ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

4/14 チェ・ドンフン監督 映画「泥棒たち」(仮題)

☆cine21.com
"優雅な泥棒ではなく肉体労働で、宝石を盗む映画"
e0109292_22123627.jpg




ケーパーフィルム(Caper Film)。 犯罪行為を描写した映画を指すジャンル名である。
チェ・ドンフン監督が妻アン・スヒョンプロデューサーと一緒にセットされた映画会社の名前でもある。 ちょっと笑った。 これは一種の宣言ではないか? 詐欺や賭博を扱った<犯罪の再構成>と
<いかさま師>を韓国的ケーパーフィルムで見たら、そして道術として歓迎を作った<戦友>の行為まで犯罪にみると、チェ・ドンフン監督は、もうこれから作る映画の性格を最初から規定建てることはように見えた。 現在、準備中の新作<盗人たち>(仮題)も、彼が考えているケーパーフィルムの磁場中に置かれた作品である。 韓国の泥棒たちが中国の泥棒たちと一緒にマカオのカジノに隠された宝石を盗むというのが、<盗人たち>のおおよそのオルゲダ。 盗人たちの間に広がるのは望ましいと裏切りの陰謀が幾重にもたまる一方で、完璧に近いカジノのセキュリティシステムを打つ軽快な操作も<盗人たち>の活力となるように見える。 前作では探検の詐欺と賭博のきめが盗難とはまた別の罪で一点に集まるのも当然だ。 会話の中に『ケーパーフィルム』という会社名がさらにもっともらしく聞こえた。

- マカオに行ってきたと聞いた。

=これで、頻繁に行かなければならない。 都市の感じを見て行った。 運営スタッフ側に話してカジノの裏側も見ようとしたが、従業員たちが働くレストラン、従業員たちが通う通路、VIPルーム程度見せてよ。 お金を保管するキャッシュボックスと具体的な警護システムを探さねばなりませんが...まあ、実際にはもうそのような内容は、すべてヒストリーチャンネルで、ドキュメンタリーとして放送したはずで大きく問題になることはなさそうだ。

- 会社の話からしよう。 製作会社の名前がケーパーフィルムである。

=もちろん韓国はもちろん、ジャクダンモウイラン意味があり、それは私が作った映画にもある要素ではある。 '団結成の模擬'にすると、ちょっと変だからケッパーで作ったんだ。 最初はペーパーフィルムにしようとした。 すべては紙でスタートするから。 紙とフィルムが映画の始まりであり、終わりではないか。 ところが、その名は、どの会社が書いてあったよ。 妻の名にちなんで『ASH』で建てるかを考えた。 ところが、なぜかジェチョロム飛んでしまいそうなので...。 (笑)

- ガーゼで定められた新作のタイトルは、<盗人たち>である。 なぜ『泥棒たち』ではないか。

=女性も出てくるから泥棒たちで決めたことだ。 (笑)それなりのフェミニズム的なタイトルである。 今はガーゼなのに、実際のタイトルは、奇妙で、簡単に建てなければならないようだ。
女性キャラクターのセリフを使うのがおもしろかったよ

- <盗人たち>は、いつ始まったプロジェクトである。

= <戦友(チョヌチ)>を終えた後からだった。 きっかけは単純だった。 <戦友(チョヌチ)>を釜山で撮ったんですが、
その時船が固定するの港を見ながら、ここでの盗難の映画を撮るとおもしろいという気がした。
<戦友(チョヌチ)>が終わった後、すぐに話を視覚化したところ、[完了] 3月に香港国際映画祭に行くことになった。 その時すでに、この映画は、韓国俳優と中国の俳優が同時に出なければならないという考えをした。

- 前作を見れば、泥棒という職業について、普段から関心を持つしかなかったようだ。

= <いかさま師>取材するときに、どのような方がそうだった。
"ギャンブルは汚くて、涙の多い街なのになぜしようとするのか。 私が知っている人の中に泥棒がいるが、その人や会ってみろ。"会って負けたことができなかったし、ちょっと話を聞いた。 その泥棒はジョセヒョン劣らない泥棒だったよ。 ところが今は、アパートの警備をしているとした。 皮肉なことではないか? そのような物語たちで興味を感じたことはあった。 作業に入る前に、教会に行って祈っている泥棒の姿というか。 フレッドジンネマンイ作成<鼻汁を食べた話を見ろ>という映画がある。 私の大好きなアンソニークイーンが、スペインの悪徳警官に出てくるが、教会に行って、自分が必ず犯人をつかんでいっ私はこの教会に出したの献金がいくらかと泣き叫んで祈る場面がある。 3月にマカオに行ったのですが、そこの大聖堂に座っていて泥棒たちが大聖堂に来て、仕事ジャルドゥェゲしてくれと祈る場面が連想された。 <インファナルアフェア>にも記載さ祈る場面が開始ではないか。 私はそれがいつもの皮肉だった

