ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[映画を読む]私は埋葬された したがって存在しない

☆cine21.com
プライベートという名の棺に閉じ込められた存在の閉所恐怖<ベリドゥ>
e0109292_123523100.jpg




※結末を含むネタバレがあります。

イラク戦争の戦雲がまださめやらぬ2004年の初夏、イラクの武装集団が、この国の軍納業社で働いていた一人の若者を拉致した。 武装集団は、アルジャジーラ放送を通じ、イラクに派兵された韓国軍の撤退を要求し、自分たちの要求が収容されない場合は彼を殺害ハゲトノラゴ脅しを置いた。 カメラの前に立った若者は、恐怖にあきれた顔で死にたくはないと、生きたいと、自分の命も重要だが、私の命も大切だと懇願した。 その武装グループが提示した交渉時に一はわずか24時間だった。

<拉致、生き埋めと携帯電話>
不吉で、切迫した音楽を背景に、オープニングクレジットが後をムルミョ延々と地面に降下する消えた後の画面は、そのうち一面の暗闇だ。 領事事故を疑うほど長く持続する暗闇の中での映画は、観客をテロリストに拉致されたトラック運転手のポールコンロイガ閉じこめられた館の中に引き込む。 辛うじて闇を追い出すジッポーライターの光に照らされた彼の顔と出会う瞬間から、観客は彼と一緒になって息をのむ95分に憂いを一緒にしなければならない。 足元の携帯電話を手にとることにも死力を尽くしばするほどに窮屈な、酸素がフイバクヘ呼吸さえ手に余る、できなかった閉所恐怖症にも起こるような、この生き地獄で、彼に与えられた『アイテム』とはジッポーライターや携帯電話、夜光スティックと懐中電灯、鉛筆やナイフがせいぜいだ。 彼は携帯電話を握り、片っ端から電話をかけて、何とかこの地獄で生きていくと思います龍を使うが、状況はますます絶望的に駆け上がる。

<ベリドゥ>は、これまでにないタイプのスリルロダ。 もちろん<ベリドゥ>が生き埋めを題材にした最初の映画ではない。 かつてエドガーアランポー<テイルン店舗>を脚色したロジャーコモンの<中断店舗>(The Premature Burial、1962)があり、フランクダラボントゥは<生き埋め>(Buried Alive、1990)という素敵な先例を残し、 TVシリーズでは、<CSIラスベイゴス>シーズン5の最後のエピソード<Grave Danger>(2005年、このエピソードの脚本と監督を務めた人が思いがけない生き埋めシーケンスとして有名な<キルビル2>(2004)の監督のクエンティンタランティーノという事実は興味深い)が「生き埋めスリラー」の戦犯として残った。 主人公(たち)を限られたスペースに追い込んで、そこを脱することができるように金を引いておくの設定も、アルフレッドヒッチコックの<救命ボート>(Lifeboat、1944)やビンセンジョナタリーの<キューブ>(Cube、1997)、ジョエルシューマッハの<フォンブース>(Phone Booth、2002)などの映画でも知り合いになる見てきたのだ。 しかし、カメラが映画の最初から最後まで、その一般的なフラッシュバックを一度で土中に埋められたただ一人の人物の一領域のみを照らす愚直なカメラワークで上映時間を埋める映画は空前絶後である。 電話や動画を通ってではなく、直接画面に登場する実在の人物とは、ひたすらポールコンロイプンイミョ、照明とはすぐにでも切れるように危険なライターの光と夜光スティック、携帯電話の液晶の光がすべてだ。 前に列挙された映画が拡大鏡ラーメン<ベリドゥ>はまさに、光学顕微鏡と言える。 ポールのおびえた瞳と冷や汗がベオナオは色白、ジンドゥクハン血で汚れ額とモクウルデ、苦しい息の音と、絶望的な声で、彼が感じる不安と恐怖が観客にそのまま変形しているみると、観客も彼と一緒に絶望して、発作して、涙ぐんで、息をホルトクイルしかない。

