ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

連載「異聞院の文化批評」

☆issue.media.daum.net
韓国映画のアメリカへの進入、今がチャンス...「マザー」が表示
e0109292_18565784.jpg




【ソウル=ニューシース】異聞院の文化批評

ハリウッドの新年の初めは、前年度の評価で一杯だ。
ボックスオフィス年間の統計で、前年の商業的成果と問題点を振り返って、様々な媒体や評論家たちのベスト10と評論家協会賞などを通じ、前年度の芸術的な成果を治下する。 それとともに、商業と芸術のチョンギョルサンイン2月27日のアカデミー賞授賞式に向けて、すべての業界が走っていく。

2010年の商業的な成果は、[参照]容易である。 ボックスオフィス模造(www.boxofficemojo.com)などのような情報を扱っているサイトは普通のことです。
それでは、芸術的な成果は? あっちこっちのメディアにも多くの団体も多く、これといった基準を定めることは難しいが、中に多くの映画学者や評論家たちが10本の映画を挙げるAFI(American Film Institute)のベスト10を参照する方法が推奨される。

今年のAFIベスト10選定作は次のとおりである。 『 ブラックスワン (Black Swan)』『 より多くのファイター (The Fighter)'' インセプション (Inception)』『子供たちは大丈夫(The Kids Are Alright)''127時間(127 Hours)』『 社会的ネットワーク (The Social Network) 』『ザタウン(The Town)』『トイストーリー3(Toy Story 2)』『トゥルーグリット(True Grit)』『冬の骨(Winter 's Bone)'(ABC順)

すべて公開すぐビピョンギェ賛辞を受けた作品ドゥルイジャ第83回アカデミー賞作品賞の有力候補でもある。
ところで、このリストを見れば一つの顕著な傾向を知ることができる。 ほとんどが興行成功作ドゥルイギドしたのだ。 2010年の北米興行1位を記録した『 トイストーリー3 』とヒョンサンジョク興行突風を起こした「インセプション」はそうしよう。 商業的要素が豊富な映画たちだからウンデマンよく当たればいくらでも一大興行を記録することができる。 問題は、ビョルダルリ興行要素がない残りの映画でさえも成功を収めたという点だ。

『 高齢者のための国はない 』が『アカデミー賞作品賞洗濯』で7428万3625ドルを稼ぎ出したのが最高の興行記録だったコーエン兄弟のウエスタン『トゥルーグリット』は1月6日(現地時間)、現在までに9543万22ドルを稼いだ。 『アカデミー賞作品賞洗える'などで本人たちの最高興行記録を既に更新された状態であり、最終的な収益は1億3000万ドルの線で予想される。 Facebook創設者のMark Zuckerbergの話を盛り込んだ『社会的ネットワーク』は、当初3000万〜4000万ドルのラインで興行止むだろうという予想だったが、1月6日現在までに、その倍を超える9342万4261ドルを稼いだ。 ベンエプルリク が監督と脚本、主演を務めた『ザタウン』も擦れて擦れたの銀行強盗の話に何のスター級の出演もなかったが、それにもかかわらず、現在までに9218万6262ドルを稼いで快挙をおさめた。

『ブラックスワン』や『ザファイター』は、それぞれ12月3日と10日の公開作なので、まだ興行初期のためにも、すでにそれぞれ5310万5493ドルと5084万54442ドルを稼ぎ出した状態だ。 最終的には両方とも7000万ドル以上の興行が予想され、アカデミー賞受賞が可能であれば、追加の収入も期待できる。 ここまで、AFIベスト10のうちの7編から中級レベルの興行の基準である5000万ドル突破作だ。 ブロックバスター級の興行の基準である1億ドル突破と突破予想作図3編もされている。 残りの部分も少なくないことはない。

『子供たちは大丈夫』は、2081万1365ドルの収益での劇場興行を終えたが、制作費が約400万ドルに過ぎなかった。 実質的には制作費に比べて5倍の収入を取り入れたわけだ。 塩味の純利益が期待される。 「ウォントス本」も、現在までに624万9623ドルを稼ぎ出したのが収入のすべてが、その制作費は200万ドルがままの釘になった。 劇場と料金、マーケティング費を勘案しても、すでに劇場興行では損益分岐は超えた。 残りの海外配給収入やDVDなどの2次市場の収益はそのまま純利益として残ることになる。

