ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画「殺しに行きます」イ・ギョンヨン単独インタビュー

☆cine21.com
分別がついた俳優のしわになった顔が見たい
e0109292_18533433.jpg




イ・ギョンヨンに会った。
知られていたように彼は、過去10年近く公式席上に姿を現わすことなく、一切のインタビューを拒否してきた。 長い時間の間、自粛と反省し、誤解や憶測の中で時間を過ごしながら、ただ近くの映画人たちの提案があるたびに臨時のスクリーンに姿が映ったのだ。 最近では、カリスマ的なボスとして登場し、圧倒的な存在感を見せてくれた<坡州(パジュ)>、主人公の間を行き来する気立てのいい刑事として出演した<無籍者>などがあり、『労働の解放』を叫ぶの解雇労働者として出演した<殺しに行きます>が来る1月20日封切りする予定であり、現在は、<モビディク>を撮影中だ。 まだスクリーンを離れることができない彼を見て、以前とは全く違うムードの存在感を現わす彼を見ながらの出会いを求めてみたくなった。 そのように彼との出会いはクリスマスイブに行われた。

イ・ギョンヨンとの出会いは突然行われた。 彼の出演作が公開されるたびに、インタビューの依頼をしたりしたが、それは毎回行われておらず、いつも『残念ですが、予想していた日』とだけ考えた。 そうするうちに支持難解釜山(プサン)国際映画祭上映作品でもある<殺しに行きます>が1月20日に公開するという話を聞いて、偶然に会うことになったパク・スヨンさんの監督を使って『もし』という気持ちで意思を伝達して、『作戦』を模擬した。 意外にも彼が心配している時間は長くなかった。 おそらくパク・スヨンさんの監督との深い親交が彼を快適に作成さであろう。
『楽な席ということに彼は同意するものとし、一対一のインタビューは、あまりにも形式を備えたものだからパク・スヨンさんの監督と主演俳優ギム・ビョンチュンなど<殺しに行きます>の何人かのスタッフ、俳優たちと会うときに一緒にしていきたいとした。 ちょうどその日がまさにクリスマスイブ。 一山(イルサン)に彼に会いに行く道が、まるで遠い旅に出るような気分だった。

90年代をホリョンハン代表的な男性俳優

"私は、<シネ21>の表紙を最後にしたのがいつだっけ?"まるで映画で見たような笑顔での記憶をたどる彼の姿を見ているより多くの切ない気持ちがした。 いわば彼は、当時の映画が封切られるたびに誰が先に話を持ち出すまでもなく、今のソン・ガンホ、イ・ビョンホン、カン・ドンウォンがそうであるように、当然の表紙撮影をしていた俳優だ。 <雨の日の水彩画>(1989)、<あのね、秘密だよ>(1991)、<社の祝歌>(1992)などをはじめとして映画界を代表する俳優として地位を確立し始めた後、<白い戦争>(1993)、<ゲームの法則>(1995)、<世界の外へ>(1995)、<コルセット>(1996)、<삼인조>(1998)など、簡単に言えば、1990年代には彼の主演映画が毎年3〜5編ずつ出ていた時代だった。 こういう話をコネニしばらく照れていた彼は、ただニヤリと笑ってばかりいた。

イ・ギョンヨンが復讐を夢見る解雇労働者として出演した<殺しに行きます>は昨年、キム・テウ、イ・ジョンジン主演の<不可逆>を演出したパク・スヨンさん監督がそれより前に作成した自分の最初の長編映画だ。 イ・ギョンヨンをぜひキャスティングしたいと思った彼がイ・ギョンヨンの漢陽大の卒業生でもあるハン・ジスン監督を訪ねて、連絡先をうわさをたよりし、最終的に出演するまでに至るようになった。 なんとチドンガプイ以上年の差が出ても今では多くの場合、深い映画の話を交わすの罪のない兄、弟の間になった。 パク・スヨンさん監督が"先輩とは、あまりにも通話するのが大変です。 携帯電話をしよう"と怒られるやろう"私は元々は非常に嬉しい声で電話受ける場合を除き、よく受けるようになり"という何か変だけどなぜかグダウン答えが帰ってきた。 ギム・ビョン春は、自分よりずっと年上のイ・ギョンヨンが自分よりも若く見えることが冷ややかに見えるようで、イ・ギョンヨンはそんな彼に『本当に最高の演技者'と褒め立てる。 <殺しに行きます>で解雇労働者のイ・ギョンヨンは、社長(ギム・ビョンチュン)の家族が休暇中の別荘まで訪ねて、復讐を敢行する。 劇団綿出身のギム・ビョン春は、<マルチュク青春通り>(2004)で、ドリルの先生'傀儡軍'、<風の伝説>(2004年)でダンスの師匠'朴老人'、<極楽も殺人事件>(2007)で、お坊さんなどに出演にして知り合いになる顔を知られた個性派俳優だ。 それとともに三人は映画の話をもっと広げて置くことを始めた。 イ・ギョンヨンが"いつも100mを走る人の俳優に200mに挑戦するようにするのはどの程度余裕がある状況なのに急にハードルの試合に出るというのは力に貼ってください。 <殺しに行きます>は、どの程度そのような面があった"と言うと、パク・スヨンさん監督は"そのようにしても世界が知っているイ・ギョンヨンという人をカドィジプオボゴと思いました。 他の人々がこの世のキャスティングだと話しているときよりもむしろよりギポトジョ"と言う。

