンイ独身'Oroをやたらにタラナソンのはロマンに酔って、一目惚れと渡さわら漁船はならない。 『ビバキューバ!』というウェチムマンいた場合は、「キューバの恋人たち」の革命的な恋愛'を起動すらできなかったはずだ。 愛を得るために、彼らは、まず『ドル』と呼ばれる岩礁から超えるべきした。

ジョンホヒョン キューバの人々は目が本当に輝いてよね。 オロの雪も前はそうだったが。 (笑)特に、ビーチでのマリンボーイは、完全にカッコいいでしょう。 銅色の筋肉で。 初めて行った時は、ウィンドサーフィンする若者がさっと来て、水中でキスを浴びせて行くこともしたんです。
オロ ヒネテロ。
ジョンホヒョン キューバに行く人はヒネテロ、女性はヒネテララゴ呼ばれる人々がいる。 外国人の場合、無条件に付き合って見る。
オロ 私ギェドゥルイ大嫌い。
ジョンホヒョン キューバの恥部だから。 4ヶ月の間、旅行に行った時もヒネテロルル紹介してもらったことがあります。 世の中にそのように破る人は初めてだったんだよ。 初めての挨拶がにおいをちょっと引き受けてもなるのかはゴヨトウニカ。 外国人の奴らにはいい香水のにおいがナンダナ。 キューバには、ペソのパン屋とドルのパン屋があるが、その友人は、ドルのパン屋さんで外国人とデートをするのが夢でした。 以来、キューバの人々は皆ヒネテロラゴ思ったんです。
オロ フルリア(ジョンホヒョン監督の愛称)とデートをするときも昔のハバナ市内には行くことが大嫌いだった。 観光客ドゥンチョモクヌンヒネテロチョロム見えるかと思って。
ジョンホヒョン も、タクシーに乗るのも嫌いでした。 お金ないから歩いて寝て。 たまっている人ではないというのは良かったのですが柔軟性があまりないですよね。
オロの 関係というのが、お互いの条件を認めて受け入れてくれなければ維持できるでしょう。 フルリアエゲ期待というのは簡単ですが、フルリアド私に合わせなければするものであり。 フルリアルル初めて見た時にはただの外国人でした。 キューバでは、アジアの女性は、中国の女性を意味するチニ打と呼ぶのに、破れて目が本当に魅力的ですよね。 マジック! まあしかし、私は外見を重要に見る方ではないので。 かつて私に付きまとった女がいてとてもきれいだった。 金髪で、お尻も大きくて。 (笑)私の祖母は『このマルラケンイニョソクア! あなたは何を考えているのか。 あの子がお尻がどのようにきれいなのに』と出会う打撲をしたんです。 ところが、その友人ランは忙しい一言もできないんです。 韓国に行くとした時、私の友人たちもそうでした。 "そのチニ太が君の人生を台無しにするんだ。"実はあの時、私はちょっとジャルナガルテヨトゴドゥンヨ。 3分間のアニメーションで、キューバの青年映画祭で大賞を受けてインタビューをしに通って、卒業するときは、文化賞を受賞した。

