ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

キム・ウンスク 「人生には、魔法のような時が来る」

☆cine21.com
e0109292_20164626.jpg

ドラマ「シークレットガーデン」は昨日最終回を迎えました
このドラマについてはツィッターで良く聞きましたので興味を持っています
ハ・ジウォンとヒョンビンが主人公のドラマです
財閥らしく素晴らしいというか無機質にみえた豪邸の写真などを見ていました
最終回については色々な論争があったようですが
拍子抜けしたような感想が多かったですね
このドラマも日本で上映されると思いますので
それまで楽しみに待っていようと思います



(高陽=連合ニュース)ユン・ゴウン記者
e0109292_19435430.jpg

「人生には、魔法のような瞬間がします。その時に準備された人は自分の人生を魔法で変えることができるようです。"」

ドラマの物語でもあるし、作家自身の物語でもある。
いずれにせよ、その魔法はトンヘトゴのおかげで、視聴者は幸せだった。

過去3ヶ月間お茶の間を震撼されたSBS TV週末ドラマ『シークレットガーデン』のキム・ウンスク(39)作家のドラマの放映終了を翌日に控えた15日、京畿高陽一山(イルサン)にある彼女のスタジオの近くで会った。 脱稿後、緊張が解けて疲労に押しつぶさ彼は『シークレットガーデン』への反応がトゥゴプダゴすると、"実はスタジオにのみ閉じこもっていて実感がよくできないだろう"とベシシ笑った。

『パリの恋人』で大ヒットを打った後、『プラハの恋人』『恋人』『オンエア』などを相次いでヒットさせた彼女だが、『シークレットガーデン』は、格別な意味がある。 前作『シティーホール』の興行不振を乗り越え、再びこれ見よがしにホームランを打った作品だからだ。 特に、作家のキム・ウンスクがロマンティックコメディで、シンデレラストーリーで独歩的な才能があることを改めて証明した。

"「シティーホール」がうまくできない古書私が一番上手にできる話をしようと思った。コミカルさが加味されたメロドゥラマジョ。典型的なシンデレラストーリーだが、今までとはちょっと違う男女の主人公を立てて変化を与えようとしています。"

『シークレットガーデン』はまた、キム作家自身の話がたくさん投影された作品でもある。
ハ・ジウォンが演じたギルライムエゲソ キム作家の足跡をたくさん見つけることができる。
にもかかわらず、恋人のためにチャーター機を浮かべる財閥家の相続人と結婚していませんが、
彼女も逆境のに時間を踏んで最終的に人生の魔法を経験した話題の人物だからだ。

- 反応が熱い。 『パリの恋人』を凌駕するようだ。

▲正確には分からないが、周囲の人々の反応を見ると、『パリの恋人』よりも熱い感じをバトギンした。 最近、私にはあまり関心がなかったの故郷(江陵)の友人たちが『いつ江陵にオニャ』と問うことを見てもそうです(笑)『パリの恋人』のときは、母校の最強女子高に「先輩を誇りに思います」というプラカードがついた。 ハハ。

- 魂が前後する設定がずっと話題であり、論議を呼んだ。

▲シンデレラストーリーのファンタジーを加味してと思った。 しかし、お金がたくさんで聞かなければならなかった。 最初は鬼を登場させるかしたCGがたくさんいたよ。 CGではなく体で済ますファンタジーではないかと探してみると、魂が変わるゴトプンイドラ(笑)キム・ジュウォンとギルライムウイ魂が最初に変わった後に非難がビトバルチヌンのを見て『私は、設定を間違ってしまった』しながらも、その分、視聴者たちが主な理由のキャラクターに同化されたのだなと思った。 しかし、だからといって、ストーリーを変更したことはない。 すべての物語は、当初の計画どおりに展開した。

- ハッピーエンドへの要求が殺到。 魂が変わるからギルライムの代わりにキム・ジュウォンが死ぬという説に重みがあった。

▲実は今まで私は、ハッピーエンドをしないことがない。 二人の魂が最初に変更されたときに敷かれた伏線のために死への推測が出てきたようだが、その伏線も後半にギルライムイカースタントをして事故に遭うことを念頭に置いた内容だった。