事実上の映画の主人公はギム・ビョン春や相違ないイ・ギョンヨンは、"どうやら私は、極度の延長育ってポスターの上部に名前がささったようだ"とごめんねした。 とにかくパク・スヨンさん監督とギム・ビョン春は『あまりにももったいない演技者'と言ってください頻繁にいくつか見てみましょうボチェンダ。 さらにパク・スヨンさん監督は"今イ・ギョンヨンの顔を見ていると、過去ジョンボイトの中年を見るようなカリスマが感じている"とブートストラップ始める。 すると、イ・ギョンヨンは、最近どういうわけか出演したとされる作品のリストを慎重にウルプギ始める。 イ・ヒョンスン監督の<青い塩>は、全国の暴力組織のボス、ファン・ジョンミンが、記者として出演して陰謀を暴く<モビディク>では、その陰謀説の中の主要人物として出てくる。 そして、<加速スキャンダル>を作成したカン・ヒョンチョル監督の2番目の映画<晴れ>にもちょっと出演したそうだ。 このように<殺しに行きます>をはじめ、今年上半期に見るようになる彼の映画は、すでに4本以上である。 ギム・ビョン春は、余計な心配をしたように口を離す。 "ほぼまあ、昔ミョン・ギェナム先輩のレベルに出るね。 心配しなくてもいいです。"
e0109292_190544.jpg

                         <坡州>
e0109292_1903581.jpg

                         <殺しに行きます>

必要以上の罪人と真実を訂正する気がないのがマスコミ

イ・ギョンヨンを見て、誰もが惜しんだ。 ただ、その才能が惜しくて、その演技が見てみたいという欲求は、10年が過ぎたので許しをしなければならないという心配とご心配もあるが、映画人たちの間では、世間に知られているものとは異なる『真実』を置き、彼の悔しさを理解する見方も多い。 いや、彼は本当に必要以上の罪人として生きてきた。 こういう話は、彼の話を書き写すことではない。 彼は昨年、ファンインレPDのドラマ<帰って来たイルジメ>出演が失望された時、自分のミニホームページに文を残したこと以外には一切ググジョルジョル言われたことがない。 十分に抗議し、自らをハンビョンハルこともあったが、何よりも、彼は『昔の人』である。 末っ子あ々自分のことで母親が大きな傷を受けて(五通になった年齢で、彼は母と二人きりで生きてきたし、結局母は、彼の表現を借りれば、「オムマニム」は去る2006年に息子の復帰ダウン復帰を見ることはできずお亡くなりになった)は、すでに撮影中の映画にこれ以上の被害を与えることが大嫌いし、むしろ周囲の人々が苦しむ姿を見ながら、事件は終結した。 いわば彼は大したことではない事で記者懇談会を開く「この頃芸能人」ではないのだ。

<帰って来たイルジメ>のように「帰ってきたイ・ギョンヨン」になって思ったが挫折した彼の心境は、自分のミニホームページに残した文だ。 "たまには自分の過去の時間に怒った人々に抗弁し、と思った。 私は、性犯罪者ではないと。 (中略)たまには過去の時間に控訴をしていれば恥ずかしさは洗っていないでしょうが、犯罪者の汚名は洗わないではないか、という後悔もした。 お母さんの様に親不孝し愛する人々の心を痛めて、人々を失望させた罪で受けるとしていたが...。 (後略)"以降、実際にはそれが援助交際ではなく、性売買ではなかった音は十分な状況と証拠たちで明らかになることとなり、それからわずか数や相手の女性がイ・ギョンヨンに謝罪を伝えたこともあるけど、それは確実に記事化されていない。 すでに、すべてのことは既成事実として固まっれ楽しく記事をソデトドン記者たちは、すでに過去の仕事を確実に『訂正』したいという気持ちがなかった。 なぜなら、『私と関係のないことだから』。

