ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「その殺伐だった日のノウゼンカズラ」 小説家パク・ワンソ

☆cine21.com
e0109292_2131211.jpg

この作家は昨日お亡くなりになりました
私は存じ上げないのですがツィッターのお仲間たちがそれぞれにお悔やみを書いていました
シネ21の昔の記事までもアップしてくれる人もいました
キム・ヘリさんのインタビュー記事です



"私は、イプテ生きてきた話だけ解放も小説でヨルグォンは超えています。
"美容院で、浴室で囲むおばさんたちは勲章を垣間見るネボイヌン退役軍人のようにソクサクイゴンした。 ヨルグォンがすべて何か。 1970年<女性東亜>長編コンペに入賞した<イ目>で文壇に入籍した小説家パク・ワンソ(75)は、36年の間に100編を超える枚の短編小説を書いた。 10万の固定読者を持つといわれる彼女は、"四十肉まで普通の女に生きた体験をパモクオトダ"と謙虚に語った。 ですが、その『普通の女の体験』がファスブンである。 ドゥムソンに結んでも、芸術家小説(<イ目>)、女性主義小説(<生きている日の[スタート]><立っている女性><あなたはまだ夢見ているが>)、歴史小説(<夢無限イトヒルリヤ>)、世相小説(<フィチョンゴリヌン午後><都市の凶年>)、自伝小説(<その多かったシンアは、誰も食べたのか><その山は、本当にそこにあったのだろうか><そのナムジャネ家>)がデガトジプかめ置き場みたいに盛んである。 出版社の世界史は、パク・ワンソ長編全集を出したし、文学的な町は今年8月に短編を六巻にガルムリハン全集改訂版を発行した。 読み取り中には、ゴマが降ろうが、裏を覆いには、抽象的(秋霜)のような教訓に指先が震える。 生きなければ書くこともない。

パク・ワンソ小説のタイトルは『その』という冠形詞に幸運を離すことが特に多い。 その多かったシンアとその山は、その人とその女の子は、その年の冬とその落下。 軽いが、オツクハン一文字'は、'は英語で言えば'the'の独特さと'that'の距離感に'such'の細い吐息をそっとかけた味だ。 パク・ワンソはそのように記憶を子のようにチマポクに安くて回る。 誰でも、どこにでもではなく、完全に自分のものだとモトバクヌンダ。 しかし、パク・ワンソの小説は、戦争が引き裂く廃部を握りしめ家父長制と資本主義の間でドィツンデヌラよく恥ずかしくて寂しかった韓国近代化の実録でもある。 パク・ワンソのゴンギョローンの話は、戦争を経験した世代にはゼリーイルギゴ若者達には転生である。 だから母娘が一緒に涙をつけて出す。 彼女に会うという知らせに、果たして私の両親は知っている親戚のようゴドゥショトダ。 "彼はおそらくドンアムドンに住んだことがあるの?"そういえば、作家が幼少を過ごしたヒョンジョドンも遠くない近所だった。 作家の母校メドンチョドゥンハクギョブトかつての遊び場にしたという西大門刑務所まで歩いてみた。 聡明で活発な少女がオマーン想像にぬれに豊かでも残る街だった。 通る道辞職公園檀君霊廟では、ときについた白い靴下を履いた女性が重ねて伏せて何かを組織していた。

少し離れた場所に漢江を眺める九里市アチウル村。 作家の黄色い家を訪れた月曜日は夏が尾まで隠してソンソンヘトダ。 風景(风磬)にも触れていないまま、四方をまとうソスルハン風は、作家から吹いてくるのも同じだった。 害を染みルは、ウィンドウが広々とした家の中で崩れたのは机ウィプンイオトダ。 どちらのほうが多いかわからない草花や本、掲示板に座った猫まで主人の実ったケアの下満足気に見えた。 庭で写真を撮る合間に作家は、草の間の雑草を入念に選び、スイレン(睡莲)が仮眠から目覚める時刻を教えてくれた。 彼女が知らないことも世の中にいるか、私はしばらくの子供のように疑問を抱いた。

- 電話をさせていただくたびに、"まだ暑い"と躊躇してくれました。 夏のことが特にヒムドゥシプですか?

