ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「黄海」 ユ・サンソプ武術監督インタビュー

☆cine21.com
映画「黄海」のレビューやスチール、予告編をみると大変なアクションの映画です
映画「不気味な恋愛」のアクションも手掛けるそうです
魔術師ミンギにはどんなアクションが待っているのでしょうか
またまた楽しみになってきました

"性が生一本で強く"アクションしようとするなら身体でない頭を使わなければならない
e0109292_20552571.jpg




映画“<黄海>の1/3はユ・サンソプの映画としても過言ではない。”
<シネ21> 785号インタビューでナ・ホンジン監督はこのように話した。
そのようなことでもあろう. <黄海>で生き残るための男たちの切実なことはセリフの代わりに体であらわれる時が多い。 車がすぐに目の前で衝突するような感じを伝えた九南(クナム)と面街のカチェイシーン場面とコンテナトラックが転覆する場面、面街が食べ残した牛豚足で人を打ち下ろす場面は映画に鮮血のような強烈さを重ねて負わせた。 <追撃者>の武術監督でナ・ホンジン監督と縁を結んだユ・サンソプ武術監督(<解決者> <コウモリ><熱血男児>武術担当)はジャッキー・チェンを恋慕して二十才の時<新八道男>でアクション界に入門した、ソウルアクションスクール出身20年目ベテラン スタントマンだ。 彼に<黄海>は初めて武術監督という(のは)肩書を危険にした作品と同時に一生忘れることはできない“ユ・サンソプの代表作”になった。

-<黄海>はリアリティーが引き立って見える映画だ。 基本コンセプトをどのように捉えたか。

=アメリカンフットボールを考えた。 普通アクション映画にはハプがイッチァンナ. 打って避けて殴って。 ところで実際に人からだがあたればそのようなハプが必要ない。 からだとからだがあたる力を70と考えて、残り30はそこで出てくることができる多様な動作らを悩む方式でコンセプトを捉えた。

-ナ・ホンジン監督が特別に注文したアクションはなかったか。

=サダムなのに、ナ監督は現場で‘性が生一本で強く’という話をとてもしばしば使う。 一言で本当に強くラッコ欄の話だ。 画面でインパクトがぶすっと感じられるように。 監督様がその話をすれば私たちのチームは‘ああ痛いなあ’とする乞食. (笑い)<黄海>カチェイシンの場合、時速160kmまで車を運転した。 釜山(プサン)港腹(船,梨)で俳優らが落ちる時、監督様が水泳も性が生一本で強くしなさいと言った。 (笑い)生きようと必死に泳ぐ姿が画面に見せるべきだと。 うちの子ら(ソウルアクションスクール後輩ら)が冷たい水の中にあるのにもシュートが熱いといったよ。

-そのように‘性が生一本で強く’していれば危険な状況もくるのではないか。

=アクション場面が画面ではとても危険に見せるべきだが俳優らは事故なしに安全に演技を終えるのが重要だ。 そのような部分を非常に悩むだろう。 コンテナのせられたトラック運転する場面を演技する時は実際にコンテナ記事ら尋ね歩いて尋ねてそうした。 そのような悩みしなくて準備しなければ寿命が短くなる。 長く、長く、格好良くずっとアクションしようとするならからだでなく頭を使わなければならない。

-<黄海>で新しく成就したスタント場面があるならば。

=どうしても自動車アクションの部分であることだ。 監督様が実際事故を見るような画面が映像に含まれなければなければならないと注文したし、私たちも本当に車を衝突させるとすぐに決定を下して、ドライバーらが安全装置を2~3倍ずつもっとした。 車がさらによくつぶれるように車を‘切って’置いたり、車と車があたった時さらによくはねていけるように補助輪も甘くて。 私たちのチームがいつもよくしなかった方式を試みてみた。 確かに<黄海>をしながら私もチーム員も一段階アップグレードされたようだ。

-アクションの一軸は俳優らが担当するといっても過言ではないでしょうに。 武術監督として俳優キム・ユンソクとハ・ジョンウのアクションをどのように見るか。

=お二人様皆いくということがとても良い。 特にキム・ユンソク先輩は口先だけの言葉でなく武術監督してもかまわないようだ。 面街が食べ残した牛豚足で太原一党を処置する場面イッチァンナ. 私たちはアクション、すればそのままちょうど殴ったはずなのに、キム・ユンソク先輩は相手方を殴ってまた見つめて‘ウウ’といえば漢大さらに殴ったよ。 確認射殺することだね。 その場面で面街の残忍さを本当によく見せると考えた。 ハ・ジョンウ氏は釜山(プサン)港腹(船,梨)で1対20で戦う時、私に棒で顔をむかえる場面があった。 私はそのように顔をむかえれば武術する人とか次の動作を考えたはずなのに、ジョンウ氏はそのように合えば相手方を見られないでそのまま頑として(斧を)振り回しそうだといったよ。 考えてみるとそれが合うようだったよ。 武術する人々がアクション、力、インパクトを追求するならば俳優らがこのように演技的な部分を加味してくれてはるかに荒くてやぼったいアクションが出てくることができたようだ。

-トラックに乗せられていったコンテナが倒れる場面がものすごかった。 非常に危険な場面だと直接運転したと聞いた。

=差がとても大きくて、安全装置があることでもなくて、コンテナが間違って倒れればややもすると大事故が出る状況だった。 その上その日撮影が金額ではおよそ2億ウォンなるとかかった。 私がスタントマンをしたのが今年で20年目なのに、画面につけられるのはけるが実際主人公は私だよ。 13台カメラが私をとる現場にあったのは初めてだった。 そして一度しか機会がなかった。 失敗すれば私は本当に武術監督止めるつもりまでした。 タバコ五箱を相次いで吸って出発した。 幸い考え以上の場面が出てきた。 私の人生最高の日だった。 多分一生忘れないようだ。

-<黄海>以後どんな作品を準備するか。 前に欲が出るアクションがあるならば。

=イ・ジョンヒャン監督の<ノーボディーソムバディ>(仮題)とファン・インホ監督の<背筋が寒くなった恋愛>、チョン・ジェヨン氏出てくる<カウントダウン>を準備している。 これからは<おじさん>のようなみたスタイル アクションも欲が出て、動作自体がセリフのような中国式の派手で優雅なアクションもしてみたい。 韓国で武術監督として一分野だけ上手にするのはとても危険だ。 みな上手にするのが、正しくするのが私の欲だ。

文:チャン・ヨン猟師陣:チェ・ソンヨル 2011.01.05
by kazem2 | 2011-01-09 20:55