ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[ユ・ジュンソク] 「サウンドパズル」で醸した怪談である

☆cine21.com
40分間のホラー映画<鬼音検索>のユ・ジュンソク監督
e0109292_18374844.jpg




とても緊張した様子だった。
インタビューが終わる頃こそユ・ジュンソク監督は、緊張が少しプルリョトヌンジあれこれ個人的な話を解放し笑顔の花を咲かせた。 音を利用したホラー映画を作ったという言葉に、サウンド専攻ではないかと期待されてきたそうではない。 音に対する彼の関心は、謎の構造で、観客の五感をジャプアチェギのための独自の一種の差別化戦略のいずれかとする。 ユ監督は、2003年にインビジブルシリーズの1編<隠れた音を検索>を演出し、2005年にOCNで放映されたミステリーシリーズドラマ<コマ>のイ・ムウォニ主演の3編を演出したことがあり、今回の公開作の<鬼音検索>は、インビジブルシリーズ2の方だ。 ホラー映画で、鬼の音が聞こえるは、田舎の家を取材するテレビのリアリティーショープログラムグレムチムが主人公だ。

- 上映時間40分の映画が劇場で正式に公開するのは異例だ。 どのように実現できています。

=短編を操作する人々は映画祭の外で映画を上映するのが難しい。 その点、一応劇場で正式に公開するのは、意外であっても意味があるようだ。 最初は、配給会社インディーストーリーから連絡が来た。 インビジブルシリーズ3編まで作成して、細片を縛って一緒に開封することを相談するためだった。 しかし、私は、今の精神を置き、他のことを書いている中だとすぐに3編をマンドゥルギン難しいようだった。 そうするうちに馬の出たついでにわずか2本のみの単独公開しようという方向で意見が変わった。

- いわゆる<鬼音検索>はインビジブルシリーズ2の方で、3編まで計画されているというのだろうか。

=そうだ。 3編まで構想した。 しかし、まだ3本の内容を持っているわけではない。 考えている。 細片を結合するブリッジが必要になることイトゲトゴ限りませんイトゲトゴ。 今は結局、2本の単独の公開に焦点を当てている。 3編までまとめているのは今のところはひとまず心を空にした状態だ。

- 音への関心はどのようにできるようになったのか。

= <幻想特急>のような奇妙な話を好む。 しかし、既存のものと差別化と思った。 そうして視覚よりも聴覚的なものに人々がはるかに敏感だという考えをするようになった。 それとともに、サウンドの謎を思いついたのだ。

- サウンド専攻である。

=ではない。 私が勉強を元によくできなかった。 高校生の時も最下位だった。 (笑)あ、アントンの大学の映像関連の学科に入学したことはあるが、そこがちょっと変な学校だった。 <ヅサブ一体>が実質のある話だよ。 実際、その地方のチンピラが学校に通うことではないか、寮の点呼の棒を持って言わないが、そうするうちに、私は映画サークルを一つ作って表示したが、元いた放送サークルでの性的虐待を置いてよくはなかった。 合わなくてやめるしかなかった。 映画は独学だ。 しかし、映画への関心は、本当に子供の頃からずっと持っていた。

- サウンドを使用することに関する具体的な演出の計画があったようだ。

= <鬼音検索>は、3種類の音が出てくる。 最初は、劇中の取材チームが操作するサウンドだ。 その音は、木を誰かが踏んで私は音のようなものだ。 映画の中の現場がハンオクジプだと見ると陰鬱な音を出そう、という思いで作った。 2つ目は、映画の中の取材チームのうちジョンピルウーという、鬼の音を聞くことを知る人は本当に鬼の音がして、起動時に私の足跡の音だ。 そして三番目は、サウンドレコーダーで録音された鬼の抹消だ。 このように性格の異なる3つの音が出ている。 鬼の音は、実際に女優の声で録音して、コンピュータに入れて見たがどうもおかしいよ。 あまりにもはっきりと聞こえた。 代わりに男の声で録音してから押しつぶすリョトドニ本当に女鬼の声だった。

- フェイクドキュメンタリーや放送番組、式のように続いた。

=その方法をタルギンが劇映画に合わせてシナリオを書いた。 コンチマンなかっただけで、完璧なシナリオを持って行った。 サミーフェイクドキュメンタリー程度だとすれば良さそうだ。

- シナリオはどのようにプルオトナ。

=サウンドパズルというコンセプトがあった。 サウンドを題材にパズルを出して観客に接近すれば良いという気がした。 特に、怪談風だ。 なぜ、子供の頃にテントの中で、恐ろしい怪談をたくさん聞いたりしなかったか。

- 個人的に知っている最も恐ろしい怪談は。

=実はそうではない。 (笑)しかし、2009年のコーヒーショップでのバリスタアルバイトの仕事をしていた時ですが、一緒に働く女性職員5人にメッセージを一枚ずつお互いに知らないうちに配った。 そうして、それを集めて、同時に合わせてみるとした。 紙には、それぞれの後、に、ジョー、シム、海、한자씩書かれていた。 集めてみると「の後に気をつけて!」ではないか。 ?ってみんな驚いていたよ。 そのとき、ああこれが面白いんだろうなあと思った。 <鬼音検索>は双子の姉妹の不倫の物語で進行している途中のどたん場には、予期せぬ五音節が合わさながら終わらないではないか。 40分で39分メクゴピンイルこともできるということだ。 誰かが、この映画の後半に誘致する、また終わってから考えても幼稚だ、こういう純のにでもまあ仕方がないようだ。 真剣なふりをしながら罪の意識を触れたし、恐怖効果を与えるのだ。 映画祭で上映するときに興味深い光景を一つ見たが、観客がスクリーンは、内部のレポート劇場のスピーカー側にずっと関心をヅドラ。 (笑)

文: ジョン・ハンソク
写真: オ・ギェオク 2011.01.12
by kazem2 | 2011-01-12 18:37