最も簡単には昨年あった、いわゆる「チェ・ミンス老人暴行事件」と比較することができるだろう。 その事件を扱った<MBCスペショル>を使って、このように、チェ・ミンスが最終的な無嫌疑の判定を受けたという事実が立証されたにもかかわらず、まだ最初の記事、だから「チェミンスが70代の老人の顔を数回拳で暴行して、車にぶら下げて走っている」は、片方の偽りの一方的な話がそのまま記事化されながら、彼は希代の不倫俳優の烙印を押された。 本当に皆が駆けつけ聞いトゥトだった。 そして、現場にいた他の多くの通報者たちの証言が新たに加わりながら徐々に実際にはキャンパスになっていった。 しかし、既に捺印された『烙印』の力は恐ろしかった。 さらに面倒なことを嫌っている俳優の個人の特性上、彼は自分を積極的に支持していない。 それはやはり、インターネットをよく知らない『昔の人』だ。 さらに、事件を体験し、彼は必要以上に自責していた。 とにかくチェ・ミンスは、相手が高齢者だったので、イ・ギョンヨンは、相手が未成年者であるため、口を開くことができなかった。 二人とももっと自分自身を反駁し、くやしさを訴えることがあったにも『公認』という奇妙な社会階層が存在している私たちの社会では『間違っている場合は無効として! どんな言葉がそんなに多い! という感情に照らして、もはや『ダメな奴』になること嫌いだったんだ。 このように適切に検証されていない事実が不明な噂や記事に拡散し、どのような個人が破綻(はたん)に至るかどうかを既に私達は何度も見てきた。

実際にイ・ギョンヨンはもちろん、席を共にしたパク・スヨンさん、ギム・ビョン春をはじめ、製作陣の意思とは無関係にすでに「イ・ギョンヨン、主演復帰?」、「活動再開?」というインターネットの記事が量産されている。 まだ彼の歩みは、特定の(?)の種類の事件との記事をパパラッチのように従う、一部のインターネットメディアの視線内にある。 むやみに訪ねてくる記者たちもいたが、彼らの目的は、『ゴシップ』と『興味』それ以上でも以下でもなかった。 これは本当に残念なことだ。

イェトジョンに出演することになった映画たち

<坡州(パジュ)>で、しばらくのですが、イ・ギョンヨンが見せた圧倒的な存在感は、彼をして、他の映画で会いたいという欲求を燃えるようにした。 その不吉な表情と、あいまいな笑いは、映画全体を包み、回すその何かに違いない。 バク・チャンオク監督にボスの役割として彼を推薦したシム・ジェミョン代表は、過去の映画の宣伝をしていた頃から彼を見てきた人々である。 ミョンピルルムの創立作である<コルセット>の主人公がまさにイ・ギョンヨンでもあった。 <社の賛美>を準備していたギム・ホソン監督に洪蘭坡の役割にイ・ギョンヨンを推薦した人にもすぐに彼だ。 "<坡州(パジュ)>で、それこそ『狂気の存在感』を見せてくれた"と話す彼は、"イ・ギョンヨンには、以前の韓国の男性俳優たちとは違った魅力があった"と話す。 ほとんどの当代の人の俳優たちが一様に映画を掌握しようと努力しているアルパチーノ、ロバート・デ・ニーロみたいになりたいときに、彼はヒューグレントゥ、ナジョンキューザックのような、自然で多感なスタイルで来る人の俳優だったこと。 <世界の外へ>や<ハレルヤ>、<白い戦争>や<ゲームの法則>で、彼は主演やダルムオプウムにもおいしそうに別の相手主演俳優の中に染みこん心強く支えてくれる。 よくよく考えてみれば、そんな人の俳優たちを見つけるのは難しい。

