ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010サイバースペースの旅

☆cine21.com
e0109292_94550100.jpg

1982年に公開された初のCG映画<トロン>の続編<トロン:新たなスタート>
<トロン>は、1982年に公開された。 史上初のCGを使った映画だった。 映画は興行に失敗したが、映画の歴史を完全に変えた。 そして、30余年ぶりの続編<トロン:新たなスタート>が
12月30日の封切りを控えている。 誰もが心の中に質問を抱いている。
いったいなぜ今再び<トロン>なのか。





1982年。 革命が起こった。 デジタル革命だった。 革命の名は、<トロン>だった。
ウォルトディズニーが出した<トロン>は、史上初のコンピューターグラフィックを使用した映画だった。 試写会が開かれた直後に、今よりも若く、体も気が強いられていた時代の評論家ロジャーエバートは、"テクノロジーで作成された音と光のショー"と書いた。 "絶対に悪い意味での言葉ではなく、<トロン>は、完全に技術的な映画だ。 素晴らしい俳優たちがいっぱい布陣しているが、過去二編の<スターウォーズ>映画(彼がこの文章を書いた当時には、<スターウォーズエピソード6:ジェダイの帰還>を開封する前だった)のようにこれは人間の本性についての映画ではない。 <トロン>は、私たちを楽しませ、また、驚くべきことにする機械だ。 以前は、ただの一度も俳優たちが、特殊効果の真ん中に立っているのを見てこんな感覚を感じたことがない。 キャラクターたちは本当にパソコンの中に住んでいるようだ"一方、<ニューヨークタイムズ>は不平を言った。 "うるさいし、精神なく、物語は空虚である。 それがこの映画が提供するすべてである"この驚くべき既視感。 ジェームズキャメロンの<アバター>に注がれた極端な批評を一度思い出してみてください。 <トロン>は、1982年の<アバター>だった。

1982年には生まれていない読者のために<トロン>の話を先にいくつかしなければならない。 巨大なゲーム会社エンコムウイの従業員ディルリンジョ(デビッドワーナー)は、同僚で天才プログラマーフリン(ジェフブリッジス)のアイデアを盗んで副社長になった謀略だ。 もう一つのエンコムウイプログラマーアラン(ブルースボックスラがナー)は、独自に開発したセキュリティプログラム『トロン』を利用してディルリンジョガ掌握しているメインのコンピュータのMCP(マスターコントロールプログラム)にアクセスしようとしたが、むしろ、トロン、このMCPに飲み込まれてしまう。 もっと大きな問題が発生する。 アランを助けてハッキングしようとしていたフリンが初めからメインのコンピュータにファイルを置く森に入って、サイバーの世界に入ってしまったのだ。 フリンは、プログラマーたちが制作した番組がまるで剣闘士のように命をロットするために、死の景気を持続しているのを目撃する。 インゴンジヌンインMCPは、初めから、人間の制御を脱して、実際の世界では戦争を起こそうとしていることを知ることになったフリンはコンピュータの世界の中の最強の戦士であるトロンと一緒にMCPに立ち向かう。 非常に純粋無垢な、デジタル時代草創期のファンタジーだ。

2MBのメモリのコンピュータで開始されたCG映画
<トロン>の開始は、ゲーム会社のアタリ(Atari)が制作したコンピュータゲーム<ポン>(Pong)だった。 黒い画面に白いカーソルと線が点滅しているが、初歩的な一種の卓球のゲームは、1万台以上販売され、史上初の商業化に成功したコンピュータゲームとして歴史に残っている。 当時のビジュアルディレクターとして働いていたスティーブンリースのバグは、<ポン>を見ると、どのような啓示を感じた。 "私はCGだというのが映像をスクリーンに移行するために非常に適切な技術だということを悟ったし、その瞬間から<トロン>のコンセプトが心の中で自然にジャラナギ開始した。"リースのバグは、1977年にアニメーションスタジオをチャリョソ<トロン>の認識に没頭した。 しかし、CGで映画を作るために何よりも必要なのは昔も今もお金だった。 ワーナーブラザーズ、MGM、コロンビアは、リースのバグの夢を全く理解していない。 リースバグが最後に訪れたのは、ウォルトディズニーだった。 もともと無謀な挑戦に飛び込むことで有名なディズニー(ディズニーが保守的だと?少なくとも映画の技術の歴史の中でディズニーは、無限のパイオニアであり、先駆者に近い)は、リースのバグの夢の中で、新しい<スターウォーズ>の可能性を見たはずだ。 劇場用2Dアニメーションの全盛期が幕を降りると、人々はディズニーのアニメではなく、ジョージルーカスの<スターウォーズ>にお金を支払うことを始めた。 ディズニーは、あわてて1979年にSF映画<ブラックホール>(The Black Hole)を製作したが、災害に終わった。 新しいジャンサトゴリルル開発しようとしたディズニーとの新たな実験をしてとしていたリースのバグは、手を握った。

