ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

地球の終末お問い合わせメールはもうやめて

☆cine21.com
NASAが選んだ最も非科学的な映画は「2012」
e0109292_1831571.jpg




映画「2012」

米航空宇宙局(NASA)の名前がこれまでより頻繁に新聞紙上に上り下りしている。 国家予算の重点を置くため、性急に発表したことで非難される「ヒ素を食べて生きるスーパー微生物」とか、2012年に地球に近づく巨大地球外の宇宙船の存在を確認してくれという要請に悩まされているなど、様々な内憂外患でにぎわっている。 そのようなNASAが、今度はハリウッドの上の矢を向けた。 NASAで自主的に選定した'今までで最も愚かな科学的に傷、多くの映画『名簿が発表されたが、栄誉の1位はローランドエメリッヒの<2012>が占めた。

NASA、地球近接小惑星ランデブー計画(Near Earth Asteroid Rendevous)チームのドナルドイェモンスヌン"<2012>は、『悪いの科学』を示す非常に例外的で特別な例"ときっぱりと明らかにした。 "監督は、いわば世界の終末の根拠として、古代マヤ文明の予言を引いてくる。 2012年12月21日以降のカレンダーが存在しないという噂を信じる国民の不安を悪用したのだ。"映画の中の記述とは異なり、実際の太陽の爆発とニュートリノ、ハリケーン、地震、津波の間の相関関係は、物理学的観点から表示すると、緊密な相互作用を起こすという。 "地球は、過去40億年の間無事だった。 そして世界中の信頼できる科学者たちは2012年に関連するいくつかの特別な脅威の兆しも検出することができないと明らかにした。"NASAは、<2012>が2009年末に公開された以来、全世界的に膨大な量の電子メールと電話殺到業務に苦しんだと吐露した。 "私たちは、そのマヤ文明の神話を論破する個別のWebサイトを作成しなければならなかった。 昔はこんな事を経験したことが一度もなかった。"

不十分な根拠に利用されている他の映画では<デイアフタートゥモロー><第6日><チェーンリアクション><コア><ボルケーノ> <アルマゲドン>のドキュメンタリー<ブリップ>などが挙げられた。 <ブレードランナー><ジュラシックパーク><カタカナ>は、賞賛を受けた方だ。

文: ギム・ヨンオン 2011.01.11
by kazem2 | 2011-01-11 18:31