ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[ムービーディック]博士、私もカン・ドンウォンのように作ってください

☆cine21.com
    <ノチプロフェッサー>について知りましょう
e0109292_915291.jpg




1月6日<ノチプロフェッサー>というタイトルのアニメーションが公開しています。 ここまで来れば、多くの読者が頭を握ってトゥトウルでしょう。 これはだから、ジェリールイスのオリジナル<ノチプロフェッサー>をリメークした映画であるかどうか、あるいはエディマーフィーのもう一つのシリーズである。 知ってみるとジェリールイスが直接製作した<ノチプロフェッサー>は、オリジナルの主人公であるケルプ博士の孫を主人公にした遠い未来の話というのですね。 50余年の歴史を持つ<ノチプロフェッサー>について少し知って移ってみましょう。

Q1。
だから、代替<ノチプロフェッサー>シリーズはいつ始まるのですか?

A.
私たちが一番よく知っている<ノチプロフェッサー>はコメディアンのエディマーフィーが主演した<ノチプロフェッサー>(1996)と<ノチプロフェッサー2>(2000)です。 しかし、その映画も、実際には米国映画史上最も有名なコメディ映画の中でハンピョンインジェリールイスのオリジナル<ノチプロフェッサー>(1963年)をリメークした作品たちです。 1月6日封切りする<ノチプロフェッサー>は、ジェリールイスの映画の続編間隔で作成されたアニメーションです。 オリジナルの内容は、小型の体格や勉強の虫のようなルックスで、学生たちに無視されるマニア教授ケルプ(ジェリールイスが自分の演技があります)が研究室で身体を完全にキング郡に変化させる薬物を作成することにより起動します。 この薬を服用すれば、いくらチジルハン人も素敵なプレイボーイ』バーディーラブ』に変身することができますね。 <ジキル博士とハイドゥシ>のコメディバージョンだとか。 エディマーフィのシリーズでは、太り過ぎの教授が薬物に痩せたという設定で暴落したんですが、基本的に<ノチプロフェッサー>というタイトルの映画を貫く哲学は同じです。 まさに『究極のノドゥ(Nerd)ファンタジーという点ですね。

Q2。
そうですね。 それならオリジナル<ノチプロフェッサー>を作ったジェリールイスは一体誰なんでしょうか?

A.
ジェリールイスは、1950〜60年代のハリウッドをほぼ掌握ハダシピなコメディアンです。 最初から、彼が一人で笑わせたわけではありません。 ジェリールイスはダンチャクインディーンマーティンとのコンビを組んでも16本の映画に出演し、当時の観客の愛を受けています。 ジェリールイスはディーンマーティンとの決別とすぐにもう少し大きな夢をクプニダ。 自分の演技と映画の両方を制御することができる監督がされているのでした。 彼は<ベルボーイ>(1960年)を皮切りに、彼の最も有名な作品である<ノチプロフェッサー>(1963)、<大口>(1967)などを作成し、勢いがあります。 彼の最後の演出の小さい<爆笑地震騒動>(1983年)であり、同年マーティン少しシーズの<コメディの王>のロバートデニーロと共演しています。 まだ少しシーズのこの傑作を見られなかったって? <コメディの王>は、コメディーのアイコンであるジェリールイスの画像を用いてショビジュニースの皮肉を述べている隠れた傑作です。

Q3。
ところで、ジェリールイスはなぜ韓国にはあまり知られているかがいないのでしょうか?

A.
非常にアメリカ的なアイコンであるからだという答えを出しておいていると思います。 しかも全盛期のジェリールイスは、アメリカの評論家が極端に嫌っている監督であり、俳優でした。 当代の評論家たちは彼の映画が混乱して、悪趣味でいっぱいのトイレコメディに過ぎないと評価減だったんです。 ジェリールイスがヌルグマクに回復することができたのは、フランスをはじめとするヨーロッパの評論家たちが彼の作品を再評価しながらでした。 それでも国内で発売されているジェリールイスの全盛期代表作<ノチプロフェッサー>が独特です。 さて、ジェリールイスはエミールクスツリチャが米国に渡って撮影された<アリゾナドリーム>にも出演しました。 誰だか分からないんですって? ジョニーデプエゲキャデラックの販売代理店を譲って田舎に呼び込む叔父レオを一度よくトオルリョボてください。 もう一つ。 有名なロックミュージシャンのジェリーリールイスとジェリールイスを混同すると困るのです。 二人は厳然に他の人々です。

文: キム・ドフン 2011.01.04
by kazem2 | 2011-01-04 09:23 | Comments(0)