=日帝時代の小学校で、国民の祝日に長く照会だジョルドハンことがあります。 幼い日の記憶というのが怖いです。 今も夏になると、めまいがあり、顔がほてるんよ。 そうしてネンバンハン室内に行くとまた肩が感動みたいよ。 そうモリラン体が分離されている感じが嫌いです。 代わりに、線の風にも敏感なので、風が吹いてくるように嬉しくサルマトがされます。

-70代の時間が好きですか?

=不慮のナイジョ。 予定になかった。 (笑)の心配もなく、遠くの計画もなく、一日一日楽です。 昔は作家としての契約もして連載もしたが、今はメイヌンことはしないようになるんですよ。 どう見て掛け替えの人生だが私が欲しかったの人生が、これはなかったかと思います。 経済的、肉体的、感情的に私は完全に独立した自由の感じがとても良いです。

- <その多かったシンアは、誰も食べたのか>(1992)、<その山が本当にそこにあったのだろうか>(1995)に続く先生自伝3部作の最後の本を待っている読者も多かったが、<そのナムジャネ家>(2004 )は、時期的につながる経験でありながら、主人公の名前が先生の名前ではなくてブニャではないかと言い争いもしばらくありました。

= 3部作は、外で他の人が付けた名前であるだけで、私は囲まれたことはないです。 <その多かった...><その山が...>두권は、前にも述べたが、フィクションを完全に排除しました。 読者に一番多く読まれた本は、<その多かった...>ですが、私は<その山が...>のすばらしい球を撮影した。 その本が手がけた経験こそが私だけのものですよ。 がらんとしたソウルに一人で残って目撃したこと、その時を耐えるようにしたことなど、人々が南に行くときに無理に北に上がって経験した体験を書いたからです。 さて、次の時期に移れば、他のシクグナ他人との関係になることが多く、私が知っている事実だけを使う方式を維持することができませんでした。

- <その山が...>を読めば、話者の語り口は終始ふぞろいだが戦争の中でいろいろな仕事を経験して私は、後半になると、'私'の人となりがいつのまにかかたくなになったということを暗にわかります。 人生のどの時点の前と後に分ける場合は、その時期を指摘しますか?

=はい、そうですよね。 <とった言葉のための時間>と呼ばれるクルド人は、映画の中で妹が小びとの弟を生かしてボゲトダゴワゴンに弟を乗せて売られているように嫁に行く場面がないんです? そこにすごく涙が出ました。 なんとか避難を家宝と銃創を着た私達お兄ちゃんのワゴンにシトドン日そのヘスクハゴ悲惨な顔が...、今では想像を話せません。 そして、私が経験した北の占領軍は、本の描写のままなんです。 日射後退時、ソウルに入って、人民軍は、激戦のギガではなかったから兵糧を少し融通しても、残りわずかな人々に与えることがあったはずだが、人口兆四万ヘガゴ人食わそうは問題には、導通関心がなかった。 バンソ団だから、豪華な宣伝扇動事業に動員するのが先でした。 ところで、私たちの人々は食べなければ、ダンスも踊ることがあるんじゃないか。 (笑)私は二極化が嫌でヨーロッパのキリスト教社会主義のような形を理想的にヨギョワトけど、今も北の派手なカードセクションと施設不備な病院の姿をニュースで触れると、その政府は一つも変わったんだよ。

- 戦争を忘れるために使ったともよろしいですか? それとも忘れているかと思って書いたともよろしいですか?

=国家を過ごされる竜巻が私を少しも滑りのいないときに経験したかくかく特別な経験について証言したい欲求がありました。 ただ忘れてもなることを、ぜひ使わなければなのは自分の気質だよ。 なぜ人々が家プンパマン経ても、外に話したいんじゃないか? 私は書き物をする才能があっての経験を呼ばれたりもして、そのままでも書きましたが、他の人々も多くの方が言いたいよ。 娘の友人の父親は、6.25名護석달は、今の日記を書くようにしても、書くことができると言われております。 自分の本を見て戦争の経験を手紙を送ってきた方々もあり、たまには、慈悲に厚い本を出した人もいます。 過去のIMFの時、ある友人は、自分の家もフンチョンゴリゴ生きていて難しさがダクチニカ、中に"ニードルも味ちょっと見てください"と、シンナトデヨ。 私は奥の部屋を蹴って出る時になったな、難しさを克服する上で自分の知恵をボテル時が残念だったな、言葉でも、中で興味を持っ緻密よりだそうです。 (一座爆笑)

- 分断以来、中産階級の生活を描いた作品もたくさん過ごしてきた。 ピョンオンヘ目に見える日常の下に何かいびつなものがあることを撃って見てピンチを出すの小説でした。 その作品の執筆の動機も戦争を描いた小説で語られた時代を証言する欲求と接続できますか?