結局、AFIベスト10選定作のうち、劇場興行で、損益分岐を超えられなかった映画は、ダニーボイル監督の「127時間」だけだという話だ。 1800万ドルを投じて、現在までに1060万7635ドルを稼いだ。 しかし、この程度の数値には、海外配給の2次市場の収益を加えたときに損益分岐を超えることができる水準である。 結局、AFIベスト10選定作のうち、『真の興行失敗作』は、たった一つもなく、むしろ予想以上に一大興行をおさめたのヒット作がノムシルデゴているわけだ。

このあたりでは、AFIの'好み'をウイシムヘボルこともできるだろう。 当初、興行の偉大な成果をえこひいきする態度がないのかということだ。 しかし、そうではありません。 その場で2009年だけでもベスト10の選定作のうちの5000万ドル以上の興行作は4編に過ぎず、明確な興行失敗作の『メッセンジャー』『シリアス一番』『シングルマン』『シュガー』なども含まれていた。 2008年度同様に、「ウェンディとルーシー」などの興行どころかタイトルもガムガムハン映画が立ち込めていた。 また、今回のAFIベスト10選定作は、他の評論家たちのベスト10やメタクリチクチャート、アワードデイリーチャートで、米国の映画製作者協会のベスト10とさしてダルジルいない。 「飛ぶの選択」がなかったという話だ。

結論は簡易性である。 少なくとも2010年に限っては、批評的な評価が高かったの映画が興行にも成功したというのだ。 絹AFIベスト10に選ばれた映画ばかりではない。 マーティンスコセッジ監督のサイコスリラー『シャッターアイランド』、英国王ジョージ6世の物語を描いたイギリス映画『王様のスピーチ』などの商業的魅力が不足している評価されていた批評的な成功作も注目に値するの商業的成果を出し、商業的要素が、多くの映画の中でも『ジアザー貝塚』『レッド』『ラスト悪魔祓い』などの批評的な評価が高い映画が興行で好調を見せた。 相対的に批評的な評価が均等にいた『ハリーポッターと死の秘宝1部』『アイアンマン2』などは、予想を下回る結果となった。

どうしてこのような現象が起きたのだろうか。 ただ『偶然』「どうする」で見るにはあまりにも事例が豊富で、傾向性が濃い。 そして、いくつかの推論が可能な要因も目立つ。

まず、3D回転を原因として挙げられる。 昨年末に公開された『アバター』の狂風に、ハリウッドは、2010年にわたる3D疲れを病んだ。 『タイタン』のように3Dの計画が全くなかったの映画でさえも一応のブロックバスターと呼ばれる形式を帯びている場合は、編集作業の過程でグプジョヘ3Dで作ってしまった。 3Dが盛んに浮上したトレンドのせいもあるが、高い収益率を確保するためにもあった。 一般的な2D上映館の平均入場料は2010年には約7ドル95セントなのに対し、3D上映館の平均入場料は約11〜12ドルの線で推算されている。 のような映画を上映してからも40%を超えては、収益が発生したらしたくなくてもするしかないのだ。

問題は、このような雰囲気が突風にまで進行されるほどに番地て見ると、むしろ逆反応が起きたということだ。 大きなパイをノリジていない中級者向けの商業映画、例えば『ピラニャ3D』や『バイオハザード4:終わらない戦争3D』『ソウ3D』「ステップアップ3D」ドゥンカジド全部3Dでぐちゃぐちゃにヘノトジャ大衆の外面が開始された。 これといった大きな観覧欲求が生じない中級商業映画でさえも40%以上高い入場料を受けると反発心のせいでそれほど観覧率は低下したというもの。 実際に2010年には、ハリウッド映画が北米で得た収益は、3Dの高い入場料のせいで、歴代2位の105億6520万ドルのラインを記録したが、来場者数はなんと15年前の1995年以来最低の数値の13億2900万人のラインにとどまった。 前年度比で5.9%の低下である。

