ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

格が違う笑い 「製作秘話」 大公開!

☆hani.co.kr
<ばん?とこ!(よろしく)>ユクサンヒョ監督
<遊びに来て>シンジョンスPD · <ユブ症候群>バクジュンスPDインタビュー
e0109292_1174085.jpg

»映画<ばん?とこ!(よろしく)>の一場面。 (レモンツリー文化放送Mnet提供)




スンジェジャクビ8億ウォンで、100万人の観客を動員した映画<ばん?とこ!>は、1960年代末から70年代初めの音楽サロン「セシボン」のメンバーをお茶の間に招待したエムビシトーク番組<遊びに来て>、 歌謡界 の核の嵐(?)ユブがの人生を追跡したMnetフェイクドキュメンタリー<ユブが(UV)症候群>(9月終映)。 この三作品に平行理論(時差を置いて、同じ運命が繰り返されるという仮説)が存在している。

1。 幻想コンビ| キム・イングォン、キム・ジョンテコミック熱演/ユ·キムウォニの相性は抜群
コメディアン ユミュージシャンミュージシャンの採取

2。 奇想天外| 監督も予想できなかった興行/放映7年ぶりに全盛期/文化部に
『アイドル恋愛自由法案』の提出

3。 びっくり渉外| 演技素人の移住労働者カーン/ TV出演は珍しいジャン・ギハ、チョン・ジェヒョン、 ジュ・ソンチョル<シネ21>記者







'鳥肌及ぼす』の共通点だと言い張って思うか無理なようだ。 最近、TVのトークショーの流れは大きく二つガルレダ。 テーマを選定した後、適切なゲストを交渉したり、一旦、ゲストを迎えて主題を挟んで整列させたり。 年末号を迎え、トークショーのトレンドを試してみた。 『今年の一年ケアルガトウン笑いを作成したプログラム、映画監督の'という主題でユクサンヒョ監督(ばん?とこ!)、シンジョンスPD(遊びに来て)、バクジュンスPD(ユブ症候群)に会った。 お互いを一度も見たことがないでは3人の 個性 は千差万別。 有名な脚本家には冗談と本当の話の境界をノムナドゥルゴ(ユクサンヒョ)、15年間の芸能ディレクターとして働いていたが笑わせる芸は、特にありません(シンジョンス)、視聴率0.1%に輝く芸能風刺ニュースショー<アルブラリチャンネル27>を作った(バクジュンス)これらのインタビューも別にクッパ。 今までのセットを貫通する面があったから主流よりは非主流の、強者より弱者への関心がリョトダ。 移住労働者への関心、地面にヘディング渉外、ポンウル活用した現実の風刺新工場で質の悪いユーモアが満開の政界でのギャグマッチャンが浮かんだ。
e0109292_11124235.jpg

»左からシンジョンスPD、ユクサンヒョ監督、バクジュンスPD。

本人が作成しても、パン〜パン〜トジョトドン最高の面白い場面は?

ユクサンヒョ(以下肉)
移住労働者たちの歌』チャンチャンチャン'を教える場面は、シナリオを書くときから思っていた。 'チャンチャンチャン'を選んだのは擬声語·擬態語が多くなった。 それは、アジア 各国の 言葉に移るというのがこの映画のテーマと合致するよ。 ところが、映画のシーンは、より多くのウトギョトオ。 キムジョンテがお金もあまり受けて延期した。 ハハ。

シン・ジョンス(以下神)
チョン・ソンヒ編ユジェソク、キム・ジェドン、キム・ヨンチョル、この眼鏡を脱いで、誰が誰ジャルセンギョトナした場面。 三人の友人がチョン・ソンヒ助けようとする思いやりも感じられてチャンハミョンソド笑わせた。 話題を集めたセシボン特集も記憶に残るが、 個人 的には釜山の男特集がおもしろかった。 準備するときに一作家が、釜山の人々は野球場でボールを取れば、"ああやれ、ああやれ"するらしい。 それが『子供ハンテ週間という『意味だというのに、ソウル出身だからそのようななまりや地域感情がとてもおもしろかった。

バク・ジュンス(以下朴)
ヒュンガでユブには、フリースタイルラップをする場面が一番おもしろかった。 製作陣がコーナーの枠組みのシナリオを用意しますがユセユンこの楽しみを抜き出すといった具合だ。 記事の食堂の行事を走るとすると、イベントの内容は、製作陣が多チャジュルことができない。 セユンイガ世話をしなければならない。 ヒュンガでセユンイガシンネリム受ける場面は、本当に『メソッド演技』(劇中の人物と同一視によるグクサシルジュウイジョク演技)だった。 瞳膜戻り。

e0109292_11135622.jpg

»ユジェソクとキムウォニが進行するトークショー<遊びに来て>。 (レモンツリー文化放送Mnet提供)

『あっ、これはとても無理だった』と思うことはないのか?


笑わせようとしたが、観客が内部に笑っては緊張してジニも落ちてしまう。 主人公がブータン出身の労働者のふりをする理由を説明する場面があり、一度にたくさんの情報を与えてしまった。 観客が笑う余裕が必要ですが、タイミングを釘見つけたんだ。 芸人たちも、観客が笑うとぴったり待ってから、次のことをすれば。 映画もそのような呼吸を作成します。 たくさん研究しなくてはならない。


自社番組や映画の宣伝のために出てきたゲストたちを縛って作成された企画はぎこちない。 化粧をトックチルしても良いの皮はすぐに現れるように。 視聴者たちはトークショーに頻繁にで出てくる人を気にしますがそんな方には作品の広報名目でなければならない出ようとして。 3年前から<遊びに来て>を引き受けたが、最初の1年間は広報を多く必要としていたよ。 そのような慣行がお互いに'ウィンウィン'にならないと説得してみると広報性トルクが減少した。


高等学校に訪れ、校内放送するエピソードは、現場では本当に笑わせた。 私達が乾燥するほどにセユンイガ口チュワクチュワク付くように悪口を言って。 放送部の先生も身分忘却して腹をとって。 ところでこれが何の意味な逸脱だった。 このようにあのように編集してみるとあまり楽しみがなかったよ。


『今は話すことができる』の制作秘話は?


