ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9/14 カン・ヒョンチョル監督の<サニー>撮影現場

☆cine21.com
姫たちたずねて三千里
e0109292_22275280.jpg

<晴れ>に合わせてダンスを踊る6人の少女たち。
前列左からガンソラ、ナムボラ、朴真珠。
後列左からギムミンヨウン(ナムボラに選別された!)、ミンヒョリン、ウエック。







去る12月1日、全北高敞の旧大成高等学校の美術室。 ぺちゃくちゃカルカルカル。 7人の少女たちモイニ笑いとおしゃべりが去らない。 陽気な少女たちはぞんざいなアグリッパ石膏像は微笑んでしまうマジックを張った。 ボニーMの<Sunny>が鳴り響くと、冷気の効いた廊下にも生気が回った。 前髪に桑を入れて、レースの付いた姫のスカートを着て、原色のTシャツをズボンの中に入れては、6人の少女は細い指先を空に鋭い突き当てて<晴れ>に合わせてダンスを踊った。 サスペンダーズボンを着た少女は、これらの群れから少し離れてVHSカメラで友人たちの姿を現わした。 これらは誰かな? ジンドクヨゴ梨地周波『サニー』のリーダーポルノ(ガンソラ)、全羅道ボルギョでソウルに転校してきたナミ(シムウンギョン)、イケメンの氷姫樹脂(ミンヒョリン)、二重まぶたの人生はぶすバラ(ギムミンヨウン)、ミスコリアが夢の伏羲(ウエック)、ベストセラー作家を夢見るグムオク(ナムボラ)、かわいい悪口屋ジニ(朴真珠)、これらは1980年代の絢爛に合格しているジンドクヨゴ『サニー』のメンバーたちだ。 そして、ここはカン・ヒョンチョル監督の新作
<晴れ>の詰めの撮影現場。

<晴れ>は、『サニー』のメンバーだったナミが末期がんで두달여しか住んでいないポルノと再会して、ポルノの最後の願いを聞き入れるために『サニー』のメンバーを探していく過程を描く。 現在と過去の話は、同じ割合で交差進行される。 この日は、過去のシーンの撮影が続いた。 現在の主人公たち(ボックス参照)は、高校時代に撮影したビデオテープを使用して幼い頃の夢の姿からあまりにも遠ざかってしまった現在の姿を振り向かされる。 ビデオテープには、幸せだった若い頃の一時が込められている。 カン・ヒョンチョル監督が言った"人生の皮肉"が直接話法で配信される場面である。

e0109292_22304489.jpg

<加速スキャンダル>以来、1年の間、文字書かなかったことカン・ヒョンチョル監督。
<晴れ>の撮影現場では、余裕を取り戻した。

高校時代を演じる7人の若い俳優たちは実際にシムウンギョンマン引きも20代だ。 マトオンニインミンヒョリンイ現場では一番末っ子だったし、末っ子の心は驚異の映画の経験が多いせいか、落ち着いている一番上の姉さんのようだった(一部の俳優たちはいたずらで植えた頃を『心先生』と呼んだ)。 カン・ヒョンチョル監督は、これらに"一度親しくなること"を注文した。 ミンヒョリンウン"<サニー>振り付けの練習する前にはソモクソモクヘトヌンデ、汗を流しながら振り付けの練習してみると親しくなった"とし、仲間の俳優たちとの厚い友情を強調した。

