ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

チョ・ソンハ 花の中年の仮面を脱いで本当の私を示すとき

☆cine21.com
e0109292_13271077.jpg

                 映画<黄海>のチョ・ソンハ




<黄海>は<追撃者>のナ・ホンジン監督とキム・ユンソク、ハ・ジョンウの出会いだけでは説明が不可能だ。 延辺ではソウル、蔚山(ウルサン)、釜山(プサン)まで全国を縦横し、追いつ追われつのこの巨大な追撃戦の中心には、もう一つの重要な役割が存在する。 ゾソングハが演じるのバス会社社長『太原』は、<黄海>の事件を起こす悲劇の種であり、<黄海>を読むことを隠しキーワードだ。 ドラマ<成均館大スキャンダル>の貞操、<欲望の炎>のヨンジュンから見てきたすべての高品質の画像は、一面に過ぎない。 助成するための最も高い所から最も低い底までを行き来する多彩な演技で太原を完成する。 チョ・ソンハしかできない演技、ナ・ホンジン監督は言う。 "他の俳優なら皆キム・ユンソク先輩のようにしようと聞いたことがあるんだ。 固定観念を脱皮した俳優が必要だった。 だから必ず造成しなければした。"

- 記者試写当日の朝に映画が完成した。

=私が出演した映画なのにそんなに緊張することができなかった。 まるでジェットコースターに乗る気がしたよ。 最初は緩やかに出発して、カチッカチッカチッガドニ、海を渡ってざわめくであることができる。 そのドィブトン瞬間パッと破れて、そのままスライドさせて付ける。 ジェットコースターが一番高い位置に上がって落ちる瞬間に、映画でも先端を結ぶ。 これほどのエネルギーがない。 終わってからやっとリラックスしてますよ。

- <黄海>の隠れたキーワードは、『太原』だ。 ネタバレになるか心配で詳細な技術は避けるだろうが太原は、事件の鍵を握っているうえ、映画の爆発力を見せてくれるシーンで活躍する。

=最初にナ・ホンジン監督が100億ウォン規模の映画の主演三人のうち一人を引き受けてくれているときに心配になったよ。 私は、さすがにこれほどまでにやり遂げることができる空力になったかについてのアドバイスだった。 もちろん、ときめいたりもした。 太原を遅らせることができる素晴らしい俳優たちが散在しているのに僕にその機会を与えてくれたってことだ。 キム・ユンソクとハジョンウという二人の俳優にも遜色のない演技をしなければならないという負担と念を押したが同時にしていたよ。

- 悪に固まったミョンガ(キム・ユンソク)と、現実に犠牲になるクナム(ハ・ジョンウ)がキャラクターの一貫性を持っている場合は、暴力団を抱える社長太原は、最も複雑な姿をさらすキャラクターだ。

=簡単に思おうとすると、限りなくやすくなる文字が太原だった。 ところが、もう少し考えてみればこれだけの複雑なキャラクターもない。 ナ・ホンジン監督が最初に太原を説明してのに、バス会社の運営、組織でも、家でもありますが、愛する人は別にある。 話だけ聞いてみるとごろつきだが、ヤクザではない人に、この人物を表現しなければならないと言っていたよ。 だからといって平凡してもなキャラクターということだ。 どのように解いていくかが課題だったよ。 結局、ナ・ホンジン監督と一緒に太原があり、その境界を捜さなければならなかった。

- 撮影自体が無限に延長された作品である。 今年のドラマ<成均館大スキャンダル>と、今出演中の<欲望の炎>までのスケジュールも侮れないであった。 どのように消化したのか。

=撮影が終わったのが11月中旬が過ぎてからだ。 苦労話もちろん、ハ・ジョンウ氏が最も多くした。 当初は昨年12月にスタートしたので、3ヶ月ぐらい撮って、今年2月に撮影が終わると思った。 ところが、それが5月になって7月になった。 最後のバスの終点のシーンは、雨のために撮影を休んで、なんと33日間で撮影された場面である。 夏には終わるだろうし。 それから<成均館大スキャンダル>スケジュールを調整しながら、<黄海>を並行した。 そうするうちに追いこみジエン<欲望の炎>まで重なった。 幸いにも三作品もよかった。

