ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[キムヘリの映画の日記]戦々恐々、<跳躍先生>の最後のチケット!

☆cine21.com
e0109292_139060.jpg

<飛躍先生>の俳優たちは劇中衣装のジャージ姿で舞台あいさつを行った。
左からバク・ヒョクグォン、バク・フイボン、ナ・スユン俳優、そしてユン・ソンホ監督。






12月10日
ベテランの観客なら誰もが密かにわかっている事実。 俳優にとって、外見の魅力は、バランスの取れた美しさではなく、美しいの不均衡から出てくる。 もう少し正確に言うと努めるには、造形的な不完全さを弁解なんて添付されていないジャジョクジョク美しさに感じられるようにする頑固さの説得力こそが非凡な俳優の要件である。 現実的にはその逆も成立する。 偶然にも、標準の美貌に才能豊かな俳優ならば、その中に、潜在的な亀裂や歪みを公開する時の何倍も美しくなる。 ただし、多くの美男俳優たちがヌアールワ暴力団ジャンルの作品を選択し、期待しているよう異なり、わざと乱暴に飾られた扮装や『壊れる』のキャラクターには、大半の場合は、このような飛躍と何ら関係がない。

ちょっとが、最終的に我々が希求しているのは自発性である。 せいぜい? ソン・ガンホ俳優が先輩ムン・ソングンの言葉を引用したインタビューを思い出す。 "組織内で教育され、ルールを守りながら生きていく間、人々が失われた顔がある。 俳優の仕事は、その行方不明の顔を見つけてくれるだろう"との内容だった。 悲しいことに、今日の自発性とは、普通の人が自然に到達することができる資質や状態ではない。 私たちは、過去の人類が神を求めて東京かのように、改ざんされていない感情の原型を維持している人間の顔を、希少な『スッピン』を、やきもきして探しているのだ。 現代の司祭(司祭)の俳優から。

美人でもあれ、俳優の顔は、どこか'にしなければ'ならない。 だから何度もとめどなくのぞき見るように私達の視線を握り、増えていなければならない。 今週は、記事を準備するために中のチョン・ユミ俳優の映画を見た。 多分に少女漫画的な瞳と厳格な顎が、彼女が付いている魅惑的な不協和音である。 感情の塊がボクバトチヌン瞬間、彼女の顔の筋肉は、それを柔軟にガムダンヘ表現することができず、正直に歪んでしまいますが、その間に、何も隠すことができないの瞳は、無邪気な訴えを停止しない。 見るたびに不思議に行い、異常が悪いか。 チョン・ユミの目はマルクロミ開けていても、点滅しているように見える。 瞳孔の中で何かが燃えたがすぎになることを重ねてからだ。 "まだ初恋の少女を演じるも不思議ではないと思います。"数ヶ月前には、目を合わせ、より思わず出た私の言葉に、彼女はきっぱりと首を横に振った。 "ではない。 私、たくさんテムトオトオヨ。 みますか?"厚化粧して着こなしのレッドカーペットの写真でも見せようとするのだろうか待ったが、いざ彼女が携帯電話で検索して見せてくれた画像は、5年前に<親知らず>の撮影当時17歳のジョインヨウンに扮した顔だった。 だから、チョン・ユミは慕っているのだ。 失われたいくつかの顔を。

12月11日
<ハリーポッターと死の秘宝1>を見ながらヒムギョウォトドン理由を考える。 7部で荒野にウンシンハン主人公3人組のハリーとヘルミオンヌ、融資は、一種のテルレポトラ表現することができる魔法を借りて、さまざまな空間を瞬時に移動する。 問題はそれが余りにも容易であることにあったのではないか。 少なくとも僕の映画は、今までのスペースで、次のスペースに、人間の移動を馬がされるように作成するように努力している過程で、フンミロウォジン媒体だった。 さて、この人物をどのようにこの場所から逃がすするのだろうか? 映画監督というのはそういう問題で満1年を心配することができる異常な人々である。 ガスヴァンサント監督は、この質問に対する答えとして、サミュエルベケットの<ゴドーを待ちながら>を駆使した言語を映像で顔負け<ジェリー>を出したし、ヅギボン監督は顎陥る恍惚のいろいろな種類の精密なでたらめを考案し出した。 ある場所から別の場所に移動する方法、それを創造的に心配していないときの映画は、果たしてどんな意味なのか? 空気や水のありがたさを臨時アルアチャリドゥト、私は改めてわかる。

12月12日
<Lメゴジン>の評論家ベンジャミンストロングがビンセンジョナタリー(<キューブ><暗号>)の<スプライス>が10位に上げたところまでは、斬新かつ主体性のある選択だったが、彼は彼だけ"ナタリーのデビュー作は、クロネンボグジョクテーマのウィットあふれる更新両方とも"という褒め言葉をボテヌン風に、あなたのピョンチェ長編を作成したナタリーは、監督に長さありがたい人物として記憶される機会を逃してしまった。 年度末決算の季節にすべての記者、評論家たちが他山の石としなければならないことだ。

