ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

1/14 チャン・フン監督 映画「ゴジジョン」韓国戦争はその砲火の中へ

☆cine21.com
e0109292_1324217.jpg

             チャン・フン監督の<ゴジジョン>撮影現場
埋められた特殊効果過剰設備が勃発すると、フルドミが飛んできた。 周りを振り返ったらみんなマスクをしていた。 配給会社の関係者が伝えたマスクをなぜ忘れてきたのか後悔した。 冬の撮影現場、特に屋外の現場は、マスクと帽子、登山服が必須のようだった。




ナビに住所を取った。 ハムヤングンソングはボサンリ山61番地。 ナビゲーションをポイントし、所の長さではない。 運転運転手さんは、"公共のことで出てくる"と話した。 方向だけを追いかけてダルリョトドニ'<ゴジジョン>撮影現場'と書かれた一時的な道しるべが見えた。 いくつかの道標を過ぎると急なギョンサギルの道をめぐる寒冷な山が現れた。 2010年12月7日。 <ゴジジョン>の56周目の撮影が行われているこちらは涵養白岩山のどちらの裾である。 去る2009年4月12日午後3時ハムヤンウプとソング面にわたったベクアムサン7合目に発生した山火事は翌日まで続き、約25haの山林を焼いた。 当時、事件を報道した記事は、"山火事の発生初期ベクアムサン近隣ソングはボサンリボガク村の周辺にまで炎が広がって、住民40世帯80人が近くの村に避難したりもしたが、幸い人命被害は発生しなかった"と伝えた。 "白岩山は、智異山国立公園に属していない"は、最後の文は、国立公園ではないので、それさえも幸いだということだエクトオ見えた。

<火魔がフィルスルゴ行ったベクアムサン裾から6.25より>

山心強い屏風三亜に住んでいた住民たちにはヤソクハンことや、韓国戦争当時の高地の戦いを描く映画<ゴジジョン>には、これほどのオープンセットがなかったのだろう。 <ゴジジョン>の演出を務めたチャンフン監督は、今年7月のインタビュー時に、当時の様子をとらえた何枚かの証拠写真を示した。 目の前に見える山の姿はミスルチムの手が届かないゴトカジド、その写真の中の高地と似ている。 焼けてしまったと言うよりはオフになってしまったと言うのが正しいそうな木々。 の付いた痕跡さえ消えた土地。 次々と浴びせる手榴弾と貝を耐えていた韓国戦争の時の告知や火魔がフィルスルゴ間の山や姿は違うところがない。 撮影前に現場にワボンチャン・フン監督は、"写真で見た告知の悲しい感じがそっくりそのまま感じられたが、大規模な設備と人員を撮影することができる場所であることをスタッフの顔色を見た"と話した。 製作陣が一番最初に始めたのは、土木工事だった。 土を積んで道を作って、安全のためにガードレールを打ち込んで、その道をミスルチムが上がり、シャベルゴクゲンイロ戦争当時の告知を再現した。 リュ・ソンフイ美術監督は、山に申し訳ない思いがした"とする。 "慶尚南道(キョンサンナムド)から、戦争時も、静かにあった山である。 数千年間じっとしているが、山火事が出た者であってどのように驚いたのだろうかシプドラ。 さらに、ここで私たちは、戦争映画を撮ってありますので、本当に...。"

