ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2010年 今年の韓国映画ベスト5

☆cine21.com
ドキュメンタリー商業ライターの映画、多様性にはははは

1位<詩>
e0109292_22504822.jpg




<詩>が、今年の映画の1位に上がった。 残りの人生を過ごした人生よりも少ない、その日にふと<詩>の主人公のミジャは、詩を書くことに決めたのにその生涯の退けない的な出来事も、彼女のそばに一緒に到着する。 グロソ主人公ミジャの話は私たちに多くの質問を残した。 詩の美しさは、生活の道徳的にどのように貢献することができる。 二人のように生きていくことができるというのは真実である。 そのようにこの映画の質問をまとめることは可能である。 しかし、<詩>のご質問が運転してきた感情の幅は説明可能なあらゆる言葉よりもはるかに大きく、いくつかの分岐点だった。 <詩>を、今年の映画に選んだ筆陣たちの様々な理由がこの映画の豊かな続代弁する。 "古典主義の硬さをロマン主義的な芸術家の自意識過剰に分解された良い例。 ドラマにもかかわらず、クローズアップの使用感もいい"(イ・ジヒョン)、"日常の風景の中に創作者と登場人物の心を同時に取って入れた"(キム・ヨンジン)は、支持は、一種の<詩>の美学的達成を幅広く認めている。 映画の道徳的な役割に対する省察も卓越だという評価を得た。 "私たちが当たり前だと信じるが、簡単に殺害ダンヘオン倫理のための哀悼。 <詩>をめぐる一連の事件、事故によって、これを映画の外敵にも証明している。 なぜ、日常の不道徳と戦わなければならないかどうかを映画の外にも証明された映画。 堅く、断固として、痛くて、美しい"(ソン・ギョンウォン)。 初めて<詩>は、"自分の亀裂を甘受してまで<時>の道徳を支えて立つこと、それがまさにイチャンドンのドドクイルである。 <詩>のイチャンドンが言う『美しい市の道徳』は、奇跡を作る"(アン・シファン)という賛辞まで引き抜く。 人生の過酷な真実を無視しないようとするイチャンドンの映画の世界の美しい力作で、今年一年の<詩>は、多くの人々の胸に深く残っている。

2位<オッキの映画>
e0109292_225601.jpg

<シネ21>史上初のことだ。 一監督の作品が二編もベスト5に入った。 多くの人々は、<オッキの映画>と<笑>のコインの両面で一緒に置くことをバラトウミョ二編に順位を付けることに難しさがあると吐露した。 結果的にはホン・サンス監督の<オッキの映画>がホン・サンス監督の<笑>を間髪の差で上回っている。 監督の勇気ある映画製作の意志や演出方法、グロソ達成された自由という次元で相対的に<笑>に比べて、もっと鋭敏だったの認定を受けた結果であるようだ。 <オッキの映画>は、一見ダンチュルハン小物に見えるが、映画が追求したそのギョルギワ形式的次元のチュンマンガムがホン・サンス映画の結晶を見せてくれたという評価を引き抜いた。 例えば、"映画を作るの緊張感が作品の中に滲んでいる。 既存の映画の慣習と壮絶な闘いを繰り広げる怒りのようなものが感じられる。 作家の倫理が画像化された場合は、"(ハン・チャンホ)と呼ばれる認定、"映画鑑賞と同情に陥ることなく流れる時間を、ただ抱き合うときに、どれだけ多くの偶然が私たちにボクチャゲてきたが悲しげに去るのか。 そして、映画は、私たちは、その空席のある時間をもう一度生きていくべきか"(ナ・ムダは)という印象的な、そして"ホンサンスがどれだけ自由で神秘的な芸術家であることを知らせてくれる。 過去14年間、彼はいつも興味津々が、<オッキの映画>を出した今が一番興味津々だ"(イ・ドンジン)という感嘆が相次ぎ注がれた一年だった。