このような反発心のせいで反射利益を見たのがまさに『普通』の入場料を受け取る2D映画だったというのだ。 いくら3D震源でさえ、現在米国は、サブプライム住宅ローンの余震が相変わらずのうえ、求職断念者も含めて、2010年の失業率はなんと16.7%まで上がった状態だ。 今までの映画鑑賞を中心に構成されたアメリカ人の文化の消費習性は大きく変わるはずはなく、そうしてみる'通り魔3D'化されている商業映画ではなく、商業的な魅力は多少落ちても『普通』の入場料を受け取る2D映画に観客が殺到するしかなかったということ。 だから、'批評的成功作=興行成功作'構図が偶然に出てしまったという話だ。

もう一つの原因としては、最強の広告塔アカデミー賞は、長年にわたって着実に「小さな映画」を支持し「雰囲気」を取っておいた状態を挙げることができる。 1990年代のアメリカのインディ映画ビッグバンの時期の映画界に入門し、これらを一斉に審査員として集めたアカデミー賞は、最近になってデジュンチンファジョク方向性を一定部分を制御してきた。 代わりに『高齢者のための国はない』『スラムドッグミリオンエアー』『 ハートロッカー 』など、小さな規模の批評的な成功作に作品賞を抱かせた。 その広告の効果で『高齢者のための国はない』7428万3625ドル、『スラムドッグミリオンエアー』の1億4131万9928ドルなどインディグプ映画が大挙して大衆に公開させることに成功した。 夏公開の関係で劇場興行を早くたたんで1640万ドルの収益を得ているドゥルイヌンデ終わった『ハートロッカー』でさえもDVD市場では数週間販売1位を記録して好調だった。

このような雰囲気が形成さなって見ると、米国の普及は、アカデミー賞の行方に大きな関係なく、『ジュノー』などの小さな映画、『ベンジャミンボタンの時は逆に行く』など、特に商業的要素がジトジな批評的な成功作でさえも受け入れるようになったし、このような流れが2010年に入って著しく可視化されたということ。

しかし、やはり最大の原因は、「映画作家たち自体が変わった」というところで見つけることができる。 1994年に『 パルプフィクション 』ショック以降、米国の映画界は、巨大なスタジオの映画や、小規模なインディーズ映画という2つの流れが固着化された。 『パルプフィクション』を筆頭に、インディーズ映画が作家主義の傾向の中で創造性、シルホムソン、グァガムソンなどを武器に市場のパイのすき間を獲得した場合は、スタジオの映画は、米国を超え、世界の市場を眺めながら地球規模興行のコードを探して降りて努力した。 このような状況が続く中、ついに限界点に達していた。 インディーズ映画では、さらに非常に『インディ映画ティー』を降りてもがいて打ったし、スタジオの映画も、より一層の個性を失い、さらには『アメリカ』という局地的な特性までもジョボリンながら、ファンタジーの世界の描写にのみ焦点を合わせた。

しかし、少なくとも2010年の状況だけを置いて見ようとすると、このような二極化傾向の大部分は解消されているものとみられる。 作家主義の傾向を持つ映画監督たちが徐々に転じている傾向だ。 大衆のもとに一歩を迫ろう、作家的個性と普及しているコードの間のギリギリのポイントを見つけるに努めている。 ピクサースタジオやクリストファーノーランなどギョンオヤ当初、このような二匹のウサギ漁の鬼才だったからそれにしても、極端な人格をジニョトドンコーエン兄弟は、ダレンエロラフモンスキー、デビッドラッセル、デヴィッドフィンチャードゥンカジドその方向に移動させている。

フィンチャーの『社会的ネットワーク』、コーエン兄弟の『トゥルーグリット』は、ラッセルの『ザファイター』などは、すべて米国の開封時には「作家的個性がほとんど現れない」という評価を受けた作品だ。 コード自体が円満して普及しているで、分かりやすいということだ。 しかし、長い間経験を積んだジンジュンハン主題の探求、卓越した技術的な完成度、しっかりとした脚本の構成力などはそのまま残って優れたメインストリームの映画を誕生させる一助となった。 これで、ちょうど2番目の映画を演出したベンエプルリクマンしても、デビュー作「行け、あいや、行きなさい」で見せてくれたジャンル再解釈ではなく、よりジャンル的慣習に忠実な『ザタウン』を選択した。 代わりに、本来持つ重く、大型の演出のラインはそっくりそのまま残っ'ジンジュンハン商業映画'で再誕生した。