=そうです。 困難な時期に、よりよいこともあります。 家族のアナ男女の愛やエトゥトハムイドヘトジョ。 すべての仕事が今よりも密度が高かったと言えます。 私は、愛、他人とのスキャンダルという話とは違ってよ。 そして私達がお互いにアキョトドンこと、愛したことを考えると、本当に切実でした。 多分その時は、愛だけが人生の喜びでもそうだったのかも知れませんね。 今は喜びを感じることが異なり、多いじゃないですか。

- 娘への詩集でいく打撲するのが普通なのに、先生の母親ケソヌンむしろ"お前のような子供が勉強をしなくてはならないかの詩集からガニャ"と不満ハショトダミョンからです。 もしかしたらそのような期待がボゴウォ気軽に結婚したのではないか。

=大学の勉強をしさえできなかったさせたからです。 (作家はソウル大学国文科に6.25が起きた1950年に入学し、開講は、よりによって6月だった。)兄さんだけでもシゴルソ小学校に通っていた母親は、ソウルの貧民街から上流社会に暮らしながらも、私をソウルの良い学校だけに送りました。 そうするうちに混乱期に叔父が思想の争いに巻き込まれ、刑務所で死を打たれ、続いて思いがけず、戦争中に兄を失った母は娘より期待ショトゲトジョ。 ところで私はその完全に破壊された家の中だけで免れ、気持ちでした。 もちろん、その後も実家の仕事をたくさん助けが結婚当時には、清算して、自分の世界に行きたいんです。

- 小さくされたご主人と1953年に上げられたの結婚式を、フィルムで撮影して置いて下さったとの話を読んだことがある。

=今も家の中のどこかにあるのだ。 音は出ない無声映画です。 その時、夫はすべてを私に最高にしてくれてシプオハンようです。 そのせいで金持ちであると思っていたシジプワてみると新婦を包んで連れて来るのにも書いたのでした。 (笑)夫は寛大な人でした。 締め付けるの人ではありませんでした。 私は、その人を選んだ理由は、"いつで小説をスリラ"心を食べてはなかったが、女性が考えていることまで知られて持って、今日何したのか問い詰めるの人ではないというのは、会うやいなや分かった。 結婚して、次の復学したい気持ちもあったのぬいぐるみも呼応してくれるようでした。 相次いで生まれた子供を母乳食べさせて育てるため、結局学校に戻って付いていることができなかったが。
e0109292_2383130.jpg

- 机の上に掛けられた手の写真はさっきから気にしています。 先生のソンインガヨ?

=私は自分の写真を家に掛けておくことを嫌っている。 ところが、誰が撮ってくれた私の写真を見たら、私はその手でも本当にたくさんあったと思って歩いておいたよ。 文も書いたが暮らしがどれほど大変ですか? 写真の一枚をもっとみるんですか? (<ボーグ>で撮影した手のクローズアップ写真をネオンダ写真の手にはアンティークなリングが挿入されている。)夫が結婚も婚約も前にプレゼントしたリングです。 その貧しい際に大きな贅沢でした。 結婚もしない一人の男に指輪を受けたことが恥ずかしくて返すことができずにお母さんがわかれば狂ったのかとヤダンハルみたい言葉もできなかったんですよ。 結婚して、次の50年以上のキョトオヨ。 あまりにも長く挟ま擦りビツルオジョトヌンデ、見る人ごとにきれいだよ。 ところが、私の手が乾いたせいで過去の説頃に失われてしまいました。 細工の一つ一つを私はすべてを記憶するので、この写真を持って行って同じように作成しようとしている。

-5兄妹を産んで育ててくださいました。 お子様をたくさんとどめのが戦争の経験と関係がありますか? 活気が出て育つことが特に貴重いたり。

=いいえ。 子供の誕生日が嬉しいだけのこともありませんでした。 年子でかろうじて産んだ子もいて。 私は53年に初子を、末っ子を63年に生んだ最初の小説を70年に書きました。 ぴったりと合ってトルオジジョ。 その言葉がまさに団塊の時代ですよ。 <そのナムジャネ家>にも書きましたが、人口がそれほど増す場合は、男女の愛を分けて当然の子が生じることはなくて、空の意味みたいなのがあると思う。 キリスト教の神ではなく、"空が雨降る"という昔の言葉の空。 その時のお母さんたちの国が人命を失ってしまったのでたくさんナトジャゴダンハプハンわけでもなく、避妊のキャンペーンまでしたが、人口を調節する摂理のようなものがないんだよ。

長編コンペ賞品に乗れば自分の存在価値が生じるドゥトヘトオヨ

- 専業主婦でずっと過ごし、1970年に<女性東亜>長編公募寿画伯との思い出を素材にした<イ目>このダンソンドェ登壇されました。 最初の一歩を踏み出そうはイテダ、という感じはどのように来ましたか?