3位<ハハハ(笑)>
e0109292_22565853.jpg

"<シネ21>がホン・サンス映画を愛することは素晴らしい伝統だと信じる。 AからZまでのホンサンスだけ作成することができる映画。 そして、以前のホン・サンスと別のホン・サンスの映画たち"(ナム・ドンチョル)、"二つの作品をそのまま'ホン・サンスの映画'と一つにまとめてランキングにあげてもなりそうだ"(イ・ヒョンギョン)、"強制的に構造化されている<笑>と強制的に解体的な<オッキの映画>は、私たちをナンマンさに陥れる時代の前衛である"(ジャン・ビョンウォン)。 <笑>と<オッキの映画>を共同で1位に選んだ、これらの選定筋だ。 作品だけをみれば<笑>と<オッキの映画>という事実優劣の根拠を持つことが難しい。 ちょうど二つの映画の違いを置き、どちらにしてもっと向くかということがグンゴイン場合が多い。 <ハハハ>を選んだ彼らは、この映画の構造的完結性と人物たちの豊かな和音、そこに一役買っているフイグクジョク感情などを愛した。 無理をしても一言で要約すると、<笑>の調和のとれた世界に大きく感動した。 そのため、"パズルのピースを合わせるように繊細に迎えに入るの物語の構造が刺激的で、矛盾したキャラクターたちが男ではない。 生きている過去と、死んだように凍りついたの現在が遭遇した時のジョクマクガムがソヌルハダ"(ギム・ジミ)という感情的な証明があるかというと、"映画が人生を礼賛する最も美しい方法を見せてくれた、幸せな映画"(キム・ヘリ)との賞賛もある。 <ハハハ>は、笑いと季節と賞賛がいたるところにある、気まぐれな天気と、その分、または前後に移動していった人々の心と、彼らだけの哲学と幸福と不幸の兆したちでいっぱいの、まさに世界の調和をお召しになってくれた映画だった。

4位<境界都市2>
e0109292_22574323.jpg

宋斗律事件があったか数年が過ぎた後になって彼の話を再び持ち出すのはこの映画<境界都市2>。 果たしてどのように利用できるのかと我々は疑うこともあったのだろう。 しかし、<境界都市2>は、映画が含まれている問題がもっともダルではなく、同時代的問題であるということを悲惨に実現してくれた。 <境界都市2>は"『境界のでなければ外』という二分法に取りつかれている韓国社会の自画像。 宋斗律という個人の'ノルイゴン'に転落させた私達自身を反省的に映す鏡であり、隠しカメラ"(ムン・シク)であった。 それは宋斗律と呼ばれる一歴史的事件を忘れずにブトドゥルオオン監督の血のにじむよう執拗さがあったからこそ可能だった。 "<境界都市2>は、7年の間、誰もが忘れていたあの『事件』と格闘してきた監督の孤独な戦いがそっくりそのまま盛られている。 小さくは、『独立ドキュメンタリー』が、広くは、『芸術』が『政治』とどのように関係結ぶことができ、また、結ぶかどうかを雄弁に示す作品だ"(ビョン・ソンチャン)。 のために映画の波長は長く残ったし、次のような好評を送り出した。 "このように酸性のカメラの目! 宋斗律という試金石で大韓民国の社会の理念の地形が一目で示している。 韓国社会では『アカ』は、絶対的な打者だ。 その打者に対して寛容を論じるのは、結局フィクションであり、少し譲歩して、転向をバトアドゥルイラということは、最終的敗北であり、その騒動のどさくさの事件を音うわさなしに記憶から消すことは異性の死である。 映画は、このような政治哲学の歴史哲学を最も尖鋭な事件の中で雄弁にこなす"(ファン・ジンミ)。 <境界都市2>は、もっともダルもなく、今年の中で最も記憶に残るドキュメンタリーそして同時に、今年の独立映画だ。

