ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[電影客桟]厳しくても厳しいんだね

☆cine21.com
ジョンソンイルの<カフェノワール>で、映画評論家ナム・ダウンが読みだしたもの
e0109292_22354469.jpg




ネタバレがあります。 そして、映画の具体的な内容は、<シネ21> 785号を参考して。

<カフェノワール>は、ゲーテの<若きウェルテルの悩み>(以下<ウェルテル>)を原作にした1部とドストエフスキーの<白夜>をもとにした2部で行われていたという事実は、すでに何度か言及された。 ところが、この説明は何か不十分か、厳密に言えば間違っていた。 内容的には2つの小説を前提としているのが確かだが、構造的にこれらが1、2部で、順番に分割されたと見ることができない。 言葉尻をとるように見えることが、実は重要な問題だ。

まず、<カフェノワール>の全体構造を想起する必要がある。 大きな塊たちで考え、より頑丈に縛られている構造は、この映画を覗き込むかの長さになるだろう。 1、2部の前後に加わったの物語をプロローグとエピローグと呼んでもされれば、その各々の席には両方の文学作品と関係のない現実の少女が登場する。 名前が出てこないこの少女(ジョンインソン)は、プロローグでは、どのような事情からかハンバーガーをのどに挿入して(ジョンソンイルは、それが自殺の意思だと教えてくれた)、エピローグでは、妊娠した状態で再登場して、生活を約束する。 その中にある<ウェルテル>と<白夜>は、1、2部で接続されているわけではなく、<ウェルテル>の死'の'の<白夜>が存在する状態で存在している。 言い換えれば、人妻を愛した英数(シンハギュン)の最初の死の後、<白夜>の世界が広がって再び彼の死に戻る。 あるいは彼は再び死ぬ。 結局、2番目の死。 ドストエフスキーの<白夜>で、那須陳カーを愛した男は、ついに愛がなされても死ななかった。 ヨンスの2番目の死が(私は)ジョンソンイルの選択だと思うがジョンソンイルは、それは仕方ないゲーテの選択だと述べている(これについては、後で議論する)。 だから<カフェノワール>の構造をもう少し簡単に図式化するならハンバーガーを食べる少女 - ウェルテル - 白夜 - ウェルテル - 妊娠中の女の子、くらいに整理することがある。

文語体の代謝、文字の新たな配信形式

観客ごとに違うが、私にとってこの映画はプロローグとエピローグの少女を'の'だ。 「私は少女」の話だとは言わなかった。 映画の始めに、自らの死にネモルドン少女が最後まで到達妊娠中の体を抱きしめて、"私は毎日のように朝が来るのを待つつもりだ"と言うまで、その中には、時間とどのような世界が彼女を過ごされたのだろうか。 ヨンスが川で跳び降った船の少女がいたという事以外に私たちは、彼女については何も知らない。 彼女の変化の過程は省略されている。 この映画の始めと終わりはただ一種のちなみにように考えれば、別に問題ができないかもしれませんが、その両端に、映画の重さをまともに乗せる場合は、領収書の話、あるいは未然や線画の話は、結局少女を横切る、どうにか彼女の話になる。 つまり、映画の胴体は少女が自らの死からどのように立てるかについての極めて映画的な考察であり、ジョンソンイルは、その質問の席に、この時代に、自分の映画がどのように自分自身を支えることができるかという問いを重ねておくことだ。 そして、彼は手を伸ばしたのは、勇敢にも文学である。 すなわち、他のどの映画のジャンルにも先に進んだ、映画という時間が包括することができないの文学(という巨大な歴史)。 その中でも、よりによって<ウェルテル>と<白夜>を選択した理由については、彼が既に何度も明らかにした。(722、785号のインタビュー)、数世紀前の西欧の時代精神は、彼の言葉通りなら、"革命前の可能性と後の可能性"が21世紀の韓国社会の中に呼んで投入するしかなかった映画的必然性について尋ねられるかもしれませんが、今のところ私はこれに答えるの場所にいない。 あるいはその議論は、映画の外にも出ている。 ちょうど<カフェノワール>は、文献を参照した映画だとすると、映画を見た誰もが一度ずつ取り出す映画の中の人物たちの文語体の代謝についてなら少しは言いたいことがある。