=私は子供の養育関係の仕事が優先でした。 ある女性画家が母乳を刺されながら、絵を描く姿を見たことがあるのに震え先にも含ま大変に見えました。 最初の小説を書いた1970年は私たちの末っ子が、その子供を私は失ったがは、小学校に入った年でした。 やっと何ができるのだろうという気がしたんです。 義母おられ、子供五育てることが少なくないんです。 一子供の指の爪をカクジャミョンみんな手足を出して走っているのにスムゲシク五人の場合、それがいくつなんです。

- 公募当選を受けた初ゴリョ50万円は、どのように過ごしてきたのですか?

=うやむやに書きました。 (笑)私は嫁に行く時も、行ってからも尊敬を受けて住んでいたが、夫がどうなることでもすれば、経済的に私は完全に無能だというのが惨めに感じられました。 夫を失った女性たちが"ナルロヌンどうして生きろ"と、泣くときは、愛よりも、子供たちを連れて暮らす問題がクジャンアヨ。 夫がお酒好きなのにどうして今のうちでもして夜にはどのように不安だったのか。 門限もあり、道路事情も悪いテニマンホールに落ちるんじゃないか、交通事故が羅津ではないか心のねじで締まることが癖になって、今でも11時頃には不安です。 後には家で飲むようにおつまみを用意し、夫の酒を奪って食べてお酒を学んだんです。 子供こっそり片手間<イ目>の書き込み中にやめようかと思ったりしたが、50万ウォンを持って行くという考えも一つの動機でした。 家族たちを驚かせてやりたかったし50万ウォンに乗れば自分の存在価値が上がるようです。

- マトタニムイシンホウォンスクニムエッセイによると、先生は家事を上手にするだけでなく、ジェミナゴ創意的な母だったそうです。 しかし、小説の中に投影された先生の独白には、"暮らしは、自分の服がなかった。"という言及もありますので、実状が知りたいです。

=小説を書いている場合は暮らしを、私は上の空でいるようで、連載小説でも書くと暮しがピピェヘジというのが目に見えて暮らしハンテ申し訳ないんです。 ところが、また、滞った家事をしてサルリムクン仕草をしていれば自分の仕事がないと思う。 今は結婚して仕事をしないの女性たちが劣等感を持っていますが、その時は仕事をするには、家事も上手だという要求が暗黙のうちに強かったんですよ。 今は、皆さんがこのように書斎に私を座らせ、取材が、その頃には<女性東亜>で、私を取材しに来るとかめ置き場も磨くし、姑に仕えてドゥルラゴ注文して写真を撮りました。 実際に私は一度も姑の髪をとかしていただきますかほうジョドゥリンことはない求めるのです。 (一座爆笑)新人だからタラトウナの中でこれはないんです。 当時、四十に登壇した作家だと私に手紙を送ってくる女性たちもいたが、私を「両方の上手な先駆者」のように信奉することは、彼らにも良くないと思いました。 そして、取材受ける頃には既に家族が家事を多く分担してくれるテヨトゴドゥンヨ。 ところが、実は私の暮らしを好きですよ。 (笑)すべてを整理しておかないと文も釘スジョ。 ブログを始める前に、やたらと食器棚を整理したり、ワードローブをひっくり返してしまうのを取りそらえることがありますが、そのような癖は、文章を書く女性たちも共感するんですよ。

- <夢見るインキュベータ>や<私の最もナジョンジニインこと>をはじめ、先生の短編は、主人公がどのような後遺症に苦しんでいるが、その病巣をただちに現していないの表面積の物語を行くところまで引いて行く後日に心的外傷を露出する構成が多いです。

=サンチョランことが多そうじゃない? 誰でも精神的抑圧がない人がないようなことは、BB回っても、他の形でナタナヨ。 表面上はそれとは無関係の病気アルゴヨ。 精神科医たちが何度も患者さんに声をかけるのも回って回って、そこに至るには、そうではないですか?

