ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

絶対休息の寝室作り 冒険通した暮らし入門記

☆cine21.com
<辺境地恩義>
「この頃時々頭の中に思い付く考えなのに話が」
こういう新世界があったのか!
e0109292_23144590.jpg

楽しいコラムです
バカ受けしました^^



アルバム作業も終えて理事も終えて当然に‘どこかに離れたくて’病気にかかった私は普段と少し違った症状を感じた。 普通は‘離れたい! それなら離れろ!’のパターンであったのに今度はまれにもなく他のパターンにつながることだ。 最初には‘引越しするのに使ったお金も多いが何の旅行は’という普段私にふさわしくない大人っぽくて感心なパターン、二番目は‘アラ、良いのに行ってみてこそすばらしいように見えたのも一瞬であってどうせホテル部屋ベッドにだけ横になっていることいいえ’という大人っぽくて疲れたパターン. 結果だけ言ってみれば怪物になってしまった皮膚を戻しに前回原稿に書いた通り温泉旅行を行ってくることはしたがやはり目的意識がある旅行は旅行ではなくてことであるから胸中には相変らず‘どこかに’、‘余裕’、‘休息’、‘風景’こういうキーワードが柔らかくすべすべしていた。 あれこれしてもできなくて‘ア簡潔でこぢんまりしたホテル部屋でごろごろしたい、だが、お金は惜しくて’を繰り返した私に突然近づいた一筋悟る。 ‘家をホテルのように整えれば良くないか’、二どんと。 世の中の人全部知っていたこと私だけ分からなかったか。 そうだ! 家を休息の空間で整えれば良いことだ! ユレカ! このように私の長い冒険が始まった。

一人で暮らす人々がそのように1年や2年に一回ずつ引越しをして、それで引越しするのに不都合な大きい世帯はなかなか買わないで、でも個人的指向でしょうが空間に大きい愛着がなくて可愛く装うのもまったく関心がなくて、職業特性上しばらくは目が回るほど忙しく電力疾走してその次にはへとへとになって横になっているばかりであるパターンだと(ア、ところでこれもまた個人的指向かも知れない)集はそのまま疲れて倒れて寝てあたふたと出て行く空間であるだけだった。 こうした私がユレカ一度に換骨奪胎して一日中掃いて拭く人になるはずはなくて…. ひとまず‘絶対休息の寝室’を作ってみることにした。 ベッドと小さい机他には何もない部屋を目標に最初のステージ‘マットレス’に入り込んだ。

寝具セット価格も種類も千差万別今まで使ったシングルベッドは中がそろそろ消えて寝て起きれば時々腰が痛かった。 そうだ、今は私もちょっと良いベッドで寝てみるかと思って。 私はからだが財産じゃないの(考えてみればすべての人がからだが財産だが). ポケット スプリングで有名なその会社製品を検索してみると蝸牛、いたずらではなかった。 その会社の最も弱体マットレスが北海道を安く4泊5日行ってくるほどの価格であったから。 そのように考えれば行ってきたつもりで生きることもできるがウ…私はまだその金ならば北海道行くのがより良くて。 一気にそのようなレベル高いアイテムを得ることはできなかったし私のレベルに合うアイテムはいったい何かしながら飛び交うことになったベッドの減らした全(前)は本当に広くて広かった。 ポケット スプリングの向こう側にはラテックス ポケット スプリングがあったし、そのラテックスも天然と人造に分かれた。 天然ラテックスも完全天然か合成かによってがらりと変わって、完全天然も製造国によりまた、等級が変わった。 私は全く分からなかった事実をインターネットの主婦様はとてもよく知っておられた。 彼らは私がまだ分からない世界の真理と秘密を知っていた!