単純な人物たちが本のセリフをそのまま暗唱してだけでなく、実際に本を見るように読まなければならない、白い画面の文言たち、手紙を読むようにそこにドトイプヒョジヌン俳優たちのもう一つの声のために人々はあまりにも簡単にこの映画を文学的な映画、ひどくは文学の映像化だと判断したようだ。 しかし、文献をもとにしたという事実、要するにセリフや内容などのフィルムの表面が文献に負うているという事実が何かに『文学』という捜査を付けるに十分な理由になるのか。 さらに、この映画は、文学的という言葉は、しばらくはこの映画がpedanticか、私たちに馴染みの映画の文法ではないという意味で使われるだけあって、ここには、両方の誤解があると思うし、そのようなカテゴリー化はなるべく避けたいと思う。 文語体の代謝の指摘には非常に簡単に、文字が俳優の肉体を通過するのを見たかったと繰り返して言うだけのジョンソンイルの言及をもとに考えてみれば、彼は文字の内容を提供するのではなく、まったく別の方法で文字が人間と世界を通過するとき、あるいは世界という映画の白いスクリーンに光を通過すると何が起こるか見てみたかったのだ。

映画のナレーションも覚えなければならないと苦情をはたいて得ている俳優のキムヘス私の言葉を覚えていれば、ジョンソンイルは、本のビデオにチクヒョトウル時の形状ではなく、本のビデオを通過し、まさにその時の空気で動くときのオーラを考えるしたようだ。 それは結局、何の願望なのか。 ふと思い浮かぶのはゴダールの言葉だ。 ゴダールは、<フィルムのコメント>とのインタビューで、『メディアの文法の純粋な肯定的に見ることこそ、映画の始まりである。 文学では、文章と文法があまりにも密接につながっていて可能せずに、ただ映画だけで可能だ』と言われたことがある。 <カフェノワール>の文学は、内容だけでなく、形式的にも映画を通過し、我々が考えている映画や文学、それぞれのメカニズムとは異なる方法でお互いに動作していて、重要なのはそのような過程の中でも、同時代性を捕獲し、抽象的に陥らないいないために、そして何よりも文学ではなく、『映画』になるために、映画が自分の体をソウルという場所性に密着しているという事実である。 ソウルの場所は、<カフェノワール>で、象徴的なだけに、最も具体的かつ物質的なものである。 南山タワーと清渓川。 いわばソウルの垂直線と水平線。

死を忘却した父への怒り

また、この映画の構造体への問いに帰らなければ分からない。 実は私はこの映画が<ウェルテル>と<白夜>がプルされた理由よりも、<白夜>で終了せずに、遂に再<ウェルテル>の死に戻ってきた理由が気になる。 つまり、ヨンスの2番目の死の必然性についての質問。 前にもちょっと言ってたけど、これは偉大な作家ゲーテの選択というジョンソンイルの言葉を素直にそのまま信じなければならないのか。 それなら逆にこう尋ねすることもある。 なぜジョンソンイルは、ゲーテの選択が衝突しないのか。 監督は、なぜ一度の死だけでは十分ではないと思っていたのだろうか。 領袖を殺すのは、結局、監督自身である。 彼は何度も自分はその死をドストエフスキーの力を借りてただ、最善を尽くして先送りにするしかないと明らかにしたが、その持ち越された時間の中に起こっていることは、多分私達がこの映画の中で見なければならないほとんどすべての事である。 しかし、<白夜>の世界でヨンスがまたしても恋に失敗し、絶望に陥って死に至るようになったときに、結果的にその持ち越された時間は、領収のためのものだと見るのは難しい。 それなら<カフェノワール>の『白夜』は、何のために三日夜の間そこに蘇って、私たちに何を示している。 彼の2番目の死とは、失恋した男の常套的な死、もう一回行われた彼の死がない場合は、もう何の死のだろうか。