ジョンホヒョン それから君だけ知っていたチョンダルんだよね。 付き合い始めた日の記憶はお互いに違います。 オロが電話をして遊びに行きたいのですが一人で行こうか、友達と行くので、勇気を出して一人で来るようにしていた日は、私は歴史的な日だと思うので。
オロ この女とどのようにしてみるつもりはなかったが、のように述べているのが良かったです。 クリチクハン人はどんなふうに愛をするのか気にした。 そうするうちに一度は美術館に行ったのですが、第お尻をコジプオトです。 その日はちょっと変だったんです。 採取は、向こうからしており、私だけで波に乗ってぷかぷかと押されて行った。
ジョンホヒョン 盛り恋愛するときに紛らわしいことがあります。 外国人にサルサ教えてくれれば1時間で5ドル程度ボルオヨ。 5ドルの場合は、レストランで一食を食べることができるほどに大金ですよね。 一度はオロが巨大なドイツの女性にサルサを教えてくれ回10ドルで、レストランに行こうということです。 大人しくたどり、おいしく食べてくれるのが礼儀なのか、それとも他に書くように言わなければならないのか。 このような場合を見たこともあります。 子供は、パッケージがきれいなドルのキャンデーをジプウリョして、お母さんは言葉もできない子供にたくさんのキャンディーがペソキャンディーより24倍も高いということを説明しなければならないし。
オロ フルリアルル会う前までのジレンマはなかったですね。 キューバでは私、クールな青年だったからね。 デザイナーとして生活すると、1年によく稼げば200万ウォン程度ボルオヨ。 生命いうには悪くないでしょう。 故郷の両親も、中産階級の程度はされて。 満ち足りていない家だったが、フルリアガ表示され、我が家がポクサク座りこんだんです。 韓国では家賃を出しながら生きなければならないし、食べたいものも存分に釘を食べて。 ヒーロートゥゼロ! キューバでは韓国ながらそのようになりました。

韓国は、本当に奇妙な世界
オロがキューバのデザイン学校在学時に作成された短編アニメのタイトルは<To Be>だ。 主人公が『所有』という言葉を何にも知らなくつまんで食べた後、起る騒動を描いた。 「お金なければ死ぬ」韓国の生存にマムモクウンOro。 考えてみれば、自分が作ったアニメのキャラクターの運命を自らが背負うことになる。 しかし、韓国では『生きること』は侮れない。 "より多く持とうとするよりも、持っていることを大切に思っていた"オロの韓国生活はますます不満に充填、結局、結婚式の前日に「婚約破棄宣告」をネベトギエ至る。 キューバの家族に歓待を受けた自分自身とは異なり、韓国では『悪魔』とまで悩むオロを見ながらジョンホヒョン監督は何を思うだろうか。

