ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画 「冬の骨」

☆cine21.com
成長は痛みの他の言葉を同時に拒否することができないもの
e0109292_21492265.jpg

この映画は昨年のサンダンスで上映されたものです
ゴールデングローブ賞にもノミネートされました



が付いているものがない人に、世界は残酷だ。 冬は、そのような残酷さを物理的にはより切実に感じるようにする季節でもある。 このような残酷さを表現するために、ほとんどの韓国映画が、スクリーン上の疲労染めたり、身体を台無しにする仕業を躊躇しない、最近、デブラそうニックの切除に近い<ウィンターズボーン>の演出方法は、新鮮だというより道徳的に感じられる。
監督は、肉体への暴力を選んで展示することなく、それを切実に痛感し、精神的な恐怖にまで変形させるからだ。 学生時代の短編映画<スネークフィード>(Snake Feed)以来の長編デビュー作
<ダウントゥザボーン>(Down to the Bone)までのサンダンス映画祭の注目をきちんと受けてきた彼女はこの作品で脚本賞と審査委員大賞までゴモ握った。

ミズーリ州のオザーク地方、ヨルイルゴプサルのリドリー(ジェニファーローレンス)は、精神が健全に失敗した母親と幼い弟二人を面倒を見て暮らしている。 日々の食事を心配しなければならないほどに貧しい人々の彼らに、ある日、警察が訪ねてきて麻薬製造の疑いで立件された宝石で釈放された父が、まだどこかで麻薬を製造しており、彼が裁判の日付に合わせて、出頭しない場合は、保釈金を担保につかまったの家と地のすべてのオークションに移るだろうと警告する。 その日から、リーは父の跡を見つけて、村の大人たちをチャトアダニンダ。 町全体は、麻薬でやつれていても薬の製造に加担しており、父の行方がはっきりしなくている。 どうか村を選び得なかった、というおじさまのティアドロップ(ジョンホキス)の警告を無視したリー近所の大人たちは恐ろしい顔で、身体的、精神的な脅威を与える。

興味深いのは、リガ歩くのが父ではないという事実である。 『父の帰還』や『上の家族の回復』のようなロマンチックな命題は、この映画の興味とは関係がない。 父は死んだ。 完全に消滅した。 そのため、死んだという事実を証明することができない。 リードリーが歩くのは、父親が死んだという事実を証明する証拠である。 そうすれば、裁判所に出頭する義務から解き放つことができ、残りの三人の家族が生存しているからだ。 大人たちは皆、父が死んだと言っているが、彼がどこでどのようになぜ死んだのかについては知ろうとしないようにする。 リーはそれを知られているが死の一歩手前まで行く。 彼女は最後まで自分が住んでいる町を支配しているルールが何であるかを知ることができない。 すべてのどのような法則があると言うが、それに抵抗する行為、ましてやそれが何であるかを知ろうとする行為は許されない。 リガ分かるようになった事実とは、父はそのルールをオギョトゴその後、跡形もなく消えてしまったということだけだ。

この映画は、真実をかちかちに隠しておき、主人公の英雄的な調査によってそれが明らかになって真実の回復に安堵し、劇場のドアを出るように作成する従来のミステリー/スリラーとは全く違う道の上にある。 それにもかかわらず、観客は、2つの理由から、常に緊張することになる。 一つは、いつ、誰が表示されてリルルどこに連れて行くかを知ることができないからであり、もう一つは、リーの家族が、いつ、家の外に追い出さ飛ばないしれないからだ。 リーは、毎回登場した人々に「私はあなたを取るほどバカなと思うのか」と尋ねてみるが追いついていないことをできない。 命をかけなければ何も知ることができないし、彼女の家族を守ってくれる何の情報も得ることができないからだ。 りえカニは他の選択の余地がない。 彼女がリスの皮を剥きを躊躇している幼い弟にした言葉"時には、したくないことでもやるしかない"は、正確には彼女が置かれた状況に適用されている言葉だ。 彼女の成長は苦痛の他の言葉を同時に拒否することができないのだ。 しかも、その成長を通って彼女を知ることができる唯一の真実は、世の中はなかなか知ることができないゴトイラン事実だけだ。

一生オザーク地域を背景にした小説を使って来たダニエルウッドパラレルの同名小説を原作にしたこの作品に活力を吹き込んだにはジェニファーローレンスの演技力が決定的だった。 彼女はまるで長い間、その山奥の村で、薪をペゴ狩りをし、弟たちをドルボアオン頼もしい長男として生きてきたように動く。 大人たちの脅威にもウムチュロドゥルことを知らないリーのしっかりとした目つきは、多分14歳で俳優になることを決心し、両親を説得し、ケンタッキー州からニューヨークに上がってきたジェニファーローレンスの身に既に刻印されていたのかもしれない。

文:ギム・ジミ( 映画評論家 ) 2011.01.19
by kazem2 | 2011-01-24 21:49