ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[映画を読む] 「初」でない場合はどう

☆cine21.com
<トロン:新たなスタート>の承認と拒否
e0109292_22444343.jpg

               <トロン:新たなスタート>
すべての父は殺害されなければならないか。
<トロン:新しい[スタート]>を見てアルベールカミュの<最初の人間>の中での息子
あるいは「最初の人間」に掲載された文章が浮上した。



「子と彼」自身だけでは何もなくて、親が彼を代表するものである。
確かに<トロン:新たな始まり>は、1982年には初のCG映画として絶大な影響力を残した<トロ>に比べて手薄な構成と残念な話のために欠点を先に探してみたくなる映画だ。 逆に言えば<トロ>が成した光るの達成は、そっくりそのまま<トロン:新たなスタート>のジムイジャ克服課題となる。 私はこの点で、父を超える事ができなかったがダメな息子のためにいくつかの単語の弁解をする必要性を感じた。 果たして<トロン:新たな始まり>の<トロ>には克服の対象だったのか。 この単純な質問は、現実と仮想世界の鏡の関係のように、いくつかの平行世界の上に重なっている。 主人公のサム(ガレットヘドゥロンドゥ)と父ケビンフリン(ジェフブリッジス)、
<トロン:新たなスタート>と<トロン>、バーチャルと現実、そしてデジタルとフィルム。

父の息子の反応は、通常の2つに圧縮される。 承認と拒否。 承認するがつらいか、嫌いですが似ているか、または。 順序の違いがあるだけでいつも一緒にいるコインの両面のようなこの感情の交差は、結局、必然的に停滞した父、世界の破壊を要求する。 父の世界という研磨された線路の上で休むことなく走る承認と拒否のチョルリュンウン新しい世界の誕生に向かって疾走する。 しかし、<トロン:新しい[スタート]>からの噴水の父は、承認と模倣の対象として描かれるだけで拒否のチョルリュンウンなかなか戻らないこと。 映画の中でただ一度クルーの落とし穴を避けるために努力するように父親の知恵の泉が拒否する場面がクーゼが、以内に間違いを実現し、父の世界に再び包摂されてしまう。 止まってしまった世界への対処が省略され、承認と模倣の結果、息子(サムあるいは<トロン:新たなスタート>)は、結局、最初の人間になることができない。 いや最初からになる意志がないように見える。

カンマではなく、ドドルイピョ

独特の世界観を土台に『ユーザー』と『プログラム』のそれなりの哲学的思惟をもたらす出した
1982年の<トロ>に比べ<トロン:新しい[スタート]>は、父から息子へと続くジョクトン伝承というディズニーの表のウォンヒョンジョクあるいは普通英雄叙事詩を繰り返し、踏襲するのにとどまっている。 映画の出発が『物語』ではなく『デザイン』だったという監督の言葉のように模倣の欲望のために選択されて、このような貧弱で緊張感のない書士だからこそ、この映画を置いて失望する声の根拠であり、同時に、<トロン>の栄光をジョトゴジャする<トロン:新たなスタート>の欲求が明らかになった点である。 <トロン:新しい[スタート]>は、物語の上では30余年が経った<トロン>の続編にあたるが、<トロン>の[次へ]の映画ではなく、昔<トロン>の完璧な世界の中に編入し、また一つなることを熱望しているように見える。 '拒否'という名前の一方の車輪を失ったサムあるいは<トロン:新たなスタート>の世界は、父の栄光を解体するのではなく、過去の1982年に果たせなかった完全に幻想を再現するために没頭する。 <トロン:新たなスタート>の欲求は、父の世界 - <トロン>の完全な実装があるので、そのためなら、父が残した遺産をかき集める作業にも一抹の抵抗感を抱くことがないのだ。

ホンジョンソンイラヌン安易な解答

サイバーパンク運動の開始を発表した<トロン>は、その革命的登場以来、数多くの映画監督たちにインスピレーションの源を提供している。 <マトリックス>から<攻殻機動隊>まで直接サイバー空間を背景にしている映画は言うまでもないん丹羽今ではおなじみの仮想空間、バーチャルリアリティという言葉は、<トロン>の登場によって初めて、その具体的な形を得ることができる。 今では当たり前のことになったCGの可能性を示したことも、<トロン>だった。 そう<トロン>があったからこそ誕生することができたの光る創作物の結果を<トロン:新しい[スタート]>は、積極的に再度水分を補給用する。