<個人のための国はない>
映画<ベリドゥ>の空間がずっとポールが閉じ込められた管解像、高速の設定は、いかにも意味深長である。 チェインフンの小説<広場>で主人公イ・ミョンジュンは言う。 "個人だけあり、国民はありません。 ミルシルマンふんだんで広場は死んだのです。"ポールがイラクのどこなのかもしれない土の中に埋め込まれた瞬間、彼は外の世界と疎通することができる'広場'は消えて息が詰まる『密室』だけが残るだけで、彼はもはや『国民』も「従業員」でもないプライベートに転落してしまう。 彼が握ることができる希望のクンイラゴヌンただ、携帯電話だけだが、電話の向こうの他人は、ほとんどの事務的な素っ気ない口調でその腐った太い綱のようなクンイルラン分置きだと背を向ける。 フランクダラボントゥの<生き埋め>でワインに打撃毒を食べて助けてくれと懇願する夫クリムトに妻ジョエナガ"死んで、それだけで死んでしまって"と冷たくネベトオトように。 イラク駐在の人質専担組のダンブレナーはポルチョロム人質に獲れたマークホワイトという人物を救出したパワーがあるとして、彼に一筋の希望を投げかけるが、米空軍は、以内に、彼が埋め込まれた地域を爆撃する。 爆撃は、むしろ、棺のふたを壊して棺の中に砂をこぼし出して彼の命を脅かしている。 さらに、彼が壊れて棺のふた隙間から漏れて好みの砂をなんとかつけて防ぐ間の電話をかけてきた会社の人事担当者は、彼が社内恋愛をしたことティングシステムを口実に彼に解雇を通告するまでにする。 初めて自分が置かれた現実を自覚したポールはナジマクが噛んで吐きする。 "君が僕をここにしたんだよ。"ただダンブレンナーのみが生き埋めの危機に瀕している彼をすぐに入手してくれる小説を走って通うが、それさえも番地数を誤って検出希望のコンサルタントに過ぎなかったという事実が最後の瞬間になって、初めて明らかになる。 ポールは人質犯の脅迫に勝てず、交渉を訴えている動画やナイフで指まで切られる動画まで撮ってYouTubeにあげたのに、結局誰も彼を助けにワジュジしない。 ポールが息子にビデオで遺言をナムギダ自嘲まじた口調で呟く"私は、有名な野球選手だったりスーツ姿の会社員だったとすれば、おそらくすぐに救助んだろう"という台詞は、だからこそ、ひしひしと胸に触れるている。

フィクションに過ぎない映画が現実と絶妙にオーバーラップされる瞬間の映画はもうホグラムマハルできない力で観客をオクジュェンダ。 ラン馬場の<デモンス>でスクリーンを破って飛び出して出てきた悪霊のように、中田秀夫の<リング>で、ブラウン管を突き抜けて徐々に出てきた貞子のように、<ベリドゥ>が描き出したポールコンロイウイ不快感は、太平洋の向こうのこの国の観客を不快に現実に召喚する。

国の主権は国民にあるとして、自由で正義のある、この国の限りない栄光のために忠誠を尽くすという我々のオルゴなだめるような国が実際に国民が危機に処したときには、国益云々しながら冷ややかに回るかもしれないという事実、無力個人的に為政者たちが掲げる『正義の社会』とは、うわべだけのサタンバルリムかもしれないという事実に、国民への個人とは、映画<パイラン>の李剛材の言葉通り、"昔にも戸口(虎口)と、今もホグゴ国家代表、虎丘"に過ぎない現在の仕事はそうかもしれないという事実は、この殺伐とした弱肉強食の世界では個人的に生きてとは、それこそいつダトヒルジ分からない 虎の口 の中でホオジョクデはつまらない足掻きに過ぎないかもしれないという事実...。 やぐらに上がった撤去民たちに有罪を宣告して、行くところを失った労働者たちに鎮圧棒を振り回し、ブルドーザーで川を履きオプゴ、大砲フォンで民間人をスパイして、国会での激闘を繰り広げ、住民の福祉予算を大幅に削減した予算案を強奪通過させる国。 そのような国に個人的なタウィヤ使い捨ての消耗品にすぎないことは、かもしれないは、実存的不安。 映画<ベリドゥ>の苦い結末が本当に不気味な理由は、大半が、無力な個人であるだけの私たちにそのような実存的不安を喚起するためではないか。 ミステリースリラーというジャンル的外皮をかぶっているが、この映画のジャンルはきっとホロダ。 今日よりも明日を夢見て一日一日を支える世界の無数の『個人』に<ベリドゥ>は、これよりもっとソムトゥクハルことのない恐怖映画だ。 主張ハゴンデ私には今年最高のホラー映画は、<ベリドゥ>だ。

また、2004年の初夏に戻ってみよう。 それから私達の外交通商部は、イラク派兵の方針は変わらないオプノと満天下に明らかにした。 武装グループが提示した交渉の時に一を半日や控えた朝のことだった。 その翌日の夜、バグダッドからファルージャの方向に35km離れた地点で、若者達は、死体で発見された。 住んでみたいと絶叫していた個人的には、拉致の半月前に友人に送ったメールに『一日も早く韓国に行きたいと思う』と書いた個人的にはそのように死んだ後になって故国の地を踏んだし、以内に覚えているが何なの忘却の中に「埋葬された」。 それから3ヶ月後、監査院は、その事件と関連し、事実上、政府の責任はないとの監査結果を発表した。 時々現実には、いくつかのホラー映画よりも悲惨である。

ギム・ジョンイル 作家。 <ボディ><爪><韓国ホラー文学ダンピョンソン>シリーズ(共著)などの本を書き、合間にシナリオと映画評を書かれているところだ。


文:ギム・ジョンイル 2011.01.06
by kazem2 | 2011-01-08 12:35 | Comments(0)