映画が公開された後でも、すべてが<トロン>の革命を理解するのではなかった。 <トロン>は、1982年の<アバター>になるには稼いだお金があまりにも少なかった。 当時としてはものすごい大金1700万ドルを投資する<トロン>は、3300万ドルの興行収入で稼いだ。 もっと巨大なフランチャイズの偉大な成果を望んでいたディズニーは失望した。 アカデミー委員会は、<トロン>を特殊効果部門の候補にオルリギル拒絶した。 "コンピュータを使用するのは不正行為"というのがその理由だった。 スティーブンリースのバグは、アカデミー賞委員会からかかってきた電話をまだ覚えている。 "彼らはそう聞いてきますよ。 どのようなカメラを使用して、コンピュータのグラフィックシーンを撮ったんですか? モデルを作成して撮ったんですか?"当時のCGというのはアカデミーのゴルハンインスピレーションには到底理解できない概念だった。

むしろ<トロン>の可能性に驚かされたのは監督の、あるいは将来の監督だった。 当時、ディズニーのアニメーターとして働いていた、ピクサー社の創設者であり、<トイストーリー>の監督のジョンレセトヌン<トロン>を見ると、CGアニメーションの可能性を実現したと告白する。 "<トロン>は、アニメーション制作のCGIの無限の可能性を初めて見ることができるので、私の目を開いてくれた。"<アイスエイジ>を作成したブルースカイスタジオの代表クリスウェッジも述べている。 "アニメや映画のメイキングの間の統合ということを、最終的に作成できるだろうということを知ることになった。 <トロン>は、3次元の世界への道を開いたの映画だった"<トロ>に影響を受け、新たな奇跡に飛び込んだ人の数は数えることもできない。 さらに、<トロン>にスタッフとして参加した人々は映画、アニメ、ゲーム業界に広まった。 2MBのメモリを持つコンピュータ、330MBの容量の洗濯機ほどのディスクと呼ばれる新技術を用いて作られた映画は、新しいハーレーウッド未来の始まりだった。

未来をデザインするデジタル職人たち
e0109292_9504427.jpg


そして、<トロン>は帰ってきた。 ところで、ここでみんなが気になっていた質問が一つある。
いったい何のために30年以上もこのヴィンテージのデジタル映画の続編を作ると決めたのだろうか。 "もちろん、今になって実現可能な技術を利用して、続編を撮りたいと思う気持ちは理解できるイトダマンあなたたち...本当にこれを作成するのか?"ジェフブリッジスの口から初めて飛び出したの反応は、我々も十分に理解することができる。 大衆の記憶から忘れられていた不滅のカルト映画を再び歴史の中から引き出しには、本当に合理的な技術ではなく、合理的な話が必要なボプアニゲトヌンガ。 <トロン:新しい[スタート]>は、デジタル世界の中に消えてしまった父を探して出た息子の災難である。

ケビンフリン(ジェフブリッジス)は、<トロン>の冒険以降エンコムウイ代表となったが、ある日突然姿を消して消える。 幼い頃に父を失ったサムフリン(ゲロトヘドゥルロンドゥ)はエンコムイラヌン遺産を受け継いにもかかわらず、会社の経営には一切関与せず、むしろ金儲けに血眼になった企業の最新のソフトウェアを密かにハッキングに引き出して、インターネットへの展開の行為に消えた父に対する反抗心を発現する。 そんなある日のフリンは行方不明になったと思っていた父が実際には、コンピュータの世界に閉じこめられて脱出することができなかったという事実を知ることになる。 隠された父の仕事部屋に入ったの噴水は、突然、コンピュータの世界にのめり込んで、そこで女戦士クオラ(オリビアワイルド)の助けを借りて父に会う。 彼はずいぶん前、父が自分自身を複製して作り出したクルージュ(ジェフブリッジス)が'完璧な世界』を創造するために、父を裏切っており、さらにはデジタルの世界での野望を現実の世界に展開しようとしていることを知ることになる。

