ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[キム・ヨンジンのインディラマ]シネマティカンこれがソウルの風景だ

☆cine21.com
評論家ジョンソンイルの監督デビュー作<カフェノワール>の達成と悔しさ
e0109292_12141851.jpg




個人的なことで2週間の映画をほとんど見ないはないが封切り日が数日過ぎた後ジョン・ソンイルの監督デビュー作<カフェノワール>を見た。 昨年の釜山(プサン)国際映画祭で初めて公開されたことを勘案すれば、非常に遅れて見たわけだ。 大学時代からの知り合いの先輩の映画を事前に見ていないのはもちろん、ブダムスロウォトギだ。 ワクワクする気持ちもあったが、映画のpedantic性に対する懸念もあった。 正直言って私はこの映画について、出てきた事前情報、ジョン・ソンイル監督の言葉にも伝わった『本のリアリズム』などの捜査に否定的だった。 韓国では誰よりも多くの映画を見た映画評論家ジョン・ソンイルの演出作で、新しい映画の飼料を発明しなければならないという当為を多くの人々が期待していることを知らないことはないが、古典小説二編のストーリーオルゲを引き続きつけ、その小説から引用セリフを原発そのままの俳優たちに読んでいる部分的な発想は、映画を見ることも前に、落胆させるpedanticの跡がある。

ヴァルターベンヤミンは、最初から最後まで引用のみで満ちている本を書くことが生涯の夢だった。 評論家兼監督としてジョン・ソンイルは、おそらく同様の夢を抱いているのではないかと推測される。 彼は『あまりにも多くのことを知っている男』であり、ドゥクボダ糸が多いという私の予想は間違っていた。 <カフェノワール>は、私の推測よりもはるかに面白かった。 西の進行方向は予測していたように相当部分の進行になるにも、この映画は、概念としてではなく、ユクファドゥェン痛みを伝えたということに驚いた。 ジョン・ソンイルは、この映画では明確に見える構造物中に不明なあいまいさの層を均一に積んだ後、抜け殻されるように支えられたリズムで引っ張っていく。 一見すると、<カフェノワール>は、少なくともジョン・ソンイルのブログを読んで観客に特有のコメディを狙ったような印象も漂う。 多くのものが引用されているが引用の方法が多様で、どのようなことはシーンをそのまま持って来たのもあってパロディ化したものもあり、メタコメントをしたこともある。 スムウングリム検索式に配置しておいたものではなく、大抵は知っているだけで配置しておいた。

概念ではないユクファドゥェン痛みを伝えるなんて

それは、ただの構造物の一部にすぎない。 せいぜい見るとクイズの材料に過ぎないだけのこのような引用の組み立てと配置にこだわりがテキストを築城するという意図はないと思われる。 書士の直接の素材になったゲーテの<若きウェルテルの悩み>とドストエフスキーの<白夜>から取得された多くのセリフも同じだ。 音楽でもそうだし、自分がちょっと基礎教養があると、ここでは人々にとって身近なものだけで詰まった。 既存の材料としての器をいっぱいに満たした後にジョン・ソンイルは、それをメクゴピンウロ餌の三亜、他のものを示す。 私は映画でアクションが行われる時やアクションが少ないのない時のコントラストがとても重要だと思うんだけど<カフェノワール>は、明示的なアクションではなく、アクションが起らないか、ふとした瞬間が非常な緊張と興奮に満ちている。 彼は西欧の文学的なテキストを2008年にソウルの中心部で開かれる話を借り、何かストーリーを動作させるチョクハンし、その理由に、ソウルで息づいて生きていく気持ち、空気、それを吸収してチェファハン感情的な色をスクリーンの画像に滲み出るように演出戦略を書いている。 私のような観客には、少なくとも彼の演出の作戦はかなり効果的であり、イメージの残像が、次の画面に進む際にもきちんと積まれて映画が終わったときに頃には、頭と胸に手におえにくい塊として残っている印象を与える。

どのような映画人たちはストーリーを説明するために画像を貼り付け、もう一つの映画人たちのイメージを示すために、ストーリーを持ってきて付ける。 ストーリーは、揮発されますが、イメージは残る。 ジョン・ソンイルは後者に属する監督である。 <カフェノワール>の週かける仁、ソウル清渓川、南山韓屋村、光化門交差点、漢南大橋の近く、そして、しばしばトップの背景につかまる南山タワーなどソウルの視覚的な指標としてだけでなく、同時代の不穏な空気が画面に浸透させ、観客への感染させる役割を果たしている。 古典的なテキストから借りてきたの失恋のモチーフを偽装しているこの映画のメルランコールをした感情とほのかな配色の希望的情調は悲しいロマンス映画の出現に包まれた同時代の集団的、感情的な色を慎重に、用意周到に画面上に塗られた端に出てきた結果だ。 このモクモクハン悲しみが抽象的と同じように空虚な情調にトドルジなく、多様に展開される感情の構造をはらんでいるのが<カフェノワール>の映画の達成に見えるのだ。