映画の中の『白夜』の世界で何が起こっているかどうかを見る前に、英数の最初の死について考えてみる必要がある。 彼は愛に失敗した『ウェルテル』で、死ぬしかない運命という前提を一時的におさめてみよう。 彼はなぜ死ぬのか? 私が思うに映画はその答えを既にミョンジンに我々に提示しているようだ。 ヨンスが死ぬのは、いや死ななければならない理由は、彼が暴力的な父親の可能性を内在困っている息子だからだ。 映画の前半部に布陣した同時代の韓国映画、<オールドボーイ> <呼吸><モンスター>などの引用は、正確に言えば、これらの映画の中の男たちと彼らが作った世界の引用であり、暴力の担持者か、または諦めと皮肉に陥ってすべてのそれらと領袖の間の距離は遠くない。 領袖の死は、多分そのような人たちの典型的な、あるいは肉体の<カフェノワール>の幻滅の表出、断罪、あるいはそれらに対処する唯一の解決策なのか分からない。 父が死んでサーバリギル待っているジョンユンは、自分の誕生日パーティーにハンマーを持って訪ねて来て、父と対面した領収に耳打ちで、"私は早く大人になって、この家から出てほしい"と話す。 私にその言葉は父を殺してくれという切実なお願いに聞こえる。 しかし、ヨンスは、その大きなハンマーで何も成し遂げられない。 彼は"もうコメディはすべて終了しています"と述べ、その家を出るときに、ここにいたのは、自暴自棄のシムジョンマンちらつく。 このコメディーは、まともに領収自分のものだ。

だから聞いてみたい。 <カフェノワール>は、我々は死に抵抗して生きてこそだと訴えるとき、その叫びは、果たして世界のすべての人に公平に適用されるの叫びだろうか。 危険なバルオンイルこともできますが、ないようだ。 この映画は、しつこくても死ぬことはない、死を忘却した父への怒りを抱いている。 彼らはあまりにも強力である。 私はヨンスがミヨンの夫の前でハンマーを取り出し、好みのその瞬間に、映画の嘲笑が込められているなら、それは<オールドボーイ>の特定のシーンや、五代することに向けたものではなく、『父を殺してはいないヨンスに向かっていると感じる。 もし彼がかわいそうなジョンユンの願いを聞いてくれたなら、彼が彼の『父』との断絶を自分で達成した場合は、彼の死ではなく、他の選択があったのかもしれない。 しかし、彼はそのようにしておらず、漢江(ハンガン)に飛び込んで生き残ったとしても、彼の未来はせいぜい以後『白夜』に登場する無気力な、預言者の姿である。

この時点で、ヨンスと一緒に言わなければならない人物は、別のミヨン(ギムヒェナ)の存在だ。 彼女は終始一貫して映画のどの地点にもつかないことができずに舞うような印象を与える。 彼女とヨンスがいつか愛仲なのかは分からないが、彼女はまるでただの一度も持って見た事がないの喪失を嘆く女のように見える。 何が入っているか不明なギフトパッケージを持ってどこから飛んで来たのか不明な赤い風船を握っているこの美しい女性は、しかし、自分が愛する人の不倫現場を暴露する手紙を送る在でもある。 そんな彼女が最も理想に登場する神はホンサンスの<グクジャンジョン>と一緒である。 他の韓国映画の引用とは異なり、<グクジャンジョン>は、他の俳優たちによって真似されるのではなく、映画のシーン全体がそのまま挿入される。 一つは、<グクジャンジョン>の旅館の前で靴の紐を直してゆう女性が出てきた場面を見ながら、ミヨンとヨンスがオーラルセックスをする姿であり、もう一つは、今後のミヨンがひとり<グクジャンジョン>のエンディング、キムサンギョンは"考えをより多くの必要にして"と言う、その場面を見て泣きながらオナニーする姿である。 <グクジャンジョン>のある特定の場面、そして、それを見ているセックスが、この時、DVDの部屋の闇の中にしゃがみこんだこれらの体の上に光のように刻まれるその場面の形状の組み合わせは、どこかグロテスクである。 この場面はそれぞれ、これまでは、自分を愛していない男ヨンスに対する未然のねじれた愛が、今後は他の未然(ムンジョンヒ)との愛を宣言する領袖の文句がついてくる。 いわば<グクジャンジョン>のこの特定の場面の挿入は、<カフェノワール>で、愛といけない、これを愛する人たちの苦闘と関連があるようだ。