これらのように目立つの方向転換ではないが、ダレンエロラフモンスキーをマーティンスコットランドセージなども、自分の作家的個性と普及しているコードの間の接点を見つけるにした様子がありありと見える。 過去数年間を一緒に置いて見ようとするとガイリッチー(シャーロックホームズ)、スパイクジョーンズ(怪物たちが住む国)、ニールラビュトゥ(レイクビューテラス)なども同様の傾向を示している。

理由は単純だ。 前述の経済不況の煽りのせいだ。 経済不況が続くほど、作家主義の監督たちの非常人格をむしろセールスポイントに視するアートハウス市場では、極端な個性を持った商業映画を優遇するマニア市場は崩れるしかない。 韓国でさえ、その代表的な例となる。 1990年代チョジュンバン芸術映画の観客が急増しているIMF通貨危機を基点に、芸術映画の市場自体が完全に崩壊した状況を覚えているだろう。 結局、みんな『生き残るために』の方向性転換を図っていることだ。

幸いなのは、作家主義や作家主義的な商業映画の監督たちのこのような変身を大衆が温かく迎えてくれているという点だ。 これらが販売するコンテンツが自分の服製剤ハリウッドの超大作に疲れたアメリカ国民の一種の代替的商業映画に取り込まれ、興行の成功につながったという分析だ。 そしてビピョンギェもこのような方向性に同意して『雰囲気』を浮かべてくれていると見なければならない。 実際、過去1年間を振り返っても、まだ非常個性を見せてくれた作家主義の監督たちの映画は確実に支持して避難いない。

アメリカ映画界のこのような傾向は、韓国映画界にも必ず注視する必要がある。 ちょっと遠い話になっても、事実上韓国の映画産業の未来と密接な関係をもつことができるということだ。

振り返ってみる「韓国こそ」今、アメリカが押している作家主義的な商業映画の監督たちの天国だからだ。 パク・チャヌク、ポン・ジュノ、リュ・スンワン、キム・ジウンなどその代表格たちからがいる数え切れないほどだ。 しかし、これらは国内では既に1990年代末から注目に値する成果を見られたにも、不思議なことに、欧米地域での反応はあまりジョトジルていない。 場合によっては、初めから関心さえ引くことができなかった。 欧米の評論家が海外の映画を判断するの視野が極めて芸術指向のコードに依存になっていたからだ。 そして、このような評論家の反応に大きく支配されるアートハウス観客層の特性のせいで、まだアメリカで最も興行に成功した韓国映画はキムギドク監督の2004年作『春夏秋冬そして春』(238万788ドル)にとどまっている状況だ。

しかし今は違う。 言及したように、自国の映画作家たちの路線転換との様々な市場の状況が変わったせいで、このような作家主義的な商業映画は、市場や評論家の両方を振って出すのに成功している。 2010年の状況だけ見てもそうだ。 最も高い興行収入を記録した、海外の映画は、スウェーデンのスリラー「入れ墨をした少女」だった。 大規模な配分がなく、アカデミー賞の効果さえもなく、ただ批判系の熱い関心だけで1009万4221ドルを稼ぎ出すことに成功した。 続編である『火をもてあそんだ少女』も763万7309ドルを稼いで気炎を吐いた。

今のような時期だからこそ、韓国映画が米国市場では正常に活躍できるだろうという予想だ。 評論家の方向と正確に一致しているせいで評論家の一大注目を浴び、小規模のアートハウス市場に進出、その市場の主流に定着することができる。 さらに、'用の入れ墨をした少女』のように500万〜1500万ドルの間の興行構図が出てくる、インディーズ映画の市場までもが浸透することができるかもしれません。

既にその可能性も提示されている。 ポン・ジュノ監督の2009年作『マザー』の場合だ。
『マザー』は、国内での賛辞とは異なり、欧米や欧州などでは、暖かい歓迎を受けることができなかった。 カンヌ国際映画祭では、競争部門進出に失敗し、昨年のアカデミー賞外国語映画賞の候補者指名でも、早目に落ちた。 事実上の屈辱の連続だった。 ポン・ジュノとのような作家主義的な商業映画の監督を受け入れる雰囲気が形成されていなかったのだ。

