ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「その殺伐だった日のノウゼンカズラ」 小説家パク・ワンソ ②

☆cine21.com
e0109292_21392649.jpg


この作家の笑顔がとてもよくて興味を持ったのですがこの記事を取り上げたことを後悔しました





- 作品の中から<その年の冬にはタトゥトヘトネ><迷妄><あなたはまだ夢見ているか>などのTVドラマや映画で作られたのにどう見ましたか?

=(笑)私のものだけでなく、小説で想像するより屋の映画がいつもできませんね。 読みながら考えた人間の像がそのまま出てきた作品は、<風と共に去りぬ>ほどでした。 スカーレットもレットバトラーもアシュリーも。 監督の想像力と自分の感受性がきっかりあったのでしょう。

- リビングに<ノッティングヒルの恋人><8月のクリスマス> DVDがあったが。 映画の好みはどっちですか? ペドロアルモドバル監督の映画をもし好きじゃないですか? その俳優の出てくる場合は、映画をちゃんと見るようにされている俳優でもありますか?

=アルモドバルの映画好きです。 <彼女>は二回見ました。 キアロスタミ監督も好きよ。 最近、必ず見なくてはならないのは、イ・ナヨン出るという。 そうです。 <私たちの幸せな時間>。 そこに出てくる人の子供(カン・ドンウォン)も良いです。 私は、きれいにする人の子供たちが多かったが、記憶にないえ。 (笑)イ・ナヨンは、晴れてて好きです。 晴れの人が良くて、若い人が好きです。

- かつて松島寄生黄真伊の話を最後の長編に書かれたという話もあったのですが。

=そうですね。 さっきも言ったけど、今は何を書くという公言はしないし、そのまま書かれている場合は、書きながら、ゆったりと生きて行きたいです。 黄真伊を書くつもりは、松島(ソンド)のマーケティング担当者の話<夢無限イトヒルリヤ>(<迷妄>)を連載時に思い出してしまいました。 松島からの避難出てきた人々が作った<松島民報>を読みましたが、故郷を描く文の中に黄真伊お墓に行ってきた話があるんですよ。 墓にプルマン緑豊かで、石碑一つの横井戸の一つがあるのに、それがパーサは食べることがなく、唇をデヤマン飲むことができるイプオムルイラプニダ。 印象的じゃないですか? 黄真伊のデータはそれほど多くありません。 時の何編にしか伝えてくることがなく、<デドンヤスン>も、彼の母親がファンジニを妊娠した動機が簡潔に出てくるだけだからとても想像力を刺激するのです。 北朝鮮のホンソクのをはじめ、複数の作家が書いたことがありますが、ファンジニの物語は勝手に使っても何だとする人ではない。 子孫もなく。 (笑)

- 連戦に湖巌賞を獲得し、賞金を"自分自身を喜ばせる仕事のことを書く"と言われたことは覚えている。 まず、先に立たせたの家族に対しても、"彼らの分までよりジャルサルアてはならない、良い仕事たくさんしなくてはならないという考えはしない。 私は、その悲惨な記憶と住んでいるだけでも、うんざりして大変だ"と書かれたゴトドヨ。 <そのナムジャネ家>で、初恋の人の想像をギグ出されたのもそうだがなんでも可愛らしくて言うか、偽善とわざと悪を装う震える目に釘見てくれる性格であられるようです。

=私は人にもそのように言う人は嫌いです。 自分の話を偽善震えながら話す人はすぐにアルアブワヨ。 政治家とかそういう人々が偽善震える回顧録だからと言って送ってくれば憲政のページをトゥトオネゴその場でしまいます。

- 非常に耐えにくい状況を迎える際にも、ついに再文津市、ゴーヤだけは、書くことに治癒力を持っているのでしょうか?

=私が住んで一番大変だったのは、息子を失ったときです。 方も、修道院に泊まり、普段の使っていた日記を毎日書きました。 考えに沈むことを避けるために、庭先で木が、今日はどのように変わったなどのスケッチを書きましたよ。 その日記を選っ<一マルスムマンにしてください>にムクオトジョ。 今も私はきちんと大聖堂に懸命にしていくの信者ではないです。 しかし、息子を失うまで、自分の信仰は、一種の感情の贅沢ではなかったかと思います。 すべてが思い通りになるという傲慢にもあったんです。 子供たちがみんな元気で良い学校に進学して、家族がよく過ごしたらですからね。 ところが、その仕事を経験して私は、今の私は信じています、神の存在を。 息子を失った時期は、最も強く神を否定した時間でもあるが、我々が無(无)を否定する芽はないですか? どのような新的な存在があって、そして彼がどのような方だと思いますが私にあったので、"いったい僕にこんなことが起こりましたか?"と絶え間なく質問したんですよ。 その瞬間、私は質問を投げる相手がいたという事実が重要だと考えています。 限りなく低く、鼻汁になると、神が見えます。 もちろん、そのようにして神を見なさいと言いたくはないが。

- 今までの話を振り返ってみると先生の小説は、証言もされてグトドされて号泣にもなって夢になったりしますよね。 小説の効能を今となっては何だと言わしますか?

=小説には、ぼろぼろの生活を遥かに上回る力があります。 田舎者で、ソウルの名門学校に入学した私は子供の狭間でダサいが出たし3年生までは、勉強もできませんでした。 漢字には哲学の話があって簡単にケオチョトゴハングルはぴったり見ても'が'枝'駅'と'各'になることが自明だが、日本語は、理由をまったく見つけることができなかったんですよ。 むやみに他は掛けていない。 それでも劣等感を勝つことができた理由は、私は母に聞いて本読んで数々の物語を知っていることでした。 私は、子供たちが知らない世界を知っていて話をして見ればあの子達が何もないと感じました。 夏休みに下がる田舎(京畿道ゲプングンバクジョクゴル)がいるという事実も、同様の優越感を与えた。 ソウルでは、スラム街の同じ町内に住むが休みの場合、私は自由にすることができる世界が別にあるという考えは至極ヘバンガムイオトヨ。 私の小説が他の人にそのような力を、先頭を与えればいいですね。

文: キム・ヘリ
写真: オギェオク





パクワンソ
by kazem2 | 2011-01-23 21:39