次はふとんだった。 今まではそのままインターネットで山安いふとんを使っていたが洗濯もやさしくて管理も気楽で暖かくて格別不満はなかった。 だが、ホテル部屋を目標にする寝室ならば高級な反物のシーツと枕、ふとんが統一されたトンでぱっと敷かれていて、頭をどこの裏面豊かな枕が私をかばうような感じがしながら軽くて暖かいふとんは私があちこちかき回す時ごとに気持ち良いかさっと声を出す程度はなるべきではないか。 ところで何に検索すれば良いのか分からなかった。 手探りでホテル一文字浮かんでふとんで検索すると私のような人が多かったのかそのような種類のふとんはどこに住むのかという質問文があった。 助けて生きる世の中. 結局その軽いかさっとの正体は‘ガチョウ毛ふとん’であったし、それは事実中筒であり、その中筒をかばうカバーを別に買うべきなのに、そのカバーの王はエジプト産120数面で作ったことで、その数字が上がるほど感触が良くて…、この減らした前渡普通ではないだろう。 まったく終わりが見られない。 ひとまずそうだガチョウ毛中筒どうしてからいくらなのか見ようと押してみるとトゥアク、おばさん運良くセールする時お買いになったという価格が北海道3泊4日価格だった。 そしてガチョウも何のガチョウも捉えて作るのはみなされないでハンガリー産ガチョウの胸毛がきたと…(冗談でなければ). そうだガチョウはたくほど毛か。 鴨もあって量もある。 極細社もあって伝統の木花綿もある。 さらに新素材神(靴)シューをレートというものもあったよ。 何? インスリン?

解決見られないままひとまず脱出. 次のステージのカバーの世界へきた。 なので私が買わなければならないのは下にむくシーツとふとんカバーと枕カバーセットなのにこういう時アマゾン検索の窓に‘duvet’と入れなければならないという事実をしばらくの検索終わりに知った。 だが、デザインが全部アメリカン油っこくてその検索語発見の労苦は治下受けることができなくて窓(ウィンドウ)を閉じなければならなかった。 生活小道具を主に売る韓国サイトを開けてみるとこの頃数多くの服ショッピングモールらがそうであるようにカバーにも美しい名前がついていた。 クリーム理由、ヨーコブルー、スノーキャンディ…ここはコリアン メルヘンなのか。 ところでその名前や色、紋はカバーの世界で決して主人公ではなかったし私の前には即座に反物の膨大なパズルが繰り広げられた。 その名前らもきらびやかにトゥウィル、餓死、ガーゼ、ジャカード、シルク、オックスフォード、極細社、テンセル、粗織りの木綿、Lynen…そしてホテル ベッドのそのような反物は管理が大変で江国カオリ小説主人公のように毎日アイロンがけしない限り維持するのが難しいという事実を知った。 私のような子は一日寝て起きればスラムだろうね。

ア、暮らしのヨワンドゥリシヨグロッケ検索をして新しく知ることになったインターネットのコミュニティら. 私もウェブサーフィンするならばほどほどにする人なのに今回足らであるところらは本当に新世界であった。 私の上のアイテム他にも数多くの魔法のアイテムがあった。 どんなフランス製銑鉄鍋にキムチチゲを沸かせば同じ材料を使ってもその味があたかも釜で料理をしたように違うといって、どんなドイツ製スチーム掃除機で清掃をすれば家をまるごとゆでたようだという。 そして秘密の言語もあったが、‘礼臣’は‘予備新婦’の略語であることをしばらくが過ぎてこそ分かったし、礼臣らが結婚用品のリストと価格を赤裸々にやりとりする空間があるという事実もまた、驚きだった。 そしてそのような礼臣らが尊敬する先輩らが集まっている空間もまたあったがこちら自由掲示板に上がってきている文一つ一つが週末ドラマほおを石台は打ったよ。 驚くべき魔法アイテムらと途方もない理由らに私はいつのまにかベッドやふとんは全く忘れてオオ良くて…しながらクリックを繰り返すほかはなかった。

平凡なベッド一つを買うのに誰かがどれくらい悩んで質問をして調べてみて歩き回るのか一緒に住む家族らは多分絶対に分からないだろう。 アトピーに苦労する子供のためにふとん中筒をどれくらい苦心して決めるのか、どれくらい熱心に管理するのか多分子供は全く分からないだろう。 私も分からなかったから。 結局私はかなりすてきな寝室を作った。 貧しい独身者の友人、スウェーデンの恩寵の某会社で作ったベッド フレームに有名なことではないが丈夫なマットレスを置いたしガチョウ毛ではないが似ているという某割引店の極細社中筒にすっかり気に入るチェック紋の清潔なカバーを挟んだ。 過ぎ去って触ってみた高級ガチョウ毛ふとんは本当に終わらせたが私は今内寝室に非常に満足する。 このように私は‘暮らしという巨大な大陸’に震える第一歩を踏んだ。

文:オ・チウン(ミュージシャン)2011.01.07


イラストレーション産着や
by kazem2 | 2011-01-08 23:15 | Comments(0)