5位<不当な取引>
e0109292_22584914.jpg

リュ・スンワン監督は、彼の興味のだろうと考えている側は着実に来月フロリダでも、ふと予想外の方で能力を発揮していた。 彼の新しい映画<不当な取引>の内容が知られたときに、これが彼の新しい非常口がされないのかという期待も、そのためにあって来た。 体と体の純粋なアクションではなく、感情や心理の熱いアクションになるだろうという点でそうだった。 <不当な取引>は封切りとすぐ評壇と観客に喝采を受けた。 "ウォンスクヘジンリュスンワンを感じることができる映画"(ギム・ボンソク)、"映画ができることができる最高の楽しみをプレゼントする映画。 劇場を訪れる理由を最も確実に教えてくれる"(イ・ファジョン)、"虚構と現実、そしてジャンルの出会いがこのような魅惑的な瞬間があったのか"(ジュ・ソンチョル)、"リュ・スンワンのは本当に面白くてエキサイティングな...下半期韓国映画の王様"(キム・ジョンチョル)。 このピョンドゥルウル続くとき、<不当な取引>は、より多くのウォンスクヘジンリュ・スンワン監督が作った彼のさらに面白い映画に要約される。 映画の中の人物たちの歪んだ歪んだ関係は、悲しく汚くて汚いが、それがワクワクするの大衆映画へと向かう。 物語の速度が暴走機関車のように加速を付けるときの映画は、韓国社会のあちこちをグサグサ突いて噴き出しながら、まるで患部を組んで爆発させる時になってくる爽快な快感を私たちにプレゼントする。 今年の大衆映画の中で最もそびえる映画という合意は、そのように行われた。 "ジャンル映画の出現をなめらかによく決めての作品であり、ぞっとするほどのリアルさを引き入れた素顔の肖像。 一方で、人間の尊厳を容赦なく否定する映画。 しかし、リュ・スンワンの威厳が堂々と光る映画"(キム・ヨンジン)。 <不当な取引>が今年の我々を興奮させた。

過大·過小評価された映画は、

<魔女の館>、もう一度見なければならない映画

<魔女の館>
e0109292_22594751.jpg

今年の過大評価映画は、<ギムボクナム殺人事件の顛末>が選ばれた。 "この映画が抱いているという転倒的なエネルギーにつきまして同意できない。 ボクナムウイ復讐はただジャンル的な快感の中だけでくるくる回わる"(ソン・ギョンウォン)、"政治的な欲求を自分の客観化できず、児童映画のように見えるまでにする。 女性の政治学の欲求の図式に忠実な、一種の道徳ポルノ"(オ・セヒョン)。 他の候補作に比べて圧倒的だった。 しかし、驚くことではない。 <ギムボクナム殺人事件の顛末>は、ベスト5に入ることができなかったが、今年の映画の6位にもなった。 つまり多くの場合、強力な素材と表現の強さを持った映画が規則的に極と極の支持と批判をほとんど沸騰して頂く場合がありますが<ギムボクナム殺人事件の顛末>がそうだ。

今年の過小評価映画は、<魔女の館>が選ばれた。 ロシア文学がゴゴルの作品を原作に、新人監督の迫真性が演劇や映画を行き来して撮影に挑戦的な映画だ。 "映画の全体は、1つの叙事詩にまとめることができない奇怪かつ躍動的な変形が起こる。 この変形が我々の認知と鑑賞の方法を変えるを同様に新しく、強い(無)秩序に至ったのか。 まだ確信わけではできないだろう。 しかし、私はいったんこの変形の活力に賭をかけていきたい"(ホムンヨウン)という評がこの映画の力を説明する。 しかし、<魔女の館>が圧倒的に選ばれたわけではない。 イ・ウンイル監督の才能のある手仕事SF <招かざる客>、チョン・ゲス監督の愉快で美しい都市ヨヘンダム<何また、これまで>、ギム・グァンシク監督の善良で滑らかな地下の隣の部屋のラブストーリー<私のチンピラのような恋人>も均等に票を得て後に続いた。

文: ジョンハンソク
文: キムソンフン
文: イジュヒョン 写真:シネ21サジンチム
2011.01.06
by kazem2 | 2011-01-06 22:51