<トロン:新たなスタート>でデビューしたジョセフコシンスキ監督は、建築学の学位を取得した商業広告の監督の出身である。 彼はこの映画の始まりは『物語』ではなく『デザイン』だったということを強調することを恥じることはない。 "まず、映画を作った経験がない車の設計、建築分野の人々を連れてきた。 米国はもちろん、ヨーロッパでも人々がやって来た。 みんな原作の熱烈なファンだった。"しかし、<トロン:新たなスタート>のプロダクションデザインが完全に新たなスタートになるはずはない。 伝説的なコンセプトデザイナーのシドミード(<ブレードランナー>)とフランスの漫画家メビウスが共同で創造したオリジナル<トロン>のプロダクションデザインは、28年経った今でもほとんど光を失うことはなかった。 だから結局、<トロン:新たなスタート>のビジュアルも、シドミードとメビウスの遺産から開始しなければならなかった。 コシンスキ監督は、最初の質問に、"それで、いったい誰が私たちの時代のシドミードとメビウスのか"だったと言う。 彼は<ペルシャの王子>のようなゲームを設計しているデビッドレヴィと<クローバーフィールド>のネビルのページのようなハリウッドの内外の職人たちをすべて集めた。 ビデオゲームのコンセプトアーティスト出身のデビッドレビーは告白する。 "この映画に参加することになった最も大きな理由は、メビウスだった。 子供のころの未来はどんな姿だろうかを想像するときは、常にメビウスを思い出してしまったから。"

立派な3D効果とテクノロジーの盲点
e0109292_9514131.jpg


古い遺産をアップグレード<トロン:新たなスタート>のビジュアルは、きらびやかである。 多分ウォルトディズニー丹羽まだ製作者として参加したスティーブンリスのバグは初めて<トロン>のデジタル世界を創造するのに適したツールとの時間を手に入れたのかもしれない。 30年ほど前、技術的な限界のために十分に表現することができなかったの世界はもうCGと3Dの魔力で<トロン:新しい[スタート]>からの光を放つ。 特に、この映画の3Dエフェクトは称賛に値する。 3D効果を立体おもちゃのように大事にする、最近の多くの大ヒットとは異なり、制作陣は、(ジェームズキャメロンが<アバター>からそうだったように)自分が大事にする、世界の物理的な奥行き感を念を入れて表現することに注力した。 おかげで、<トロン:新たなスタート>は、3Dを3Dには扱った数少ない映画のリストに上がるだけの価値がある。

ところが、この映画の技術的な自由は、同時に一種の弱さである。 オリジナル<トロン>が本当に興味津々だった理由は、技術的な制約のおかげだった。 スティーブンリースのバグと、デジタルの技術者たち、メビウスのシードミードのようなビジュアルのリストは、自分たちの技術的な制約にぴったりな映画的スタイルを作成した。 今すぐ再<トロン>をドゥェガムアボンダミョンそこには『初歩的な』という表現ではまったく入れて出すことができない技術的、芸術的な美しさが存在する。 直角に硬かった切断され、動くライトバイクの疾走、バックライトの技術を利用して作成された俳優たちの出演シーンは、このすべてのことは、しばしば<メトロポリス>などのドイツ表現主義時代の傑作を連想させる。