<坡州(パジュ)>出演のオファーをしにやってきたシム・ジェミョン代表、バク・チャンオク監督にイ・ギョンヨンが"私が何をどうすればよいのか"と聞いたら帰ってきた返事はこうだった。 "ただ居て下さればいいんだよ。 何もしなくても良いです。"いわば最近の出演作がかなりされますが、自分が積極的に出たというより、ほとんど自分を忘れることができなく訪ねてきた'イェトジョン'に応じることになった場合が多い。 <殺しに行きます>は、パク・スヨンさん監督のサムゴチョリョがあり、<無敵者>は、やはり漢陽大学同門のソン・ヘソン監督が"兄さん、To Do場合は、釜山(プサン)に来てお酒や食べては"とのお願いにウンハダガ出演することになった場合だ。 <青い塩>も<イルマーレ>(2000)以来、ほぼ10年ぶりに映画撮影の弟イ・ヒョンスンを助けてやりたい気持ちが大きく、迷わず応じた。 ドラマ<帰って来たイルジメ>に出演しようとしたのも、発行元代表のガン・ソクヒョン(俳優シン・ソンイルの息子であり、<雨の日の水彩画>から始まった長い縁の俳優)が上手くいったら良いという純粋な気持ちだった。 しかし、イルジメ(チョン・イルウ)に技術をジョンスヘジュは高利子月(ユン・ジンソ)の父親として出演し、撮影まですべて終えた時点でに「出演不可」の方針により、その役割は、同い年の俳優の降霊会日ギョチェドェあわてて再撮影をしなければならなかった。 彼に"兄さん、アンドゥェンデ。 本当にごめんね"というガン・ソクヒョン代表の電話の声が今も鮮やかである。

ドラマ<花火>などを一緒にしたキム・スヒョン作家も、彼の復帰を最後まで助けた人のうちの一つだ。 去る2008年「ソウルドラマフェスティバル2008」に参加したキム・スヒョンは"この場に出てふとイ・ギョンヨンがあまりにも長い間休むという気がした。 今は許して快適に働けるようにしてくれたらいいな"とし"韓国の人々は、他人の過ちに対してあまりにも残酷に売却する"とも述べた。 以来、<人生は美しい>を使用してイ・ギョンヨンを復帰させてみたい気持ちがあったが、強固な禁止規定に縛られ、意味は成り立たないことができなかった。 "実は私は今のドラマは、夢にも見ます。 キム・スヒョン先生にも他の人々がすべて逆に先生が、なぜそうするのかとそうでした。 (笑)そしたら先生が『経営氏はじっとしている。 私にいい考えがある』言ってたよ。 その先生がずっと押していったがよくアンドェトナブワヨ"というのが彼の話だ。
e0109292_195022.jpg

            左からイ・ギョンヨン、ギム・ビョンチュン、パク・スヨンさん監督。

良い俳優として多くの映画や会いたい欲

全然そう見えないのにイ・ギョンヨンは1960年生まれで、いつしかスィクサルイ過ぎた。
いわゆる主役級の俳優としてアン・ソンギが、1952年生まれで最古参の方は1953年生まれムン・ソングン、1962年生まれのチェ・ミンシク、1964年生まれのハン・ソッキュ、1966年生まれのパク・チュンフン、1967年生まれのソン・ガンホ、1968年生まれのソル・ギョングと比較しても先輩だ。 事実イ・ギョンヨンを含め、その名を一覧表示するだけで、何か韓国映画の系譜が描かれるような胸がいっぱいな感じだ。 だから彼の空席がもっと惜しいたりして。 ところが、いざ自分は彼が大活躍していた時期に、その後輩たちがいなくて幸いだったと言う。 "<悪魔を見た>のチェ・ミンシクを見ながら、『他の俳優たちどうしなさいとジョロナ』という考えには本当に気違いだという気がするんですよ。 私はもうチェ・ミンシクやソン・ガンホなど、友達と競うことがないようだ。 その周辺で助けてくれるキャラクターはできるけど。 (笑)、彼らが私の活動の多くを行うときの表示されたのが自分としてはとても有難いことです。"

いわばイ・ギョンヨンは、アン・ソンギ、ムン・ソングン、パク・チュンフンと一緒に90年代の韓国映画を支えてきた俳優だった。 従って、かつては彼の退場が、まるで運命的な時代と世代の変化のように感じられたりもした。 彼が感じる感慨もある程度は似ていた。 彼は前に、アンソンギ先輩に会ってこのような話をしたという。 "私たちが90年代に映画界からの煙のメディチ家を成すことはできなかったが、今の後輩たちが出てくるまで、飛び石の程度はしたようです。 そして、それにも良く十分ですよ"と。 そこで彼は、最近、新人俳優になったような気がして、むしろ快適だという。 "演技を上手よりチョルドゥン俳優になりたいと思う。 自分の年齢に合ったしわをよく作っちゃいけない"と言うのも同じ脈絡だ。