正直なところ私は<カフェノワール>のこの場面を接するたびに、なんとなく無視したいという気持ちが生じるが、この感情を説明するために、仕方なく<グクジャンジョン>の中の上の特定のシーンに対するジョンソンイルの坪に期待しようとする。 彼はその二つの場面が、結局は"私を生かすために、(誰も好きではなく)長生きできるように考えてすると約束する"ことだと思う。 ジョンソンイルに<グクジャンジョン>には死を述べた上で、死の代わりに存在を選択しており、死なない為に誰かを好きな行為を中断することに決心した"フイグクジョク皮肉"の映画だ(<シネ21> 507号) 。 ところが、<カフェノワール>の二人の人物が<グクジャンジョン>を見て、そのような行為をする際にはいくつかの異なった意味ができるようだ。 彼らは愛の放棄が死に至っては、可能ではないと思っている。 さらに、未然には生存のために愛を中断するのではなく、愛を失敗させて遅延させることで(自分が愛するヨンスの愛を失敗させることで、それに対する自分の愛を延長させること)だけ死なないことができると考える。 中断以外の失敗。 喜びを放棄することで、痛みも切って出すのではなく、欲望を終えて置かないことにより、苦痛も抱えていくこと。 少なくとも映画のこの点ではそうだ。 これは、ホンサンスの人物たちが下したその決断に比べて、存在の肯定的でよりガカプナ? あるいはもっと悲観的であるか。 あるいはどうにか進んだのだろうか? よく分からない。 しかし、ミヨンとヨンスは、<グクジャンジョン>の登場人物たちに比べて愛と人生について、より本質的であり、純正なようだしだからその分、よりわざと悪を装う的な印象を与えて、そのわざと悪を装うを見ることは時々ヒムギョプダ。




この映画のすばらしい瞬間

ついにヨンスが漢江(ハンガン)に飛び込んだ後、濡れたまま存続さと清渓川をゴニヌン『白夜』の世界を言わなければならないの出番だ。 もし、この映画を、「場所の映画」と呼ぶことができるなら、その言葉の意味を完全に支払うことになる場面が、この死と死の間の世界にある。 モノクロでチクヒョトダゴして、この世界を死と断定することは適切ではなく、むしろ事件といえるものがない、この映画の中で何か起きていて、進行中か、または動いているということを、見る者の体に伝達してくれる瞬間がここにある。 何よりも3つの点を注目すべきだろう。

全体的にフクベクインこの世界は、線画(チョン・ユミ)と領袖の最初の会議の直後、急に話を中断し、『白夜』の世界の外に出てきたように、現在の清渓川の上トゥレブルリンショトウロ長く取る。 そして、その場面はカラーで撮られた。 清渓川の速度を追い付くことができずに死体となってしまった建物は、すでに廃墟となった過去が、消えないことができずに不適切な場所に戻ってきたようなもの。 大変不慣れで重層的な感情でいっぱいの風景を静観し、ひどいと同時に、不思議な郷愁にぬれている。 このゆがんだ芳香の正体はいったい何のための懐かしさだろうか。 そのようなインスピレーションに陥る刹那、再びモノクロの世界に切り替えて、シーンでヨンスは線画を代わりにして、線画の最愛の人への手紙をソジュゴ、ソンファはそれを読む。 その時の画面は、清渓川の橋の下の隅に位置し、カメラが一日中、そこを通り過ぎる、実際の市民たちを撮影したカラーのシーンに変わり、その上に線画の声が聞こえる。 この場面は、圧縮的にすぐに朝から夜の時間に一気に流れてくのに、そこにモノクロの世界から飛んできた線画の静かな声は、そのギダリム感情が奇妙なクラッシュを起こす。 また、白黒になったシーンでヨンホと一緒に恋人を待っていたソンファはひとりの少女に渡された灯りを持って、清渓川の橋の下を何かに導かれるようにしばらく歩いていく。 ついに彼女の足が終わるところで、この映画の初の野外セット職人旅館が建っていて、旅館の前で歳の老人が座って、空の星を見ながら、信仰を述べている。 未来を待って、過去の出現だ。 次に、過去のいつの日か、その場にいた清渓川の本物の小屋を撮った写真が挿入される。 フィクションと実在が、時間と速度が衝突して、時間の面が一点に衝突する場所は、清渓川。 本物と偽物が入り乱れる時私達は、偽造品が本物のように信じられるのではなく、その実質があると思わスロウォジは、時を経験することになる。