ジョンホヒョン ガールフレンドの資格で、年末にワインを買ってオロネ家に行きました。 家はずっと10歳の違いをあなたは何歳差でジュルイルカその考えだけでした。 アジアの女性を、現地の人々がもうちょっと若く見る傾向があり、3歳差にすると、まあそうして入ったのに。 誰も年齢で聞いてみたいです。 行くとすぐ踊って歌って。
オロ 私は、飛行機から降りるとすぐに行ったから、何をゴプネヤかも分からなかったんですよ。 フルリアウイクンオパはかなり楽でした。 穏やかな性格である。 一方、小さいお兄ちゃんは『これ、いや、あれは嫌だ』、アニメに出てくる負のキャラクターです。 こんな言葉と、小さなお兄ちゃんが私を殺そうとするだろう。 それでも、最も難しかったのはフルリアウイお母さんでした。
ジョンホヒョン クンオパは、いくつかのピーターパンの気質があります。 オロがくるから<一人では、スペイン語>のような本もサボゴ。 Googleの通訳機にオロとの対話を試みたりして。 一方、小さいお兄ちゃんは、少し前に放送カメラ見ても、"きっとこんなんですか?"と歴程をネトジョ。 ジャクウンオパランママとちょっと性格が似ています。 実はママが盲信も、という事実がトラウマでした。 放送社PDの前にも、聖書張って二時間説教する方ですか。 もうそんなお母さんをちょっとバトアドゥルヨジュ者方だが、オロにもキューバからの説明をしました。 どんなことが起こることができるかどうか。 気にしないんでも理解をいくつかしてくれとし、修練会にも従って行ったので。 2週間のプログラムだったが、3日ぶりにグマンヅギンした。
オロ 第爆弾の頭の話をたくさんするのに、あまり気分が悪いです。 この国では奇妙な外見から。 そんなことまで是非かけて興味は問題ないですね。 ところがある日、イアンを抱いて地下鉄に乗ったが、韓国でお金を稼ぐ大変だと言いながらおじいさんがウォンをくださるんです。 されたとするために、あえて受けるとし、他の人はみんな見つめて。 経済的にモトサンダゴして考えることが劣ることはないが理解が少しで行ったんです。 貧しい国の人々が自尊心のない馬鹿ではないんですよ。
ジョンホヒョン 歩いていけばみんな聞いてみたいです。 キューバの人だとすると、なぜ国籍を内部の変更かとして。 通訳するのは難しいきまり悪い言葉をよく聞きます。
オロ 韓国に来て、とにかく生きなければならないから。 色々な仕事をたくさんしました。 ミュージックビデオも作成して、英語の図書館でアルバイトをして、放送外注制作会社では、コンピュータのグラフィックスもして、スマートフォンエプディジャインドして、児童書のイラスト作業もして。
ジョンホヒョン 実際にお金になることはない。
オロ 韓国とキューバとはちょっと違うのがあります。 キューバは明快だ。 最初から私のお金はないが、君がちょっと助けてくれ。 それともお金がこれだけあるのによマルレ。 韓国は、お金を与えるようにしてから、後でスウック戻るパジョヨ。 外国人をよく信頼してよ。 ポートフォリオを見せるとやっと上手だね、まあこんな式が多いですからね。 幸いにも今では外国語高等学校ではネイティブの教師の仕事をしています。 学生たちを教えたというから韓国の家族たちが心を開けるような気もちょっと聞いてください。
ジョンホヒョン ママ世代に黒人は銃撃、ヤンゴンジュ、揚げまあこんなんじゃないですか。 子供を産む時だけでもお母さんは、モンスターが出てくると思ったんです。 妊娠した時も、あまり嬉しくてくれました。 『ああ、いよいよ心配したが起きているんだな』、まあこんなんですよ。 出産時も肌の色と髪から確認られたからね。 イアンのが世の中に出てきたドィロンきれいだが、今でも櫛を常に携帯してください。 何度も頭が巻き毛と言いながら。 (笑)それよりも、オロのように暮らしながら前に感じることができなかった問題のせいで大変ですよ。 今年の夏は本当に離婚するところでした。 子育ての問題だけでなく、韓国での生活は、私はすべての処理が必要だから。 銀行の負債も負けても、私れなければならないことであり。 まあそんなことで争って一度はオロが"関係からのお休みを頂いと思う"とするんです。
オロ のアジアの人々は嫌なら嫌だと言うことです。 しきりにドルリジョ。 不便と不便だと言わなければならないのに。 それのためにもたくさん戦いましょ。 私の言うように、彼らが言うように、通訳ちょっとしてくれと言ってもでてくれ。 異性の友達を作るのもそうです。 キューバでは、君が良ければ良いとされて、ぐるぐる回さないよ。
ジョンホヒョン 前に<春の日は行く>を見せてくれたことあるけど、オロがあれ何かとそうでした。
オロの 韓国ドラマは本当にハズレです。 세 달が経ってもそこそこに、まったく同じですよ。 キューバでは、お前が良く、私もいい、今までの関係を開始、またはこんにちは、だと言います。
ジョンホヒョン やめて生きようと思ったときにオロが言った言葉が刺激になったんです。 『君は別れるの姿勢ができている』ということです。 私たちは、別れれば、その後ろの余地がでておきたいんじゃないか。 逆に、オロの言葉は、子供まで産んでおいてどのようにナムチョロム買うことがあるのかというんですよ。 結局、私達の離婚は、友達に残ることができるの離婚のパーティーが可能なときにすることにしました。 それができるのか。 (笑)


オロ 円ナイトスタンド、あれ、韓国で初めて知りました。 ブッキングすること見てもすごくノルラトジョ。 一晩寝て翌日の他人だって。 韓国の人々は自分の物が上下には、とても緊張をもたらすが、関係が壊れることについてはあまり心を痛めるとは思わない。 何かプレゼントをやりとりしてそれで確認することが愛ではない。 のようにあり、一緒にすること、それがクバシク愛なんです。
ジョンホヒョン オロが、クラブ行けば誤解を少し受けます。 楽しくダンスを踊って、『ああ、ありがとう』と他の女に行けば『スパンク、プレーボーイ』だから。
オロの 韓国人たちが考えているセックスは、大部分の物理的なセックスです。 ベッドの上セクスマン思います。 の関係をどのように結んで解くのかがもっと重要だ。 あとで韓国の深刻な集成を滑稽に撮ってみたいです。