現場で会ったチャン・フン監督の初めての挨拶は"気をつけてください!"だった。 撮影に使われる特殊効果の爆弾が埋められた場所に立っていたからだ。 振り返ったら爆発が起こるのポイントは、赤い旗が接続されていた。 席を釘を占めているが何人かのスタッフに次々と指摘を受けた。 5、6回の爆発と機関銃の炎まで登場するこの日のシーンは#.27。 エロクゴジ奪還作戦を示す神である。 エロクゴジヌン映画の中で、人民軍と国軍が二転三転し、奪還しようとする高地の名前である。 シナリオ上で見るときは、江原道東部戦線のある高地に設定されている。 全州での兵舎内の場面を、和順で、人民軍の狙撃のシーンを撮った<ゴジジョン>製作陣は、約3ヶ月前からこの山に上がってきていた。 前日までは、ゴハンも大変で、トイレに行くにも大変な高地の上で撮影をしたという。 さらに、冬山での戦争映画の撮影は、当然、厳しい寒さとの戦いを伴なう。 そういえば、チャン・フン監督のファッションも変わった。 <義兄弟>のメイキングフィルムの中で、ジーンズと白いシャツを着て帽子とサングラスをかけた姿が、かなりのスタイルがあると見た。 今、冬の現場で、彼はアディダス三善トレーニングパンツとジャンパーを着ている。 どこか近所の型である。

e0109292_13103218.jpg

爆発が必要な場面であるだけに俳優たちはリハーサルを繰り返していた。 悲鳴は、そのたびに大きくなった。

<エロクゴジ奪還作戦神_爆発、炎、そして悲鳴>

シナリオに書かれたエロクゴジ奪還作戦の面は、次のとおりです。 グクグンイン守護部隊員たちの立場から見ると、正面には人民軍の機関銃が待ち構えていて、空では、米空軍のインベーダーが爆撃を加える。 迫撃砲砲撃を合図に飛び出したの乗組員たちは以内に死んでいく。 高地の下まで進入した彼らは、機関銃が隠されたトーチカーに向かって一斉に手榴弾を投げる。 貝の演技に人民軍の視界がかすむ隙に、兵士の一人がトーチカーで走って手榴弾を投擲する。 同日公開された場面は、このうちの守護部隊員たちが爆撃を受けて倒れ進める状況だった。 撮影開始を発表したスタッフは、俳優たちに、"阿鼻叫喚です!"を繰り返していた。 "貝が所々にあると考えてください! 悲鳴を上げたり、医者を呼ぶ声も最高です!"は、3台のカメラが同時に撮影を準備した。 チャン・フン監督のサインと一緒に爆発が起こった。 瞬間遠くに立っている位置まで土をはねた。 作戦とはいえ、事実上の作戦ではない。 悲鳴と奇声が横行している隊員たちがあちこちで倒れた。 攻撃でもなく、後退でもなく飛んでくる砲弾の仕方を知らない。 カットサインが聞こえると、スタッフが君やすることなしに叫んだ言葉は"けがをした方がありますか?"だった。 まもなくシン・ジェミョン武術監督の無線機にけがをした人がいないという無線が聞こえてきた。 シン・ジェミョン監督は"ありがとう"という言葉で答えた。

チャン・フン監督がモニターの前に俳優たちを呼んだ。 ギム・スヒョク(コス)とガン・ウンピョ(シン・ハギュン)、ヤン・ヒョサム(ゴ・チャンソク)、オ・ギヨウン(リュ・スンス)、シン・イルヨウン(イ・ゼフン)、ナム・ソンシク(イ・ダウィト)である。 すべてが土がついた軍服を着て土に顔を包みているが、その中でも、高敞石とある上に、特にチャンハダ。 シナリオを見てはいないが、おそらく高敞席が演技ヤンヒョサムウン故郷の妻や、子供まで置いてきたボプハゴである上、この部分的に男性の式は、学校に通う年齢に連行された学徒兵とみられる。 現場の雰囲気を浮かべるのは、高敞石とリュ・スンスの報いのようだった。 モニターをしていたチャン・フン監督が何かを言うと、リュ・スンスは"お金のウォーリーアバウトイット!、子供の新鮮なイッ!"と答えた。 ちょっとの休み時間の間俳優たちは互いにウェグクシク名前をつけていた。 である上に、任意の名前を付けてくれるかが話題だった。 高敞石が決めた。 "子供が賢いんじゃないの。 パスカルはどう? パスカル?"
e0109292_13121436.jpg