生と死と<カフェノワール>

上記の3つのポイントは、それぞれの瞬間だけでも十分ですが、これらが一世界の中で成す照応は大変すばらしい。 特に序盤の清渓川トゥレブルリンショットと後灯を持って、清渓川を歩いて線画を取る場面は、なんとなくお互いに対応したり、対立されている印象を与える。 清渓川トゥレブルリンショトイ画面の右から左へ、だから、清渓川9丁目1ガチョクウロ動いて、その後に登場した線画のペースが画面上の左から右へ、だから、実際にも、反対方向に動くときに(私が見たことがマトギルてください)、 2方向のブディトチムエソ始まるのインスピレーションのけいれん音に言わざるを得ない。 どちらかを、現在と過去に決めつけてはないが、先に進んだショトエソ清渓川のスェラクハン風景をられてきた、カメラの反対の方向に線画があわただしく歩いていく中、まるで映画では死んで神話になった清渓川の時間をとうとうさかのぼる天使の足跡のように感じられる。 羽のように軽いが、これより決議に車があることはできないだろう。 この二つの場面は、いわば<カフェノワール>が考えている清渓川、あるいはこれらの人工遷移を象徴する首都の都市へのショットとヨクショトイダ。 その二人は一つの神話を完成させるモンタージュではなく、それらのショットとヨクショトの間に私達が忘却の時間と歴史の物語を秘めた反するモンタジュダ。 だから、この映画では『白夜』の世界が夢なのか、もう一つの現実であるかどうかなどの問題はもはや重要ではない。

映画の中のカラーとモノクロの切り替えも、ただの生と死の境界ではない。 簡潔に言えば映画がソウルの場所をカラーで表示するときに、その色彩の変化で、私たちが見るのはそこに刻まれた資本の多様性である。 カラーは、場所にキョキョイヴァン時間ではなく、空間の速度を示すことがあるだけだ。 少なくともこの映画だけは白黒は同質性の世界、あるいは死の色彩というよりはスピードに改造されていない光を見るための必然的な闇のように見える。 特に、過去とも呼ばれ、現在も、未来もできない、いや、その両方と言いたいこの時間には、物語がある。 この映画をひっくるめて、誰も過去を記憶しようとする者はいなかった。 それらすべてにトラウマがあるということだけ推測するだけで、そして、彼らは症状だけ自分を露出するだけで、自分の話を言わなかった。 ただ線画だけが記憶を抱いて約束をミトヌンデ、彼女の長い独白は、その内容やそれの演技のためではなく、彼女が忘れずに待っているという、その事実を全身で見せている点から、忘れがたいのだ。

そのように『白夜』の素晴らしさを過ぎても、私はまだヨンスの2番目の死を心から肯定する理由を確認できない。 それは、犠牲の死なのか、新しい生活の始まりを知らせるの死なのか、それとも、ただもう一つの死だけなんだろう。 結局、人生ではない場合、これらの死に価値の位階があるだろうか。 映画の最後の聖母マリアに似ている少女は、自分を捨てた男の友人を抱いてから南山に上るケーブルカーに乗る。 上がるのは下を向い見るためである。 その席で、父が私を見下ろす見ることなく、私は、見下ろしてみるという娘たちの宣言。 無責任な言葉なのかわかりませんが、領袖の死の意味を概念ではなく、ユクファドゥェン現実の中で探すのは多分自分の取り分ではなく、『死んでも死んではしない』と強調するが少女の役割であるはずだ。 そのように住まなければならない。 しかし、少女の肩があまりにも重い。 それでも耐えなければならないと最後まで走って放棄しない場合は<カフェノワール>は、柔らかい私たちにはあまりにも過酷な映画だ。

ナムダは、 <カフェノワール>の文を書くことはヒムギョウォトダ。 単純にこの映画が難解なためだけではないようだ。 その理由を考えてみる必要がある。 この映画は、これからもっとたくさん言われるのだ。 この記事はただ、その行列の微弱なスタートとされるのを。


文:ナム・ダウン( 映画評論家 )2011.01.20
by kazem2 | 2011-01-20 22:35