- キム・ジュウォンの記憶喪失は困惑したりして、裏を突かれた感じもした。

▲中でも反対が非常に多かった。 サンツソンのでとても悪口を言うことの懸念だった。 しかし、私は更新することができると自信した反対にも屈せずに押し通した。 『記憶喪失』という語感が良くなければ'記憶して下さい』としようと主張した。 キム・ジュウォンが完全にギルライムウル思い出すのプロセスが必要だった。 最終回のエピローグを見ると、キム・ジュウォンのを覚えて探すのがなぜ重要なのかどうかを知ることになる。

- ヒロインがスタントウーマンという点が特異だった。

▲今まで登場していない仕事を探してスタントウーマンに会った。 決定してみると、ハ・ジウォン、かつ非常によく似合う職業だった。 ハ・ジウォンは、魂が変わるのコンセプトの話ということだけ知って出演を決めたの状態だったが、彼の後で仕事がスタントウーマンといったところ快く『良い』と言っていたよ。 ハ・ジウォンが、とてもよくしてくれた。 本当に熱心にし、武道のチームもとてもすごいと賞賛した。

- おかげで、スタントマンの世界が集中的に照明された。

▲チョン・ドゥホン武術監督を私が直接取材した。 通常、データの取材は、二次作家に任せられる。 私が取材をすると、そこで得た事実にはまり込んで、想像力が入り込む余地を見つけることができないからだ。 ところで、チョン監督は、直接会ってみたかったので、私は直接取材に出て長時間監督の話を聞いて泣いた。 『一日でも仕事をやめてはならないと思うしてない日がない』『子供ができるから長く生きてはならないと思い、一番で、体の傷ついたことに注意するようになる』という話を聞いて本当に胸が痛かった。

- キム・ジュウォンが演じた財閥の姿もセクダルラトダ。

▲私は、ロマンチックコメディを多くして見ると、これまでの財閥の多く描いた。 今回も財閥だが、その間、私は一設定を避けようとしたところ、キム・ジュウォンのようなキャラクターが出てきた。 これまでの財閥は、高価な車や衣装だけで表現されたが、実際の財閥の方は本を読んで美術作品を鑑賞するのではないかと思った。 ある人々の虚栄心の命日かもしれないが、彼らの理性的な面を見せてあげたかった。 そうするうちに本を読むの主人公が出てきた。 私たちのドラマに登場した本がたくさん売れたけど、なにしろ人々が本をたくさん読めばいいのではないか。 『不思議の国のアリス』を強調したのは、その本の内容のように私たちのドラマに魔法のような世界が繰り広げられるのであった。 キム・ジュウォンのトレーニングウェアは、イ・ヒョリのミュージックビデオで披露したビョルムヌイジャージが田舎者のようだが実際には非常に高く、有名なブランドだということを聞いて私の主人公が着れば面白そうだ設定に入れた。

- 主人公のキャラクターが風変わりだからか、典型的なシンデレラストーリーだが、視聴者は熱狂した。

▲タジゴボミョン私たちのドラマには、すべての標準的な設定がすべて含まれていますが、私はそのようなものを持ってこれを行う別の方法で解くことができることを示したいと思った。 二人の主人公の力も大きかった。 通常、最初のシナリオ練習のときは俳優たちが手を抜いている。 ところが、私たちのドラマの初練習の時、ハ・ジウォン、ヒョンビンは本当に真剣に、実際に撮影するようにした。 半日でしたが、まるでドラマを見るように実感が出たし'これになる'という感じがぶすっとしてきた。 二人が最初からあまりにもよく似合った。

- ギルライムウル向けたムンブンホン女史の毒舌も話題となった。

▲(冗談で)他人に傷つけ合うセリフを使うのが一番簡単であまりにもシーンが飛ぶ(笑)、むしろ善良な人物を描くのが難しい。 私たちの主人公たちが善良なようだが、事実は皆とても現実的な人物たちだ。 きついセリフを書くときは、まるでシンネリンのようにすらすらと書かれている。

(貧しいギルライムエゲヌンキムウンスク作家の実際の過去がオーバーラップされるドラマの会話をしばらく交わした後、彼に昔の話をしてくれと言ったら、彼女は"すること嫌いだが...。過ぎ去った日の話をして何をする。ロマンチックコメディを書く作家が困難だった時代の話するのも不思議ではないか"と躊躇していた。