来年には国籍のスワッピング?
来年イマムテチュムオロとジョンホヒョン監督は離れて暮らしている。 ジョンホヒョン監督は新婚旅行の赤ちゃんのイアンと一緒にキューバで、オロは自分一人で韓国で。 ジョンホヒョン監督は、韓国 - キューバ交流財団を作成するための幹事役を引き受けて春になると、キューバにいって1年の間そこで滞在する予定だ。 オロは、『韓国でのサバイバル』のために故国でしばらく休息を取った後、すぐに戻らなければならない。 一種の国籍交換をしようとするセムインデ果たして二人はキューバと韓国での自分たちに与えられたミッションを実行することがあるだろうか。 <キューバの恋人>続編は、多分、二人がそれぞれ撮影した映像をしたのに続きされた興味深いの型を持つようになるかも知れない。 『ビバ! オロ&フルリア&イアン!

ジョンホヒョン 韓国-キューバ交流財団を作ってみようという動きがあります。 事前に会議の現地幹事間隔で行くのに1年ほど滞在しながら、次の作品の準備もして、そのつもりです。 次の作品は、オロさんからアイデアを得たものだが、関係の話ですよ。 キューバでは13〜14歳くらいで最初のセックスを全部持って、18歳くらいで同棲を始めている。 離婚率が高い方だが既婚者たちが前夫、前の奥さんとどのような関係を結び、会社やそのようなことも気になって。 恋人たちが出会いと別れて、それをダムアボルつもりです。
オロ 一応キューバに行ってリラックスをちょっとして来なければ、アニメーションの操作も可能となるようだ。 今は、英語でコミュニケーションをする状態と創作が出来ない。 現実のキューバについては私は否定的に考えても、私はまだクバシク事故をする人なので。
ジョンホヒョン キューバから帰ってきたら私と離れて暮らすためにもいいかい?
オロ フリーダム!
ジョンホヒョン 僕が君を少しとる方ではない。 イアンは、まだブログを釘読むのに一度はティーザーポスターの『恋愛は革命的である』というキャッチコピーを報告書には『ママは怒っていません』と読んだんですよ。 あまりにもしつこいのだから。 子供を保育園に預ける時間がすべてになってからシャワーを浴びているオロチを見て何の出来ない。 妊娠しているキューバに1年のあるときは本当に大変でした。 医師が約束された診療時間のナタナヨ。 ところが、1時間以上遅れて出てきた医師に、他の妊婦たちは優しく笑いながら"こんにちは!"朝のあいさつをね。 私たちwouldn'今がミョトシニャ'、「あなたは自分の時間を何に知っているのか」なのに。
オロ に会ったから、重要なんだ。
ジョンホヒョン 今回に行けば、キューバのヌグトハムウルちょっと学んでいるよ。
オロの 韓国女性たちとは異なり、韓国の男たちは他の国のマスクに興味を釘受けることから、私のヒントを一つあげます。 キューバに行って、気に入った女性があれば、目を見つめてみたいです。 その女が見るまで待っていて目が合えば目で挨拶をしている。 女性が笑えばもう終わったんです。 堂々と愛していると言えばダメだよ。 キューバの人ならそれでもされます。 近づいて声をかけるときは、最初は「本当に美しいですね」、2番目のコメントは'あなたのように美しい女性を、キューバで見たことがないと音をもっと高めて。 本物のキューバの恋人を得るには、女性の心の行間をよく読みましょう。それは、次のダンギェゴ。 (笑)


文: イ・ヨンジン 写真: ソン・ホンジュ ( 写真部長 ) | 2011.01.20
by kazem2 | 2011-01-24 22:48 | Comments(0)