ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[ムービーディック]科学忍者隊ガッチャマンはどこで生まれたのだろうか?

☆cine21.com
<蜂鉢の大冒険(みなしごハッチ)>作られたタツノコプロについて知りましょう
e0109292_1858183.jpg


タツノコプロは60年代のテレビで見ていました
「マッハGOGOGO」「おらぁグズラだぞ」「紅三四郎」「ハクション大魔王」
70年代には あの有名な「いなかっぺ大将」「みなしごハッチ」
ナム・ボンギ(イ・ミンギ)がよくからかったり歌っていた「ポールのミラクル大作戦」などなど
タツノコプロとは長い付き合いになります



Q1。 <蜂鉢の大冒険(みなしごハッチ)>を制作したタツノコプロはどのようなところですか。

A. 最近の人々に聞いてみると、日本で一番有名なアニメ制作会社はスタジオジブリとするが、1970〜1980年代に子供時代を過ごした人なら、<科学忍者隊ガッチャマン><不思議の国のポール><ケロッコデメタン>をまだ覚えているはずです。 タツノコプロダクションは、まさにこのような作品を作った会社です。 他にもロボットアニメマニアなら知らない人はいない<新世紀エヴァンゲリオン>(ガイナックスと共同制作)や<超時空要塞マクロス>などがすべて辰野鼻で制作したアニメーションですよね。 1962年に創立され、もうすぐ50周年を迎えるほどの長い歴史を持つメーカーでもあります。

Q2。 タツノコプロダクションならではの特徴があるミョンヨ?

A. 日本の多くのアニメ製作会社が人気漫画を原作に、作品を作っているときに、企画からキャラクターに至るまで、完全に創作のアニメーションを作ったのがタツノコプロの成功の秘訣でした。 特に、キャラクターメイキングやメカニックデザインで独歩的な能力を誇るが、そのせいか、1990年代に会社の経営が難しかった時期を、これらのキャラクターを再利用したリメイク作品で脱出した歴史があります。 最近では、アニメーション<勝てスンリホ>(原題<ヤッターマン>)のリメイク版<勝てヤッターマン>というタイトルで、韓国で放映になったんです。 1980年代以降、昔のように完全な創作作品をたくさん作ってはいないが、あらゆる逆境を乗り越えて勝利する主人公の姿を劇的に描く独特の雰囲気はずっとイオジョワトんです。

Q3。 タツノコプロダクションの有名なキャラクターにはどんなものがありますか?

A. 我が国でも、あまりにも有名な科学忍者隊ガッチャマンをはじめ、新造人間キャシャーン、ハリケーンポリマ、宇宙の騎士デカ一番のように冷静なアクションを見せてくれるヒーローキャラクターが多いです。 しかし、我が国では、TVシリーズ<ハッチの冒険>の『ハッチ』にもっと知られていた<蜂鉢の大冒険>の蜂鉢やけろっこデメタンなどの情感に行くの動物のキャラクターもの人々の記憶に残ってる。 他にも多くの子どもたちに金色のライターを持って思うように作った黄金戦士ゴールドライタンのようなロボットヒーローもあります。

Q4。 日本のアニメでタツノコプロダクションの影響がとても大きいと聞きましたが、どのくらいですか?

A. <攻殻機動隊>として世界的な名声を得た押井守監督が初めてアニメーションを作成するところがタツノコプロダクションです。 もともと事務職に入ったが抜擢されたとしますね。 かつては『タツノコ4天王』と呼ばれるほど重要な人物だったそうです。 そのほかにはタツノコプロを通じ、日本初の『メカニックデザイナーとしてデビューした後、『ガンダム』など多数のロボットのデザインを作成した大河原邦夫、<科学忍者隊ガッチャマン>などタツノコ作品のキャラクターデザインを担当し、以降のゲーム<ファイナルファンタジー>のイラストレーターとして有名になった天野喜孝などがすべてタツノコの出身です。 他にもプロダクションIG、スタジオぴえろ、JCSTAFFなどダスノコ出身者が設立したスタジオが、今も活発に活動しているそうです。

Q5。 ハリウッドにも進出していたのに?

A. タツノコプロダクションの2番目の作品の<走れ稲妻号>(原題<マッハGOGOGO>)は、米国で<スピードレーサー>というタイトルで絶大な人気を享受しました。 アメリカ人は、<スピードレーサー>は、米国のアニメーションであると思っていたそうです。 その影響で<科学忍者隊ガッチャマン>なども、米国で放映されましたが、<スピードレーサー>ほどの人気はなかったとしています。 1993年には米国で独自に<スピードレーサー>のリメイク版アニメを制作したが、大きな人気がなく、結局30年前タツノコプロダクションが作った原作を再放送したという逸話があります。 以来、ウォシャウスキー兄弟が実写映画<スピードレーサー>を製作したが、やはり原作のアニメーションだけではないという話をしたんです。


投稿ギム・イクファン<月刊ニュータイプ>シニア記者 2011.01.11
by kazem2 | 2011-01-11 18:58