ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

5/14 映画「お金の味」 イム・サンス監督インタビュー

☆cine21
臨床数式金持ちの大家族派閥学
e0109292_21334672.jpg




イム・サンス監督の七番目の作品<お金の味>は、早ければ2月末、遅くても4月ごろには撮影に入ることになる。 "<乙女たちの夕食> <涙><浮気な家族>を作成してから<その時、その人々>を作った時は、もちろん、公開当時切り捨てられて、壊れたりしたが、以前の三作品と、他のどのような野心があった。 今回の作品も<古い庭園><女中>を超えては野心を持っている。 何を想像しても、それ以上を見ることになるだろう"とイム・サンス監督の自信と同じくらい非常に簡単なあらすじだけではいったいどんな種類のエロ - サスペンス - ラブストーリーが繰り広げられるか、容易に想像がつかない。 ピルルムパマル(Filmpasmal)。 イム・サンス監督が直接調えた映画会社の名前である。 「pas mal」は『悪くない』という意味だ。 フランスに滞在するときにさっとつけた名前だとした。 しかし、今までのイム・サンス監督の映画がインポートされた波長を考えるならば、<お金の味>がそのように「中」だけに行くはずがない。

- <お金の味>は、どのように始めるようになったのか。

=カンヌ国際映画祭での日程を終えて<女中>のフランスの配給会社プリチピクチョスチョク人と夕食を食べながら、[次の映画はすでにある。 <女中>の拡張版だが、<女中>のような雰囲気のセックスシーンがはるかに多く、殺人事件が一つある]と言ったら、まさに「私が住んでいる」と言っていたよ。 くすくすうなって笑ったけど冗談だけではなかった。 カンヌ以来、ずっと映画祭を通った飛行機やホテルの部屋でずっとシナリオを書いた。 <女中>は、意図的にキャラクターを最小化してお金持ちの核家族を背景にしたが、今度は金持ちの大家族の系譜をすべて扱うことだ。 祖父、父、母、夫、息子、娘、女中たち。

- <女中>では最小化された文字で、どのように見ると、寓話のような感じの映画を作った。 もしかしたらそこには不十分だという感じを受けたのかな? 家族の拡張は、事件の拡大をトゥトハルのに。

=キムギヨン監督の<女中>のリメイクエン明らかに限界があり不十分だと考えていた。 バルザック的とすべきか、シェークスピア的とすべきか。 語り手の真の姿を見せたいという欲求もある。
<浮気な家族>や<その時、その人々><女中>を使用して個人がウムチュロドゥルしかない息苦しい社会を主に塗った場合は、<お金の好み>では、暗鬱な社会の中で、本当に美しく、幸せな人生には不可能なのかという質問への正面対決に行くんだ。

- 美しい人生とはお金を流されないことを意味するのか。

=お金にさらわれていないのが可能だと思いますか? (笑)しかし、そのように生きるしかないというのはどのように見れば、侮辱的な人生である。 <女中>やはりそのような侮辱の映画だった。 もっと展開して表示させると、韓国では『河南(男)』に住んでいるということで、この資本主義社会で十分な金持ちではないアジア人で住んでいるということもモヨクイルしかないという気がする。 私は、侮辱ではなく美しさは、実際には不可能なのかに対する答えを下り、と思う。

- アメリカ人ビジネスマンのロバート、そしてフィリピンからのメイドエヴァというキャラクターが登場する。

= <女中>の縦の構造をみると、大家さん、彼の妻は、彼の妻の母、女中ビョンシク、女中銀で成り立っている。 <お金の味>と呼ばれる拡張版では、大家さんの上に白があり、韓国の従業員の下にフィリピンの女中がいることだ。 しかし、その女中が非常に知的で、勉強もたくさんし、英語も上手なので、ちょっと別の問題が発生する。

- 韓国映画のジャンルは何でも間でお金を全面的に打ち出した映画がほとんどない。 金持ち、財閥の話は毎日のように言論の上り下りもだ。

=すべての人がそうでも、目的は、実際に侮辱の源である可能性がある、それを真正面から対処したいと思うんだ。

- ところが、人々は通常そのように自分たちの欲望を正面に扱えばちょっと不快にならないではないか。 (笑)