- 多忙なスケジュールのお陰で造成するように俳優を大衆的に発表された年でもある。

=ドラマ<ファンジニ>で、ファンジニの師匠の役割に放送を開始し、<大王世宗>で世宗の師として出演した。 反応は良かったけど、私を知らせる程度で、波長が大きいのではなかった。 そうして今年に入って<成均館大スキャンダル>に会って、若いファンが起こり、<欲望の輝き>に年配の女性ファンまで確保した。 住みながら、最も多くのニックネームを授けることもあった。 'タドナム'(温かい町の人)という新造語ができて、「クルソンデ」、「花の中年」などと呼ばれた。 首が太いと『レゴ星河』とも呼ばれていたよ。 ファンレターを受け取るのに涙がすべてナドラ。 特に忙しい日があるものだ。 私には、今年がそのような年だ。 さらに<黄海>のために、今年は個人的に最も注意すべき年でもある。

- ファンにはまだ推進力と知恵をあまねく兼備<成均館大スキャンダル>の正祖のイメージが利用できる。 固定的なステレオタイプのキャラクターで予約されていた『王』の役割に活気を吹き込んだ。

= <成均館大スキャンダル>の最大の受益者は、いくら考えても豊かである。 若い主人公ネットと最後に一緒に付かないではないか。 (笑)王の役割は、俳優たちに機会がよく帰ってこないのに、うかつに、私は高貴な役割にキャスティングされた。 作家さんって言葉が、元々の演技は前から見ていて、ある程度似合うだろうけど、そういう風に完全に本人が思っている王のイメージを描くとは知らなかったとし、感謝すると言っていたよ。 おかげで私も勇気をたくさん得た。

- 「柔らかいカリスマ」と呼ばれる、既にジエン低音の深く響く声が与える信頼が大きかった。

=どうやら声の評価が最も大きかったようだ。 最近、仏教放送でドキュメンタリーを制作するためにナレーションをお願いしていたよ。 短いと思って行ったら、二時間もされている分量だったよ。 作家の方が<成均館大スキャンダル>が大好きで最初から私を念頭に置いて台本を書いたよ。 私も自分の声を低くして六時々は初めてだ。 いくら良い音も聞いているとちょっと大変だが、以上のように僕の声は、聞けば聞くほど、ますます楽になるということだ。 (笑)

- 堂々の自画自賛だが認める。 プロの声優をしても問題がなかっただろうと思うほどだ。

=中それでも軍隊行って来て、声優のテストを見た。 ところが、3車で落ちた。 面接の前日の人々の誘惑に陥り、酒をいっぱい食べて、アルコールのにおい漂わせながら、テストを見に行ったのだから、審査委員たちがきれいに表示するはずがなかったのだ。 当時、試験に挑戦したのは声優という職業が芝居をするための生活の手段が良いからだ。 演劇というのは生活が保障された職業ではない。 ところで私の夢は演劇で、舞台での演技をするには、同様のカテゴリの固定的なアルバイトの距離があればいいのにと思った。 良いアイデアではなかったが、演劇俳優への夢があまりにも大きかったので、その当時は切実だったんだ。

- 高校生の時から演技を開始したので、俳優としてのキャリアがかなりされている。 のように調査したソウル芸術大学演劇科の同期に比べると多少遅く光を見たんだ。

=インタビューするたびに、『俳優としてのキャリア10年目』と書いてくれとすることが多い。 その前にムォヘトニャゴすると、実際にする話がないことだ。 グォン・ヨンウン、ギム・ジョンギュン、チョン・ウンピョ、ピョ・インボンなどが同期だったがみんなの才能もすばらしく、個性が強い友達だった。 そう簡単にあきらめることができないのが、私は高校生の時からいつもの舞台で主人公をしてきた。 'その友人もするが私だとなぜか。 してみるといつか僕も認められるだろう』という気持ちがあった。

- 心の修練がすごい。 焦っていないようだ。

=本来の性格が楽天的で、急なことがない。 それで家内が嫌っている。 (笑)一度さんざんそれで怒られたことがあるが、その時から責任感を持って、これから家族にも正当な、足しになることができるのが何なのか考えてみた。 映画に目を転じることになったのも最初はそのためだった。 一般的に知らせることができる媒体として映画を選んだのだ。 出発は、そのような単純な気持ちだった。 最初の作品でバク・ギョンフイ監督の<笑顔>をしながら、新たな視点が生じていたよ。 演技に対する覚悟も固めることになってやる気ができ始めた。
e0109292_1334540.jpg

- 実利的な理由から出発したが、主にジョイェサンヨウンファエ出演してきた。 実際に普及した映画は、<黄海>が初めてのことになる。

=おかげで「ヨウンファジェヨンベオニャ」という声もたくさん聞いた。 (笑)、長い時間の間に普及して映画とは距離があった。 ところが、それ自体にもやりがいがあった。 その作品を見て放送局でも交渉をしてくれて、他の監督とも縁が届いた。 一作品一作品のすべてが別の監督に会って成長し、より良い演技を見せる機会があったのだ。

