ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イ・ミョンセ監督 シネマテック映画館建設についてのインタビュー

☆seoul.co.kr
イ・ミョンセ監督の"影響力の自由な非営利の上映館切実"
映画図書館『シネマテック』の建設推進委員長のイ・ミョンセ監督
e0109292_833664.jpg




パク・チャヌク、ポン・ジュノ、キム・ヘス、ウォンビン、コ・ヒョンジョン、ソ・ジソプなど 、国内 のスターの映画監督と俳優たちがリレーに出演して関心を引く広告がある。 "ビールの味も分からないのに"という流行語を生み出したビールの広告だ。 画面の一番下に流れる字幕に視線がささる。 [この広告の出演料全額は、シネマテーク専用映画館建立に寄付されます。] シネマテークとは何だから、そう多くのスターたちがスポンサーにナソトウルカ。 シネマテーク専用映画館の建設推進委員会委員長のイ・ミョンセ(53)の監督を今月6日、ソウルボグァンドンオフィスで会って話を聞いてみた。

→シネマテックが映画ハクドナマニアではない場合は、多少慣れないこともあるが。

-簡単に言うと映画のライブラリです。 いい映画に関する資料を集め、その価値を分かち合う場所です。 よくシネマテークと、 古典 映画を上映するところであるという認識が 強い だ。 オールドだという 印象 をはたいてしまうことが非常に重要である。 映画は21世紀の最先端の芸術だシネマテークへの関心が不足しているのはとても残念なことだ。

→シネマテックは、なぜ必要なのか。

-私達が実際に重要にここでは価値が映画の中にもある。 そこ に込められた時代と文化をみると感じることができるのが多い。 最近、私たち映画界の世代のギャップがすごくなんでシネマテークが早目にあった場合、1970年代の故ハ・ギルジョン、ホンパ、イ・ジャンホなどの『映像の時代』の先輩たちが、まだゴンジェハルことができないのではないかと思う。 それだけシネマテックは、過去と現在をリンクさせる役割を担う。 また、シネマテックは良い映画の典范を知ることができる場所なので、シム・ヒョンレ·ジン・ジュングォン論争のようなこともなかったはずだ。

→その場合は、青少年時代には映画のための喉の渇きをどのようにプルオトナ。

-今は映画祭が多いが、私が若かった時は、さまざまな映画を見る 機会 がなかった。 ビデオが普及されることも以前あって、個人的には、そのお陰で、むしろ想像力が大きくなることができたようだ。 シネマテックは、ずっと前に定着とすれば、韓国映画の発展は、より迅速になされる。

→私たちにもソウルアートシネマではないか。

- そうだ。 来年10周年となる。 しかし、しっかりとしたシネマテックとは少し距離がある。 良い映画を上映するという観点から見れば、似ているのフィルムを借り上映している場合が多い。 財源が非常に重要である。 今、ソウルアートシネマは、場所を借りて運営されている。 映画振興委員会がその時その時助けてくれるようだったが、昨年、映画振興委員会との葛藤を仕込む過程で支援金が大幅に減った。

→シネマテックは、公益的、非営利的な性格が強い。 初めから、政府 機関 が務めるのがいいのではない。

- 政府や地方自治体が変わるたびに、お好みに応じて、継続するかどうかが分かれる場合は、ちゃんとしたシネマテックでは定着していない。 外部の支援があればいいことだが、運営の独立性は守らなければならない。 シネマテックは、すぐ目の前の収益を創出することができない。 未来を見つめるの文化遺産である。 21世紀は映像の時代であり、文化の時代ならば、当然力を注ぐのが正しいにもかかわらず、(シネマテークに)目を回さないでいるのが残念だ。

→専用劇場の建設は、来年の目標だ。

-今年のより多く発表され、より多くの 資金 を集めなければならない。 関心を集中させなければならないようだ。 個人的な希望ですが、専用映画館が単独で造られるよりも、他の文化の分野と連携して建てて欲しい。 景福宮の 隣の旧DSC席に入る現代美術館や、漢南洞に建つミュージカル専用劇場と一緒に入るには、相乗効果が大きいだろう。 外国からのお客さんが来たときも韓国の文化を複合的に知らせることができる求心点にならないではないか。

→専用館推進委員会委員長と肩の荷が重いだろう。

-政府の政策を 決定 し、後援してくれる人々をいちいち捜し回って説得する必要があり(映画)の操作をする人だからそうできないのが残念だ。 パク・チャヌクやポン・ジュノ、リュ・スンワンなど、シネマテックの友達を受諾する自任する映画人みんなそれぞれの領域でできることをするレベルだ。

→2007年の『M』以来の作品がなかった。 最近、ユン・ジェギュン監督のJKフィルムと作業するという話が出ていた。

-昨年の初め、日本の武士の映画や軍隊を背景にしたコメディ映画を撮ろうとしたが進展がよくなった。 ユン監督と手を取り合って、韓国型007格である『ミスターK』を準備している。 春くらいには、キャスティングを 完了 し、夏には撮影に入る予定だ。

→1999年の「事情考慮見ることができない」以来、『刑事』を販売するまでになんと6年を要した。 '事情'で盛んにジャルナガルことができたのに、突然、米国行きを選んだ。 後悔はないのか。

- 引き続き作業を続けていって二編ほど撮ったんだ。 後悔はしない。 一部の人々(アメリカ行きが)馬鹿だと思うのですがそれがなかったら映画をもう一度見て勉強することができる幸運の時間はなかったはずだ。 ニューヨークでは4年ほど滞在し、その場所シネマテクインフィルムのフォーラムには週に2〜3回登校ハダシピした。 スベクピョンの映画を見た。 私一人で大学を卒業したというか。 個人的にはとてもよかった。

→『事情』以降、作家主義の傾向が強くしていく の普及 と遠くなったという評価もあった。

-決してない。 私は芸術映画、商業映画の区別がないと思っている。 興行になっていけないし、に合わせて使い分けを合わせるのが不思議なことだ。 『刑事』と『M』は、ジャンル的な特性を 強化 した映画だっただけだ。 素材に応じて、 内容 が変わるのは当然のことではないか。 『ミスターK』は、素材の面では、観客たちが、幅広く受け入れ作品になるだろう。

→急激に変化する世の中だ。 空白期間が長くなれば、現場から追い出されたという感じがしないではないか。

-まだそんな 段階 ではないらしい。 そのような気がする場合は、むしろ、より良い仕事ではないか。 どこかに刺激を受けているというのだから...。

→俳優でも監督でも海外進出がブームだ。 海外市場をノクハン先輩の立場からしてあげたいの話は。

- この時代は本当に幸運の時代だ。 良い監督と良い映画がたくさん出てきた。 世界の中で、韓国の映画ではなくてはならない存在になった。 今では市場を広げるために持続的に努力しなければならない。 停滞すると、そのまま倒れてしまう。 韓国的な視点ではなく、アジア的な視点から見なければならないようだ。

文ホン・ジミン記者icarus@seoul.co.kr

写真リュ・ジェリムギジャjawoolim@seoul.co.kr
by kazem2 | 2011-01-14 08:30 | Movie