ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

映画「グローブ」 チョン・ジェヨンインタビュー

☆cine21.com
[チョン・ジェヨン]期待を裏切らない信頼できる先発投手のように
e0109292_19595786.jpg

ひとつひとつの作品の他の姿を見せてもチョン・ジェヨンは、終始一貫して。 単純に熱心にするという言葉ではない。 彼は自分が演じるキャラクターがフィルモグラフィーの中で占める割合を心配したり、過度に意味を付与しない。 ただ'現在'引き受けた役割に忠実だ。 結果は、他の人が判断すればよいというジュウイダ。 このような姿は、一喜一憂しない性格がかなりの部分に作用するが、逆に言うと『演技』を長くしたいという彼の風というのがより正確にする。 そんなチョン・ジェヨンが<コケ>の白髪いっぱいの高齢者チョン・ヨンドク次のように選択された作品はやはりカン・ウソク監督のヒューマンドラマ<グローブ>だ。 劇中のチョン・ジェヨンが引き受けたキャラクターはギム・サンナム。 彼はスプリッタを主な武器に『百なら百内野ゴロ』を作る韓国最高のコントロールのアーティスト、一プロ野球チームのエース。 同時に、あちこちの事故もたくさん打って通うわっぱでもある。 そんな彼がどのような事件としてKBOに懲戒処分を受けて、うかつに聴覚障害者で構成された忠誠心学校野球団を務める。 チョン・ジェヨンが言う主人公ギム・サンナムと映画<グローブ>の8つのキーワードで構成した。






ギム・サンナム
ギム・サンナムは独特で、クールで、野球選手としての誇りがすごい。 女性に接するときは、ゴトジョンボダソクジョンイ多い。 実際の私の姿と最も似ているキャラクターだ。 劇中で使う言い方も私は、普段話すことはそれである。 'このように誠意なしにしても、されるが'と思うほどに演技するのが楽だった。 出演を決定するとき<コケ>や他の映画のキャラクターのように、『ああ、これはどうすればいいか』と心配する必要がないほどだった。 ただシナリオ賞イヤリングやアクセサリーを飾ったギム・サンナムの外見は、キャラクターを作る過程で失った。 最初は染めもしようかと思ったが、そのまま行くのがマトゲトダと思った。 シナリオに描かれてギム・サンナムの外見は、実際の私の年齢より若い俳優にもっと似合う姿だったからだ。

野球
野球を見るのは好きだが、直接するのは...。 たまに家族と一緒に蚕室(チャムシル)球場に行って、ビール一杯ずつ飲みながら野球をボギンする。 プロ野球元年の時から、三星ファンだった。 故郷がソウルだと友人たちが完全にOBやMBC青龍の子供会員に加入した。 しかし、なぜか他の人々と他のチームを応援したいと思った。 三美スーパースターズを応援する子供たちは、ちょっとないようで。 (笑)このチームはそのチーム探して、ライオンのジャンパーが素敵に見えて5千ウォンを出して、三星ライオンズの子供たちの会員に加入した。 最近引退したヤン・ジュンヒョク選手が出場するまで好きだったが、今では、ライオンズが世代交代をしても知っている選手があまりない。

訓練
ギム・サンナムは、<知っている女性>の同値性とは異なり、韓国最高の投手だ。 そうしたら撮影ヅセダル前から投球フォーム、ベチンボル演習などの映画に登場する場面を中心に練習しなければならなかった。 投球フォームの場合は、ギム・サンナムの本物の主な武器であるナックル(親指を除く四本の指でボールを握って投げる球種)を主に練習した。 バッティングボールはサンナムが聴覚障害者の子供たちに守備練習させる場面を中心に準備した。 プロ野球のコーチが選手たちにボールを打ってくれるように、フォームがそれは私が、選手たちが一生の間のことを、数か月以内にハリョニカ容易ではなかった。 (野球の映画できたので、社会人野球に参加するつもりはないのか?)バスケットボールの映画と、バスケットボールの必要があり、サッカー映画とサッカーするのか。 (笑)

聴覚障害者の野球チーム
これまでの聴覚障害者が運動をするとすれば野球は彼らに簡単なスポーツだと思っていた。 サッカーやバスケットボールのように激しい動きが必要ともせず、サインを使って作戦を指示するのである。 ところが、野球は、音がとても重要なスポーツだということを知ることになった。 球がバットに合った音に応じて、ボールが出る方向が変わる。 聴覚障害者はそれをキャッチできないから一般の選手に比べて判断が遅い。 一般的に野球をメントルゲームだとではないか。 じっと立っていても『アクション』が必要だということだ。 サンナムが子供たちに『技術』より『精神力』を先に教えるのも野球が彼らに大変な運動ですが、それでもひるむ必要もないということを悟るようにするためだ。 それは映画が言うには、メッセージを祈って。
e0109292_20294988.jpg

成長
映画の序盤、スーパースターサンナムは、懲戒処分を、当該田舎に下がるのが気に入らないのでした。 おそらく野球の思い出にしたくない気持ちもある程度いたようだ。 しかし、『障害』のために消極的な人生を生きていく子どもたちが'サンナム』と『野球』で『熱情』を学ぶ。 この姿を見たサンナムは、情熱的な時代の自分に向かっているのだ。 それとともに、自らの再取得がんじゃないの。 それでも映画の中でサンナムが反省する姿を直接見せわけではない。 <グローブ>がどのように見ると、ありきたりの構成の成長ドラマだが、『新派』に陥るのを自分で警戒している話だ。

若い後輩たちとの呼吸
トレナ先輩俳優たちと呼吸を合わせた最近作とは異なり、今回はキム・へソンをはじめとする若い後輩たちと一緒に演技した。 実際の私と私の友人たちとの関係と大きな差はなかった。 ハンヅサル幼い後輩なら言葉と行動を注意しますが、あまりにも年の差が多く私は友達だから気楽に過ごした。 サンナムが忠誠心学校へ行こうとすぐに子供たちにちょうど接するように、後輩たちに『上手くてみろ』、『こうすれば演技がドゥェゲトニャ』と気楽に言った。 映画のようにその状態のまま現実に代入がなっていたよ。


現在進行形俳優
映画の一、二編に一喜一憂しないようにする。 例えば、フィルモグラフィーが
100の味方が何が重要なのか。 どのような態度で、どのような演技で、100編をしたかが重要である。 人間だから、その時点で本能的にイルフイイルビハルことができますが、できるだけ心が揺れないように、耳が厚くなるように努力する。 また、年末だから、今年の最後の'だ'新年の計画』だからそんなことをする雰囲気だ。 他の人々が'今年どうだったのか』と尋ねてみると漠然と『私は、今年何をしたのか』と振り返る。 もちろん、それを先に考えている方ではない。 デフォルトでは、私に『今年』のコンセプトは、『一作品が終わった時』だ。 毎時、毎作品『現在進行形』だよ。 その点で、今回も<グローブ>という作品をもう一方にした。
e0109292_20304810.jpg

次回作
映画会社のばねに入る<カウントダウン>(仮題)という商業映画だ。
アクション、ヒューマン、ドラマのある話で、新人監督の作品である。 出演俳優はまだ調整中だ。

文: キム・ソンフン
写真: ベク・ジョンホン 2011.01.10


スタイリス:トシンレヨウン リュ・ヒョンミン ヘア:キム・ヨンジュ副院長(jenny house)メイク:ギム・ヒョジョン(jenny house)衣装協賛Ermenegildo Zegna、TIME homme、cp company
by kazem2 | 2011-01-11 20:00