ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

インタビュー:「甘い人生」キム・ジウン監督   ロマンティックでクールに行く

☆news.nate.com
e0109292_1884496.jpg

この記事は2005年3月30日頃にアップされたものだと思いますが
今日 何故だかアップされました
元記事には動画がついていたようですね
私が監督と初めて出会った映画「甘い人生」のキム・ジウン監督です



"ロマンチックな父とクールな母の間に生まれ、この形態"になったというキム・ジウン監督。
極と極の傾斜を一点に受け継いで、いつも情熱と冷静の間に立っている彼がノワールに手を挙げた。暗く、壮絶で、血揚げですが、 、それだけではありません。似合わないような甘みの質問ばかり鮮文答えを一緒に和えてしまった料理のタイトルは<甘い人生>。これが何の味だろう?
マックスムービーのインタビューを通じて、その奥深い味わいのレシピを公開する。

3日ぶりにシナリオを脱稿したというが。 いつものようにすぐに使いますか?

それが私のギョンジェンリョクインようです。 私はシナリオを書く前に、何かを考えている。 私の中で激しく動くのが来るまで待って、一気に書く方ですよ。 この映画は、ストーリーが与えられる映画的な興味よりもストーリーに沿って行きながら作り上げる俳優たちの演技、テカル、色彩感、ノワール的な空間を感じて、不意に飛び出す行動などを豊かに伝える映画だとのシナリオは、それほど重要ではありませんでした。 ストーリー自体よりも、その下に敷かれているし、言いたいことをどのようにジプオノトナすることが難しかったんです。

<甘い人生>の場合には、さっき言った強力に動くことをどこで会いましたか?

どの休憩所、トイレできました(笑)高速道路の休憩所、トイレを見ると、用事を表示すると、退屈かと思ってよい言葉を付けておくというのがあります。 そこで映画のオープニングに出てくる詩を見たが、これは映画にすると、おもしろいと思った。 おりしもノワールを作りたいと思う欲求があったんです。

監督の映画ドゥルエヌン常に極と極の対立があるようです。 コミカルさと残酷、ユーモアと皮肉。 <甘い人生>で、ロマンスやノワールが重なると聞きました。

自分のオリジナルの傾斜がそうです。 感情的にどこに一箇所集中しているのも、そんな私の姿が滑稽おしくぴったり離れて出てくるが、その全体の姿が感じられます。 その時に感じる距離感、客観性、不一致がシニカルに作用されているゴトガトグヨ。 自分でクール終了しようとする欲求もあって、皮肉が生活のバランスを合わせていく態度だと思っています。 人の関係も少しゴトドルアヨ。 感情的にぶつかるのを嫌って、すぐに抜けて出てきてよね。 皆がそのような面を持っているのに、私は特にそのようです。

さっきテカルと色味に気を傾けたとしたが、映画を見ればそのこだわりが見えます。 空間と色味デザインの野心的な話をちょっと聞いてんですが。

私はこの映画作りながらテカル、彩度に神経を使って簡単に言えるかどうか分からない。 映画がノワールだ見るから暗い世界、暗い空間、夜のシーンが多くて、ブラックと暗部の再現に気を使いました。

画質が良い劇場で見ると、暗部の黒トンツヤが流れます。 ノワールジャンルが持っている、スタイリッシュな演出技法を積極的に引き入れたであり、主人公のソヌの感情が数えほど、ますます感情的で暴力的なアクションの設計に合わせて色味や彩度の濃度も原色的に明らかにしました。

ブルルトン処理がされないようにスクープというライトを使ってバムジャンミョンウル事実に入れました。 その照明が必要となる作業をより繊細にしなければならないからとても気になるんですよ。 特に、清平ブルグァンモクアクションの場合は、雨の状態でアクションをしなければならないし、その渦中にもグァンジルウル繊細に入れなければならないのでとても大変でした。

アクションシーンが前作よりも強いです。 知らない人が見れば、リュ・スンワン監督が撮った与える分かるんですよ(笑)アクションを撮るうえでの設定がある場合は、どのようなものですか?

アクションは、完全にソヌの感情をたどると思っていました。 最初のソヌの戦いは、クールで簡潔なアクションですよね。 その人はプロゴ感情の動揺がないです。 しかし、このように冷徹な人の内面に波紋が起きて、感情的に激しくて、アクションの強度も高くなります。 清平ブルグァンモクアクションシーンのような場合には、生死をかけたアクションなので、もっと強く、もっと激しく、もっと『セ』がご注文でした。 一度も見たことのないイメージを、新しいシャトドゥルウル入れば良いという考えに後押し付んです。 雨の状況では仏光首にアクションを繰り広げる清平の格闘シーンは、雨、火、ゾンビのようにしがみつくスタント、カーアクションまで、あらゆることを動員して、カオス状態を作りました。 それがその状況を脱出しようとするソヌの内面であり、極めて暴力的な彼の状態を表現したものですよ。 映画の中でバディケムつけて、ワイヤーを担いで撮影された神々が3コトイイェヨ。 画面全体に行き渡る強力なカットを入れることで、イメージの影響を増幅注文しました。 同時に、視覚的な見どころ、視聴覚的な快感、活劇の感じと交流したいんです。

ラストは銃撃神にハショトドグンヨ。 ノワールジャンルのルールに従うの神ですか? 実際、我が国では、銃の使用が珍しくて、韓国映画の中での銃撃シーンは観客に不慣れな場合もありますが、演出しながら、検討された事項はあるのか。