コスが演じるスヒョクは、エリコの小心な人でますます機能的な兵士に変わっていく人物だ
e0109292_13111346.jpg


シン・ハギュンは、スヒョクの長年の友人であり、彼と一緒に高地の戦いを体験して友人の変わっていく姿を目撃することは、表役を引き受けた。

<高齢者の手相のような地形で行われる地獄も>

次の撮影が準備されているすきに乗じて高地のウィトソンに上った。 遠くにいるときは、平凡な丘だったが、実際に上がろうというの足で簡単に力がブトジルしない。 #.27で見ると、現在位置は、人民軍が占領した状態だ。 上がる前にしたスタッフに、ここに兵士たちが往来する交通号があるという話を聞いたが、丸太で作った外壁と屋根があり、その上に土で覆われた想像の中の交通号ではなかった。 きっとこの陣地でその陣地に走り回る兵士たちの後ろ姿をステディケムで流麗に込めて出した複数の戦争映画のイメージが浮かんだのだ。 交通号というよりも人々が数えきれないほどトィオダニンせいでピットインペトウルそうな飼いが、複数の分岐点でもあった。 一方では、ミスルチムスタッフたちがシャベルゴクゲンイロ別の交通号を作成中だった。 ここから見ると山全体が波打つような表情だ。 高地の主人がすることもなしに変わる<ゴジジョン>の中の戦争がそのしわに似ている。 リュ・ソンフイ美術監督は、"資料の写真に出てきた当時の地形自体が外国の戦争映画のように交通号が一直線に生えている形ではなかった"と話した。 "一高地で何十回もの戦いを見ると、土地も、数え切れないほどペゴ解放することだったよ。 市街戦のような戦いに比べて、戦争の本質的なイメージをさらに強く想像するようにした。 コンセプトを視覚化するのも高齢者の手相のような地形は、そこで繰り広げられる地獄もの現場を考えた。"実際に近い高地の形は、<ゴジジョン>の撮影とアクションのスタイルにも接している。 シン・ジェミョン武術監督は"アクションの効果ではなく、感情を先にアプセオヌンコンセプト"と説明した。 "射殺されたときも、銃撃の有効性を示したとわざわざ動作を大きくする式のアクションはない。 ユクバクジョン状況でも、戦うこともありますが、戦わないことができないこともあると思っていた。 相手はですが、誰も殺人事件への恐怖を感じるはずだから。"チャン・フン監督が明らかにした<ゴジジョン>の映画のスタイルは、"最大限のスタイルを消去すること"である。 "ギム・オヒョン撮影監督にも多くの話をした。 戦争映画のトン<ライアンの入手>以来、すべてのモノトーンになってしまいましたが、<ゴジジョン>は、当時、韓国の土の色、空の色をグヒョンヘボとした。 アクションも最大限のアクション映画のように見えないのが目標だ。 少し笑って少し悲しみながら軽く消費する戦争映画よりも観客を、当時の戦場に連れてきて置くの映画を考えている。"
e0109292_1313368.jpg


現場は、分周したが、チャン・フン監督の声は大きくなることはない。 ジョグンハン声と口調で静かに現場を指揮した。

午後3時移ろう日が山の向こうに着いた。 その間天気も寒くなる。 高地の下に作成された暗号化には、機関銃が設置された。 テスト三亜発射された銃声がかなりムクジクハダ。 これで、守護部隊員たちは機関銃の射撃に迎え、命を失ったり、射撃を避けて進む。 スタッフの動きも忙しくなった。 害が浮いているときは、できる限り撮影できるほど戦闘シーンを撮って、年に渡った後には照明を活用し、人物のクローズアップを撮影する計画だった。 ジョンウォンチャン制作室長は、通常、朝5時に集まった後、日が暮れると整理をすると伝えた。 再撮影が始まると、今度はさっきよりも多くの砲弾が爆発した。 木まで倒れた。 隊員たちの悲鳴もさらに大きく耳元に響いた。 落ちるの害を捕獲し、進行された撮影は、約30分後にようやく終わった。 照明を設置するスタッフたちを見守っていて山を下りた。 <ゴジジョン>の全ての撮影は、約100フェダ。 ここでの撮影はクリスマス前までに終えるのが目標だ。 いくつかの地域を経て、春が来る2011年2月中旬頃にこそ<ゴジジョン>の戦いが終わる予定だ。 その時になれば、火に焼けた白岩山に自生を始める。