1982年の<トロ>は、にもかかわらず、興行では、光を見ていないが、当代の反応とCGの技術的波及力にミルォボルときにいくつかの側面から、今の<アバター>と3Dを連想させる。 これで、<トロン>の延長線上で、完璧な世界の完成を目指す<トロン:新しい[スタート]>は、逆に<アバター>が示したデジタルホンジョンソンエソその答えを探す。 いや、<アバター>さえ模倣する。 完璧だと勘違いされていた仮想世界のグリッドの真の結果として人と、プログラムが混じった中間形態、自生プログラムISOクオラ(オリビアワイルド)を来世ウメことで、すべての葛藤の縫合をしようとする西の態度は、映画の外でも簡単に発見される。 冷たい機械の体に温かい心。 混合することができないことが混合されるとき、問題が解決されるという信仰。 この映画で<スターウォーズ>のライトセーバーを連想させる武器とそのまま借用してきたいくつかの大使たちはもちろんのこと、フリンの姿で、<スターウォーズ>のオビ=ワンケノービのような師匠の影を発見することは難しいことではない。 仮想世界の救世主と呼ばれる設定も、<マトリックス>で、すでに触れたものであり、噴水を全面的に支援、女性のパートナー郁夫という<マトリックス>のトリニティとどこか似ている。 このような積極的な組合せとの借用は、おそらく、そのすべてのソースの源泉<トロ>には、信仰から始まった自信をもとにするが、基底には、改めて自ら完成させることができなかったの神話の原型になろうとする欲求が感知される。 この時点で、映画は重要なエラーを犯す。 <トロン>実装している仮想世界の魅力は、対立する二つの世界の越えられない異質感にいても過言ではないことにも、自らその境界を簡単に霧化させてしまうのだ。 <トロン:新たなスタート>この世界の完成のためにグルオモウン父の遺産は、かえってこの映画の毒で作用する。 たとえば、堕落したクラブのオーナーのジュースは、<マトリックス>のメロビンジオンウル念頭に置いたのが明らかだが、なんとなく借りてきたような印象のキャラクターは、物語に密着されず、原作同様に魅力的ではない。 その根がかつて<トロ>にいても、すでに多くの変更、変形を経験した『借りてきた息子たち』は、どこまでも他人の席にとどまり、決して『最初の人間』にならない。

完璧に向かって動いている

デジタルは完璧の世界だ。 それが8ビットのゲームの中で行われる世界に過ぎないとしても、それはその中で完璧さを持つ。 映画の最後のケビンフリンの死は、息子が闘争の対象に得た結果ではなく、長年の事由後ろの完璧な世界では、停止した世界に過ぎないことを悟ったの父、自らの締め切りである。 世界を開くことにも、閉じることにも息子の意志が入る場所はない。 <トロン:新しい[スタート]>は、<トロン>が残した遺産と痕跡をまねいるだけだ。

それでも私はこの愚かな息子を肯定したいと思う。 なぜあえて今<トロ>を再作成するのだろうか。 単純に、当代には、実装することができなかったの想像力を見せることができる技術がようやく蓄積されているため、作成されたものでもよい。 少なくともここには表現の欲求、完璧への渇望がある。 実際に驚くほどのCGの発展が実装された『完璧』な仮想世界は、むしろ、この映画の魅力を半減させる。 現実世界と大きく区別されていないほどの重厚な質感が、仮想の機械米を奪っていくのだ。 興味深いのは、この瞬間<トロン:新たなスタート>が救われるのは、<トロン>が誕生させたのCG技術ではなく、3Dの平面感じがする異質感と現実と同時に、現実みたいな空間感を醸し出す効果的なサウンドの力という点だ。 ISOの誕生のように多分意図とは異なるかもしれない美の誕生。 どのような経路を通って達するれた処理を、この映画が、仮想世界の再現を追求する過程で成し遂げられたユニークな仮想の空間感は、また別の表現の達成に認められて当然だ。

多分それは完璧とは決して到達することもないし、到達してはならないの蜃気楼かもしれないが、私が見たいのは完璧ではなく、完全に向かって進むの動きである。 ついに前作の陰を克服できなかったとしても、たとえ他の映画にインスピレーションを与える』初の映画'になることがなくても、<トロン:新たなスタート>のもがき、その動きさえ卑下したくはない。

ソン・ギョンウォン まだ映画の勉強中。 私は、映画を凝視するときの映画も私を凝視してくれるのを願う気持ちで見て書いて言っているが、映画の口を開くには、まだ多くの時間が必要なようだ。


文:ソン・ギョンウォン( 映画評論家 ) 2011.01.20
by kazem2 | 2011-01-22 23:08 | Comments(0)