=ただでさえ<女中>を作成しながら、反省をした。 私は、なぜこのように人々を不快にさせるんだ。 (笑)どんな映画を見たときに面白くないとすると、そのまま忘れてしまう。 ところが、私の映画を見てからの楽しみがなくはないのに不愉快なので、腹が立つという反応があるということを知っている。 それが私と私の映画の持つあらゆるトゥクソンイルしかない...それにもかかわらず、商業映画の監督として、必ずそのように不快せてばかり作るには、困難にならない。 (笑)、商業映画の監督として、真正面から対処する態度を放棄することなく、大衆と一緒に進めることがあるのが何なのか、したときに美しい人生が不可能かという質問への美しい愛がキヨドゥルしかなかったよ。 自分の映画が持っていたの限界、どのような観客を不快にさせた、その限界を超えて欲望がある。

- 男主人公の名前がライティングだ。 <乙女たちの夕食>と<浮気な家族> <古い庭園>に共通して登場する名前ですが、どのような関連性があるのだろうか。

=まあ、命名するのが面倒そうだ。 (笑)

- 今までのヒロインのナミはどうなのか。 <女中>を見た人なら、その家の娘の名前が並であったことを覚えている。

=ナミは、接続される。 その娘がその娘に正しい。 このセリフが完成本までサルアナムウルジンはまだ分からないが、波が『子供のころ我が家で自殺した下女』の話をする場面がある。 このセリフが生き残るならば、<女中>のあいまいな結末にいろいろな種類の騒動を鎮めることができるの候補にもなることができる。

- <女中>インタビュー当時、ナミは明らかにモンスターになると言ったことがある。
<お金の好み>のナミが、結局そのようになったか。

=そのインタビューをしてすぐに、カンヌ国際映画祭に行ったのですが、<女中>の金弘集の音楽監督に長文のメールを受け取った。 インタビューをそんなにすると、どうかと。 (笑)スポイラー日だけでなく、私はあなたの意見に同意しないと。 内容インジュクスン、"その日の波が、このことは、父のお金に屈服しない銀という女だ。 グロムとして、ナミはその瞬間銀の中断された子供の代わりになる。 私は、ナミに希望を見た。"深く考えていた。 金弘集監督の言葉がより素敵なことだし(笑)、より良い解釈であるようだ。 ナミが父のお金を屈服しない銀の頭に入力させて住んでいたならば、その家の中で大変な人生を生きていたのだ。 そのような過程を通って、立場を超えて展開することができると考える。 同じ家に生まれたが、母や父、祖父が住んでいた通りではない生活を送ることができるだろう。

- あなたの映画には現実に対する強い希望があったようだ。 それでは、このような富を描くという点で、ある程度のリアリティーを期待することもあるのか。 (笑)TVドラマに毎回登場する財閥は、定型化されたクルリシェに近いところ。

=私たちは本を見ても映画を見ても常に新しいものを紹介される。 アメリカの映画を見るのも他人の話を覗き込むの経験じゃないの。 そのような時、その世界をよく知らない観客にも説得力のある近付きますかではないかが重要となる。 要するに、"<女中>に出てくる金持ちが実際にQI? イムサンスガブワトデ?"こんな質問が出てくれば、それこそ作家の実力だ。 どのくらいの思考したのか、観察したのか、実際に行ってみたのかが関連付けられている作家の実力だと思う。 ガブワトドゥンでガブワトドゥン、説得力のある本物のように描くことがなければならない。 <女中>ときにちょっと不当だと感じたの反応の中で、私は、金持ちをモトドェトゲ描いたというものがあった。 絶対にそうでした。 非常に公平に描こうとエソトウルだけだ。 韓国で金持ちの話をする時は、常にできない人の立場から、あるいは左派の立場から批判的に扱っていますが、実際にそのような式のアプローチは、楽しみがない。 なぜなら、現実的にそれらの人々はそれらの人々の立場があり、自分に対する評価もあるから。 むやみにかみ砕くことは簡単ですが、それが実際とは距離が遠くなると考える。