「よりもむしろその逆に経験から湧き出る真正性のある話にならないではないか」と改めてお願いしたところ、彼は過ぎ去った時間を最大限に淡々としてもすぐに述懐した。)

- ギルライムイ購入の家賃30万ウォンの屋根裏部屋が他人の話ではないそうだ。

▲お父さんが早く亡くなって3兄弟は、母親と苦労住んでいた。 うちの娘が6歳ですが周辺で『どのような童話の本を読んで与えるのか。 作家は、子供の頃にどんな本をイルオトニャ』と尋ねてみる。 ところで、私は釘を読んだ。 本を買うお金がなかったからだ。 代わりに、その時から空想をたくさんした。 小学校の時の日記を書くのが嫌に同時をソガトダ。 貧しい人々の日常の日記に書く言葉がなかったからだがその時、先生が怒らずに自分の同時実行を誉めてくれた。 その瞬間がとても良かったしあの時の作家になろうと決心した。

高校卒業して職場に通いながら本をたくさん読んだ。 私は現実逃避する方法がチェクバクエなかった。 『土地』『太白山脈』『アリラン』をはじめ、オ・ジョンフイ、シン・ギョンスク作家の本を渉猟した。 シン・ギョンスク作家がソウル芸大ムンチャン学科を出たことを知るようになっこれらの人々のようになるには、その大学に行かなければならないと考えたことによって、1997年の二十五に、ソウル芸大ムンチャン科に入学した。 それまでに稼いだお金のすべてがオンマに差し上げて、これから自分の道を行くと言って上京した。 その時から卒業していた1999年まで地価は私の人生で最も幸せな期間だった。 ウォンオプイ文を書いて勉強したからだ。 卒業してはマクマクヘトダ。 新春文芸には落ちて、塾でアルバイトしながら大学路で戯曲を書いたが夢は大きいが、現実がとても大変だから、精神的に苦しかった。 収入がビョンビョンハジ致しませんので2003年までに漢城大の近くで、家賃30万ウォンの半地下の部屋で、都市貧民に住んでいた。 セウカン一袋で3日耐えたこともある。 落郷ばよいのか悩んだときのドラマを使って見るという提案が入ってきた。 その時私の最初の一言が『お金をたくさん与えるのか』だった。

(そうだった彼女は現在、一回当たり2000万-3千万ウォンを受ける1級のドラマ作家ができている。ソウル芸大ムンチャンとは2010年の新入生募集の広告にシン・ギョンスクとキム・ウンスクの顔を出した。恋愛もドラマチックにした。『パリの恋人』が終わった後、フィリピンに旅行に行ったが、現地でバーを経営していた今の夫に惚れ、彼は熱烈な恋愛の末2006年に結婚した。彼の恋愛経験も、キム・ジュウォン - ギルライムウイ恋愛ストーリーに、部分的に溶けている。)

"私は、誘って夫と結婚した"は、キム作家は"キム・ジュウォンが『あなたの夢は、なぜそれほど厳しいものだ』と言いながら夢を見るギルライムウイ眉間を押さえるの内容などは、私達夫婦の物語"と言いながら笑った。

このように他の人々が羨望の成功を収めたキム作家だが、彼女は「人気ドラマ」ではなく「良いドラマ」に対する悩みを宿題のように抱いていた。 彼女はこの点では涙をそっと見せたりした。

「視聴率が高いドラマ、人気ドラマが良いドラマなのでしょうか。私はよく分からない。誰かが『シークレットガーデン』こそが真の大引けドラマ」と言っていたが本当にソクサンハジョ。ところが、私なりの良いドラマという自負心を持って書いた「シティーホール」の場合は、は視聴率がよく出ないんです。はなはだしくは「作家主義ということだね」という攻撃も受けました。人々が見て喜ぶと、それはいいドラマなのでしょうか?この問題は、今後も引き続き心配になるようです。"

pretty@yna.co.kr 2011.01.16

(終了)
by kazem2 | 2011-01-17 19:44 | Comments(0)