<当時のリアリティが最も重要な答>
    チャンフン監督インタビュー
e0109292_13141100.jpg


- 全ての戦争に見ると、今撮影中の戦いは、どの時点に置かれているのか。

=序盤に行われる戦闘だ。 これで、本格的な戦いを開始する程度と見られる。

- 考証を密かに気に使うと聞いた。

=密かにではなく、堂々とたくさん使う。 (笑)最初にスタッフたちとした物語がこのようなのだった。 戦争映画が本当に多いが、まして6.25戦争は、<ブラザーフッド>もあるのに、どうしてまた戦争映画を作らなければならないのか。 観客の立場でも、なぜまた戦争映画を見なければならないのかという疑問がある場合もある。 当時のリアリティが最も重要なダプイドラ。

- 映画の中の地域ではここがどこか。

=江原道東部戦線どこ週ということだ。 どの告知をぴったりなのではなく、高地の戦いをもとに、象徴的な高地を作ったのだ。 実際の戦闘では、2年の間一ゴジマンて戦っているよ。

- 撮影には難しい点があるか。

=一応天気だ。 天気がフリョヤ土地の色が濃く出るの天気がマルダゴしても翌日に撮影を渡すのが難しい。

- 軽い戦争映画を作るだろうとした。 一応の停戦協定以後に行われた残酷な戦争という点で<ゴジジョン>は、悲劇が予定された映画ではないかと思う。

=まだ話すことができない。 (笑)パク・サンヨンの作家が書いた結末が私と非常によく合った。 今のところは真摯な態度を守ろうとする。 賢明ではない方法でもそれなりの心を現わしと思う。 どのような評価をられるのにゃよりも、そのような態度のかどうかが重要である。

- キャスティングに述べてみよう。

=俳優たちの、既存のイメージとは全く違う姿を探そうとしたわけではない。 既存のイメージを深めている方だ。 コス氏は、第一印象が非常に健康で、正しい青年だった。 スヒョクのためには、少し壊すのが私の宿題だった。 (笑)シン・ハギュン先輩は、人が本当に好きだな。 本物の両班である。 (笑)相手のリアクションが良く、多くの理解してくれる方だ。 は、表というキャラクター自体が、アクションよりリアクションが多い。 観察者の雰囲気があり、ハギュン先輩が見つめる態度がとても良かったよ。

- キム・オクビンはどうなのか。 初めての試みとする本格的女性キャラクターだ。

=中でも撮影するたびに私は緊張する。 やはり私は女性の俳優には下手なようだ。 たまに来るからサポートしてくれると思うのに、それがぎこちない。 (笑)幸いにもオクビンシガとても気さくだったよ。 運動神経があまりにも良くてアクションもよく消化している。

- 女性キャラクターがありますが、<ゴジジョン>が戦争映画に、全作でつながって来た男の映画の終わりのようだ。

=映画を撮りながら、私の男の映画が好きだということを知ることになったようだ。 意識したり、意図したわけではない。 自分の性格上、それが楽なようだ。 今までの男たちの数がどんどん増えたが、<ゴジジョン>次も男の映画をするには、おそらくスポーツ映画をすべきではないかと思う


文: ガン・ビョンジン 写真: ベク・ジョンホン | 2011.01.11
by kazem2 | 2011-01-11 13:02