ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【外信記者クラブ]日本映画スチールwikiリークスが必要で

☆cine21.com
自国の映画のワールドプレミアへの外国記者の参加を禁止された東京国際映画祭を見て
e0109292_1335539.jpg

                  2010年東京国際映画祭の風景



最近の東京国際映画祭ではワールドプレミアとして上映されている日本の超大作映画のマスコミ試写会に外国特派員たちの参加を禁止した。 理由? 映画祭によると、外国の記者たちがスターの写真をどのように利用するかを制御することができないからだという。 映画祭は、提供されたその映画の唯一のイメージは、映画のロゴだけだ。 映画祭のカタログには、映画のスチール写真が載っているが映画祭のウェブサイトには何のイメージも上げなかった。

日本の映画会社は、映画のインターネットプロモーションに消極的である。 日本の高速インターネットの速度にもかかわらず、予告編を見せてくれるウェブサイトの数は多くないし、出演俳優、スタッフたちと映画の写真を見せてくれるウェブサイトの数ははるかに少ない。 写真は、通常、円形または他のフレームのツールを利用して映画の公式サイトの外部で再利用することを制限する。

日本のサイトを見ていれば、日本映画のレビューで使用している映画のスチール写真は、携帯電話で見てどこにでも合うほどの切手よりもはるかに小さいサイズのイメージだ。 メディアの批判的な役割は、いうまでもなく宣伝効果にもまったく関心がなく、メディアは、結局、日本の映画会社の知的著作権を侵害していると見ているようだ。

映画会社が提供するプロモーション用スチール写真は、日本国内で法的に保護されて、その使用には、裁判所を介して管理される。 しかし、映画自体でキャプチャした画像を適正に使用することは、公平な利用とみなす。 そのため、いくつかの古い映画なら、DVDやBlu - rayでイメージを合法的に取得して利用することがありますが、最近の映画なら映画のイメージを完全に自分たちの管理下に置こうとする映画会社の慈悲に期待はするしかない。

日本映画のスチール写真を適切に使用することがなくてがっかりすることは、記者ドゥルプンマンイではない。 来月に日本の主要なスタジオのいずれかが制作した結構大きな規模の日本映画を封切りする台湾のある配給会社は、ポスターのデザインのための高解像度の写真を入手することができなかった。 よく知られている米国の映画祭は最近、日本のある主要なスタジオからシサヨン個人的なDVDのために250ドルを出せという要求を受けてDVDを返すしかなかった。 この映画祭は、また、静止画像を使用できますが、スターが出てきた写真は、使用することができないという警告を受けた。

私は最近、<フィルムビジネスのアジア>にデレクエリーがホピョンハン日本映画の制作会社との長い舌戦を展開しなけれした。 その会社は私達がその映画をどのように見ており、レビューに使用された写真をどこでグヘトヌンかを正確に伝えることを要求しただけでなく、同じ作家の作品を基に、他の監督の映画と比べて、はるかに良い評価を受け、その映画のレビューを削除してくれることを要求した。 これでは、好評の悪評に変えたいと思うだけだ。

たぶん必要なのは日本映画スチール写真のwikiリークスかも知れない。 映画会社の内部関係者は、フレームを切り取るプリントの記事と滅びてしまったの雑誌の編集長を含む暴露者は数十年の間の写真のライブラリをインターネットに載せるのだ。 それらのウェブサイトを、日本以外のサーバーで運用する場合は、他の海外のウェブサイトは、これらのイメージを存分にリンクして使用することがあるだろうし、そういうやり方は、日本の中でも、完全な合法的な行為になるだろう。

日本のこのような問題は、自分たちが管理しているスターのイメージを使用することに神経をゴンヅセオヌン有力なマネジメント仕入れからだ。 いつになれば日本の映画会社らが集団で立ってマネジメント仕入れに反旗を翻して、自分たちが出演した映画のプロモーションに参加する準備がされた新世代の俳優たちを発掘することができますか? いつチュムエヤ日本のメディアは、このマネジメント買い入れに対抗し、適切に広報する写真を持っている映画だけを詳しく説明しますと言えるだろうか?

文:スティーブンクレミン( <スクリーンインターナショナル>記者 )2010.12.29

翻訳以西の遅延
by kazem2 | 2010-12-29 13:04