- どの評論家が言われたのか記憶がフリトハンデ、"ボバリ奥さんがあいてもマルチャンだ"という評を聞いたことがあります。 その表現にヒロインたちが大きな逸脱をやらかすか、破局が来ないことなく、ひんやりと覚醒の時からの物語が停止する作品が多いです。

=(笑)私はできなくて見てそうです。 しかし、どうして、不倫もたくさん書いた。 <夢無限イトヒルリヤ>でモリトバン女王(テイムウイ母親)が不倫じゃないですか。 そのような部分を長く起こさせないのは、不倫の喜びがそんなに長い間行こうかと思ってからでもあるし。

私の小説がとても難しいのでは良くないと見て

- これまで<パクワンソソソルオ辞書>という本も出てきました。 裏返して言えばソンセンニムマン書いて見つけるの語彙が多いという意味です。 たとえば、私は'チュプチュプハダ'という単語がどのような意味なのかまったく分かりません。

=私の小説は、標準語を使うようになっても個性の地方言葉をたくさん書きました。 地方だけでなく、私たちの家で使っていた言葉も多いですね。 でも辞書を探してみると、通常のことだけどでもたまにお問い合わせを受けます。 先日も、"とてもお母さんを捧げる"という表現を見て国語の先生が電話をれたのですよ。 「執着する」、'言う'という意味なのに自分の本のどこかに「バトチダ」と間違ったスペルでいったのかも知れません。 されるように、複数冊の辞書を置いている言葉なのか調べ、書き込みます。 「チュプチュプハダ」は『捧げる』よりもみじめで醜い何を言うんです。 食糧のようなものに取り組まないいけない席に取り組む場合とか。 私たちは、大家族のうえ語彙が豊富な家でした。 おしゃべりスロプジンていないが、家族同士で多くの言葉を与え受けましたよ。 そしてもう一つ重要な点は、子供の言葉を壊していないという点です。 忙しく生きていれば子供が大人に不当にしかられる場合があるじゃないですか。 むやみに大きい子供を殴るか。 ところで私は不当だと思えば我慢しないで何でもイレトゴあれはああしてマルデダプをしました。 私の母はそれを最後まで聞いてくださって小さいの母は、"おお、娘があのようにマルデダプをするのにほっとくとオチョニャ"とママに何だと言ったんです。 私は子供たちが自分の論理を立てて話すように最後まで聞いてあげることが重要だと思います。 うちの子たちもそうでした。 一子はムルパクエ座らせ、他の子供が騒ぐのを聞いていると胸に抱かれた子供が"お母さん私見声をかけて"しながら、私のあごをジェチョクウロとっドルリドンを思い出しますね。

- 小説の中で特によく用いられる単語の中に「種痘マンになるだ」があります。 それだけ先生にお馴染みの感情的に行動をとるのもようで。

=スケジュールがコイミョンソ何を先にしなければいいのか分からなくて、後にどんな計画を持っていたのかさえ分からなくなる状況です。 実は私のスケジュールを持って、複数の人と交流したことが人生の前半にはなかった日ではないですか? 一人あたりの関係を記憶して管理する能力が違うようです。 自分の能力の規模を超えては関係は人々でも、あるいは公開され事件を拡大しないようにしようとする方です。

- 展示会に行けば、私はこの絵や写真の前でしばらくの間に立って眺めることが適当かどうかの判断にならない場合があります。 ところが、先生の小説は、人々がみんな水のようにすらすらと読まれると言われてんじゃないか? そんな言葉がもしかしたら寂しいしたり、もっと吟味してもらいたい興味はありませんか?

=まあ、私の小説がとても難しいのでは良くないと思います。 小説は生まれたの起源からの調査とは違います。 理解していないので、もう読む事はなくても良く、また読める純と思いますよ。 私の小説はそんなに波乱万丈なストーリーがない例が多いです。 それでも、読者に読まれるのは、文章の味が原因ではないでしょうか。 私は書き、後の中に読み、また読んで震動の部分を修正します。 ただジャンジャンハゲマンまでたっても楽しみがないから激流が来るときは、激流のように作ったり。 私たち昔の小説にも音楽的ではないですか?

文: キム・ヘリ 写真: オギェオク | 2006.09.25
つづく...
by kazem2 | 2011-01-23 21:32