みんなで不幸が人生について

- 金持ちの家に入ることになった貧乏で賢く野心のある青年という設定では、TVドラマでよく見たの設定である。 そこには先入観もきっとあるはず。

=実際に言葉にすれば両方ともクルリシェダ。 スマートで野心的な、しかし、平凡な青年と財閥集の娘の間のラブストーリー。 言葉にすればでも、クルリシェをもって撮るならばイム・サンスではない。 (笑)私は、誰かを攻撃したり、シニカルでの態度がちょっと不良だという式の視線があるということを知っている。 うーん...私は私を含めて韓国人の毎日の生活がちょっと残念だと思う。
なぜ不幸かどうかを考えて見て不幸にしてはいけなくており、多くの人々が'もっとお金持ちになれば、韓国社会がもっと住めるようにすると、このような不幸がなくなること'と考えているようだ。 おそらくそのため2007年に李明博候補が大統領に当選されたのだろう。 しかし、それがないことができる。 私たちは多分今よりもより多くのお金をもうける可能性がない。 私たちの不幸は、私は自分の姿に住むことができないし軽蔑的に住まなければならないし、自分の自尊心を捨てなければならない場合には、定期的にあまりにも多いからだ。 幼い頃からそのような状況を多く経るのでそうだろうと諦めており、それこそ私たちを不幸にする。 また、誰かが私に不当な侮辱を与えた場合は、その人は、果たして幸せな暮らしを買おうか、それ以外はないと見なければならない。 みんなで不幸が人生について考えてみたいと思うのだ。

- <お金の味>が<女中>を含む、以前の作と比較すると、どの場所に置かれたといえるのか。

= <女中>を作成しながら、惜しかったのが、もっとユーモラスに行かなければならないのにシナリオから撮影、公開までの時間があまりにも不足だったという点だ。 もちろん、ブラックユーモアではあるが、それでも<お金の味>は、自分の映画の中で一番ユーモラスな作品になると考える。 一番難しいのは美しい愛...。 (笑)悩んでいる。 ライティングとナミの愛が美しく感じられるのは、クルリシェとして、切ない気持ちもちょっと聞くべきのに、果たして私はそれまでにすることができるのか! (笑)おそらくそのような式のラブストーリーではなくて分からないけど、きっとイム・サンス式の美しいラブストーリーはある。

- 今の投資の段階だと知っている。 キャスティングはどのように進行しているのか。

=ユン会長とベクグムオク逆にペクユンシク先生とユンヨジョン先生が出演するようだ。 ライティングと涙のカップルは、まだキャスティング中だ。 先日、シネマニラ国際映画祭に行った時、フィリピンのメイドエヴァの役に合う俳優をちょっと会った。 かっこよくてゴージャス(gorgeous)した俳優をキャスティングしようとしている。 ライティングという名前の主人公が映画の大半を占めるが、残りの重量挙げも少なくない。 素晴らしい俳優たちのアンサンブルを生かしたい。

<お金の味>は、どんな映画?

白氏の家の「悪魔のような」の女子相続人ベクグムオク、白金玉の夫であり、「人生を熟考する狂人反抗児」のユン会長は、プラチナヒスイの秘書ジュ・ヨウンジャク、成熟して美しいプラチナヒスイの娘ユン・ナミ、「進化する金持ち」のプラチナヒスイの息子ユン・チョル。 <お金の味>に登場するキャラクターのうちの一部だ。 "<お金の味>は、(<女中>より)多くの人物たちのより多くの愛と憎しみ、より多くのセックスは、より多くの陰謀、より多くの現金が出てくる。 お金の修羅場で浸っれずに対立する限り、美しいネクターイ族の青年の物語であり、その青年と金持ちの家の娘の明らかなようにクールで大人のラブストーリーである。 世の中に悪人とはないと信じる。 ただ悪人の立場だけがあるだけだ。 巨大なお金をもうけて、それを守ろうとする立場、誰も彼らの立場を否定することはできない。 ちょうどturbid時代の汚れた濁流の中でお金をジョトダが浸るしかなかった方々に哀悼の意を捧げる。"イム・サンス監督は、<お金の好み>の企画意図をこのように書いた。


文: ギム・ヨンオン 写真: チェ・ソンヨル | 2011.01.11
by kazem2 | 2011-01-14 21:54