ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日帝時代、韓国のモダニズムリアリズムとどう違うのか

☆news.nate.com
e0109292_10214015.jpg




[ソウル新聞]
日帝時代の常識的記憶はいつも二通りあります。 一つは、満洲原野での武装独立闘争を繰り広げる姿である。 もう一つは、日帝の過酷な収奪と搾取のうなり声の農民である。 植民地経験がアンギョダ与えた衝撃と恐怖が大きいほど、なおさらそうだ。 ここに微妙な、いや結構大きな亀裂が生じ始めたのは比較的最近のことだ。

例えば、キム・ジウン監督の映画'良いやつ悪いやつ変なやつ'は日帝時代の満洲原野で日本軍とドクリプグンマントィオダニンのではなく、お金に目の見えないジャプノムも歩き回っていたと証言する。 この映画では麻薬は、独立運動資金を用意するための秘密の商品ではなく、一人一人の退廃と喜びを示す素材として登場する。 最近、当時の新聞雑誌を熱心にドィジョソその時も、資本主義的な欲求がゆらゆらと咲き始める'ファングムグァン'時代があり、『モダンっポイ』と「モダン派手な」は、「タンスホル」の欲望という主張が出てくる理由だ。

かつて植民地時代の研究者が当時の新聞雑誌に掲載された社会面の記事をレポート植民地的暗鬱な現実をもたらした場合は、最近の研究者たちは社会面の記事の代わりに軽いゴシップ距離や、まったく記事を脱して新聞の一番下に掲載された広告に集中する。 軽いゴシップや広告からこそ、大衆の秘密の欲望の匂いを嗅ぐことができると見るのである。

かなりもっともらしく見える主張だが、ここにも難点がある。 果たしてそれが当代朝鮮人の平均的な生活とどれだけ近いオニャという問題だ。 文盲率も高く、活版印刷でもよくなかった時代に刺激的で興味深い内容だけを選んで入れたの新聞雑誌の内容をどのように一般化することがイトヌニャダ。 一言で言えば、ソウル清潭洞のクラブで出会った若者たちの顔から21世紀の大韓民国20代の男女の平均的な顔を抽出したとき、シンクロ率(一致率)をいくらで見るのかは疑問である。

これは、モダニズムとリアリズムなのか、他のかという議論に通じる。 具体的な生活よりも芸術の形式性を探求することをモドニジュムインだけに、リアリズムとは異なっているという主張が一方にある場合は、新型機延世大学国語国文科教授が書いた『分裂の記録』(文学と知性社社発行)は、モダニズムを日露ちょっと別の次元のリアリズムだと主張する側に立っている。 本はよくモドニストゥ文人で数えられる以上(1910〜1937)、パク・テウォン(1909〜1986)、チェ・ミョンイク(1903〜?)、許浚(1910〜?)、ユ・ヒャンリム(1914〜1980)、ヒョンドク(1909〜?)6人の作家たちの人生と仕事の世界をジョトアトダ。

モダニズムとリアリズムが異なっていると見る側では、モドニストゥ々の暮らしは、非常に表現しようとする「いかがわしい寄生虫のような人生」だ。 家の中や、頭が良くて何をたくさん見てイクヒョトヌンデ、その知識をどこにどのように使うか知らないし、ただ無駄にしてしまう末期からだ。 武力抗日闘争を行ったのでもなく、抑圧された朝鮮民衆の心をごろりとあってミョンムンジャンを残したことでもなく、せめて農民たちに飛び込んで教育事業に掛かるものでもない。

文学的だねムォネである以上は、自殺してしまったし、残りの作家たちは、1930年代末の日本の総動員体制が稼動した後、初期のさわやかな実験的な作品は、世界でさえ失われたまま、断片的なヨクサソソルマン乱発した。 また、越北しては、北朝鮮の集団主義に魅了されている姿を見せたりした。

本のタイトルが示すように、そして、サブタイトルの「周辺部のモダニズム小説をもう一度読んで」でドゥロナドゥトシン教授はこれを『周辺部モダニズム』が発生する可能性しかない『分裂』と規定する。 知識人たちのこのような自己ブンヨルジョクの歩みだからこそ、つまり、日帝時代のモダニズムそのものがまさに植民地の痛い経験を暴露するリアリズムという、逆説的な絵を描き出す。

以上を除いては、越北作家だ。 このために解禁されたかあまり長くされていない作家でもある。 『分裂』は、北朝鮮の文学の専門家が書いた本だから、これらの作家のための入門書としても良さそうだ。

ジョテソンギジャcho1904@seoul.co.kr 記事転送 2011-01-05 02:01
by kazem2 | 2011-01-05 10:37 | kim jee woon