しかし、2010年に入り、米国の限定上映に入ると『マザー』の位相は大きく変わった。 ボストン映画批評家協会賞、オンライン映画批評家協会賞、カンザスシティ映画批評家協会賞などで最優秀外国語映画賞を受賞し、LA映画批評家協会賞では主演俳優キム・ヘジャが主演女優賞を受賞するという快挙まで上げた。 『マザー』は、2010年の一年間に公開された外国映画の中でオリビエアサヤの『カルロス』、ザックアウディアールの『預言者』と並んで最も高い賞賛を受けた映画になった。

米国の評論家から高い評価を受けた上で3本の海外映画ドゥルエヌン共通点がある。 デフォルトでは、ジャンルをベースにした作家主義的な商業映画たちだという点だ。 「カルロス」は存在テロリスト素材スリラーで、『預言者』は、刑務所を舞台にしたギャング映画、『マザー』は、今年、米国でも『ウォントス本』などで注目を集めた、いわゆる「ルロルノワール(Rural Noir)」だ。 『マザー』は、現在のDVD発売などを通じて、アメリカの大衆の真の再評価を待っている状況である。

これまで韓国映画界は、米国市場への進出という話題を置いて、一つの同じ傾向を示してきた。 「韓国」と「アメリカ市場」というコードをいつものように置いてみたのだ。 そうしたら、韓国の俳優が出演するハルリオドゥヨン映画とか、とにかく韓国的な部分を強調するハルリオドゥヨン映画などの路線をとってきた。

理由は大きく二つだ。 まず、韓流を介してスター産業の隆盛のせいで余力が生じたの大衆文化界が「ファイナル告知」の米国市場で、韓国の俳優を売るには、その方法しかなかったということ、そして米国市場では相対的に少ない資本と技術力で勝負するには、個性'を吹き入れるために、ここで韓国的色彩が有効に作用するであろう誤った計算のせいだ。 そうしたら、米国での冷淡な反応は当然しており、国内でさえシムヒョンレなどの特殊なコードを除いて、すべての興行で、痛切な惨敗を経なければならなかった。 韓国のスターが出てくるのは確かだが、ハリウッドを見つめて作成されたセンギョンハンコードのせいでリスクが大きくなったのだ。

しかし、現時点に至ってはそのような無謀な試みをする必要がない。 韓国酒類フンヘンコドゥイン作家主義的な商業映画をそのまま米国に送っても正常に注目され、常識的市場参入を図ることができる環境が造成されている。 評論家の関心を使って制限の市場内でトクトクハンの追加収入をゴドォネルことができ、その過程で、出演スターたちも、評論家と大衆の関心を使ってハリウッドに進出する可能性が生じる可能性がある。 あえてスター浮上させようと、米国市場ジンチュルヨン映画を作るの無謀な賭けではなく、自然に'ハルリオドゥソ呼んで'行くことができるようになったという話だ。 言及した'用の入れ墨をした少女』の主演俳優ヌーミーラパスでも、すでに『シャーロックホームズ』の続編と『エイリアン』プリクォルの出演が確定した状態だ。

結局、欧米のデバクグプメインストリーム市場をターゲットにしたブロックバスターは、香港のゴールデンハーベスト社の『キャノンボール』『忍者亀』やリュックベッソンの陣頭指揮にしたフランスのパテサ例のように、現地の条件に正確に合わせて勝負をかけて見て、残りの部分は、そのまま韓国市場の雰囲気に合う映画を差し出しても、批評的な関心を使って制限の市場の中でかなり良い追加収益を上げてスター産業の拡大にも成すことができるようになったという話だ。 国内市場のリスクも減らしながら、同時に、海外市場の参入障壁が低くなる二匹のウサギ漁が可能な状況だ。

このように円満して、順方向的な構図が用意された状態で、ハットンの計算でただでさえ基盤が脆弱な韓国の映画産業を揺るがす漁船はならないという分析だ。 さらに『マザー』の大々的成果として、韓国映画は、現時点で史上最も有利な欧米市場への進出の環境が用意された状況だ。 この時期を逃さない賢明な判断が期待される。

大衆文化評論家fletch@empas.com
入力 2011.01.15 08:07
by kazem2 | 2011-01-15 18:54 | Movie