ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

8/14  ミン・ギュドング監督 「世界で最も美しい別れ」

☆cine21.com
その家族が住む世界
ミン・ギュドング監督の<世界で最も美しい別れ>の撮影現場
e0109292_22165195.jpg

普段は関心もなかったのお母さん(右)の事情を知りながら娘(左)は
ママの座をますます実感するようになる。

この映画の夫役のキム・ガプスssiはいつも撮影現場をツィッターでアップしてくれています




e0109292_22224192.jpg

映画の主要な空間である二階建て洋館は、製作個一度に訪れた。
ジョンチョルの母が若かったときに北から降りてきて根強く貯めたお金で用意した家というのが、
劇中の設定である。 ややブユヘ目に見える外観は、かつての個人病院長だったジョンチョル
キャラクターをさらすの特徴である。

洋館がダダクダダクついている延禧洞住宅街の路地の一二階建て洋館。 人的珍しい近所の雰囲気からだろうか、体感気温零下20度という厳しい寒さのためだろうか。 門を開けると目の前に入る広々とした前庭がフェンハダ。 「家は主人に類似している」という言葉のように、この家はなんだか寂しい事情を大事にされたように見える。 クリスマスイブに訪れたここはミン・ギュドング監督の新作<世界で最も美しい別れ>の主要な領域である。

寒い前庭とは異なり、玄関のドアに入るとすぐに目に見えるトイレの前は十数人のスタッフで門前市を成した。 カメラセッティングしようか、照明を変更しようか精神のないところに両方の俳優、所定の位置を保っている。 "認知症にかかった姑をはじめ家族を取りまとめるために一生をすべて捧げた"お母さんインフィ役を演じたペ・ジョンオクは、涼しいトイレの中で、娘の研修を演技するミントの線は、暖かいリビングで、それぞれ別々に感情を準備している。 同日公開されたシーンは癌にかかった母親がトイレで苦しむ光景を娘が初めて眺める場面だ。 お母さんのうめき声が、これまで以上の耳に大きく入って来て、リビングルーム、廊下の端にあるトイレまでの距離が通常よりもはるかに遠く感じられるなど、それこそ娘の日常生活に不慣れな空気が浸透する時である。
e0109292_22233699.jpg

"深刻なシーンではない"という言葉とは異なり、ペ・ジョンオクは、現場でモニターを入念にする。

自分自身を締め付けるで痛みに苦しむしながらも、娘を心配させないようにする、複合的な感情を要する場面にもかかわらず、ペ・ジョンオクは、"あまり大変な演技ではない"と言う。 演技のベテランなのに加え全体量の2 / 3程度が進行されただけに、彼が劇中のお母さんが多れたから可能だろうと考えた。 しかし、ペ・ジョンオクは、"登場人物や状況は、日常でよく見られる平凡な話"としながら"病気にかかったという設定のために特別に(演技を)したいとは思わない。 むしろもっと平凡に、日常的に示すことは重要だ"と話す。 これは、"病気自体が物語を引っ張っていくのではなく、病気によって起こる生活の小さな波長が家族にどのように伝達されるかを感じてくれればならない"という監督の意図に面している。

お母さんの闘病は、今から始まる。 "医師でありながら、妻の病気の一つすぐに見つけることができなかったことについて、自分を責める"父(キム・ガプス)、"認知症にかかっていたお母さんの唯一の会話相手の"おばあちゃん(キム・ジヨン)、"世間知らずの夫のために苦労して、"弟の妻(ソ・ヨンヒ)、"いつもお姉さんに手を広げて、妻に暴力を行使する世間知らずの弟"(ユ・ジュンサン)、"美大に行きたいけど、父のために医大をサポートしている浪人生"の息子(リュ・ドクファン)、"既婚男性と恋に落ちて苦しむ"娘(バク・ハソン)等の家族は、お母さんの苦痛を順番に調べていく。 そしてこれらは、『世界で最も美しい別れ』を準備する。 映画は2011年上半期公開予定。
e0109292_22242370.jpg


現場でミン・ギュドング監督は俳優たちに大幅に厳しい要求をしなかった。 あまりにも演技が優れた俳優たちだから撮影中の呼吸がぴったり合ったという。

原作に対する強迫? ない!

ミン・ギュドング監督
e0109292_22258100.jpg

"体をブデキミョ生きなければならないし。"撮影場で映画のマーケティング担当者やスタッフたちが、自分のTwitterをお互いに腕にする光景を見てすぐミン・ギュドング監督の一言を投げる。
この言葉こそ監督が病気のために苦しむお母さんのために、やっと周りをヅルロボゲされているの主人公の家族に、そして観客にしたいと思うのメッセージではないだろうか。 現場での精神で動くミン・ギュドング監督に<世界で最も美しい別れ>に関するあれこれを片手間に聞いてみた。