過去の彼の退場がアンタカウォトドンには、彼の演技はもちろん、当時の監督の夢でも見ていたからだ。 のインタビューで、自分の口で話したことはないが、まだ彼には語り尽くせない監督の夢もある。 『片腕がワンオ』にどっぷりつかって生きていて、今も武侠コミック一冊程度は読んで睡眠を祈り求めることができる彼は膨大な武侠映画のマニー児だ。 最近作の中では<ゴムオガンホ>を見て、せっかく胸がお正月だ。 <帰天図>(1996)で監督デビューしたのもまさにその武侠の夢を実現するためであり、2番目の演出作<モンジュンイン>(2001)も当初は、映画の前半と後半に分けて、主人公の武侠映画台本作家ユンホ(イ・ギョンヨン)が書いてはは、人物たちが、現在で越えてくる仕組みだった。 そういえば、最近『嵐の成長』というキーワードで話題になった<殺人の思い出>と<カフェノワール>の予定線がまさに<モンジュンイン>で、彼の娘だった。

しかし、いずれにしろ、彼は良い俳優になりたい夢が優先であり、依然として多くの映画に会ってみたいと欲がある。 彼は今も映画の現場に出れば、不慣れさナトソムウル一緒に感じる。 それは数えきれないほど多くの映画に出演していた若き日の自分や今の自分と同じだ。 そこで彼は、アン・ソンギ、イ・ギョンヨンと<白い戦争>を共にしたチョン・ジヨン監督の話を聞かせてくれる。 "アンソンギ型のキャラクターに期待される100%の可能性をほとんど用意して来て、どのような状況や台詞を任せても安全だって。 ところが、イ・ギョンヨンはなんだか不安下大。 (笑)顔を見ていれば何を準備してきたかについては知ることもないし、そもそも100%は予想もしない一台。 一70〜80%程度のしてくれれば幸いイゲトゴニ思うんだけどごくまれに120%をする時があってびっくりしたと言うんですよ。"だから、不慣れさとナトソムイこれまで彼の映画をしてきた力でもあるが克服しなければならない、その何だと思う。 今ではより切実にそう感じる。 そして、"学習の本来持っている努力と資質も重要だが、それは最終的に良い作品に会わなければトゥイゲされているもの"というのが彼の長年の考えだ。 そう、彼は映画俳優としての第二の人生を始める今そのような作品に出会うことになることを期待している。

<シネ21>の回顧録を連載したことのあるパク・チュンフンは、ドラマ<遙かなるソンバガン>のイ・ギョンヨンが最初に会ったし、その縁は、<ゲームの法則>と<ハレルヤ>はもちろん、某製油業者CFまで続いた。 パク・チュンフンは、イ・ギョンヨンについて、"あの時も今も、自分の分け前を見事にこなしては、韓国映画界ではなくてはならない学ぶ。 彼の本当の気持ちを誰よりもよく知っていると信じる。 それでも長年の苦痛を経験していて胸が痛い"とし、"経営が兄を現場で俳優としてもう一度会いたいと思う気持ちが切実だ"と挨拶をした。 私たちの心も同じだ。 2011年には、より多くの映画で、彼に会いたいと思い、実際にそうなるようだ。 新年から何かが豊かになる気分だ。

PS。
おそらく、イ・ギョンヨンの映画界最高「ジョルチンノート」でキム・ミンジョンを挙げることができるだろう。 それらの文字や通貨は、『ファック』で始めて『ファック』で終わる。 イ・ギョンヨンが映画界を去ったことに違いないができないとき<はやし林>(2005)に出演するように助けたのも、まさに彼だ。 彼はまだイ・ギョンヨンを「タゴ」と呼ばれる。 案の定、クリスマスイブのキム・ミンジョンとの通話は行われた。 その場に一緒にしたすべての人々がドラマ<アテナ:戦争の女神>で、'北朝鮮のオレンジジョク'であり、韓国にグィスンヘ完全に適応した、元北朝鮮諜報要員'金基洙役のキム・ミンジョンの演技で絶賛を連ねた。 彼は本当に以前とは違うゆるめの姿で大きな印象を残している。 しかし、北朝鮮なまりがソツルダミョ"従来にはないキャラクターを演じる時は当たっても賞賛を希望するヒムドゥニより深く突破しなければならない"というのが、キム・ミンジョンに渡した彼のアドバイスだった。 『学習の賞賛を希望する好きなアナに違いない』と考えている彼なので弟にすべての賞賛を聞かせてシプオトナより。 だからその場のすべてはキム・ミンジョンと義務的に話そう』よく見ています'、'最高ですよ!』という挨拶をゴンネヤした。 もちろん、本格的なコールを開始する前に、"ミンジョンア、みんな<アテネ...>よくブワトデ!"というイ・ギョンヨンの最初の一言に"タゴヤ性交、<アテナ...>夜"という名前の虐待を避けることはなかった。

文: ジュ・ソンチョル
写真: ベク・ジョンホン 2011.01.13
by kazem2 | 2011-01-13 18:53