- どのような泥棒が出るか。

=韓国側の泥棒は、純粋なプロの強盗犯である。 美術品を主に盗難に、これらの中には金庫を取る人、サクラなどの技術がある。 ジュングクチョク人物は、武装の川だ。 これらが集まってカジノを払うことだ。 カジノが奪われるかい、という疑問がある場合もありますが、実際のカジノが奪われたりもする。 ほとんどの武装強盗による犯罪だと言っていたよ。 すっと入って盗むことができるお金は小さいお金しかだめだから。 中心人物は、ポパイとマカオバクイラン人物だ。 ポパイは、盗難にお金を儲けてそのお金で建物を買った後、手をトルリョは人であるのに対し、マカオられた財産増殖よりもスリルのために盗みをする。 この他に生計型泥棒も出てきて幼い泥棒と老泥棒も出てくる。 これらのうち、女性が4人だ。 韓国側に三人、ジュングクチョク一堂に一人の女性の泥棒がある。

- 前作に比べて女性キャラが多い。

=使って見ると、女性キャラクターの台詞を使うのがおもしろかったよ。 女性が男性よりもゴヅジョルミハンようだ。 そんな感じのセリフが与える快感がある。 映画で金庫を開けるのは、主に女性である。 女性だけのフレンドシップ? そういうことも考えている。

- 当然メロも言えるだろう。

=男と女がいるから。 X軸、Y軸に色々とヨクオボルだ。 <犯罪の再構成>でパク・シニャンとヨムジョンアがお互いの本性を隠して行われる芝居のシーンが3つほどあった。 その時は、バランスのためにペトヌンデ今回はそんな感じをしない引きジャルヘボとする。

- <盗人たち>は、お金ではなく、宝石を盗む話だと聞いた。

=マカオのグランドリスボアがスタンレー号が立てた。 彼が寄付されたダイヤモンドの2つのホテルのロビーにある。 物語の出発は、そのダイヤモンドだった。 ところが、ロビーにあるダイヤモンドを盗むのは楽しみがないじゃないか。 従ってより奥深いところにある宝石を盗むことで変えたのだ。

- 構成上、<オーシャンズイレブン>や<イタリアン漁>と比較するしかない。

= <オーシャンズイレブン>は、現代のおとぎ話ではないか。 11人が集まって、正常に振って湧き上がる噴水を見てプドゥトハゲ映画が終わる。 <盗人たち>には、胸がいっぱいである。
愛と陰謀と裏切りが横行するジョルドパンイルだけで、これらが集まってハンタンし、引き裂かれているべきのに、よく破ってまでのかよく釘の破れかかという話だ。 実はこんなことに注意犯罪映画の中の最高は、ほとんどのヨーロッパの映画だ。 ジュールズ二度との<リピピ>や<トプカピ>のような作品だ。 もちろん、そのような映画からインスピレーションを得たとしても、私はまた、友党担々撮ることになるだろう。 個人的には、オーシャンズイレブン>は軽快したが、<イタリアン漁>には楽しみがなかった。 泥棒があまりにも神がかりではないか。

- 泥棒たちが繰り広げるの盗難は、どのようなスタイルで描くつもりなのか。 <エントゥレプモントゥ>のように電子機器を活用するのではないようだ。

=電子機器のようなものはない。 ただ肉体労働である。 私はそんなことでは信じる。 その優雅な泥棒がオディトナ。 泥棒は、多こそ泥である。 <ミッション:インポッシブル>や<スニーカー>を見れば、コードを混乱させて浸透させ、そうするのに、なぜそのようなことはちょっと偽物だ。
<盗人たち>の方式は基本的にウォルダム'である。 (笑)密かに潜入して、静かにムンタゴそのようなことなの。 このシナリオを準備しながら、韓国で行われた宝石窃盗事件関連の記録を見たが、完全にドィトビョクをくぐって入っていたよ。 一晩あけて盗むことだ。 監視カメラのようなものは傘を広げて選別し、警備員はただ殴って気絶させて。 この映画のテーマでも言うと、『戸締まりをジャルハジャ'だ。 (笑)

- <泥棒たち>には、前作で紹介した詐欺と賭博が全部混じっているように見える。

=だから基本的にソンドンギョクソの戦術が登場する。 <カジノサベイランスシステムの理解>、
こんな本も熱心に見ている。 外国のサイトを見ると、'アントゥウォプエソ起ったの宝石盗難事件の実体'、このようなタイトルの詳細な記事もたくさんある。 外国では、記者たちがそのような詳細な記事をハリウッドに売ることも多かったよ。 国内では、その犯罪者はどのようにされたという内容が多い。 この映画も、どのようにフムチニャヌンディテールと一緒に従ってこれらはどうなるのか傍点を置いている。

