ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

チョン・ウソン ドラマの演技者たちは疲れている!

☆news.joinsmsn.com.article
e0109292_1062260.jpg

           ドラマ『アテナ』撮影現場で会った俳優のチョンウソン



[中央日報] 入力2010.12.30 00:30 /修正2010.12.30 08:51

『アテナ』で骨を惜しまないアクション演技を見せてくれるチョン・ウソン。 "視聴者の期待が大きく、準備をたくさんした。 パワフルな姿を見せることに成功したようだ"とした。
今年三十七のチョン・ウソン。 二十歳の若さのアイコンが消えて席にまっすぐな考えに発言をする俳優が立っていた。 SBS月火ドラマ『アテナ』撮影現場で入った感じだ。 そっとビーチは目の周りのしわだけ深くなった目つきの彼に会ったのは28日、京畿道安城東亜放送芸術大学総合撮影所。 制作費180億ウォンのブロックバスタードラマには国家テロ対策情報局(NTS)のセットがハイテク機器で光っていた。

この日、ユ・インチョン文化体育観光部長官が現場を訪れ、出演者制作陣との懇談会を開いた。 苦情を問う質問にチョン・ウソンはギダリョトダンようにの「撮影許可制」を要請した。 "外部の撮影時に、通行人の制御から酔客の対応までの製作陣がしているが、許可制の下で警察の保護管理を受信すると、製作陣の苦労も減り、撮影が効率的であること"とした。 柔らかなイメージとは異なり、決定的な口調だった。 懇談会後、別々に会ったときチョン・ウソンは、"海外での撮影ながら、比較されていたことを、この機会に話をしただけ"とした。

  -最近のドラマ制作慣行への苦言に聞こえた。

"韓国ドラマがうまくいく場合の過酷な使用環境を考えて見なければならない時だ。 安全事故の面でもこういうふうにはならない。 先日、コ・ヒョンジョン先輩が「韓国のドラマも、毎週一回放送してもらいたい」と言ったが、共感する。 疲れのたまって演技するのが画面に見えるほどだ。 放送会社や製作会社や収益だけ考えではなく、オーサリング環境の問題のようにしなければならない。"

-ドラマ復帰が14年ぶりだ。 (1996年'1 .5'以後初めて)。 変わったことを感じるか。

"実は『アテナ』を選んだ最も大きな理由は、映画制作と同じシステムだからだ。 6〜7ヶ月前から事前に撮影し、ドラマとは考えをしなくて撮っていて、最近のドラマの環境に対しては言い難い。 これからの分量に追われ、『ああ、ドラマがこんなんだ』と改めて感じるだろう。 映画は1年に一方が精一杯だからファンが喉の渇きを感じていたよ。 4〜5年前からドラマをしなければならないの買物をする度に合流した。"

太原エンターテイメントが製作する『アテナ』は、昨年の最高視聴率35.9%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録した『アイリス』のスピンオフ(番外編)と同様だ。 NTS要員里程优(チョンウソン)と二重スパイユンヒェイン(スエ)の行き違った愛を主軸に、韓国の新型原子炉の開発を阻止しようとする陰謀勢力との対決を描く。 初回22.8%で、勢いよく出発したが、6回放送分は18.6%で停滞している。

-視聴率が期待に及ばない。 イ・ビョンホンの『アイリス』と比較せざるをえない。

"ご覧の方々なの二人の俳優がどのような魅力を発散するかの比較だが、文字上は比較にならない。 イ・ビョンホンのキム・ヒョンジュンは、国と同僚に裏切られた痛みを序盤から強く押し通した。 一方、ジョンウはどたばたルーキーに加え、一人で「ヘイン病」をしている状態だ。 実は最初はNTS要員だからダンディーしながらも、理解力が速く、事故の対処能力が優れだろうした。 2回イタリアの諜報作戦の場面で示されている007のような人物。 ところが、夢だった(笑)。 台本れてびっくりした。 正直、今の立場では、イ・ビョンホン、キャラクターがうらやましい。 私もいつ爆発するか息苦しい"(笑)

e0109292_10155785.jpg

           二重スパイスエ(左)と、彼女を慕っているチョンウソン。 


-5回ヘインの意図的なアプローチがあらわれるなど、展開が早くなった。

"視聴者の方々も、いつ頃ジョンウが主導かの期待が大きいだろう。 今では逆のスケッチを敷く段階だ。 'ヘイン病'を重苦しくしなくてはならないの反転も大きいんだから、ゴジンガムレラ考える。"

1994年にデビューしたチョン・ウソンが演じた役割は概して『きつい』のキャラクターがない。 普及には『ビート』『太陽はない』の青春物や、『私の頭の中の消しゴム』『豪雨時代』のようなメロ物として記憶される。 純愛を抱くNTS要員ジョンウと関連して、"メロのイメージを裏切ること嫌いなのか"という質問に、彼は"これまでしてきたのが能動的ではないが概念に対する反抗、脱出願望は強い人物だった"とした。 ただキャラクターを選ぶときに確信が強く、正しい役割を優先する。 それとともに映画『ビート』の頃の話を持ち出した。

"当時のファンの言葉が'型のため、バイク乗っていてけがをしました』『私もマールボロ咲かせましょう'こんな式だったよ。 自分のキャラクターがかっこよくて刺激的な行動を試しているのだ。 一度は密陽路地裏で撮影してタバコをピヌンデ、見守っていた学生たちが』と格好よい'こうだった。 本当に私の指が恥ずかしかった。 今後も、悪役はするつもりがない。 悪が強く、刺激を与えることはできるが素敵ボヨジョソンならないと思う。 映画関係者たちも、収益の成長こんなことだけに興味を持つのではなく、映画が子供たちと普及にどのような影響を及ぼすか心配をすべきではないか。"

  -本人がそのような作業をしたいという意味か。

"もちろんだ。 演出制作にいつも関心が多くの準備をしている。 俳優がこんな言葉も一つだろうが、結局私がこれからしていく環境の基盤を固めることだではないか。"

-もう30代後半である。 それでもいきいきとした主人公を演じている秘訣は何か。


"私の同僚の男俳優たちの幸運ではないだろうか。 昔はこの年齢と、おじさんの役割以外にすることがなかったが、最近では映画もドラマもの役割が多様になった。 映像産業が発展し、韓流ブームが起こり、その恩恵を受けたようだ。 後輩たち弛まないようにして体調管理には以前よりも熱心にする。 ところが、管理の場合、肉が上がるのをみると、年齢がドゥルギンしたかよりも"(笑)

安城=ガン・ヒェラン記者
写真=フリーランス チャ・ミンジョン
入力2010.12.30 00:30 /修正2010.12.30 08:51
..
ガン・ヒェラン記者 [ theother@joongang.co.kr ]記者のブログ 梵.
by kazem2 | 2010-12-30 10:16