最初から銃を撃つの映画をしたかったのです。 韓国人俳優たちにも銃を撃つ演技のファンタジーがあるという気がして願いもドゥルオジュルギョム。 また、西部劇で見られる銃の快感を映画に移してきてと思うんですよ。 おっしゃるように私たちは映画に拒否感なしに銃を撃つことができる設定をするために、ロシアの武器密売団を登場注文しました。

映画で出てきたように、ロシアの商人や東南アジアの人々が出入りして、銃が韓国に流入しているので、気になれば購入できる状況でもあるんです。 こんなことを映画の中での催し物の敵の要素にドラッグしてきてんです。 気にした点は、私たちの映画で、銃をソドラドその程度なら見物したいし、観客の目の高さを無視していないレベルで見せてくれていました。 だから、銃声もそれぞれ別の空間にすることがベクバルシク撃つことによって音を採集し、私が知っている範囲内で可能な限りリアルな銃撃シーンを設計しようと労力したようです。

多くの脇役が登場するが、エリックが演じる役割はとてもユニークです。 なんていうか。 トラブルシューティング、あるいは切り札のような人物じゃないでしょうか?

エリックは、<荒野の七人>のロバートボンイラン人物のようなものだよ。 この人が速射可能なのに、決闘が行われれば、常に隠れています。 人々がとてもがっかりですね。 しかし、いざ敵と向かい合っては、瞬間的にあまりにも速いの腕前で3部屋をまうわ。 この映画でもぴったりそのような人物が一つ必要にしたんですよ。 そのイメージをエリックに与えたんです。 また、コッポラの<アウトサイダー>からのアイドルスターを連れてきて、アルコール中毒センチャチンピラに変えたのがとてもおもしろくてそのように一度試してみた。 彼が登場することで、多少は関係のない人が、とんでもなく映画の結末をジトドロクするんです。 それに人生のはかなさを極端に表現したかったです。

シン・ミナさん演じるヒスという女性本当にユニークです。 ノワールの魔性の女の役割を果たしますが、既存の妖婦たちとは全くイメージが違うじゃないですか。

シン・ミナさんがどのようなインタビューで、こんなことを言っていた。 "すべての人にとって、すべての女性は魔性の女だ。"あまりにも正確な話であるようです。 デフォルトでは、女は男にそのような存在ですよ。 この映画は主人公の微妙で、隠された心理状態をチョトアガはので女性キャラクターが積極的に作用してはいけません。 そうしながらも、観客が映画を追っていくと、この女性が致命的に作用したんだな、と感じるよ。 そのようになる際に、映画の主題があらわれるからね。

堅牢しかし、壊れやすい単于のクリスタルのようなイメージでイ・ビョンホンの顔がよく似合ってしまいました。 イ・ビョンホンさんのどのような姿を見てキャスティングすることになったんですか?

堅固に見えた一人があまりにも傷つきやすいアキレス腱を持っていたし、それをゴンドゥリジャマジャがらがら崩れになるのに、そのような人を表現するために、情緒的にイ・ビョンホンという俳優がぴったりだと思いました。 個人的にこの映画を撮りながら、最も美しいイ・ビョンホンの表情を見ることができ、良かったです。 今思えば映画を開始する時点で、現在までに、その中のイ・ビョンホンの顔が一番良いと思う。 歳月のノクイラヌンものというか。 その人のすべてが統合され、捨てるものは捨てて、私の後、すぐにその時点で、このイ・ビョンホンは最高のポイントではないかという気がします。

個性のある俳優たちをしたことから見られて良かったです。 カメオで出てくるのではなく、厳然とした軸イルォソ映画を満たしていたが。 もし比重や個性を調整するのに大変ではなかったのですか?

調律よりも先に感謝の気持ちがするよ。 考えてみればみんな映画の一方で、単独で主演をすることができる俳優だけど、私たちは映画に来て、小さい分け前をしながらも、楽しんできて、かっこよくて行きましたですよ。 俳優の前に人として素敵ですよね。 私は前からこのような映画を作るのハリウッド文化がさそうでした。 <トゥルーロマンス>から見ると、クリストファーウォクンやゲイリーオールドマン、ブラッドピットなどの俳優たちがちょっと出てきて遊んで行くのに残る印象はセジャンアヨ。 私は俳優をちょっと乗って、俳優に合わせてキャラクターを作っていく方です。 オ・ダルスさんは、急ぐのなら、釜山なまりが出てくるが、そのようなことを文字に入れて、ロシアのために釜山(プサン)のアクセントにしようと固定式です。 白砂のビーチの場合も悪役ですが、独特の人間味が感じられるんじゃないか。 そのような印象をファンジョンミンさんからもらったんですよ。 調整というより、各俳優たちの良さを映画で引き上げようとしました。

[編集]バージョンが4つもあって、切られた編集もかなりになると聞いたことがある。 撮ることよりもトリミングが難しいのですが、最終版を編集する基準は何でしたか?

私が撮るときは、作家のように撮って、編集するときは、商売をする人のように編集している。
だからてしまう場面が多いですね。 この映画では、ある人物の状況や状態、感情描写をする部分で捨てられた部分がかなり良いです。 映画的に多少の説明が不十分な部分があっても、観客が、全体的な映画を観覧するときに、物理的な鈍さを与えないようにしようというのが、商業映画の監督として、私が思うんですよね。 映画の意図に損傷がない한에서観客たちの忍耐力にふさわしい時間帯に合わせてと思うんですよ。 幸いにも最近はDVDという媒体があって、後からでも両方とも収録することがありますので、それさえもちょっと物足りなさがドルハジョ。

e0109292_1892664.jpg

e0109292_14274456.jpg

マックスムービー 原文 記事転送 2011-01-04 16:12
by kazem2 | 2011-01-04 18:24 | kim jee woon | Comments(0)