'とっ'という名前にすることが大変だった。 シナリオの盛りを書くときに、ネパール出身の労働者を見たが、その人の名前をとっていた。 主人公性をバンシにすると、友人たちも『バンガヤ』と呼ぶこともあり。 映画のタイトルも最初はかなり説明的な『アジアブラザーズ』こういうのだった。


交渉が少なくない。 特にソングチァングシック先生は、自分だけの世界があるので交渉のためには、その世界に入らなければならない。 理解しにくい度の話を聞いて、夕方6時に朝、夜の12時に昼食、午前4〜5時に夕食を食べるのスケジュールも一度のようにしてみたい。 チョンソンヒ片道記憶に残る。 放送は7月にしたが、録画は、5月にし、交渉は1月から入った。 通常、誰か交渉をする時はその場で、来週に出てくれではなく、いつの時間と、よい機会にお伺いと言いながら3〜4ヶ月前からまき餌をまくのにチョンソンヒもそのような場合だ。 ワールドカップ終わって人々の興奮いらっしゃって、私は時に放送するといいだろうと思った。 録画後にもモニタリングを3回ほどしながら、放送内容を心配していた。


最終回でユブがが外国に行ってカムバックする場面は、仁川空港ではなく、金浦空港だった。 仁川で撮影たりしたが、どうせやるならエキストラも動員してしても再度撮って思った。 エキストラはユブを愛している東亜放送大学(ユ母校)の学生。


「私だけのユモロン」ですか? どのような笑いを作りたいと思うか?


中学校1年生の時、7歳上の兄が軍隊での事故史に亡くなった。 私の人生で 最も 悲劇的な仕事の一つだったが、その仕事があり、私は、後ヅオダルを病んだ。 死が認めいけないし。 そうするうちに面白い子がいた。 苦痛を克服するための方式だった。 ユモランが他人を卑下する方向に行くものだが、それが一番気を付けなければならない。 外見に比べれがおもしろいですが、一度しては解決しなくてはならない。 笑いは、弱者のだ。 威厳と沈黙は強者たちであり。 私の映画の主人公は、社会的ヤクジャゴ社会問題にも少しあり。 問題化を狙うわけではないが、コメディをしにくい領域でコメディを作成する必要が 価値が あると考える。 次回作は、1980年代を背景にした映画だ。 学生運動の先輩たちの中には、必ず難しい言葉を書く人々がいた。 考えてみればそれだけ釘アルアドゥルウンがなかったような。 その話をして、その先輩はよく分からなかったのではないか。 そのような状況がおもしろいと思う。

e0109292_11144638.jpg

»ユセユンの熱演が光る<ユブ症候群>。 (レモンツリー文化放送Mnet提供)


これで、歌謡界の交渉対象は、趙容弼·ソテジ·キムチャンワン三人が残った。 趙容弼先生本当に仕えと思う。 会って『セシボン特集ご覧になっていないか、偉大な誕生も一緒に出るようにする』とした。 アーティストだけでなく、名前が知られている公認も交渉したいと思う。 複数の人がトークショーに出てくるのは記録の価値がある。 移籍と友人たちの若い頃のように。 悛亨ッシ·魯会燦こんな方に特集してみたいと思う。 国の心配ばかりするのはないのではないか(笑)漫画家の特集も企画していて。 映画監督の特集ももう一度したいのですが、ユク・サンヒョ 監督 厚交渉すると、拒絶しないようにいくつか伝えてほしい。


アーティスト交渉してリアルドキュメンタリー番組作ってみたが、カメラ向けている場合、その時点からはリアルではない。 そこでこのようなフェイクをすることになったようだ。 私は基本的に『ルーザー』性向である。 チュソンチ作品を好きな理由は、ルーザーのコードがあるからだ。 ルーザーが成功してはっ万枚である再ルーザーされそうではないか。 ユブのも事実、メインストリームではなくて。 後には性(性)の話を持って笑いを与えることができるコーナーを作りたいと思う。 <ユブ症候群>シーズン2もしたいし。


今年一年で見たシーンの中で一番笑わせたのは?


映画<2階の悪人>をして楽しんで見た。 ソン・ジェゴン監督はスリラー、コメディーを縛って出す驚くべき才能があったよ。 その映画でキム・ヘスの娘がいじめられやられて家に帰る。 この子供にたいして問題をハン・ソッキュが"学校は 行かなければならない か"という場面がそのように笑うよ。


延坪島でアンサンことが魔法瓶を持って貝と言う場面が一番笑えた。 現役で軍隊に行ってきたので、その隣の兵士たちがどのような考えかもアルゲトゴ。 悲劇的な状況ではそのようなことをしてきたゴジャンナ。


ムルナンリ報道する生放送のニュースでエムビ(MB)が、水害民ハンテ"ギワンエになったのだから、快適に"と言っていた場面が一番笑えた。 インターネットでは、"どうせそうになったこと"のパロディーちょうど出てきて。

まとめパクヒョンジョン記者 saram@hani.co.kr

ソース:Twitter Judard
by kazem2 | 2011-01-03 11:29