- 映画の舞台を、マカオに決めて、中国人のキャラクターを設定した理由は何か。

=最初は話がミトギョヤのであった。 私がいつも気にするのがそれだ。 韓国でも、実際に金庫をターンの人々が、警察の包囲網を避けて日本に遠征行った事例はあった。 しかし、映画的に見ると、外国のプングァンマン見せながら、韓国の人々が主人になりすまして歩き回るのが不慣れなようだった。 言語的な問題もあった。 韓国の人々が、香港やマカオのような所に行って、本格的な作業をするのが嘘っぽいので、地元のキャラクターと紡がれるのが劇的事実性を高めるようだったよ。 もう一つは、俳優への欲求のようだ。 幼いころから見て育った中国の俳優ではないか。 彼らと一緒に作業をしてみたいと思うのだ。

<三銃士>や<宝島>のように...

- 香港とマカオの印象はどのようなゴヨトナ。

=すばらしかった。 どのようにこれらの建築物で満ちている都市があるだろうかシプドラ。
20階建ての古いアパートが碁盤のでもなくぎっしりと立っているのが印象的だった。 マカオではカジノを交渉しようといろいろなところに行って見たところだったが、都市のきらびやかさが悲しげに美しいよ。 シンガポールも行って見たが、都市があまりにも健全してカジノも健全な雰囲気だった。 また、ここには14万ウォン程度の入場料を出して入らなければならない。 マカオは19歳を超えると、誰も入ることができる。 人々を興奮させる雰囲気もあり、巨大なハーレムに入った気分だ。

- 前作と似ている部分があるしかないが、それでも他の点を予想する。

=窃盗だから一応静かではないか? 賭博はすごい迫力してあげるのがありますが、盗まれるときは、お騒がせのではないか。 前作よりも裏切りが多く入っている。 何よりも前作に比べてプロットが複雑にしないようだ。 昔は構造に関心が多かったが、<盗人たち>は、時間の順に解いてこそ面白い構成である。 子供の頃に読んだ<三銃士>や<宝島>を考えて見ている。 どんなことがあって、その仕事に参加するために、人々が集まる過程の話なのにそのような古典的な過程で感じることができる魔法の塀だ。

- <盗人たち>は、妻のアン・スヒョンプロデューサーと一緒にするプロジェクトだ。 夫婦は監督とプロデューサーに会う場合がかなりある。 韓国には、リュ・スンワン監督とカン・ヘジョンの代表があり、香港にはソグク監督と彼の妻市南生がいる。 どんな点がいいのか。

=多分ソグク監督は、妻に身動きできないのだ。 私はとても良い。 (笑)の人々はそうするうちに滅びれば両方滅びるだろうと、卵を1つのバスケットに盛るなと言っていたよ。 ところが、監督としては、プロデューサーの面倒が必要である。 彼女の家でも外で、同じ時刻世話を受けるのが好きだな。 今回は、シナリオを書く作業も、他の作品よりもはるかにおもしろかった。 なんだかんだとしたりするが、励ましがいかに重要であるかどうか分かるよ。 映画というのが本当に寂しい。 そんなことが動力になったりして。 内部のPDは、私の個人的な寂しさは認めてくれる一方で、必要に応じて来てボドゥムオジュというのがある。 夫としては上手なのがありませんが、妻としてはとても素晴らしい。 (笑)

'デファシン'をよく撮るのが目標だ!


<イングロリアスバスターズたち>を見ながら、このように遅いの映画がどうしてこんなに面白いのだろうかと考えた。 一番面白いのが会話のシーンだった。 クリストフウォルチュが演技する場面を見ながら、俳優たちが言うことの原初的な悩みが復活する。 <盗人たち>にも韓国と中国の
泥棒10人が集まり、最初の会議をする場面がある。 10人の話をして見ると長い。
シナリオで4ページ程度になる。 中国語、韓国語、英語が混ざり、"あの子が今何言っのか"とカンジョクゴリギドの対話だ。 盗難シーンよりもそのような話が映画の正体をさらすようだ。 <犯罪の再構成>ときは、話をすぐにするのが優先だった。 俳優たちに唾飲み込まないではなく、チャットするとき食べてもできないようにした。 <盗人たち>では、それぞれの個性が明らかになり、緊張感が維持される、韓信としての完成度を達成してみたいと思う。 映画をよく撮る監督たちを見れば、やはりそのような会話シーンをよく撮るようだ。


文: ガン・ビョンジン 写真: オ・ギェオク 2011.01.11
by kazem2 | 2011-01-12 22:12 | Comments(0)