- <女教授の隠密な魅力>からの暴力や脅迫で固く団結した'バクソクホ'や死刑制度を復活させるきっかけとなった<執行者>の悪辣な連続殺人犯「ジャンヨンヅ」がこれまでの映画でのキャラクターを説明してくれる。 ドラマで見せてくれた、品格のあるイメージとは異なり、映画でのキャラクターは、ほとんど悪役に重点を置いてきた。

=意図というより私にそのような姿があるようだ。 どのような監督は、私に出会ってから生きている私の目を見たよ。 その目を持ってどのようにメロ演技をするだろうか。 サイコパスヌンインデ、ラドラ。 (笑)放送では私の精神的な師匠やロマンティックなメロのキャラクターで作ってもらおうとする映画では、ほとんど悪いイメージを引き抜く。 <貯水池で引き上げたチーター>での飼育係も、サイコパスの典型だった。 太原の役割も悪い状態が内在しているギョンオゴ。 テレビ番組や映画ではこのように評価が栄養素になると二箇所でも生き残ることができるのだなと思ってよかったとも思っていた。 (笑)

- それが長所だが、一方では俳優としての色で言うと、まだチョ・ソンハを規定する色が足りないという側面も解釈される。

=今まで自分のあらゆる面を浮き彫りにするために演技をして来てはいない。 いつもの作品で、目的のキャラクターを作成しようと心配していた。 どうすれば他人と違って、他人が試されていないキャラクターを作るか。 常に新しく、また新たに私の宿題だった。 ところが、それが私のジレンマがあったのも事実である。 <ゴミスプ>の「放送局局長」を見た人が<成均館大スキャンダル>の正祖が同じ人物なのか分からなくて、<執行者>の「ジャンヨンヅ」を見た観客が<欲望の炎>の'ヨンジュン'を接続することができない。 <黄海>の弱い『太原』を見た人も<ファンジニ>の朝鮮最高のハクゴン『厳守』がナインを与えるか知らないんだ。 もちろん、私は今まで完璧に'チョ・ソンハ'を消すこと自体が楽しみだと考えてきた。 ところが、振り返ったら私はなぜこんなに大変かと思う。 他の俳優たちは本来の姿に行けば認定を受けるのに、私は私のままにしてはならないことだ。 私自身に対する認知がないからだ。

- 今は事情がちょっと変わった。 だから<黄海>の次のステップがより重要な選択である。

=勿論である。 周りで、今はもっと自分のことをたくさん取り出さなければならない時だと言われていたよ。 もっと『星河な'を広げなければ、観客と会うときスウォルハルだということだ。 急に変化はないが、私もそのような点を念頭に置いている。 個人的に私を知っている人々は自分の普段の姿を見て『もうコメディをしなければならない』ということもある。

- 次の作品は決定されたか。

=まだない。 <黄海>と<成均館大スキャンダル>のために<欲望の花火>では序盤の量が少なかった。 だから今はその不誠実さを補う必要があります。 造成するように俳優の分け前はピラミッドのような階段を上ることを考える。 同じ場所でジャンプの訓練をして一段を超え、また、訓練をすることによって、他のいずれかを超えることだ。 その頂上にダダラトウルときに再度降りて行かなければいいのか分からないけど、与えられた宿題はずっと移らなければするのだ。 <黄海>として造成するように名前を少しアップグレードするかは分からないけど、とにかくこの映画も、ピラミッドを登るコースのうちの一ギェダンイルだけだ。

- 映画の成功とは別に、一つの心配は、ドラマで培ってきた、品格のあるミジュンニョンウイイメージが底まで露出された太原のために墜落する危険が大きいということだ。 それはしっかりと覚悟しているのか。

=元の幼い頃から内省的だから女の子たちの前で顔赤く、むしろ女性の方が私を守ってくれるような人だった。 カーソルは、『いわきだ』という話を聞くほどに、恋愛もうまくできないのが私の実体だ。 だから今のロマンチックなイメージは、途方もないことだ。 これで、それが明らかになるだろうから、ファンへの放送に出ても、ひざまずいて、石膏の大罪するしかないようだ。 (笑)

文: イ・ファジョン
写真: ベク・ジョンホン 2010.12.31


スタイリスト:キム・ソヨン
ヘア:遠美·
メイク:アン・フイジョン
衣装協賛:キレイハナバルレノ
by kazem2 | 2010-12-31 13:27