12月13日
ソウル独立映画祭でユン・ソンホ監督の新作<飛躍先生>より。 上映時刻より1時間以上早く到着したのにぴったりの一枚の切符が残っていた。 20分を待って誰でもその座を占めてかと思って切符売り場のモニターと雪合戦をした末の勝利。 映画祭のスタッフに完売証明写真を贈呈された。 大邱世界陸上選手権大会が製作地望ましい<飛躍先生>に背いた恋人に凛々しい姿を示すために、棒高跳びの訓練に突入する女性(ナスユン)と正体不明のコーチ(バクヒョクグォン)が出てくる。 映画の導入部は、先に見ることになる映画が多くの人が見る夢は、入れ子になった物語であるかもしれないという暗示を流すのに、後続の映画を構成しているの飛躍と余談に観客を支度させる'イルロヅギ'ではないかと思った。 ユン・ソンホ監督の映画と密接に感じられるの形式はレプイダ。 メッセージは、直接的で、ジヨプジョク問題に接続されて社説条にヌルオジギを楽しみながら、スルレプスチクがスクラッチを入れたりする。 彼の映画を支配して動かしていく要素は韻律である。 ここで、大使は、多くの場合、キャラクターやテーマを現わして整える通常の書士の機能よりも場面のリズムとアプウンを入れるの音楽的機能が大きい。 <飛躍先生>のエンドロールに流れる曲の歌詞の一節には、次のとおりです。 "警備員は、パターン、(中略)Uターン、オバマ氏が住んでいるワシントン、イチォングヨング走るボルトン...。"

上映が終わって舞台挨拶に出た監督はこの映画が、本人の100%を発揮した作業ではないと言いたくなるようである。 そのうちの棒高跳びのプロパティを小さな映画を作る作業に比喩した言葉が興味深かった。 不正確な引用。 "<飛躍先生>のコーチのように、私も自分でも信じられない言葉でスタッフたちを説得する。 小さな映画を作る事はプルチョク跳んだが落ちるの行為と似ている。 ほんの少し息がトゥヨソ呼吸をするが宙に留まる時間が余りにも短い。"劇中のコーチは、ジャンプの訓練をさせて空中で会話を交わしてネリョオラ選手に指示するが、ダプカジ得取り掛かるには、滞空時間が法外に不足しているのだ。

12月14日
過去十数年間、コンピュータグラフィックと3Dが果たして映画の未来かとの議論が行われるたびに、私は人々のおおらかさと性急さに気が引けるになったりした。 単一のフォームが一つのジャンルを完全に支配できるだろうという仮定は、実際に非常に空虚で勇敢なのだ。 CGや3Dでそれほど強力な魔力の方はもっと面白い話題は、CGや3Dのみで、初めて可能な美学の映画がどんなものかということを想像ではないだろうか。 今日の本<トロン:新しいスタート>(以下<トロン>)この興奮を抱かせてくれたのはそのためだ。 3DとCGIという名前のフォームの純粋な潜在性を、現時点での極端までに活用した映画が、ついに到着したとの印象である。 通常の場合、映画のCGは、実写と縫合された継ぎ目の表出ないほど高い評価を受けるが、<トロン>は、全く別の発想で、サイバー空間を実装している。 CGを本物のように見えると戦々恐々するのではなく、まったく別の実際を最初から作成すると、どうかな?(知られているように、これは、ピクサーの基本的な態度でもある)。 温もりがなくて、問題だと最初から冷たいのを見せてくれればならないか? つまり、CGや3Dで現実を増強するのではなく、独自の現実を独自のリアリティのレベルに合わせて作るのだ。 <トロン>のサイバースペースが、<アバター>が描き出した原始的ユートピアより<指輪の帝王>のジュンガンギェにむしろ近く見える場合は、そのためだ。 誰かは映画のか、メディアアートなのか分からないと不平を言うだろうが、<トロン>は、まさにそのグァガムハムので、<アバター>よりもはるかに大きいの芸術的なインスピレーションを与える映画だ。 (来週に続く)

文: キム・ヘリ 2010.12.31
Commented by エリ at 2011-01-03 22:50 x
あけましておめでとうございます!!
今年も色々とバタバタされると思いますが、宜しくお願いします!!
Commented by kazem2 at 2011-01-04 01:08
☆エリさん
おばんでやんすぅ~

遅い時間になってしまいました

明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくね!

今年もキム・ヘリさんの話題を集めるわね^^

彼女はツィッタ―をやっていると思うのよ

見つけたら紹介するわね^^

ツィッタ―はリアルタイムで考えていることなどが解るからね

彼女は映画関係者のフォローがあるような気がするわ
Commented by エリ at 2011-01-04 12:02 x
kazem2さん、今年も宜しくお願いします!!
ところで、ツイッターって何ですか?
私は機械にはマジ疎いもので
Commented by kazem2 at 2011-01-04 17:52
☆エリさん
アンニョン~^^

ツィッターってね
140文字でつぶやくブログのようなものかな

「今 何しているの?」と言うことからつぶやいていくのよ

そのつぶやきが自分の考えに合う場合はそのつぶやきに賛成ですという意思表示をしていくのいよ

私のリンク欄の一番上に「Twitter.com.rosenelbuio」をクリックしたら私のツィッターホームが出てくるから
みてみてね

フォローする人は自分で決めていいのよ

自分が応援したい人とかね

私の説明ももう一つだから ウキぺディアで検索してみてね^^
by kazem2 | 2010-12-31 13:09 | Comments(4)