高校時代を演じる俳優と、40代の大人を演じる俳優はどのくらい似ているのだろうか。 完璧なチューニングの結果、全く違う人になってしまった場合もあるが、基本的に立派なマッチングが行われた。 ユ・ホジョンの高校時代は植え驚異、チン・ヒギョンの高校時代は、江蘇省ラが演技するのに、バラ役のキム・ミンゼロは、"しばらく前に現場にチン・ヒギョン先輩が遊びに来てくださって(川)そらとあまりにも似ていて不思議だった"とし、俳優たちの間の完璧なシンクロ率を自慢した。 カン・ヒョンチョル監督は、大人の俳優たちがあまりにもジェンジェンヘソの撮影現場が"
<女優たち>の実写版にならないか"心配したんだって杞憂だった。 大人の俳優たちも系を作って撮影がない日にも頻繁にミーティングを持つという。 カン・ヒョンチョル監督は"現場の楽しさ"のために女性がたくさん登場する話を書いたが、その期待がぴったりきっかりあった現場を経験しているようだった。 和気あいあいとした女優たちの呼吸との調和が<晴れ>で、どのような化学作用を作り出すか期待してもよさそうだ。
e0109292_22313053.jpg

無愛想な表情でダンスを踊る氷姫樹脂(ミン・ヒョリン)を友人たちが取り囲む。
樹脂も、結局は『ふっ』と笑う。
e0109292_22315578.jpg

カメラを下に置き、教室を通り抜けていくナミ(シム・ウンギョン)。
植えた頃は<晴れ>撮影後、イギリスに留学に行く。

音楽も<晴れ>の重要なハンチュクを担当する。 ボニーMの<Sunny>をはじめ、リチャードサンダー氏の<Reality>、顎&パティの<Time After Time>、ジョイの<Touch By Touch>、
シンディローパーの<Girls Just Want To Have Fun>など、1980年代の代表ポップソングが映画に多数使われる。 "<Time After Time>を聞きながら、夫と娘のために慎重に明け方に起きてお膳立てする母親の姿が浮かんで映画のオープニングを作った。 『サニー』の少女たち、ライバル日進たち、デモ隊などが絡み合って仲間割れするシーンを書くとは幼稚な感じのポップソング
<Time After Time>を思い出した。"田舍臭いが耳にばたばたささる音楽は映画にユーモアを吹き入れて映画を豊かにする。 12月に撮影を終えた<晴れ>は、2011年4月末に封切り予定だ。

『サニー』の少女たちとおばさんたち

e0109292_22344228.jpg

ナミ シム・ウンギョン→ユ・ホジョン
全羅道ボルギョからソウルに"転校ワブン"田舎の少女。 25年後にはクールなご主人ときれいな娘がいる平凡な主婦になる。
e0109292_2235727.jpg

ポルノ ガン・ソラ→チン・ヒギョン
義理に住んで義理に死ぬ梨地走破『サニー』のリーダー。 事業に成功した資産家が、がんの末期の診断を受ける。
e0109292_22353977.jpg

バラ ギム・ミンヨウン→ゴ・スフイ
二重まぶたの人生はジンドクヨゴぶす。 夫の事業失敗の後、保険代理店としての生命線に飛び込む。
e0109292_2236778.jpg

グムオク ナム・ボラ→イ・ヨンギョン
チグァジプムナムドクニョとして大切に育った文学少女。 子育てや嫁入り暮らしに疲れて作家が事になると言っていた夢さえ失ってしまう。
e0109292_22362419.jpg

伏羲 ウエック→キム・ソンギョン
ミスコリアが夢だから普段着にドレスをよく着るジンドクヨゴ姫。 カーソルは、現実に足首つかまって、すべてを放棄する。
e0109292_22364845.jpg

ジニ 朴真珠→ホン・ジンフイ
波に全羅道悪口を別々に学ぶことだけに悪口を愛する悪口屋の少女。 過去を消去し、エレガントなお金持ちの奥様になる。
e0109292_2237859.jpg

樹脂 ミン・ヒョリン→?
ジンドクヨゴイケメン氷姫。 25年後には? 『サニー』のメンバーたちの友達を検索プロジェクトでは、その最終的に公開されている樹脂は、映画の公開までかちかちにベールに包まれた人物。


文: イ・ジュヒョン 写真: チェ・ソンヨル | 2011.01.11
by kazem2 | 2011-01-17 22:26