ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

パク・フィスン 映画「血闘」2月24日公開決定!

ソース:twitter sulebari
e0109292_1549355.jpg

監督は映画「悪魔は見た」の脚本家パク・フンジョンです
出演者は パク・フィスン、ゴ・チャンソク、チングです
やっと決まりましたね



e0109292_18261744.jpg

[OSEN =造景が記者]
1011年2月、最もスリリングな時代劇血栓『血闘』が2月24日の封切りを確定して、最初にポスターを公開する。

映画『血闘』は、光海君11年、清との戦争で、ようやく生き残った竹馬の友ホンミョングァ都営、そして脱走兵ヅスが息をのむ、敵の追撃の中に満洲原野客桟に被しかし、ある瞬間、彼らの刃先が敵ではなく、お互いを向けるようになり、死よりもぞっとするような血みどろの戦いを繰り広げることになる話だ。

ついにその最初のベールを脱いだ『血闘』のメインポスターは、行き止り対立している三人の男の荒いカリスマが、まず目を引く。 それぞれの短刀、長剣、斧を掴んだまま、決意を固めるようなパクヒスン、チング、高敞石の力が感じられるなか、「敵よりも恐ろしい味方に会った!」は、コピーが遠くに来る敵を後にし、お互いを警戒して、これらの関係に対する興味を呼び起こす。

また、他のバージョンのアクションのポスターは、躍動的な身振りで血みどろの戦いを繰り広げている瞬間を込めている。 「友達と赤、誰が。 誰かを先に打つか」というコピーと一緒に敵陣の真ん中で敵ではなく、同志を向けるという熱い血闘の瞬間を期待するようにする力だ。 特に、男性的な動きの中に後ろに移る瞬間にも相手を注視する高敞石のコミカルな表情は、スリリングな緊張の中にポンと映画のユーモラスな感じもイェギョンケしてくれる。

『淫乱書生』『追撃者』『作戦』まで、映画界を代表する興行製作映画社シルクロードの四番目の作品であると同時に、2010年忠武路ブルーチップに浮び上がったバク・フンジョンシナリオ作家(キム・ジウン監督の『悪魔を見た』、リュ・スンワン監督の『不当な取引』脚本)の監督デビュー作で関心を集めた『血闘』は、ポスターの公開を皮切りに、2月の劇場街の唯一の時代劇血栓で、その熱い血闘を繰り広げる予定だ。

『セブンデイズ』『作戦』『裸足の夢』など、最高の演技王様パク・ヒスンは、朝鮮最高の軍将'ホンミョン'で、「卑劣な通り」『マザー』で深い印象を残したチング没落した両班家ジャジェイン『都営』で、『映画は映画だ』、『義兄弟』の強烈なシーンスティラーの『ハローゴースト』を経て、『血闘』で、堂々と主演に成長したゴ・チャンソクは、脱走兵'ヅス'で分解俳優人生初の時代劇に挑戦し、終いに向けた血みどろの戦いを強烈にお目見えするのだ。

敵になってしまった友人、敵の追撃中で誰かを先に打つのか、誰と手をつなぐのか、果たして誰が生き残るのか熱い血みどろの戦いを繰り広げる『血闘』の隠された話は、2月24日、劇場で確認することができる。

crystal@osen.co.kr
by kazem2 | 2011-01-22 15:50