もちろん、それはトンイルドェれておらず、ギリギリで、過度に長い時には邪魔だ。 ジョン・ソンイル監督の考えはどうであれ、それを尊重するしかないが、観客の立場で、彼の映画はちょっと長い。 要するに映画の中盤、2部でチョン・ユミが演じるヒロインの線画が10分間シン・ハギュンが演じる男性主人公のヨンスに独白するように話すとき文語体に流れる彼女の言葉はナンソンフェでドゥトドゥトイ耳にはまらない。 こんなときに、その言葉は、俳優を使ってユクファドゥェン言葉ではなく、俳優がいくらなオーラをつくして演技していても、自動人形が言う声のように聞こえる。 ところが、長く固定された画面で、印象的だったのは、言葉よりもその言葉を伝える文字の存在だった。 どんな言葉でも定義されて取り込むことができない情念の形容詞がチョン・ユミという俳優の肉体を使って発散されるこの場面は、十分に印象的だが、同時に、その場面がそんなに長くなければならない理由があるかについては疑問だった。

しかし、あまりにも長く、メタコメントの印象も

特別な心理的脈絡なく与えられたこの映画の中の登場人物たちの運命は、すでに別のテキストからプルされただけであり、観客の立場から、既に文脈を知っていることを前提とした後に展開されるストーリーを抱いている。 ここで、こまめに定期的な文語体の代謝機能は、文学と映画の交互作用ということではなくて映画の中にサムツドゥェン主人公たちの体験に受付しなければならないというもう一つの党委員会がある。 それがストーリーを進展させるためのメクゴピンエ留まるものではないと大半の会話のシーンは、雄弁しているように見える。 個人的にはその場面が大きく響きを与えることはできないと感じた。 この映画で俳優たちは話している時より話していないときに、しばしばより印象的で、機械的に言葉を挙げるテジョチャド馬の配信ではなく、その言葉を実行している俳優の存在感がより多くの物理的な、直接に近付く。 そうだとすれば、この映画の上映時間はとても長く、言葉の割く時間を科する。

映画の引用も同じだ。 ジャンリュックゴダールの映画のオマルのような例外もありますが、大体的に韓国映画の引用は、何かの評論家ジョン・ソンイルのメタコメント衝動の産物という印象が強い。 <オールドボーイ>と<怪物>と<殺人の思い出>と<幸福>と<グクジャンジョン>などが出てくるのにどのようなものは、文脈をチュスルギ難しい。 <オールドボーイ>の金槌神を意識して撮影されたこの映画の一場面で、暴力の噴出と不条理な状況の接合部と呼ばれるパクチャヌクの映画のブランドは、暴力が解き放たれたようだが停止し、不条理な状況が続き、悲喜劇を共存させる中で、全体的には、何か批判的な印象を与える。 これは、真心が他のインタビューで、<カフェノワール>の隠れているメッセージを『死んでください。そして生きろ』にしたという事からわかるように、暴力と死についての最近の韓国映画の折衷的な作家たちの態度について、倫理的に問題があると遠回しに非難するような印象を与える。 そんなこともありますが、もしそうだとすれば、全体的に繊細なこの映画の中で多少乱暴に荒い継ぎ目とされるのも仕方がない。

簡潔に言えば古典的なテキストの引用を含めて引用は、仕方なく不完全な継ぎ目を手に大変であり、特にストーリーの対戦ジェーン、ゲーテやドストエフスキーの小説が2008年にソウルの風景に受付されて点になることがあるとするジョン・ソンイルのチャンジャクジョク確信に完全に同意するのは難しい。 それにもかかわらず<カフェノワール>は、差明量やホウシャオシエンとは違って都会の存在のムードをジョン・ソンイルふうにシネマティックに演出した創作物であり、忘れられない名場面が多い(さらに多くの)の映画だということに嬉しい気持ちに同意するものとする。 私はこの映画を楽しみ、何度も見たいですし、後には私の好きな場面たちのコレクションをしたいと思う。

文:キム・ヨンジン 2011.01.13
by kazem2 | 2011-01-13 12:11