<トロン:新たなスタート>の製作陣は、すべてのものを持っている。 彼らは、俳優とライトバイクを勝手に合成することもでき、ディスクの円盤を投げるデジタル世界のコロシアム決闘面をより一層現実感あふれるように作成することもできる。 しかし、過度な技術的な自由は多くの場合、<トロン:新たなスタート>のドクチョロム作用する。 特にジェフブリッジスが全く発光しない肌に登場した後、息子と一緒に焼いた子豚の料理を、デジタル世界の中で楽しんでいるとき、<トロン:新たなスタート>は異様なほどに平凡な未来を背景にしたSF映画のように感じられる。 コシンスキ監督は"CGと現実世界の間の境界を継続的に鈍くしようとする意図があった"と話す。 彼も映画に登場する複数のライトバイクや車を実際に製作して撮影した。 物理的な法則から自由な世界を創造しながら、あえて物理的な力を付与しようとする彼の意図は、どこか二律背反的なところがある。 <トロン:新しい[スタート]>は、<トロン>の続編ですが、同時に、まったく別の物理学的法則の中で存在している(技術的)平行宇宙に近い。

ここでもう一つ追加して寝ると、仮想現実の中のアクションシーン(特に体と体がぶつからないようなデジタル乗り物のアクション)が、物理的なインパクトが弱いという事実は、すでにウォシャウスキー兄弟の<スピードレーサー>が証明されたことがある。 <トロン:新たなスタート>のライトバイクアクションのシーケンスとライトジェット機の空中戦のシーケンスは、口がぴったりと起こっているの見どころですが、アクションの緊迫感は少し欠けている。 実はこれはアクションのシーケンス自体を見事にチャンダゴしても可能なこともない。 <スピードレーサー>と<トロン:新たなスタート>のようにすべてのことは、仮想の世界で起こっていることだということを明確に視覚的に露出される映画の場合、物理的なサスペンスはなかなか発揮されない。

サイバーパンク運動の開始
e0109292_9522899.jpg


<トロン>は、80年代以降、世界を後先てしまった時代精神の一部だった。 <トロン>が開封して2年後にはウィリアムギブソンの歴史的なSF小説<ニュロメンソ>(Neuromancer)が登場した。 ギブソンの小説は、『サイバースペース』という言葉を最初に作成して出し、(作家自らは<ブレードランナー>の影響を最も多く挙げが)、それが<トロン>からの影響を受けたウリラヌンのは、誰も推測できるだろう。 そのように<トロン>と<ニュロメンソ>は、サイバーパンク運動を開いてぬれていた。 仮想空間を大事にする、ほとんどの映画(だから<マトリックス>から<アバター>に至るまで、新しいスペースを作成するほとんどすべてのSF映画)は、<トロン>と<ニュロメンソ>の負債を抱えている。 リースのバグは、"ジェフブリッジスをコンピュータに入れましたの時には人々がサイバースペースに自分だけのアバターを作成あんまうまいとは想像もできなかった"と話す。 "そうだ。 <トロン>は、本当に現実になってしまった。"しかし、サイバーパンク運動が映画界に多大な影響を与えたのも、すでに前世紀のことだ。 <マトリックス>以来、仮想世界と現実を行き来は、映画のコンセプトとの理由は、もはや新しいものではない。 <トロン:新たなスタート>が本当に新たなスタートになるためには、完全に新しい物語が必要なのかもしれない。 しかし、<トロン:新しい[スタート]>は、双子のように<トロン>の物語を反芻する。

<トロン:新しい[スタート]>は、妙な亀裂の映画だ。 の目を信じることができない技術的進歩と目を信じられないほどビンテージな話が28年ぶりの続編の中でもつれている。 このデジタル時代の少し季節外れの冒険物語は、もしかしたら、私たちに興味深い質問を投げるために作られたかもしれない。 特殊効果の発展は、想像力の限界を本当に飛び越えたのか、それとも限界をむしろノルヒョトヌンガ。 新たな特殊効果にふさわしい物語を作成することは果たして可能なものになるのか、それとも私達はまだ新しいおもちゃにふさわしい物語を作るだけの能力がないのだろうか。 デジタルアクターの可能性は無限なのか、それともそれはむしろ俳優たちの新たな絆となるのか。 の目を信じることができない技術的進歩、そして技術的進歩を同時に背負って光の世界の中を疾走する<トロン:新たなスタート>は、新たな続編ではなく、新たな質問の始まりである。 多分この質問から新たな進化が始まるかもしれない。

文: キム・ドフン
by kazem2 | 2011-01-10 10:11 | Comments(0)