- 今日の体感温度は零下20度だ。 現在の気温がシナリオ上の時間背景の晩秋を上回った。

=ほぼ順番に撮っている。 今撮るの神は今日のように、ぴったりの年末、この時間の背景である。

- 正哲(キム・ガプス)がトイレで血を吐く妻インフィ(ペ・ジョンオク)をブヅンキョアンゴ泣く場面を大変に撮ったと聞いた。

=カット分割なしロングテイクで一度に行く場面なのに、涼しいトイレの床で、正哲が血を吐くインフィをブヅンキョアンゴ一緒に泣き叫ぶ難しい演技だった。 死に出会う瞬間なのに、その瞬間を表現するのが大変だった。 一俳優の演技がもう出てこなくて、次の取ろうとしたり、別の勉強の感情がジャプヒジマン最後までしてみるとした。 あまりにも演技が上手な俳優たちだから、これまで簡単に撮ってきたが、最初に難しいという気がした場面だった。

- 五番目の長編映画で<世界で最も美しい別れ>を選択した。 時期的に、あるいは個人的にはどのような理由があるのか。

=正解は特にない。 多くの作品を書いての準備が必要な時期に作られる映画はほとんどないようだ。 場合によっては、些細さが作品の選択に作用する場合がありますが、このプロジェクトの提案が入ってきたときに極端に大きい人や周りの友人たちの死が多かった。 以前に撮影するときに、ある友人が癌で死んだという電話を受けた。 「よく行きなさい」、これまでありがたかったというの準備ができていない状態で去ったのに葬儀場ですぐに駆けつけることができなかった。 私が抜ければ撮影の進行に大きな支障が起きて、映画の予算に大きな問題が起こるという理由からだった。 何よりもその時は、「映画が人生の何よりも優先」だと思っていた。 一歩遅れての葬儀場を訪れた。 家族や親戚らが嗚咽しているのに、肝心の私は涙が出てアンドラ。 元の状態に近づけば泣く方だから...。 以来、誰かが映画は人生のその背後にあると思いますよ。 また、映画とは、元のおなじみの話をするだろうと新しさへの強迫観念を持つ必要がないという話も一緒に入った。 どのように見れば、この映画にも慣れていてありきたりの話であることがあり、この中で新しさを探そうとする。 その点で、この映画を出して後はそれぞれたくさん変わるようだ。

- 原作のノ・ヒギョンの一幕物よりも家族のキャラクターを重視した感じだ。 ノ・ヒギョン作家がかなりマンジョクヘヘトと。

=どのくらい変わったのか分かりませんが息子の整数、娘の研修が付いている欲望と現実がドラマの上でより多くのドゥロナトウはした。 子供たちは子供たちのように、お母さんはお母さんのように、自分の欲求を追求するなど、家族それぞれの人生が露骨に明らかに覚めるほしかった。 そのような過程を母親がすべて分かるようになり、互いにぶつかりながらより大きな荷物を背負わされている。 同時に、互いの苦痛を解消し、一緒に分かち合う姿も見せようとした。 このように家族の間に障害物を設定してみるとおばあちゃんとインフィの弟グンドクキャラクターがたくさん変わった。 おばあちゃんは、劇中唯一のインフィの気持ちを分かってくれる人物に転じた。 これにより、娘のない義母と母なしで育った嫁が共有するの愛情を表現してさらすことができる。 グンドクは、暴力的な姿が明らかにありますが、町とすることにハンクト足りない人物だ。 ユ・ジュンサン先輩が演技しながら適切に存続させていたよ。 とにかく、原作の大きな強制力はなかったし、どのようにすれば原作と違うように見えるかを確実に努力していなかった。 重要なのは物語についての私の要求と思いますが付いている接点を探そうとしたということだ。

- 夫婦役を演じたペ・ジョンオク、キム・ガプスだけでなく、他の配役も、それぞれ華麗である。

=派手か? 一度もそんな思いをしたことがない。 (笑)の祖母役を演じたキム・ジヨンの先輩は、ドラマ版の金ヨンオク先生と明確に異なっている。 図体ももっとクシゴ。 グンドクの妻ソンエ役のソ・ヨンヒ氏は個人的に親しくシナリオもの見せてキャスティングした。 「するならシナリオの交流、やらないならでやる」と言った。 ところが、一緒に夫婦で出演するユ・ジュンサン先輩と、本当によく似合っていたよ。 あとで分かってみたら大学の先輩後輩なのに加え、普段好感を持っていた関係だった。 ソ・ヨンヒは、『後に結婚すると、ユ・ジュンサン先輩のような男としたい』と言うほどだった。 おかげで、二人は楽に遅らせることができる。 息子の整数役リュ・ドクファンウン酒の席で、しばしば会う程度だったが、実際は祖母と一緒に住んでいるリュ・ドクファンウイ個人社の整数のキャラクターと似ていてキャスティングした。 娘のウンス役のミン・トライン氏はジョンスイル監督の<零度足>を使用して初めて接した。 その後ドラマでインヒョンワンフに出てきたのを見たが、'<零度足>の、その友達のだったというのが一目で入っていたよ。

- 劇中のインフィが患っている病気は全身をまとっている。 ただの病気の説明というよりも、家族の葛藤が日常を少しずつ揺るがす物語の内容とかみ合っている。

=病気自体が書写を引っ張っていく話ではない。 お母さんが患っている病気の家族の生活にどのような波紋を起こすかどうか、またそれを使って、家族がどれだけ大切なのかを示したいと思う。


文: キム・ソンフン 写真: チェ・ソンヨル | 2011.01.11
by kazem2 | 2011-01-16 22:38