ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[エディトリアルチーム]プロデューサーがすぐに立たなければ映画も...

☆cine21.com




"ああ、もう本当に引退すべきかですがネクスト(次)が見えない。
"昨年、釜山(プサン)国際映画祭で会ったメーカーJは、ため息をついて言った。
窮する発行元の暮らしをかためるのに、投資家との押し問答を稼ぎのに、シナリオの開発でカラカラに陥ったが、彼自身も自分だが、韓国映画界の未来が心配だとした。 "新しいプロデューサーたちが何度も表示され、新鮮な元気を吹き込んで与えなければする振るわないようだ。 そのような友人たちが表示されたら、これまで培ったノウハウを伝授してくれて忽然と去る。"

彼の言葉のように最近、韓国映画界で最も成長が遅い職群は、プロデューサーだ。
韓国映画が今、この席まで上がってきたのにはプロデューサーたちの貢献は莫大だ。
1990年代半ばから登場したシン・チョル、カン・ウソク、チャ・スンジェ、シム。ジェミョン、オ・ジョンワンなどの新世代プロデューサーたちは、新たな投資元と新しい感性の監督を引きだったし、若い視聴者の好みに合った様々な企画を見せることで「韓国映画シンルネサンス」を先頭に立った。 しかし、投資 - 配分 - 上映の垂直構造を持つ大企業が、映画界を支配し、監督たちが自ら制作したり、大企業と『直取引』を開始し、プロデューサーたちの立場は極めて狭くなった。

映画の制作において、プロデューサーの重要性を改めて話す必要はない。 最近封切りした映画だけを振り返っても、大企業の投資の小さい行き過ぎた'アンジョンパン'路線をとっており、一部の監督が主導した映画は、対策のない欲を表わしている。 作品全体を洞察しながらも、適切なチャレンジ精神と、適切な商業的な安定性を追求してくれる能力のあるプロデューサーの不在が惜しいところだ。

プロデューサーたちがこのような現実に処するようになったのは、彼ら自身の責任でもある。
放漫な企画、お粗末な作りの管理などにより、投資側の信頼を失ったことだ。
かといって、プロデューサーの存在理由まで消えるわけではない。 映画が産業として存在するためには、監督たちの『自発的』な創造性にのみギデソンならない。 健康的なプロデューサー軍が新たな発想の映画を継続的に吹きだすとき、真の産業的な安定性にも導入することになるだろう。

今回の特集記事で、『次世代のプロデューサー10人』を紹介するのも同じ脈絡からだ。 前の世代と他の想像力と方法論的に映画をマンドゥルオナガとする彼らの努力を盛り上げるためだ。 もちろん、誰もまだ大変な成果を出すことはできなかったが、変化した環境の中で適応して進化しようとする動きを見せている点で、韓国映画界の貴重な人物たちだからする。 ただし、前の世代とは異なり、素敵なインテリアを備えた、事務所がなく、投資会社から受信したゆったりとした企画開発費もなく、迂回上場の提供も受けできませんが、映画の初心という悲壮の武器を持っているために、これらの未来はファンハルことは間違いない。 次世代のプロデューサーたちに拍手を!

PS
あ、そしてJ代表様、いくら次世代のプロデューサーたちが席をきく見積っても引退するとマルハジンください。 まだ年輪と経験は重要だから。 新人、中堅、ベテランプロデューサーたちが見事に競合する忠武路が見たいと思うんです。

文: ムン・シク 2011.01.17
by kazem2 | 2011-01-17 19:25